« 幕末志士 美男子コンテスト開催!? | Main | 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 »

02/03/2008

映画「テラビシアにかける橋(Bridge to Terabithia)」

監督:ガボア・クスポ
アメリカ/2007年/95分
原作:キャサリン・パターソン『テラビシアにかける橋』

ひとりの世界がふたりの世界になったとき、想像力の世界=王国は輝きを増す。試練を経て、受け入れる心を持ったとき、世界=王国はその全貌を露にする。「パンズ・ラビリンス」と「ネバーランド」とセットで観よう。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
姉2人と妹1人に挟まれた11歳の小学生男子のジェスは家族の中で目立たない存在であり、学校ではいじめられている。

そんなジェスの楽しみは、空想の世界をスケッチすること。

ある日ジェスは隣家に引っ越してきた同級生の女の子レスリーと知り合い、家の裏の森で一緒に想像力を働かせて遊びながら、テラビシアという名の国を建国する。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジェス・アーロンズ
男の子。小学生。

▽レスリー・バーク
女の子。小学生。転校生。ジェスの家のお隣さん。

▽エドマンズ
女性。音楽教師。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
――――――――――――――――――――――
ひとりの世界がふたりの世界になったとき、想像力の世界=王国は輝きを増す。試練を経て、受け入れる心を持ったとき、世界=王国はその全貌を露にする。「パンズ・ラビリンス」と「ネバーランド」とセットで観よう。

■ KYといわれないために

ジェスは11歳。日本でいうところの小学校高学年。おそらく小学校4、5年生ぐらいでしょう。

オママゴト遊びを真剣にするには歳が大きい。かといって冷めた目で現実だけをみつめるには歳が小さい。同室の小学校低学年の妹が寝たあとに懐中電灯の光をたよりにベッドの中でそっと空想の世界をスケッチするジェスは、少年から青年へのちょうど過渡期にいるといっていいでしょう。

そんなジェスが属するアーロンズ家はかなり困窮しています。ギリギリの生活を強いられています。

ジェスの父親は工具店の店員で、休日も出勤することにして収入を増やそうとがんばっています。家族が食べていくためにビニールハウスを作って野菜も栽培しています。

ジェスの妻は家計簿とにらめっこの毎日。靴がボロボロのジェスに、姉のお下がりの運動靴を履くように言うと、ジェスはピンクの運動靴なんて履けないと答えます。

父親は妻に、ジェスにあたらしい運動靴を買ってやるように言いますが、妻は夫にだけきこえるように小声で「そんな余裕ないわ」と伝えるのでした。父親はジェスにしばらくその運動靴で我慢するように言うしかありませんでした。

子どもの運動靴を買うのも難しい、ほんとうにギリギリの生活をしているアーロンズ家。姉たちはそんな厳しい家計を知ってか知らずか、テレビ番組のチャンネル争いに夢中になっている。

ジェスはもの静かにテレビ画面をみつけていますが、ダイニングキッチンで家計簿を前に小声でお金のことで相談している両親のほうへ、ときおりチラッと目線をやります。

控えめでおとなしいジェスは、周囲の状況をよく観察し、家計のやりくりに悩む両親の様子を感じ取っているのです。母親と父親が家計が厳しく辛い現状にありながらも家族のことを大事におもっていることを理解しています。

想像や空想というと、浮世離れした現実逃避と受け止められがちですが、かならずしもそうではありません。

周囲をよく観察し、感受性豊かに状況を把握・理解する。それには想像力が必要です。

最近は空気を読めない人のことを「KY」というらしいですね。

空気が読める人になるためには想像力を働かせなければなりません。

物事の一面だけを見るのではなく、他の面からも見ることができなければなりません。

視点というのは自分が思っている数だけではありません。自分が思う枠組みの外にも視点はあります。自分では気づかない枠組の存在を認識し、ときにはその枠組をはずしてみる。それが想像力を働かせるということなのです。

ジェスはふつうの子供ではとうてい取り外すことができない枠組を、想像力を使って取り払うことができました。

そしてある日、ジェスは自分と同じように想像力を持った少女レスリーに出会います。


■ 想像力で「世界」をつくる

ジェスが想像力を内に秘めた内蔵型に対し、レスリーは想像力を外へ放つ開放型です。

個性的なファッションで女の子たちに変わり者だという目でみられ、運動神経の良さと運動能力の高さによってかけっこで男の子たちを負かしたことで、男子たちには生意気な女だという目でみられます。

