« 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 | Main | 映画「KIDS」 »

02/09/2008

「テラビシアにかける橋」キリスト教大解説

「テラビシアにかける橋」を観ると、そこからキリスト教のメッセージをいくつも読み取ることができます。

原作者のキャサリン・パターソンは、キリスト教への強い信仰を持ったクリスチャンの児童文学者です。

なるほど! 

だから「テラビシアにかける橋」はいくつもの聖書のエピソードを彷彿とさせるのですね。

そう思いつつ映画「テラビシアにかける橋」を思い返してみると、作品に込められたキリスト教のメッセージがさらに明白に浮かびあがってきました。

そこで「テラビシアにかける橋」に込められたキリスト教のメッセージをわかりやすくまとめたレポートを作成しました。

レポートのタイトルはズバリこれ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  日本国内ではだれも教えてくれない!?

▼「テラビシアにかける橋」キリスト教大解説
  ~探検隊と祭司でわかるメッセージとは?~
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

レポートをご希望の方は以下の2ステップにてご請求ください。


1)以下のマガジンに読者登録する。(購読無料)

  まぐまぐ! 殿堂入りマガジン
  ▼「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」


2)「【まぐまぐ!】読者登録完了のお知らせ」メールの内容をコピ
   ペしてearth〇team.wonder.ne.jpまで件名「テラビシアレポート
   希望B」にてお送りください。
   あて先アドレスの「○」部分は「@」に変更してお送りください。

レポートをPDFファイルにてお送りします。

キリスト教の背景が色濃く入った作品であっても、日本国内で宣伝されるときは、キリスト教のキの字も出てこないのはよくあること。

宗教的要素を出すことを避けたいのかもしれませんが、作品の背景の基礎を少しも知らせずに観てくださいと宣伝するのは、10の機能のうち3つの機能しか明示されていない説明書だけで、電気製品を買えといっているようなものではないでしょうか。

「ダ・ヴィンチ・コード」はキリスト教文化が題材になっていることは日本でも知らされていましたが「ナルニア国物語」は「ロード・オブ・ザ・リング」の姉妹作みたいな宣伝しかされていなかったと思います。

あれほどキリスト教のエピソードがわかりやすいまでにちりばめられていた「ナルニア国物語」でさえそうなのですから「テラビシアにかける橋」ではキリスト教のキの字も出てこないのはいたしかたないのかもしれません。

でも、ぜひ本誌のみなさんは「テラビシアにかける橋」に込められたキリスト教のメッセージを知ってもらえたらと思います。

物語の力で子供たちに聖書のメッセージを伝えようとしたであろう作者の気持ちが伝わってくる「テラビシアにかける橋」を、ぜひあなたにも存分に堪能していただきたい。


このページをごらんの方には特典として、テラビシアレポートのほかに、以下のレポートの中から【1点】も特別にお付けします。

つまり、映画に秘められたキリスト教を解き明かすレポートを今ならテラビシアレポートと合わせて2本無料で読めるのです。


▼『ナルニア国物語』に秘められたキリスト教文化を大解説~これを知れば7倍楽しめる~

▼『ダ・ヴィンチ・コード』ガイド~重要な「M」が7倍わかるレポート~

レポートをご希望の方は今すぐ以下の2ステップにてご請求ください。


1)以下のマガジンに読者登録する。(購読無料)

  まぐまぐ! 殿堂入りマガジン
  ▼「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」

(2)「【まぐまぐ!】読者登録完了のお知らせ」メールの内容をコピ
   ペしてearth○team.wonder.ne.jpまで件名「テラビシアレポート
   希望B」にてお送りください。
   あて先アドレスの「○」部分は「@」に変更してお送りください。
   ダヴィンチ or ナルニアの希望明記も忘れずに。


|

« 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 | Main | 映画「KIDS」 »

Comments

You're so awesome! I don't suppose I've truly read anything like this before. So nice to discover another person with some genuine thoughts on this subject matter. Seriously.. thanks for starting this up. This web site is something that's needed on the web, someone with some originality!

Posted by: best dating sites | 01/12/2015 at 19:25

Hi there! I know this is kinda off topic but I'd figured I'd ask. Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog article or vice-versa? My site covers a lot of the same topics as yours and I believe we could greatly benefit from each other. If you happen to be interested feel free to send me an e-mail. I look forward to hearing from you! Wonderful blog by the way!

