« 映画「ナイト&デイ」 | Main | 映画「アンストッパブル(UNSTOPPABLE)」 »

12/20/2010

映画「ロビン・フッド(ROBIN HOOD)」

▼「ロビン・フッド(ROBIN HOOD)」
 リドリー・スコット監督 2010年 140分


Comments(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
そもそもロビン・フッドってなんだ?


「あたりまえのように有名人ぶってるけど、そもそもお前が誰かよく知らねーし」


これと同じようにおもっている人って実はけっこういるんじゃないかと思う。私もそのひとりだった。


まぁだいたい知ってるけど、そもそもなんで彼はシャーウッドの森に住んでいるの? 森ガールならぬ森ボーイ、いや森のオッさん?


それで、森に住めばアウトロー(無法者)?


もしそうなら、黒姫高原の森に自宅をかまえるウェールズ系日本人(←本人によれば)作家のC・W・ニコル氏はアウトロー?


そんなことはない。森に住んだからといってアウトローとはいわれない。


ではなぜロビン・フッドだけそう呼ばれるのか?


いわば、ロビン・フッド誕生の物語。それがリドリー・スコット監督とラッセル・クロウ版の「ロビン・フッド」だ。


ロビン・フッドときくと、なんとなくおとぎ話ちっくなイメージを持つかもしれない。だが本作の世界観はリアルちっくである。


冒頭の城攻めにしても、匂いがかげるのではないかというほど戦場の雰囲気が伝わってくる。そういえばリドリー・スコット監督は城攻めが好きいわれ『キングダム・オブ・へヴン』の終盤でも壮大な城攻めを披露した。


そんなお家芸(?)の城攻めで、ロビンは名もなきひとりの傭兵として十字軍に参加する。


数人の射手仲間はいるものの、その生き方は一匹狼のようだ。その他大勢の兵士と違うのは、十字軍の戦いに自分なりの考えや意見をしっかりもっていること。


また、城攻めで自軍の敗北が決定的とみるといち早くその場を去るなど、状況を瞬時に見極める目と俊敏さと行動力もある。


そんなロビンは旅の途上でイングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせる。これがきっかけで騎士になりすましてノッティンガムの地に向かう。


このようにロビンは品行方正な正義のヒーローとはいえないが、己の考えを持ち「義」の心を持っていることが早い段階で観客に知らされる。


ロビン・フッドという男についての予備知識がゼロでもまったく問題ない。それどころか、むしろ何も知らないほうが物語に入り込みやすいだろう。


ロビン・ロングストライドという男は、技術(射手)もあって、人望もあり、人の心を掴む声と話し方ができて、女性のハートも射止める。


よく見れば出来過ぎだが、そもそも一介の傭兵という出発だから、そんなオールマイティぶりにも嫌味が感じられない。


だれでもスッとロビンという男の存在を認めてしまうようにと、実にうまくできている。こういった物語の進め具合はさすがといったところだ。


それだけではない。本作は140分あるが、そんなに長い作品とは感じられない。それどころか「え?意外とあっさりと終わっちゃったね」と思えるほどだ。


城攻めでも、終盤の英仏両軍の海岸での戦闘でも、かなりの迫力がある。海岸のシーンでは130頭の馬と1,500名の兵隊すべてが本物だというし、豪快なアクションをみせてくれる。


それでも、戦闘シーンを延々と見せすぎない・やりすぎないのは、作品全体を貫くスタイルと同調している。


スタイルとは「わかりやすさ」である。


この作品はわかりやすい。ロビン・フッドの「ロ」の字を知らなくても、十字軍の「十」の字を知らなくてもまったく問題ない。


王様と傭兵と諸侯と未亡人。それらがどんな思いと狙いをもってどうしたいと願っているのか。それらの関係がこれ以上ないくらいにわかりやすく展開する。


それもこれも、物語がただ一点に集中しているからだ。


ロビン・フッドがなぜアウトローと呼ばれるようになったのか?


ロビン・フッド誕生の物語にフォーカスしているからこそ、ブレがまっくないシンプルでわかりやすい良作となっている。


また、若者がほとんど登場しないためにうわべだけの華やかさとは無縁なのもいい。ヒロインだってケイト・ブランシェットだ。けっしてピチピチとはいえない。だからいいのだ。


彼女の魅力がとてもよく発揮されている。もちろんラッセル・クロウも。ちなみにふたりともオーストラリア人だ。


偉人や有名人を題材にして、主人公の行動の動機に的を絞った作品は、ありそうであまりない。


観客が物語に感情移入できるかどうかは、主人公の行動の動機にかかっていることからも、そのものズバリをシンプルにズバッと描く本作は誰が観てもロビンを応援したくなるだろう。


あまりに壮大な物語を期待すると肩透かしを食らうかもしれないが、肩の力を抜いて観るのがちょうどいい。その割にはいろいろ豪勢だけどね。

(おまけ)
リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのコンビといえば、ほかに『グラディエーター』がある。


迫力の戦闘シーンをみせてくれるこの作品でマキシマスが嫉妬や妬みによって将軍の座を追われて奴隷になるというのは、旧約聖書のヨセフの物語がベースだとみてとれる。


聖書の有名なエピソードをちりばめている『グラディエーター』の詳細解説はこちら


<リドリー・スコットやラッセル・クロウの関連作>

グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2009-07-08
売り上げランキング : 1473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット (3枚組特別編) [DVD]キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット (3枚組特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-24
売り上げランキング : 10187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


|

« 映画「ナイト&デイ」 | Main | 映画「アンストッパブル(UNSTOPPABLE)」 »

Comments

Wow, that's what I was looking for, what a stuff! present here at this web site, thanks admin of this website.