でもレスリーはそんなことは気にしません。レスリーもまた周囲の状況をよく観察して想像力を働かせることができます。そのため、転校してきて間もないにもかかわらずレスリーは、ジェスが音楽教師のエドマンズに好意を寄せていることをスグに感じ取ります。

両親の様子をしっかり見ているジェス。同じようにクラスメイトの様子をしっかり見ているレスリー。

想像力豊かな者同士というのはお互いにピンとくるんですね。

特にレスリーがスクーバダイバーをテーマとした作文を教室で発表したとき、ジェスには見えました。海の中でダイバーが吐く息がいくつもの空気の泡となって浮上していく様子がみえたのです。

想像力をかきたてる作文の朗読によって、ダイバーを取り巻く海中の様子がみえてくる。想像力を持って受け取ったジェスには、ダイバーの息の空気の泡が見えたのです。

想像力によってシンクロしたふたりが、今度は森の中に想像上の王国テラビシアを建国します。


■ ひとりの世界からふたりの世界へ

空想なんて何の役にも立たないという人がいるかもしれません。

でも、空想がなくては飛行機は存在していなかったかもしれません。

なぜって、人間は空を飛べませんから。羽が生えてもいない人間が空を飛ぶなど、そんなどうしようもないことを空想などせずにすこしは稼いでみろ。

これに近い意味のことをジェスは父親に言われます。もちろん父親は心から息子を愛しています。小学生のジェスが家族を助けるお金をすぐに稼げるわけはありません。そんなことは父親だってわかっています。でも労働収入が十分ではないために家族を養っていなかなくてはならない重圧に押しつぶされそうな日々を送らざるを得ない。そんなときにちょっとした拍子に思わず息子に八つ当たりしてしまったのです。

空想・想像は、家計の足しにお金を稼ぐことはできず、学校ではいじめられていて、どうにもならないと感じる小学生のジェスが日々を生き抜く唯一の手段だったのです。

どんなに辛くたいへんな毎日でも、空想をスケッチすることで乗り切ってきたジェス。自分だけの空想・想像の世界が、他人のレスリーと共有できると知ったジェスの喜びはいかほどだったでしょう。

だからジェスは学校から帰るとレスリーと共に毎日のように家の裏の森に行きます。


■ 境界線を越える信仰

テラビシアに入るには、小川を渡らなければなりません。

川は異世界への境界を象徴するものとしてよく登場します。

仏教では死後の世界への途中に登場する三途の川。
此岸と彼岸。この世とあの世。三途の川を渡る船にのるには六文が必要とされています。

キリスト教の聖書ではエジプトを出たイスラエルの民が渡った紅海。
イスラエルの民が奴隷として苦しめられていたエジプトの地と、乳と蜜の流れる約束のカナンの地。カナンへ向かうイスラエルの民の後方からはエジプトの軍隊が迫り、前方には紅海が行く手を阻みます。窮地に陥ったイスラエルの民が紅海を渡るには神を信じる心、すなわち信仰と祈りが必要でした。

さて「テレビシアにかける橋」の原作者はアメリカの児童文学作家キャサリン・パターソン。

原作者がどのような宗教的バックグランドをもっているかはわかりませんが、仏教かキリスト教かといったら、おそらくキリスト教系でしょう。

レスリーは川という境界上にある1本のロープを手にとります。古いロープだから危ないよ、というジェスの声にもかかわらず、ロープで川の上を行ったり来たりしてみせます。

ほら、見上げながらやると空を飛んでいるみたいだよ。

そんなふうなことをレスリーに言われたジェスは、ロープを持って川の上を行ったり来たりしてみます。

いままでの見慣れた空の風景が一変して見えたジェス。日本の歌でいうなら「上を向いて歩こう」といったところですが、ここでは「上を向いてブランコに乗ろう」といったかんじかな。

そして、レスリーがロープを使って対岸の茂みにダイブします。

茂みの中がどうなっているのかわからないのに、レスリーがダイブした先を追って、ジェスもダイブします。

こうして今まで足を踏み入れなかった小川の向こうの新世界に一歩を踏み出します。

古いロープを使って、川に落ちることを恐れずに対岸に飛び込むレスリー。それを追うジェス。どちらも信じる心がなければ新世界に足を踏み入れることはできません。信じる心=信仰をもって一歩踏み出すときに活路が開けることは、モーセに率いられたイスラエルの民が紅海を渡るエピソードをなぞらえるまでもないですね。


