« 映画「ディスタービア(DISTURBIA)」 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」をキリスト教で読み解く~主人公の一見すると不可解に思える反応のワケ~ »

12/15/2007

映画「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」

監督:フランシス・ローレンス
アメリカ/2007年/100分
原作:リチャード・マシスン「地球最後の男」

【注】今回のレビューには結末が予想できる内容が含まれています。
   (ネタバラシではないが、予想しやすい内容という意味)

タイトルに込められた意味をかみしめながら、無人のNYの映像とともに主人公の境遇と使命に思いを馳せる作品。タイトルをみれば結末は容易に想像がつく、まっとうな作り。ヒネリやどんでんかえしの期待は禁物。ロバートがウィルスワクチンの研究にこだわるワケとは?

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
――2012年。
ウィルスにより人類が死滅した地球。
NYで相棒の犬サムと日々を生き延びるロバート・ネビルは、人類を救う道をみつけるべくひとり研究を続ける。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ロバート・ネビル
男性。軍人(中佐)。科学者。

▼サム(サマンサ)
シェパード犬。ロバート・ネビルの相棒。
--------------
▼ダーク・シーカーズ
ウィルスに感染して変異体となった元人間。紫外線に極端に弱い。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
――――――――――――――――――――――
タイトルに込められた意味をかみしめながら、無人のNYの映像とともに主人公の境遇と使命に思いを馳せる作品。タイトルをみれば結末は容易に想像がつく、まっとうな作り。ヒネリやどんでんかえしの期待は禁物。ロバートがウィルスワクチンの研究にこだわるワケとは?

■ ひとりで背負おうとする男

NYが閉鎖されようとする時、ロバートは妻と子を脱出させようとする。しかし自分はNYに留まってウィルスの感染の拡大を防ごうとする。

それから3年。

だれもいなくなったNY。

人類再生の道を探りつづける科学者のロバートは、ウィルスの発生源のNYから離れようとしない。ひとりで孤独と戦いながら、すべてをひとりで背負うかのようにワクチンの研究を続けている。

なぜひとりで? 

人類最後の人間だから? 

しかも科学者だから?


■ 生き延びたことには意味があるはず

ウィルスに免疫がある人間は約1パーセント。そのうち3年前と変わらない人間の姿でいられるのはさらに限られてくる。少なくともNYにはロバート以外の人間は皆無のようだ。

どうして自分だけがウィルスに免疫があるのか。空気感染も血液感染もしない(らしい)。

それにはきっと意味があるはず。

ウィルス発生源のNYの科学者がひとり生き残った。なぜなのか。何かの使命があるに違いない。

使命とは人類を救うことにちがいない。

そんなロバートは、誰かに似ていないだろうか。


■ 「トゥモロー・ワールド」との共通点

「アイ・アム・レジェンド」を観て思い浮かんだのは「トゥモロー・ワールド(The Children of Men)」の主人公の男性セオだ。

「トゥモロー・ワールド」では子供が生まれない世界が舞台。

「アイ・アム・レジェンド」ではウィルス特効薬がない世界が舞台。

どちらの世界にも共通しているのは「希望なき世界」ということだ。

そんな世界にあって、人類のとってのただひとつの希望(子供・ウィルス特効薬)を守ろう・作ろうとする男。

どちらの作品にも共通している、主人公のモデルとなっているのはイエス・キリストである。

▼「トゥモロー・ワールド(The Children of Men)」作品レビュー


■ なんのために?

父なる神。子なるイエス・キリスト。聖霊。

キリスト教の用語の「三位一体」でとらえるなら、子なるイエス・キリストはたったひとりで地上へ遣わされたことになる。

なんのために?

人類を救うために――。

イエスには12人の弟子がいたが、彼らは地上の人間だ。地上には地上の人間しかいない。天から遣わされたイエス・キリストはひとりだった。

イエスはひとり、荒野で40日間留まり、空腹の中でサタン(悪魔)の誘惑を受ける。これは「荒野の誘惑」といわれる新約聖書の有名なエピソードだ。なぜ荒野に?

なんのために?

人類を救うために――。

そしてゲッセマネの園。エルサレムのオリーブ山の麓にある庭園で夜、イエスは祈りを捧げていた。

なんのために?