Posted by: Lavada | 10/13/2014 at 12:51

I just like the helpful info you provide on your articles. I will bookmark your weblog and take a look at again here frequently. I am somewhat certain I will be informed lots of new stuff proper right here! Best of luck for the following!

Posted by: http://zdatingcoach.com | 02/07/2015 at 14:08

Hey there! I just want to offer you a huge thumbs up for the great information you have right here on this post. I am coming back to your site for more soon.

Posted by: Benito | 07/04/2015 at 18:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/50351870

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ロビン・フッド(ROBIN HOOD)」:

» [Review] ロビン・フッド [Diary of Cyber]
「安易な3D化は、商業主義に踊らされている証拠」 といった類の記事やニュースリソースが、洋の東西を問わずに大々的にリリースされたのは、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が空前の大ヒットをしたのがきっかけ。それまでにも『3D』として銘打っている作品はいくつかありますが、どちらかというと所謂子供向けのアニメ的要素が強い作品が多く、一般的な大人が『3D』の世界観・奥行きを存分に楽しめる作品、という意味では、そのパイオニアの存在として、『アバター』が取り上げられていると思います。 しかし、今日... [Read More]

Tracked on 12/20/2010 at 16:32

» 映画「ロビン・フッド」 [FREE TIME]
映画「ロビン・フッド」を鑑賞。 [Read More]

Tracked on 12/20/2010 at 22:51

» 映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...... [Read More]

Tracked on 12/21/2010 at 04:00

» Robin Hood / ロビン・フッド [我想一個人映画美的女人blog]
暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ よっぽど好きなのね [Read More]

Tracked on 12/21/2010 at 11:30

» 『ロビン・フッド』 [こねたみっくす]
オッサンとオバハンの年齢不相応の色恋沙汰をジィさんが撮った、既視感だらけの時代活劇。これって正直どうなん?という感想しか出てこない映画でした。 本当にリドリー・スコッ ... [Read More]

Tracked on 12/21/2010 at 14:07

» 本当に良ければ叩かれないと思うお( ^ω^) [奥さんGOGO!!のブログ]
Q太郎です。水嶋ヒロさんの珍作「kagerou」の八百長報道に関し、出版社が反論しているもようですな。ポプラ社の小説大賞を受賞し、異例の売り上げを記録している水嶋ヒロ(齋藤智裕)の「KAGEROU」。だが、今回の受賞が「八百長だった」と一部週刊誌が報道。この記事に対して同社がホームページでコメントしている。 「水嶋ヒロがペンネームで一般応募して小説大賞を受賞」――その話題性もあって異例の売り上げにつながっている「K... [Read More]

Tracked on 12/21/2010 at 20:50

» 映画『ロビン・フッド』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 久しぶりに映画館へ行きまして、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』を観て来ました。  舞台は12世紀末のイングランド。  弓の名手のロビン・ロングストライド(ラッセル...... [Read More]

Tracked on 12/22/2010 at 19:55

» ロビン・フッド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
誰もが知っている中世の吟遊詩人が生んだという伝説の義賊、ロビン・フッド。『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と主演のラッセル・クロウのコンビで映画化した歴史ス ... [Read More]

Tracked on 12/24/2010 at 20:53

» ロビン・フッド [映画的・絵画的・音楽的]
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。...... [Read More]

Tracked on 12/26/2010 at 07:48

» ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊に参加していた弓の名手、ロビン・ロングストライド。フランス軍との戦闘でリチャード王が落命して間もなく、仲間と共に部隊を離れたロビンは、リチャード王の王冠を持ち帰る使命を帯びた騎士ロクスリーが闇討ちされる現場に遭遇する。瀕死... [Read More]

Tracked on 12/27/2010 at 11:01

» 映画:ロビン・フッド [よしなしごと]
 キック・アスを観に行ったら最前列3列しかあいていないと言われ、翌日のチケットを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでロビン・フッドを観てきました。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。  しつこいようですがこの映画も株主優待&ポイントカードで、無料で鑑賞できました。こんな良い映画がプレミアシートで無料で見られるなんて、幸せ(笑)。... [Read More]

Tracked on 01/07/2011 at 08:02

« 映画「ナイト&デイ」 | Main | 映画「アンストッパブル(UNSTOPPABLE)」 »