■ 楽園に試練がおとずれる

信じる心=信仰によって新世界に足を踏み出した二人は、想像力を働かせて自分たちの楽園をつくります。名をテラビシアとします。

厳しい現実を生き抜くには、想像力を働かせる必要があります。

想像力を働かせることができなければ、他人が作ったものにすがるしかありません。他人が提供するモデルにすがる人はそれが機能しなくなると、どうすることもできないと感じてしまいます。たとえ一時期はよくても、借り物ではイザというときに脆く、補強もできません。

もしも、テラビシア国が借り物だったら、その後訪れる試練にジェスは打ちのめされて二度と立ち上がることはできないでしょう。

試練の内容についてはネタバレになりますので伏せておきますが、信じる心=信仰と想像力によって築き上げた楽園にも試練が訪れます。

何が起こるかわからないのが人生だ。だから楽しい。生きがいがある、という人もいます。

けれど、人生にはどうしてか理由がわからない事が起きることがあります。とてもじゃないけれど乗り切れそうにない事が起きることがあります。たとえどうすることもできなかったことでも、自分のせいだとしか思えずに罪の意識に苦しむことがあります。

試練に直面した直後のジェスは現実を受け入れようとしません。いえ、受け入れられないのです。あまりにもショックが大きいためです。

けれど、想像の世界を他人と共有してテラビシア国を建国したジェスは、他人を疎外することでなく、他人を受け入れることで共に想像力をはたらかせて生きていくすばらしさを思い出します。

試練に打ちひしがれたジェスが作品のラストにどうしたか。それは観てのおたのしみに。

聖書には試練について次にような句があります。

「あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」 (コリント人への第一の手紙10章13節)


■ その他

これまたいい作品です☆

いじめっ子の変化。父親と息子の和解。兄妹の和解。友情。才能の開花へのきっかけ。ほかにもたくさんの要素をよくぞこれだけ作品に込められたものだとため息が出ます。

さて、想像力が生き延びる力というのは、以下の作品と共通するメッセージです。

ぜひセットで「テラビシアにかける橋」を鑑賞することをおすすめします。

▼「パンズ・ラビリンス(PAN'S LABYRINTH)」作品レビュー

▼「ネバーランド(FINDING NEVERLAND)」作品レビュー

▽25席の妖精―「ネバーランド」―

▼「硫黄島からの手紙(Letters From Iwo Jima)」作品レビュー

ジェシーとレスリーが共にテラビシア王国を築く過程は、出会ったふたりが共に人生という国をつくっていく様子をイメージさせますね。それは人生のパートナーをみつけて結婚生活という名の王国を築き、そこに知人や友人を招き入れる。そんな人生でだれもが夢見るであろう身近な願望を扱っているから感動しやすいのですね。

タイトルは「テラビシアにかける橋」です。「テラビシアにかかる橋」ではありません。

橋をかけるかどうかはアナタ次第であり、大事なのはテレビシアに橋をかけることだというメッセージがタイトルに表れています。

レスリー役のアナ・ソフィア・ロブはどこかで観たことがあるなぁと思ったらキリスト教の知識が必須ともいえる「リーピング」でイナゴ少女(インパクト大の呼び名だ!)を演じていた少女ですね。「チャーリーとチョコレート工場」でわがままな娘役をしていたといったほうがわかりやすいかな。

▼「リーピング(THE REAPING)」作品レビュー↑「出エジプト記十の災い」「過ぎ越しの祭り」の知識がほしい「信仰の物語」。

ちなみに「テラビシア」は『ナルニア国物語』シリーズに登場する島の名からとったらしいですよ。

すでにおなじみの「ナルニア国レポート」。もう読みましたか?

ふつうに「ナルニア国物語」を観ただけでは気づかない、キリスト教の背景をがわかりやすく解説しています。

「アイ・アム・レジェンド」もそうですが、キリスト教文化をちょっとでも知って作品を観るのと、何の知識もなしに観るのとでは、作品の奥行きを楽しむことにおいて大きな差が出ます。

欧米系の作品にはたいていキリスト教文化の要素が入っていますが、それが色濃く出ている作品を観るときには、やはり基礎的なキリスト教の知識がなければ意味不明な部分というのはどうしてもできてしまいます。

もし、表面だけでなく作品の奥深いところまで作品を楽しみたいなら、知識を求めることに遠慮してはもったいないですよ。

暗闇の森をともに歩くだけのシーンで涙が溢れるワケとは?

ライオンはだれをあらわしている?

キリスト教における女性とは?