人類を救うために――。

さて、映画の中に見ることができるキリスト教のエピソードについて度々紹介してきた本ブログの読者なら、イエスをモデルとした「トゥモロー・ワールド」のセオが作品のラストでどうなったか。またゲッセマネの園の後、イエスはどうなったかに思いをめぐらせば「アイ・アム・レジェンド」のロバートがラストにどうなるかは想像できるだろう。

ではここで、作品のタイトルに注目してみよう。


■ タイトルをみれば結末が……。

映画のタイトルは「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」

私は伝説。私は伝説になったほどの著名な人物だ。といった意味である。

では、私とは誰か?

著名で誰もが知っている人物。

本誌では「荒野の誘惑」や「ゲッセマネの園」などで説明をしたが、欧米人をはじめとするキリスト教文化圏で育った人にとっては、タイトルを見ただけで「私」とは誰のことを指すのかはすぐにわかる。

それほどわかりやすい。

だから、作品のラストを隠すまでもない。だからなのかどうかわからないが、ロバート役のウィル・スミスは来日した「アイ・アム・レジェンド」の記者会見のときに、作品の結末を漏らしてしまったとの報道があった。

ウィル・スミスにしてみれば、有名なSF作品だし、何度も映画化されているし、そもそも今回の映画作品のタイトルを見ただけで結末は誰にでも容易に想像がつくだろうから、という気持ちがあったのかもしれない。

ところが日本ではタイトルの意味なんぞ気にもとめない人も多い。結末は容易に想像つくとはいえ、主役俳優が自ら結末を漏らすのはチョイとやりすぎということで(タイトルのつけ方のほうがやりすぎかも?)スタッフが会場にいた人々に対して、結末を明かさないよう依頼することになったという。

とはいえこれも宣伝の一種なのだろう。

「結末? そんなにだいたい予想できるでしょ。でも明かさないよ」ってなもんである。これも宣伝手法のひとつといったところだ。

ちなみに「レジェンド」は、ロバートが好きなボブ・マーリィの曲名でもある。


■ ロバートがウィルスのワクチン研究にこだわるワケ

ロバートは日々ラジオ放送を流して生存者を探している。

しかし、田舎の村に生存者が集まって生活しているかもしれないという情報を得たとき、人類はほかにだれも生き残っていないと何度も頑なに言い放つロバート。

あんなに生存者を探していたのに、いざ田舎の村にいるかもしれないという情報を得たのになぜ?

それには理由がある。ロバートの使命を理解していないと「?」でいっぱいになってしまうだろう。

ロバートは、悪の象徴であるウィルスに感染して凶暴性が著しく増したダーク・シーカーズを元の人間に戻す特効薬を作ることが自分の使命だと信じている。だから、そのためにNYに留まり続けると宣言するのだ。

なぜそこまでウィルスワクチンにこだわるのか。

答えは……もうわかるだろう。

悪(ダークシーカーズ)を清める、つまり罪を贖わなかれば人類は救われないからだ。

エデンの園でアダムとイヴが善悪を知る木の実をとって食べたそのときから、人類は労働と産みの苦しみから逃れることができない罪深い人間となった。

そんな人類を救うため、父なる神は子なるイエスを地上に遣わされた。

ダークシーカーズを放っておくことはできないのだ。凶暴性が高く、人間を襲う悪の象徴を放っておくことはできないのだ。

ダークシーカーズを放っておいては、悪に染まった人類を救えない。

人類を救う使命を追った男。

だからロバートはウィルスの発生源であるNY(地上)に留まりつづけ、ダークシーカーズ(悪に染まった人類)を救うべくワクチンの研究をつづけているのだ。


■ 世界観と哀愁

作品中の大半、ウィル・スミスはひとりだ。愛犬と話す以外は、マネキンとしゃべるフリをしてみたりもする。

犬に話しかけたりする補助はあるものの、基本は動作やしぐさや顔の表情を中心として演技しなければならない。

だれもいないNYでひとり生き残った男。撮影中は周囲にスタッフが大勢いるだろうが、作品中のNYという世界ではただひとりだ。

だれもいないNYの映像を作り出すのはスタッフの役割。

そのNYでただひとり生きる男の孤独感や哀愁を醸し出すのは俳優の役割。

世界観と哀愁。

それがこの作品のみどころだ。


■ その他

吸血鬼やゾンビみたいなものが襲ってくるサバイバル活劇と捉えるよりも、タイトルに込められた意味をかみしめながら、無人のNYの映像とともに主人公の境遇と使命に思いを馳せる作品と捉えるほうがいいでしょう。

かなりテレビで宣伝されているようなので、地球最後の男がどうなるのかが気になって期待に胸を膨らませて観にいくと、なんだか拍子抜けみたいに感じてしまうかもしれません。