Posted by: free music downloads | 02/28/2015 at 03:56

Terrific post however I was wondering if you could write a litte more on this subject? I'd be very grateful if you could elaborate a little bit further. Cheers!

Posted by: match.com | 04/06/2015 at 02:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/40056174

Listed below are links to weblogs that reference 「テラビシアにかける橋」キリスト教大解説:

» 『テラビシアにかける橋』 [Sweet*Days**]
監督:ガボア・クスポ  CAST:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ 他 貧しい家に暮らし学校でもいじめられっ子のジェス... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 16:52

» テラビシアにかける橋 [とんとん亭]
「テラビシアにかける橋」 2008年 米 ★★★★★ 君が教えてくれた事。 遺していってくれたもの。 思わぬ号泣映画となってしまいました。 予告も何も観ずに臨んだのですが、てっきりファンタジー映画だと思っていたら 何とも悲しくなるお話で、勿論...... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 17:30

» テラビシアにかける橋/ Bridge to Terabithia [我想一個人映画美的女人blog]
どこか懐かしい感じのする、良作{/kirakira/} 1月の映画リストでも書いたけど 主演は、 去年公開の『リーピング』でイナゴ少女を演じたアナソフィア・ロブちゃん。 ティムバートンの『チャーリーとチョコレート工場』では 常にガム噛んでる小憎らしい子をやってたけど、 今回はちょっとお転婆(死語?)な女の子。 いじめられっ子のもう一人の主人公はジョシュ・ハッチャーソン『ザ・スーラ』のお兄ちゃん。 キャサリン・パターソンの同名ロングセラー児童文学を映画化したドラマ。 ... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 18:48

» テラビシアにかける橋<試写会> [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <九段会館> 監督:ガボア・クスポ 原作:キャサリン・パターソン 『テラビシアにかける橋』(偕成社刊) 脚本:ジェフ・ストックウェル デヴィッド・パターソン 5年生のジェスは、学校ではイジメにあい、家では女姉妹に囲まれて面白くない毎日。生活も苦しく、新しいスニーカーも買ってもらえない。ところが、転校生のレスリーがやって来て、彼の孤独な日々は大きく変わっていく・・・。 地下鉄で観たポスターの少女のいたずら好きそうな笑顔に惹かれて、試写会に応募。 良かった。素直に感動しま... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 21:05

» ★テラビシアにかける橋<2007>★ [CinemaCollection]
この橋を渡れば、またきみに会える上映時間95分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東北新社)初公開年月2008/01/26ジャンルファンタジー/アドベンチャー/青春【解説】キャサリン・パターソンの同名ロングセラー児童文学を映画化した感動ファンタジー・ドラマ。多感な少年期...... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 21:20

» テラビシアにかける橋 [観劇★感激★カンゲ記]
公式サイトはコチラ これは見る年齢や、その時のストレス(?)とか環境によって感想が変わりそう。 今現在の私は、まぁなかなかやさぐれてる日々を送っているので、なかなか素直に見れませんでした。 いや、良くできてると思います。 でもなんか、ジェスとレスリーが二人だけの場所=テラビシアを作り始めるあたり。あのへんのファンタジー度というか想像力についていけんのです。 でも何度も言いますが、良くできてると思います。 テラビシアを通して、川のこちら側の現実でもジェスは少しずつ変わっ... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 21:57

» テラビシアにかける橋 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
この橋を渡れば、またきみに会える。子供時代の懐かしい日々、あのころの思い出が甦る! 田舎町の貧しい家庭で育った小学5年生の少年ジェスにとって、人生は厳しいものだった。女ばかりのきょうだいの中で、両親からは顧みられない。ボロボロになったスニーカーも新しく...... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 21:58

» 「テラビシアにかける橋」 [てんびんthe LIFE]
「テラビシアにかける橋」試写会 よみうりホールで鑑賞 何でもありのファンタジーでもこの作品が普通のファンタジーと違うのは子供の想像の世界がきちんとあるということ。 こういう子供が作る空想世界好きです。 子供たちのキャラクターも良くできていたし、子供たちのつくる空想上の世界感も十分に共感できる範囲で自分もその世界に入って楽しめます。 初めてスターウォーズと出会ったときのような別の世界への入り口がそこにはありました。 いじめのシーンも押し付けていない程度なので、そうそうこんないじめはどこの小学... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 22:34