▼「ナルニア国物語」に秘められたキリスト教文化を大解説~これを知れば7倍楽しめる~
希望者はコチラ↑からそうぞ。
(協賛メルマガは2つチェックのみでOKですよ)


デート      ◎ センスいいと高感度UP!
フラっと     ○ 
脚本勉強    ○ 
脚本       ◎ 
演出       ○ 
キャラクター   ◎
映像       ○ こういう視覚効果の使い方はいいですね。
お涙       ◎ 
笑い       -
ファミリー    ◎ ぜひご家族一緒に観てネ。
アクション    -

4037261405テラビシアにかける橋
キャサリン・パターソン 岡本 浜江 Katherine Paterson
偕成社 1981-01

by G-Tools

映画メルマガ発行しています。
ズバッと映画紹介や濃い~映画批評ならこのメルマガ。ドラマ、演劇、小説と多肢にわたる物語解説は他ではちょっと読めないゾ。日本ではほとんど知らされない映画に込められたキリスト教文化や歴史を解き明かす、巷で噂のまぐまぐ!殿堂入り映画レビューマガジンがこれ!

まぐまぐ!殿堂入りマガジン
▼「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」


|

« 幕末志士 美男子コンテスト開催!? | Main | 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 »

Comments

Hello, after reading this remarkable paragraph i am too glad to share my know-how here with colleagues.

Posted by: Jamel | 12/05/2014 at 09:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/17940285

Listed below are links to weblogs that reference 映画「テラビシアにかける橋(Bridge to Terabithia)」:

» 心にかける優しさの橋。『テラビシアにかける橋』 [水曜日のシネマ日記]
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を実写版映画化した作品です。 [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 15:35

» テラビシアにかける橋 [ネタバレ映画館]
女先生の色香に戸惑う・・・ [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 15:37

» 感想/テラビシアにかける橋(試写) [EDITOREAL]
キラキラ少年時代ってやっぱ大好きだわ! 『テラビシアにかける橋』1月26日公開。学校ではやや劣等生、家族の間でも小さくなるばかりの少年ジェス。隣に越してきたのはアカ抜けた自由少女レスリー。クラスで浮いてしまったもの同志、気の合った2人は自宅の側の森へ入り込む。そこは、不思議な生き物のいる森。2人は秘密の王国を作るのだった。 テラビシアにかける橋 愛すべき少年少女の物語〜! 人間にとって、すっごい大切な要素がふんだんに盛り込まれてて、大人から子供まで必見の1本。大げさなファンタジーじゃなく、た... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 15:56

» テラビシアにかける橋 [映画を観たよ]
子どもの力。 [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 16:35

» 映画 『テラビシアにかける橋』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る。ファンタジー映画は苦手、、、... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 16:36

» 『テラビシアにかける橋』 [Sweet*Days**]
監督:ガボア・クスポ  CAST:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ 他 貧しい家に暮らし学校でもいじめられっ子のジェス... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 16:51

» テラビシアにかける橋 [めでぃあみっくす]
児童文学の世界ではかなり有名らしいこのキャサリン・パターソン著の原作をあのウォルデン・メディアが製作したということで見てみたのですが、正直前評判ほどの映画ではありませんでした。 もちろんおすぎさんのTVCM宣伝など全く参考にもしていませんが、それでもこの映画....... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 17:12

» [映画『テラビシアにかける橋』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
▼さて、午前中にも来たMOVIX昭島に、この日、再び、参上!^^ 『テラビシアにかける橋』は、ファンタジー映画と思いきや、家族ドラマであり、学園ドラマであり、少年の成長ドラマであった。 それは悪い意味ではない。 非常に良作であった。 主人公は、裕福でない大家族の中で、誰もが少年時に抱くような不満を抱えている少年ジェス。 上下の姉妹はうっとうしく、父親は、自分にだけ厳しくあたる。 学校でも、クラスのいじめっ子にからかわれる毎日。 ジェスは、やや周囲に心を閉ざして生きている。 そんなとき... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 17:12

» テラビシアにかける橋 [観劇★感激★カンゲ記]
公式サイトはコチラ これは見る年齢や、その時のストレス(?)とか環境によって感想が変わりそう。 今現在の私は、まぁなかなかやさぐれてる日々を送っているので、なかなか素直に見れませんでした。 いや、良くできてると思います。 でもなんか、ジェスとレスリーが二人だけの場所=テラビシアを作り始めるあたり。あのへんのファンタジー度というか想像力についていけんのです。 でも何度も言いますが、良くできてると思います。 テラビシアを通して、川のこちら側の現実でもジェスは少しずつ変わっ... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 18:31