実際、私の近くに座っていた若い男性客はエンドロールが流れはじめるとすぐに「これで終わり? 期待ハズレなんだけど」といったようなことを言っていました。

いったいどんなのを期待していたんじゃ?^^;

キリスト教文化にピンときた人には、ロバートのラストが予想できていたとはいえ、やはり心打たれるラストであろうと思います。

タイトルの意味をかみしめながら、伝説になった著名な人物に思いをはせるSF作品ということを頭に入れてから観にいくとよいでしょう。

ぜひ「トゥモロー・ワールド(The Children of Men)」とセットで観てみてくださいネ。

デート       △
フラっと      ○ 
脚本勉強    △
演出       ○
キャラクター   ○
映像       ○
笑い       -
ファミリー    -
アクション    ○
ほのぼの    ×
キリスト教文化 ○

B000KIX9BOトゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン
ポニーキャニオン 2007-03-21

by G-Tools

|

« 映画「ディスタービア(DISTURBIA)」 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」をキリスト教で読み解く~主人公の一見すると不可解に思える反応のワケ~ »

Comments

TB、ありがとうございました。
受け狙いの文章で、お笑いモードに走るレビュアーが多い中、真面目に分析されている姿勢に感心しました。
欧米作品には、多かれ少なかれ、根底にキリスト教的観念がありますね。
概ね、無宗教である日本人には、理解されない一面でもあります。

Posted by: GATECRASHER | 12/15/2007 at 23:22

「コンスタンティン」でもかなりキリスト教が入ってましたよね。キリスト教に疎いとやはりこの監督の作品はピンと来ないのかもしれません。
どちらもビジュアルはすごいと思いました。
わたしは偶然にも前日に「トゥモロー・ワールド」を観てからこの作品を観たのですが、「トゥモロー・ワールド」の最後の長回しシーンはああ、この赤ちゃんはイエスで、産んだキーはマリアかもなどとうっすら思ったのですが、こちらは全然ピンと来ませんでした(汗)
NYが舞台ということもあり、9・11のテロ行為とネビルの行為は紙一重というよりコインの表と裏なのだというところが描きたかったのかなと思いました。
冒頭のクリピン医師の話にも通じますし。
でも後半のとってつけたようなストーリー展開でせっかくいいところついててもそれがはっきりしない感じを受けました。

Posted by: しゅぺる&こぼる | 12/16/2007 at 20:57

>GATECRASHERさん
コメントありがとうございます。
この作品、観ようによってはツッコみどころ満載ですが、あえて(?)まじめ系なレビューもあっていいかなと(^_^;)
今後ともよろしくです☆

Posted by: わかスト@管理人タカ | 12/18/2007 at 18:15

>しゅぺる&こぼるさん
コメントありがとうございます。ご無沙汰してます。
そうそう「コンスタンティン」監督さんなんですよね。だから映像は特徴ありますね。ちょうど「トゥモロー・ワールド」を観られたそうで、あの長まわしシーンは迫力ありましたね。「トゥモロー・ワールド」のほうがキリスト教文化の背景がわかりやすくなっていたように思います。「アイ・アム・レジェンド」も実はキリスト教文化などあまり関係なく、深読みしすぎかもしれませんが、いろんな映画のみかたがあるということで(^^)。

Posted by: わかスト@管理人タカ | 12/18/2007 at 18:24

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/
です。

Posted by: 日本インターネット映画大賞 | 12/20/2007 at 21:24

分類カテゴリーから、
ハリウッド映画を探すのに疲れました!

西洋ならまだしも、西欧って。。。

いつからハリウッドは西ヨーロッパに統合されたんでしょう。。。


ホリョダ!

Posted by: @ | 01/06/2008 at 03:48

>@さん
コメントありがとうございます。

東洋に対していうところの西洋(欧米の諸国)といった意味合いのつもりでしたが、わかりにくかったようですね。

そこで、わかりやすく「欧米」にしました。(欧米か!笑)

本ブログの記事を熱心に探してくださり、そしてご指摘くださりありがとうございました☆

Posted by: わかスト@管理人タカ | 01/06/2008 at 05:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/17374561

Listed below are links to weblogs that reference 映画「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」:

» 映画「アイ・アム・レジェンド」 [いもロックフェスティバル]
ウィル・スミス主演の映画『アイ・アム・レジェンド』の試写会に行った。 [Read More]