» ★★ 『テラビシアにかける橋』 [映画の感想文日記]
2007年。アメリカ。BRIDGE TO TERABITHIA. ガボア・クスポ監督。キャサリン・パターソン原作。  児童文学の同じタイトルの名作(読んでいない)を映画化した... [Read More]

Tracked on 02/09/2008 at 23:51

» [映画『テラビシアにかける橋』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
▼さて、午前中にも来たMOVIX昭島に、この日、再び、参上!^^ 『テラビシアにかける橋』は、ファンタジー映画と思いきや、家族ドラマであり、学園ドラマであり、少年の成長ドラマであった。 それは悪い意味ではない。 非常に良作であった。 主人公は、裕福でない大家族の中で、誰もが少年時に抱くような不満を抱えている少年ジェス。 上下の姉妹はうっとうしく、父親は、自分にだけ厳しくあたる。 学校でも、クラスのいじめっ子にからかわれる毎日。 ジェスは、やや周囲に心を閉ざして生きている。 そんなとき... [Read More]

Tracked on 02/10/2008 at 02:00

» 『テラビシアにかける橋』 [唐揚げ大好き!]
『テラビシアにかける橋』   オシッコに自由を!!   ■11歳の少年ジェスは、あきらめることばかり上手になっていた。貧しい家庭でのけ者気分をかみしめ、学校でも虐められっ子。楽しみといえば生き物やストーリーを空想して、それをスケッチすることだけ。そん... [Read More]

Tracked on 02/10/2008 at 04:59

» 映画 『テラビシアにかける橋』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る。ファンタジー映画は苦手、、、... [Read More]

Tracked on 02/10/2008 at 10:45

» テラビシアにかける橋(東京シネフェスティバル) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  この王国で僕らは勇気と絆を手に入れた   [Read More]

Tracked on 02/10/2008 at 15:59

» 【テラビシアにかける橋】 [日々のつぶやき]
監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、ズーイ・デシャネル 「絵が好きで、家が貧しいジェスはいじめられっこ。ある日転校生レスリーがクラスにたってきた。男子生徒よりも足が速い彼女はちょっと変わって... [Read More]

Tracked on 02/12/2008 at 10:01

» 映画:テラビシアにかける橋 試写会 [駒吉の日記]
テラビシアにかける橋 試写会(有楽町朝日ホール) 「王様がそんなことを言ったらみんな悲しむ」 いじめられっこ(まあ昔の表現でいうとネクラっぽいかんじなのかな?)のジェスとちょっと変わった転校生のレスリー。学校でも浮いている存在の二人が段々仲良くなって森の奥... [Read More]

Tracked on 02/12/2008 at 17:49

» テラビシアにかける橋 [映画を観たよ]
子どもの力。 [Read More]

Tracked on 02/12/2008 at 19:41

» テラビシアにかける橋 観てきました。 [よしなしごと]
 ファンタジー映画なのに、感動の涙と聞き、どんなんだ?って気になっていた映画、テラビシアにかける橋を観てきました。 [Read More]

Tracked on 02/14/2008 at 04:02

» 「テラビシアにかける橋」試写会観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「テラビシアにかける橋」 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン、ケイト・バトラー、デヴォン・ウッド、エマ・フェントン 11歳の少年ジェスは、5人姉弟のただ一人の男の子。 家は貧しく学校に履いて行く靴は姉のお古。 2人の姉から変人とバカにされ、父親は妹ばかり可愛がり、ジェスには厳しい。 学校でも学校を牛耳る上級生のジャニスや同級生からいじめを受けていた。 取り柄は足が速いこと。 そして唯一の... [Read More]

Tracked on 02/17/2008 at 18:27

» 映画* テラビシアにかける橋/ Bridge to Terabithia [有閑マダムは何を観ているのか?]
少年の成長物語である本作は、キャサリン・パターソンによる本「テラビシアにかける橋」がもとになっています。 このお話、去年娘が5年生のときに、リーディングのクラスで題材にされ、ちょうどタイミングよく公開された映画は、授業の一環として学校から皆で観に行っていました... [Read More]

Tracked on 02/19/2008 at 11:11

» 映画『テラビシアにかける橋』を観て [KINTYRE’SDIARY]
12.テラビシアにかける橋■原題:BridgeToTerabithia■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:95分■鑑賞日:1月26日、新宿ミラノ2(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ガボア・クスポ□原作:キャサリン・パターソン□脚本:ジェフ・...... [Read More]

Tracked on 03/06/2008 at 00:47

« 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 | Main | 映画「KIDS」 »