» 「テラビシアにかける橋」 [てんびんthe LIFE]
「テラビシアにかける橋」試写会 よみうりホールで鑑賞 何でもありのファンタジーでもこの作品が普通のファンタジーと違うのは子供の想像の世界がきちんとあるということ。 こういう子供が作る空想世界好きです。 子供たちのキャラクターも良くできていたし、子供たちのつくる空想上の世界感も十分に共感できる範囲で自分もその世界に入って楽しめます。 初めてスターウォーズと出会ったときのような別の世界への入り口がそこにはありました。 いじめのシーンも押し付けていない程度なので、そうそうこんないじめはどこの小学... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 18:43

» ★テラビシアにかける橋<2007>★ [CinemaCollection]
この橋を渡れば、またきみに会える上映時間95分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東北新社)初公開年月2008/01/26ジャンルファンタジー/アドベンチャー/青春【解説】キャサリン・パターソンの同名ロングセラー児童文学を映画化した感動ファンタジー・ドラマ。多感な少年期...... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 19:58

» 「テラビシアにかける橋」 [首都クロム]
 かつて出会った子供を主人公にした空想・妄想系統の作品とは一線を画した、リアリティに満ち溢れた作品でした。11歳の頃に何を考えていたかなんて覚えていないし、ジェスやレスリーのように発想のボキャブラリーは豊かではなかったけれど、子供の頃の空想遊びは実際あんな感じだったかな、と懐かしくもなりました。子供の視点から語りかける物語だと言う記述がパンフレットにありましたが、まさにその通りだと思います。3人称を用いつつ、主人公たちの主観を持っている。そんな温かな語り口でした。 ... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 20:28

» テラビシアにかける橋<試写会> [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <九段会館> 監督:ガボア・クスポ 原作:キャサリン・パターソン 『テラビシアにかける橋』(偕成社刊) 脚本:ジェフ・ストックウェル デヴィッド・パターソン 5年生のジェスは、学校ではイジメにあい、家では女姉妹に囲まれて面白くない毎日。生活も苦しく、新しいスニーカーも買ってもらえない。ところが、転校生のレスリーがやって来て、彼の孤独な日々は大きく変わっていく・・・。 地下鉄で観たポスターの少女のいたずら好きそうな笑顔に惹かれて、試写会に応募。 良かった。素直に感動しま... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 21:55

» 映画:テラビシアにかける橋 試写会 [駒吉の日記]
テラビシアにかける橋 試写会(有楽町朝日ホール) 「王様がそんなことを言ったらみんな悲しむ」 いじめられっこ(まあ昔の表現でいうとネクラっぽいかんじなのかな?)のジェスとちょっと変わった転校生のレスリー。学校でも浮いている存在の二人が段々仲良くなって森の奥... [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 22:33

» 「テラビシアにかける橋(BRIDGE TO TERABITHIA)」映画感想 [Wilderlandwandar]
児童文学のベストセラーを映画化した作品「テラビシアにかける橋 [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 22:36

» テラビシアにかける橋 [雷座の部屋]
美少女、あらわる。 [Read More]

Tracked on 02/03/2008 at 22:41

» テラビシアにかける橋 [とりあえず、コメントです]
同名のベストセラー児童小説を映画化した作品です。 出だしから絵本の中に入っていくような可愛さに引き込まれました~ ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)は二人の姉と二人の妹を持つ5人姉弟の男の子。 森の側にあるような小さな町で、時給で働くお父さんの稼ぎでは生活が苦しく、 新学期が始まって学校に行こうとしたところ、お姉さんのお下がりの靴を履けと言われてしまう。 ピンクの靴をネタに同級生にからかわれ、ジェスは不機嫌だった。 その日はキュートな女の子・レスリー(アンナソフィア・ロブ)が転校して来た。 休... [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 00:36

» 「テラビシアにかける橋」★★★★★ [JoJo気分で映画三昧!+α]
'07年製作 原作キャサリン・パターソン 監督ガボア・クスポ 主演ジョシュ・ハッチャーソン アナソフィア・ロブ 共演 ロバート・パトリック 、 ズーイー・デシャネル他。国際アンデルセン賞受賞作の映画化。1月26日より公開。 家計が苦しいため、姉のお古の...... [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 00:51