Tracked on 12/15/2007 at 18:16

» アイ・アム・レジェンド [映画のメモ帳+α]
アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィッチ アキヴァ・ゴールズマン       撮影   アンドリュー・レスニー                   音楽   ジェームズ・ニュートン・ハワード                出演   ウィル・スミス アリシー・ブラガ       ダッシュ・ミホク チャーリー・ターハン       ... [Read More]

Tracked on 12/15/2007 at 19:47

» アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND [我想一個人映画美的女人blog]
『ナショナルトレジャー〜』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきました〜。  {/kaminari/}ちょっとだけネタバレありでいきます!{/kaminari/} この作品、原作はスピルバーグの『激突!』のリチャード・マシスン。 映画のオリジナルは こちら。 1971年にはチャールトン・ヘストン主演で『地球最後の男 オメガマン』というタイトルでリメイク、今回が二度... [Read More]

Tracked on 12/15/2007 at 21:43

» アイアムレジェンドは詐欺だろっ!! [カスピのバカログ2]
昨日はクラスの友達と「I AM LEGEND(アイ・アム・レジェンド)」見てきた。 10月ぐらいから楽しみにしてたんだけど… 感想ははっきり言ってびっくり だって… ↓開いてね↓ 怖ぇ!! でもいい映画〜みたいな感じですわ。はい。 変なの出てくるし。 やっぱ『ウィル・スミス』はいいよ 愛犬サムがあれにかかってしまって、暴れだすときのウィルスミスのあのなんともいえない表情は本当に切なくなるね 映画館で見るとすごい迫力があるしね この映画は絶対映画館で見... [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 02:57

» ★「アイ・アム・レジェンド」 [ひらりん的映画ブログ]
2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。 [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 03:20

» アイアムレジェンドは詐欺だろっ!! [カスピのバカログ2]
昨日はクラスの友達と「I AM LEGEND(アイ・アム・レジェンド)」見てきた。 10月ぐらいから楽しみにしてたんだけど… 感想ははっきり言ってびっくり だって… ↓開いてね↓ 怖ぇ!! でもいい映画〜みたいな感じですわ。はい。 変なの出てくるし。 やっぱ『ウィル・スミス』はいいよ 愛犬サムがあれにかかってしまって、暴れだすときのウィルスミスのあのなんともいえない表情は本当に切なくなるね 映画館で見るとすごい迫力があるしね この映画は絶対映画館で見... [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 03:31

» アイ・アム・レジェンド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ〜ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともに3年もの間他の生存者の存在を信じて無線で交信を続け人類再生の道を探ってきたが、彼に謎の敵が迫ってきた―     監督 : フランシス・ローレンス 『コンスタンティン』【comment】 (*少々ネタばれ気味です)いつも何かと闘っている男、ウィル・スミス。ある時はエイリアンと、... [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 09:07

» 映画〜アイ・アム・レジェンド [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再生の道を探ってきたが、彼に謎の敵が迫って... [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 13:26

» アイ・アム・レジェンド [Akira's VOICE]
面白くない,ことは無い。 が,しかし・・・。 [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 14:58

» アイ・アム・レジェンド [愛情いっぱい!家族ブロ!]
いや~~これ……微妙・・・・(・_・;) いろいろと裏切られた映画でした。  まったく情報を入れずに、このタイトルと ウィル・スミスがシェパードどともにとぼとぼ歩いているポスターのみで「面白そう♪」と思い、 いざ劇場へ…… まさか○ン○が登場するとは... [Read More]

Tracked on 12/16/2007 at 20:59

» アイ・アム・レジェンド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がかろ....... [Read More]

Tracked on 12/17/2007 at 14:58

» 「アイ・アム・レジェンド」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「アイ・アム・レジェンド」 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリス・ブラガ、ダッシュ・ミホク、パラドックス・ポラック 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。 この街がかろうじて生きていることを伝えるのは、通りを走り抜けていく1台の真っ赤なマスタングだけ。 運転しているのは、元陸軍中佐であり科学者のロバート・ネビル。 3年前、地球規模のウイルス感染により、世界人口の66億が絶滅していくなかで生き残った、たった一人の生存者... [Read More]

Tracked on 12/18/2007 at 14:06

» アイ・アム・レジェンド [I N T R O]
『動く標的、撃ち落とせ!――いま、なぜか、リチャード・マシスン。』  以下の文章は、リチャード・マシスン原作(「吸血鬼」別名「地球最後の男」)、フランシス・ローレンス監督作品『アイ・アム・レジェンド』鑑賞後の、あるアクション/クライム・ムーヴィー・ファン、しかもSFもちょっとかじっている二人――仮に黒岩と大門と呼びます――の雑談の抜粋であります。 大門 クロさん『アイ・アム・レジェンド』どうでしたか?...... [Read More]

