« 映画「大奥」 | Main | 邦画ヒット常連の原動力はアノ若手人気女優? »

01/26/2007

映画「リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)」

映画「リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)」
監督:ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス
アメリカ/2006年/100分

深い愛と笑いで織り成す、家族の再生物語。食卓が物語る家族の姿。深い愛と笑いの関係。家族みんなの願いとは?

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
美少女コンテストの地方大会で繰上げ優勝した少女オリーヴとその家族が決勝大会が行われる会場へ長距離ドライブに出る。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
▽オリーヴ
女の子。美少女コンテスト地方大会2位。繰上げで1位に。

△リチャード
オリーヴの父親。フーヴァー家の長。独自の成功論を作り上げ、本の出版に奔走する。

▽シェリル
オリーヴの母親。

△フランク
オリーヴの伯父。プルースト研究者。ゲイ。

△ドウェーン
オリーヴの兄。ニーチェに心酔して沈黙の誓いを実行中で空軍パイロット志望。

△祖父
オリーヴの祖父。薬物中毒で福祉施設を追い出される。

コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
深い愛と笑いで織り成す、家族の再生物語。食卓が物語る家族の姿。深い愛と笑いの関係。家族みんなの願いとは?

■ 何気ない食卓

ある家族の夕食。
どこにでもある、ごくありふれた日常の時間で退屈だと思うかもしれません。でも、食卓こそ最も興味深いのです。

映画やドラマや小説でよく食卓のシーンがあるのは、それが便利で重要だから。

家族が食卓につき、食事をする。一見すると動きが乏しいように思える食卓シーンは、家族構成からキャラクターの性格、位置関係、夢、希望、苦手なものまで、あらゆる要素を観客に伝えることができんです。だからよく食卓のシーンが使われます。

沈黙の誓いをたててしゃべらない息子を立派だと皮肉る父親リチャード。

またチキンか! と夕食にケチをつけ、ゲイを見下すかのようなことを言う祖父。

自分は高名なプルースト学者だが愛に破れ自殺を図ったと少女に話してきかせるフランク。

フーヴァー家の現状が一目瞭然。もうハチャメチャな食卓ですね。

そんな家族のもとに、オリーヴが美少女コンテストの地方大会で、繰上げで1位になり、本大会への出場権を獲得したとの連絡が届きます。

そこで、一家揃って車でコンテスト会場まで行くことになったのです。


■ 深い愛と笑いの関係

レストランでも車の中でも、フーヴァー一家はそれぞれに勝手なことを言います。それは会話というより、無駄話に近いでしょう。

だれかが何かを言う度に、車の中でだれかが気分を悪くしたり、だれかが絶望したり。さらに車も故障したり。
それまで糸一本でかろうじてぶら下がっていた「家族」に次々に悪い知らせが届き、ますます状況は悪い方向へ。

そんな様子を観ておもしろいの? って思うかもしれませんが、これがおもしろいんですヨ。でもそのおもしろさは、人の不幸は蜜の味とかそういうネガティブなおもしろさ(?)とは違うんです。

みんな自分勝手で、なにひとつうまくいかないけれど、それでもオリーヴを決勝大会へ出場させるという共通の目的がある。みんなオリーヴが好きで、自分では気付いていないかもれないけれど、ほんとうは家族みんなが好き。それがしっかい根底にあるから、どんな不幸と思えることが起きても、それが笑いに転化されるんですね。

深い愛と笑いの関係。これがこの作品の一番のセールスポイントです。


■ 家族みんなの願いとは

ジョン・ベネちゃん事件により、アメリカ合衆国で美少女コンテストに熱中する親子たちの様子は日本でも度々紹介されるようになりました。

美少女コンテストの本大会ともなれば、その熱の入れようはたいへんなものだと想像できます。

けれどもフーヴァー一家は、本会場へオリーヴを連れて行くことに一生懸命で、審査時の立ち振る舞いやダンスについては、他の出場者家族ほど熱心ではないようです。なぜなら、会場で披露するダンスの振り付けをみてくれているのはおじいちゃん(グランパ)だけというのですから。

ふつうなら、美少女コンテストに夢中になりすぎた家族の可笑しさというのを全面に出していきそうなところを、あえて外しています。

美少女コンテストに出場するのだけれど、家族はバラバラで一家がひとつになって美少女コンテストで優勝を目指すというのではなく、目的はオリーヴの願いを叶えるため。

なんといってもオリーヴが美少女コンテストの本大会に出場することをたいへん喜んでいるからです。だから本大会に出場させたい。けっして美少女コンテストで優勝することが家族みんなの目的ではないんですね。

オリーヴの気持ちや願いを叶えることが第一なのです。オリーヴの願いを叶えることが唯一、家族みんなの願いでもあるのです。

だから、美少女コンテストへの長い道のりで数々の不幸とおもえることが起こっても、それが笑いになるんです。心が暖まるエピソードになるのです。

日本にかつてあったといわれるお受験(いまもあるのかな)。子供のためといいつつ、名門校に入学させること以外に価値観をもてない親たちの、笑えない有様とはまったく違いますね。

作品のはじめの夕食のシーンをよぉく観てください。美少女コンテスト本大会出場権を獲得したとの知らせを受けてたとき、家族が見守るなか父リチャードはオリーヴに、本大会に出場したいかと尋ねます。

このシーンでわかることは、バラバラな家族の唯一ともいえる願いがオリーヴの願いを叶えるこということ。

そして、オリーヴの願いを叶えたいと思っているなら、他の家族の願いだって叶えたいと心の奥底では思っているであろうことが観客に予感させる。だからこそ、ハチャメチャなフーヴァー一家を応援したくなる。

ほら、作品のはじめの食卓シーンで観客のハートはすでにガッチリと鷲づかみされているんですね。

だから食卓シーンは重要で興味深いのです。


■ ひとこと

旅の途中、ガスステーションにオリーヴがおいてきぼりにされてしまいます。でもオリーヴは不安そうな顔をみせることなく笑顔で待っているんです。そこへフーヴァー一家が乗った車が戻ってきます。

オリーヴは家族を信頼して安心しているのですね☆ 

デート    ◎
フラっと   ◎ 
脚本勉強  ◎
演出     ◎ 
リアル    ○ 
キャラクター ○
笑い     ◎
心      ◎   


|

« 映画「大奥」 | Main | 邦画ヒット常連の原動力はアノ若手人気女優? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/13663385

Listed below are links to weblogs that reference 映画「リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)」:

» ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督「リトル・ミス・サンシャイン」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット  この映画は「押す」映画である。押し切っていく。映画である。  「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストをめざす少女(末っ子)を乗せて黄色いバスがアリゾナからカリフォルニアまで旅する。その途中にバスはギアが故障する。どうするか。家族で押して押して押しまくる。いったん走り出�... [Read More]

Tracked on 01/26/2007 at 14:33

» 『リトル・ミス・サンシャイン』〜幸福の黄色いミニバス〜 [Swing des Spoutniks]
『リトル・ミス・サンシャイン』公式サイト 監督:ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス出演:グレッグ・キニア トニ・コレット スティーヴ・カレルほか 【あらすじ】(goo映画より)アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・ク...... [Read More]

Tracked on 01/28/2007 at 18:10

» リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...... [Read More]

Tracked on 02/04/2007 at 02:07

« 映画「大奥」 | Main | 邦画ヒット常連の原動力はアノ若手人気女優? »