« February 2011 | Main | May 2011 »

04/16/2011

ディズニーランドが約1カ月ぶり再開


東日本大震災の影響で休園していたディズニーランドが15日、約1カ月ぶりに営業を再開しました。


節電のため、一部の照明や噴水などの使用を控え、当面は午後6時に閉園します。


東京ディズニーシーはゴールデンウイークを念頭に、できるだけ早く再開したい、としています。


15日の開園時には約1万人が行列をつくり、ミッキーマウスたちのお出迎えに歓声が湧き起こったそうです。


再開についてさまざまな声があるなかでも、おそらく開園を望む声が大きかったのではないでしょうか。


関東地方への観光はディズニーが目的だという人は日本全国にいます。


定期的に関東に旅行する地方在住者の何割かは、そこ(関東)にTDRがあるからです。


いわば「聖地巡礼」の旅は、定期的に行われる傾向があります。「一度行ったからもういいや」ではなく「また来きたい。次はいつ来ようか」とおもわせてくれる。いや、もう次に来る予定はちゃんと立ててスケジュールどおりに行動していた。


そこへ今回の大震災の影響での約1カ月の閉園。


開園を待ち望む声は当然のように上がりますよね。


ちなみに3月の訪日外国人数は、前年同月比50.3%減ったそうです。海外からの観光客を呼び戻すにはまだしばらくかかりそうです。


そのまえに、まずは国内の観光客が以前と同じかそれ以上に増えたら、それが海外へのアピールにもなるでしょう。


日本で生まれ育った人の多くは、大震災があると「大変な思いをしている人がいるのに自分が観光で楽しむのは申し訳ない」と思いがちですが、被災者のためにもできることをするのがいちばんです。


できることが被災地でのボランティアであってそれを求められているならそうすべきでしょう。


できることが、いつもどおり(またはそれ以上)の経済活動なら、そうすべきでしょう。


その経済活動には、スケジュールに組まれたTDR来園も当然のように含まれています。


復興という戦いには、当然のように後方支援が必要です。


項羽と戦って敗戦を重ねながらも漢(前漢)興した劉邦は「第一の功臣」を蕭何(しょうか)としました。策の進言だけでなく兵站を確保して劉邦の軍に送り続けた彼は稀代の名参謀としてその名を残しています。


つまり、補給がなくては前線で戦えないとうことです。


節電が必要なところはしなければなりませんが、東京電力から官房長官への報告では、夏の電力については目標の5千万kW可能の見通しができたそうですから、電力の問題は今後ますます解消されていくでしょう。


そうなると、あとは国民の「気持ち」です。支援するためにしっかり楽しむことを意識するとよいでしょう。


「予定にはなかったけどTDRに行ってみようかな」というのも、もちろんいいですね。


おわりに、泊まりでTDRに行きたい人へおすすめの宿泊施設をご紹介しておきましょう。


TDRに来園したゲストは、舞浜駅にあるホテルに泊まりたいと願うでしょう。なかにはリーズナブルな料金設定のホテルもありますが、その多くはまぁそれなりの宿泊料です。


かといって舞浜駅を離れて東京駅近辺のビジネスホテルに泊まると、夢の国の雰囲気とは違ってしまいます。いわゆる都会のホテルというかんじになってしまいます。


舞浜駅ではないけれど、なるべくTDRの雰囲気を大きく損なわないようなところはないものでしょうか。


ここで大事なのは「非日常感」です。客室やホテルの中にたとえミッキーがいなくても、非日常に浸れる時間を確保する。これが重要です。


そこで穴場(?)なのがホテルシーサイド江戸川です。名称だけ聞くと、ちょっと江戸っ子っぽいかんじですが(江戸川から連想…ってそのまんまやん 笑)まちがいなく非日常感をキープできます。


なぜならこのホテルは葛西臨海公園にあるからです。そこは水族園、人口渚、汐風の広場、鳥類園、芝生広場の5つのゾーンで構成される約80ヘクタールの広大な公園です。


しかもこの葛西臨海公園はJR京葉線の葛西臨海公園駅にあります。TDRがある舞浜駅の隣の駅にあるのです。


葛西臨海公園駅の近くには、葛西臨海公園しかないといってもいいほどです。それに橋をひとつ渡った向こう岸はTDRですから、ディズニー圏内とおもえなくもありません(ちょっと無理あるかな 笑)。


注意点を2点だけ。ひとつは、公園内にあるため駅前にお店らしきものはほとんどありません。駅の高架下やその付近にコンビニ系の店舗があるぐらいです。


ふたつめは、JR京葉線を利用する場合、快速電車は停車しなかったとおおもいます。基本は各駅停車の電車を利用することになります(詳細はJRでご確認を)。


なんにせよ「非日常感」はがっちりキープできるはずですヨ。


▼ホテルシーサイド江戸川

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トゥルー・グリット(TRUE GRIT)


▼「トゥルー・グリット(TRUE GRIT)」
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督 
2010年 110分 アメリカ


Comments(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
(69年のジョン・ウェイン主演作『勇気ある追跡』の原作になったチャールズ・ポーティスの同名小説をコーエン兄弟が再び映画化したもの)


牧場主の娘で14歳のマティ・ロスは、オクラホマ州境のフォートスミスへやってくる。撃ち殺された父親の遺体を引き取りにきたのだ。そこでマティは犯人のチェイニーに罪を償わせることを心に誓う。