» 『テラビシアにかける橋』 [唐揚げ大好き!]
『テラビシアにかける橋』   オシッコに自由を!!   ■11歳の少年ジェスは、あきらめることばかり上手になっていた。貧しい家庭でのけ者気分をかみしめ、学校でも虐められっ子。楽しみといえば生き物やストーリーを空想して、それをスケッチすることだけ。そん... [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 05:11

» テラビシアにかける橋 [★Shaberiba ★]
目を閉じて、心を開いて。 この橋を渡れば、またきみに会える・・。 [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 12:29

» 【テラビシアにかける橋】 [日々のつぶやき]
監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、ズーイ・デシャネル 「絵が好きで、家が貧しいジェスはいじめられっこ。ある日転校生レスリーがクラスにたってきた。男子生徒よりも足が速い彼女はちょっと変わって... [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 16:46

» 「テラビシアにかける橋」(2007・米) [雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)]
児童文学ベストセラーの映画化だという 「テラビシアにかける橋」試写会に行ってきました。 映画公開日は1月26日(土)です。 ちなみに原作は未読。 主演は「ザスーラ」のジョシュ・ハッチャーソンと、 「チャーリーとチョコレート工場」のバイオレットことアナ...... [Read More]

Tracked on 02/04/2008 at 19:49

» テラビシアにかける橋−(映画:2008年11本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) いじめっこだったけど、他人の痛みがわかって優しくなった上級....... [Read More]

Tracked on 02/05/2008 at 00:16

» ★★ 『テラビシアにかける橋』 [映画の感想文日記]
2007年。アメリカ。BRIDGE TO TERABITHIA. ガボア・クスポ監督。キャサリン・パターソン原作。  児童文学の同じタイトルの名作(読んでいない)を映画化したもので、おそらく対象... [Read More]

Tracked on 02/05/2008 at 00:38

» テラビシアにかける橋 ※ネタバレ注意 [ドン子の映画とディズニー三昧]
BRIDGE TO TERABITHIA (2007) メディア: 映画 上映時間: 95分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(東北新社) 初公開年月: 2008/01/26 ジャンル: ファンタジー/アドベンチャー/青春 この橋を渡れば、 またきみに会える ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット】 監督: ガボア・クスポ 製作: ハル・リーバーマン / ローレン・レヴィン / デヴィッド・パターソン 製作総指揮: アレックス・シュワルツ ... [Read More]

Tracked on 02/05/2008 at 13:36

» 「テラビシアにかける橋」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画 この子役の二人がプロモーションで来日していましたが、 二人ともずいぶん大人びて見えて驚きました。 でも、この作品はアメリカでは去年の今頃の公開で 撮影していた時期は更に前なわけで… この年頃で2年経過すると、あっという間に大人になってしまうんでしょうね…! アナソフィア・ロブは 「チャーリーとチョコレート工場」の ブルーベーリー娘や 「リーピング」のイナゴ少女で 毎回強烈なインパクトだったのですが、 今回初めて“普通の女の子”を演じる彼女... [Read More]

Tracked on 02/05/2008 at 16:47

» 【劇場映画】 テラビシアにかける橋 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日、風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動力を持つレスリーのリードで、2人は森の中に空想の王国テラビシアを創り出し、かけがえのない友情を育んで行く。ところが、突然の悲劇が2人を襲う。(goo映画より) 有名な俳優が出ているわけじゃないし、ファンタジックな要素が入ってるので、大ヒットと... [Read More]

Tracked on 02/06/2008 at 21:37

» テラビシアにかける橋 [C'est Joli]
テラビシアにかける橋’07:米 ◆監督: ガボア・クスポ「ラグラッツ・ムービー」「ラグラッツのパリ探検隊」◆出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、ズーイー・デシャネル ◆STORY◆貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮....... [Read More]

Tracked on 02/06/2008 at 21:56

» 【2008-21】テラビシアにかける橋(BRIDGE TO TERABITHIA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? この橋を渡れば、 またきみに会える [Read More]

Tracked on 02/11/2008 at 20:58

» 【映画】テラビシアにかける橋 [新!やさぐれ日記]
■動機 予告編を観てなんとなく向きかなっと ■感想 やっぱり向きだった。サプライズあり。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)のクラスに、ある日風変わりな少女レスリー(アナソフィア・ロブ)が転校してくる。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森の中に“テラビシア”という空想の2人だけの秘密の国を創り上げる。 ■コメント 個人的にこの映画は他の映... [Read More]

Tracked on 02/13/2008 at 23:55

« 幕末志士 美男子コンテスト開催!? | Main | 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 »