« 鎖国といえば小説「五分後の世界」 | Main | ファンタスティック・フォー:銀河の危機(FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER) »

ピクサーのスゴさの秘密

「レミーのおいしいレストラン」がCGアニメーションとしてヒットしつづけているのはなぜか。

今回はCGアニメーションに焦点を絞って考えてみよう。

そもそも、ピクサー作品のCGアニメーションがスゴいというときの「スゴさ」とは何だろう?

ピクサーはこれまで、CGでは難しいとされる対象をあえて描いてきた。毛におおわれた生き物、水。

そして「レミーのおいしいレストラン」では料理を題材に描いた。だからスゴいといえば全くそのとおりなのだが、実はもっと重要な点をうまくやりとげている。

重要な点とは「人間」である。

高度なCGアニメーション技術があるからといってすぐに人間を登場させなかったことが重要であり、成功の要因だ。

たいていのCGアニメーション作品の場合、はじめから人間を登場させて「CGアニメーションの底無し沼」にハマってしまう。

人間をCGで描く意味と必要という名の沼にハマると、抜け出そうともがけばもがくほど深く沈んでいく。スクエア(現スクエアエニックス)が映画「ファイナルファンタジー」深い底まで落ちて浮かんでこれなかったようにである。

ところがピクサーの初期作品は人間以外を主人公にして、必要ならば人間も少し登場させてきた。そして徐々にスーパーヒーローや料理人へと、CGアニメーションで登場させるキャラクターにおける人間の比率を増やしてきたのだ

さらに最新作「レミーのおいしいレストラン」でさえ、主人公はねずみのレミーと人間のリングイニのふたりだ。まだ人間だけが主人公とまでにはしていない。

これがピクサーのうまいところである。

モンスターやおもちゃや魚を主人公にして「人間」を描きつつ「レミーのおいしいレストラン」では、さりげな~く主人公のひとりを人間にしている。

こうして、例の沼にハマることなく、人間をサラっと主人公にできているのだ。

ハマるとわかっている沼は避けてとおる。

あたりまえといえばそれまでのことを確実に行ってきた。それができるスゴさがピクサーにはあるということだ。

▼映画「レミーのおいしいレストラン(RATATOUILLE)」 作品レビュー


さて「ベクシル」はチャレンジ精神にあふれる作品だが、やはりこれも人間の顔をどのように表現するかで苦悩している様子がうかがえる。

技術的にはリアルな顔にすることができるのだが、あえて2Dちっくな、いうなれば従来のアニメちっくな「絵」に近いものとしている。

「CGアニメーションの底無し沼」があることはわかっているのだから、あえて無視するかのような態度もとってみるという、いい意味でのいやらしさ、もときには必要だ。

「ベクシル」は真面目に頑張っているのでぜひとも応援したいが、真面目におちゃらけてみるのもどうだろうか。新しい発見があるかもしれないゾ。

▼映画「ベクシル」作品レビュー


« 鎖国といえば小説「五分後の世界」 | Main | ファンタスティック・フォー:銀河の危機(FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ピクサーのスゴさの秘密:

« 鎖国といえば小説「五分後の世界」 | Main | ファンタスティック・フォー:銀河の危機(FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER) »