インディアン領に逃げ込んチェイニーは、お尋ね者のネッドの悪党一味に加わっているという。そんなチェイニーへの追跡が地元の保安官によっては実質的に行われないとわかったマティは、金を工面して連邦保安官のルースター・コグバーンに犯人の追跡を依頼する。


はじめは相手にしなかったお酒飲みのコグバーンだったものの、マティの強い意志と報酬のために仕事を引き受けることにする。


そこに別件でチェイニーを追ってきたテキサス・レンジャーのラビーフが加わり、犯人追跡の旅がはじまる。


この映画のいいところは、そもそも犯人をなかなか追跡しないところだ。追跡しないというより「追跡できない」のだ。地元の保安官は悪党としては小物のチェイニーを、インディアン領へまで追うつもりはない。そこは管轄外となるため追跡しない理由だって持てるからだ。


そこでマティはまず、追跡者を探す。それと平行して資金を工面する。自身が乗る馬も手に入れる。こうと決めた目的のために、必要なことを行う。


やっとのことで連邦保安官のコグバーンを追跡者にすることができたが、自分も同行するつもりだったのにおいてきぼりをくらってしまう。それでもマティは執念で追っていく。


そうなのだ。犯人のチェイサーを追うまえに、まずは自ら雇った追跡者(コグバーン)を追わなくてはならなくなるのだ。


スターウォーズエピソード4にみるとおり「主人公はなかなか旅に出ない・出れない」というヒット作の基本を、このようにしっかりおさえているのである。


またマティが追跡者(連邦保安官)コグバーンとテキサス・レンジャーのラビーフのふたりに追いつき同行するに至るエピソードにも、それぞれのキャラの性格のみならず、観客の馬への愛着心をそっと植えつけておくための前フリがしっかりと込められている。


こうしてやっと追跡を開始するのだが、この3人は喧嘩ばかりしている。とにかく仲がわるい。嫌味と悪口ばかり言い合うのだ。目的はひとつでも、こうも人は反目しあえるものだと観客に教えてくれるかのようである。


あまりの仲の悪さに、早々にこの追跡隊(といっても3人だが)はバラバラになってしまう(2人と1人に別れる)。


観客としては、ただでさえ人数少ないのに大丈夫か?と思うが、いったん別れたことでその後の大事なシーンをより劇的にする布石となっているからご安心を。


ちょっと考えてほしい。荒野をただ追跡するだけだった?…と。当然のように単調になる。かといってバンバン撃ち合ってばかりにもいかない。


ならばどこでメリハリをつけるかといえば、やはり人間関係ということになる。キャラ設定やその関係性ということになると『ファーゴ』『ノーカントリー』のコーエン監督のお家芸(?)である。


目的はひとつなのに、14歳の少女のまえでいい大人がまるで小学生のように口喧嘩が絶えず、つまらぬ意地の張り合いで射撃ごっこまでする始末。どこか笑える人間関係が展開しつつも、バラバラだったからこそクライマックスでの連携プレーに観客は心躍らせることができるのだ。


こうしたコメディの雰囲気は、追跡中のシーンのいたるところに見ることができる。その一方で、ふとした瞬間に一気に緊張の場面にもっていく技量はメリハリの極地だといっていいことは付け加えておこう。


こう書くとまるで本作がコメディかのようだが、そうでもない。お気楽な娯楽西部劇とはもちろんちがう。また、けがや死体の描写などはかなりグロテスクな部類に入るだろう。


お気楽娯楽な西部劇だと、撃たれて倒れた相手はそれまでである。その後倒れた後姿は画面にちょいと映っても、それはもう「死体」という記号にすぎない。


ところが本作では、吊るされたり撃たれたりした死体の顔をはじめとするその有様がそのまま遠慮なく描写される。追跡側の者だって撃たれてけがをすればとても痛そうであり、それによって満足に動けなくなって苦い思いをする。


そういったことは14歳の少女マティであっても例外ではない。ネタばれになるので詳細は控えるが、追跡というリスクには支払うべき代償も当然のようにあることを教えてくれるのだ。


そしていわゆるガンファイトのシーンもちゃんとある。最近の派手さばかりを狙ったアクションシーンに慣れてもっと激しいものをを求める観客には合わないだろうが、分量は程よく調整されている。


ただドンパチ撃ち合うといった無駄なシーンがないために、かえって物語の内容におけるアクションシーンの比率がそれほど多くなくても、これでじゅうぶんだと思わせる。


それは、コグバーンとラビーフそれぞれにおける銃の得意分野が何であるかをしっかり前フリしており、効果がクライマックスにおいて最大限に活かされるようきっちり計算されているからである。


キャラ、人間ドラマ、テーマ、アクション。どれもが抑制のきいた見事な配分で組み合わさっており、そこにコーエン兄弟ならではの味付けがしっかりきいている。


西部劇なので物語はシンプルだ。だからこそ、どう描くかで力量がモロに出る。


そういった意味でも、きっちりと物語を堪能させてくれる数少ない作品である。


おおいにおすすめしておこう。

トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)
トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)チャールズ・ポーティス 漆原 敦子

早川書房 2011-02-05
売り上げランキング : 3396


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

〈関連作〉

勇気ある追跡 [DVD]
勇気ある追跡 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-11-26
売り上げランキング : 3416


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | May 2011 »