Tracked on 12/18/2007 at 16:15

» I AM LEGEND [B級パラダイス]
平日の公開ということでまわりは仕事帰りの会社員の方が多かったです。一番最後の回ながらわりといっぱいだったかも。 [Read More]

Tracked on 12/18/2007 at 18:47

» 映画「アイ・アム・レジェンド」 [しょうちゃんの映画ブログ]
■邦題:アイ・アム・レジェンド ■原題:I AM LEGEND ■上映時間:100分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:SF、アクション、ドラマ ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公開:2007/12/14 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場7/L席13席) ■パンフレット:600円 ■オフィシャルサイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/iamlegend/ 地球最後の男に希望はあるのか。 ■監督:フランシス・ローレンス ... [Read More]

Tracked on 12/18/2007 at 23:50

» 【2007-181】アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 地球最後の男に希望はあるのか。 [Read More]

Tracked on 12/19/2007 at 20:41

» [映画『アイ・アム・レジェンド』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
▼昨日、いつものMOVIX昭島に行き、公開されたばかりのウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』を姪っ子と観た。 MOVIXポイントも70Pを超えて、これにて次の映画鑑賞は一回無料で見れるぞい^^ 自らを「私は伝説だ」などとのたまうタイトルなので、能天気なヒーロー物かと思いきや、なかなか重厚な物語で、私にとっては嬉しい誤算だった。 ・・・と、思いきや、人類壊滅に至る原因の「方々」が、なかなか「俗(^^;)」な方々だったので、それも下世話に楽しく、二重に嬉しい誤算の作品だった。 ▼・・・人... [Read More]

Tracked on 12/19/2007 at 23:27

» アイ・アム・レジェンド [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス(ロバート・ネビル)    アリーシー・ブラガ(アナ)    ダッシュ・ミホック(アルファ・メイル)    チャーリー・ターハン(イーサン) 面白いのか、つまらないのか、よくわかんないっ! ... [Read More]

Tracked on 12/24/2007 at 16:37

» 最後の前置き [アリゾナ映画ログ − 砂漠から...]
2006年から2年間、このブログで映画を紹介してきましたが、最近更新が追いつかず、もうひとつのブログと統合することにしました。今後は、「うだるありぞな」にて、映画を紹介していきます。よろしくお願いします... [Read More]

Tracked on 12/26/2007 at 06:38

» 『アイ・アム・レジェンド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤカワ文庫刊)」 □キャスト ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ、ダッシュ・ミホック、チャーリー・ターハーン、サリ・リチャードソン■鑑賞日 12月22日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ほぼウィル・スミスの一人劇です。  地球上にたった一人(... [Read More]

Tracked on 12/27/2007 at 22:44

» 「アイアム レジェンド」さすが!ウィルスミス [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
仕事の合間に休みを取ったパパンと、映画に行った。 二人で行けば、今年から1000円で観られちゃう! なんか、うれしいような、寂しいような・・・・・ [Read More]

Tracked on 12/29/2007 at 01:46

» 2007年最後の劇場映画鑑賞は アイ・アム・レジェンド でした [よしなしごと]
 スーパーマンVSバットマンは2009年公開なのかな? [Read More]

Tracked on 12/31/2007 at 18:22

» 伝説になるにはツメが甘い! [犬も歩けばBohにあたる!]
07年後半、公私共々バタついており すっかりブログの更新を怠ってしまいました。 [Read More]

Tracked on 01/01/2008 at 17:43

» アイ アム レジェンド <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
めっちゃ怖いし 可哀想過ぎる 観終わった後も 心に何か残ってすっきりしない感じが続く。ってか バイオハザードにかぶってんねんっけど こっちのウイルスの方が遥かに凶暴で 感染した人間はめちゃめちゃ強いねん。 対決したら きっとこっちが勝つ(笑)Tウイルス...... [Read More]

Tracked on 01/05/2008 at 02:26

» 「マリと子犬の物語」「アイ・アム・レジェンド」 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。 [Read More]

Tracked on 01/10/2008 at 14:08

« 映画「ディスタービア(DISTURBIA)」 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」をキリスト教で読み解く~主人公の一見すると不可解に思える反応のワケ~ »