« 映画「エリジウム(ELYSIUM)」 | Main | 映画「キャプテン・フィリップス(CAPTAIN PHILLIPS)」 »

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」

「ウルヴァリン:SAMURAI(THE WOLVERINE)」

監督:ジェームズ・マンゴールド
2013年/125分


外国人から見たニッポン。


日本で生まれ育った日本人から見た「日本」と、いわゆる外国人から見た「ニッポン」とではズレがある。


だからハリウッド映画に登場する日本の風景や日本人の描写には違和感がハンパないのはありがちだ。


では「ウルヴァリン:SAMURAI」ではどうなのか?


日本人キャストとして参加した真田広之は、おかしな「ニッポン描写」を修正すべくけっこう口を出したという。それは海外の映画出演で培われた実績と信頼のある真田広之だからこそできたことで、スタッフたちからはそのアドヴァイスを感謝されたという。


そんな甲斐あってか「違和感」はだいぶ抑えられてはいる。それでもこれが日本の風景そのままかといえばもちろんそうではない。(とはいえ映画は作り物だからそれもまた作品の味であっていい)


それでも良い点がある。それは日本人役の役者が日本語を話すこと。あたりまのように思えるかもしれないが、例えばフランスを舞台にしたフランス人が主役の映画でも登場キャラがすべて英語で話すというようなケースはハリウッド映画ではありがちだ。


ところが「ウルヴァリン:SAMURAI」では日本人役の俳優は、日本人同士のやりとりでは日本語を話す。とはいえ一部の俳優は、外見はいわゆる日本人風なのだが明らかに日本語ネイティブではないのが丸わかりの日本語を話すのだが、そのぐらいは致し方ない。


さらに忍者だけはどうしようもない。外国人がイメージする忍者がまっくといっていいほど「忍んでいない感」がバリバリなのは、これまた愛嬌である。


ほぼ舞台は日本なのでそのあたりの違和感は早々にそういうものだと割り切ってしまうのがいい。


さてミュータントの能力者の数も他のシリーズ作品と比べると極端に少ない。そもそもローガンの話であり舞台も日本なので他のミュータントはあまり出てこない。能力自体も物理的なものではないケースもある。


今回もローガンの「心の旅」である。だからといって物静かな作品かというと、そうでもない。


ローガンも、彼と行動を共にするユキオ(福島リラ)も暴れまくっていいる。アクションシーンだけをとればシリーズの中でもかなり多いほうに属するだろう。


特筆すべきはそこで描かれる日本のヤクザの精神力の強さだ。走行中の新幹線の屋根の上でローガンと対峙するヤクザの男は、いったいどれほどの強靭な精神力の持ち主だろう。


ローガンは治癒能力があるから危険な目に遭っても痛いだけで死にはしないことが自身でわかっている。だから走行中の新幹線の屋根に上がって無茶もできる。


一方のヤクザは、気合は入っているがふつうの男である。死をもおそれないサムライの精神をそこに投影したといえばカッコイイが、このシーンはマンガの世界だ。


「ニッポン」が誇る文化といえばマンガである。最もニッポンらしいともいえるそれを取り入れたのがこの新幹線のシーンだ。


遊び心満載の、いい意味での「マンガ的アクション」をあのローガンがやってのけるのだからたまらない。しかも対戦相手は生身の人間(日本人)である。舞台も日本。そして新幹線。「マンガ=日本」へのオマージュといったかんじかな。


さて本作で注目はなんといってもふたりの日本人ファッションモデルであるTAO(矢志田の孫娘・マリコ役)と福島リラ(矢志田の部下ユキオ)だ。


どちらも現代の日本人のふたつの面を象徴するキャラクターとなっており、ローガンを軸に複雑な心の機微も描かれる。


ふたりとも本作が本格的な女優デビューらしいが、存在感のある繊細で力強い演技をみせている。


ローガンの物語。それは無数に存在する。そう思わせるだけの魅力的なキャラクターはそうそうあるものではない。なにせ不死身だから、見た目と実年齢はまったく違うのだから、どんな時代でどんな活躍をしてそれが現代にどうつながるのか。まだまだ知られざる物語があると思わせてくれるそんな彼の日本での物語。


日本に行ったことがない人も、日本で生まれ育った人も「ニッポン」でのローガンの活躍と「心の旅」にしばし付き合ってみてはいかだろう。


新幹線、パチンコ、そして忍者。


どうやらこれだけはどうしても「ニッポン」の描写には欠かせないようである。

関連作品↓


ウルヴァリン:X-MEN ZERO [DVD]
ウルヴァリン:X-MEN ZERO [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-09-04
売り上げランキング : 6235


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


X-MEN:ファースト・ジェネレーション [DVD]
X-MEN:ファースト・ジェネレーション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-09-04
売り上げランキング : 1452


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


X-MEN:ファイナル ディシジョン [DVD]
X-MEN:ファイナル ディシジョン [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-09-04
売り上げランキング : 16878


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


X-MEN2 [DVD]
X-MEN2 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-09-04
売り上げランキング : 33120


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


X-MEN [DVD]
X-MEN [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-08-28
売り上げランキング : 41745


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


« 映画「エリジウム(ELYSIUM)」 | Main | 映画「キャプテン・フィリップス(CAPTAIN PHILLIPS)」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/58281470

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ウルヴァリン:SAMURAI」:

« 映画「エリジウム(ELYSIUM)」 | Main | 映画「キャプテン・フィリップス(CAPTAIN PHILLIPS)」 »