« 映画「暗いところで待ち合わせ」 | Main | 小説「「夏と花火と私の死体」乙一 »

映画「007/カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)」

監督:マーティン・キャンベル
アメリカ/2006年/144分

自信過剰でお間抜けでおちゃめでガッツがあってスマートで。放っておけない、やんちゃ坊主。それが新生ボンドの魅力。正しい金庫破り(型破り)の方法とは?

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
英国諜報部MI6スパイ「00」になったジェームズ・ボンドが、国際テロ組織の壊滅に任務につく。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジェームズ・ボンド
男性。英国諜報部MI6のスパイ。

▽ヴェスパー・リンド
女性。財務省職員。

△ル・シッフル
テロ組織の資金洗浄を行う。

△マティス
MI6の地域担当エージェント。連絡係。

▽M
イギリス諜報機関MI6のトップ


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
自信過剰でお間抜けでおちゃめでガッツがあってスマートで。放っておけない、やんちゃ坊主。それが新生ボンドの魅力。正しい金庫破り(型破り)の方法とは?

■ はじめて物語

007シリーズはいくつか観たことがあるが、どれを観たのかはっきり思い出せない。

それぞれに特徴があるのだが、ひとことでいえば「007」シリーズのどれか、で片付けられる。そんなかんじである。

たとえ007シリーズ作品をひとつも観たことがない人でも007という単語は聞いたことがあるだろう。007シリーズというぐらいだら、人気があると予想できることだろう。

例えるならガンダムだ。
ガンダムと名がつくシリーズはたくさんあるが、ガンダムの魅力を知るには、その原点となる、いわゆる1年戦争を描いたファーストガンダムを観ることからはじめなくてはならない。

これと同じように、007という言葉を聞いたことがある人は、その主人公ジェームズ・ボンドが「00(ダブルオー)」になってはじめての任務、いうなれば「ファースト007)を観ることからはじめてはいかがだろう。
さて、ジェームズ・ボンドがはじめて人を殺したときとはいったいどんなだったか?

あのジェームズ・ボンドのことだから、任務のためなら冷酷かつさぞかしスタイリッシュに遂行したのではないかと思う人も多いだろう(殺人にスタイリッシュもなにもないが…まぁ映画なので)。

ところがスタイリッシュどころか泥仕合の様相を呈している。そこが今作の「味」である。


■ 肉体アクションから知的駆け引きへ

身のこなしが曲芸師のように軽い組織の下っ端。それを追い詰めるボンド。体を張った肉体派アクションを魅せるボンド。

さらに空港で敵を追いかけるボンドの活躍も、スパイというよりも特殊部隊の一員といったかんじだ。

まずはこうした肉体派のアクションシーンで、型破りなボンドを披露。それからカジノでの息詰まるポーカー勝負へ。

肉体アクションから知的駆け引きへ。

そうした流れのなかで明らかになるボンドの性格とは?


■ 人間味溢れるボンド

冷静で、マジモードの恋愛をすることはない。そんなイメージがあったボンドだけど、今回は違う。

組織の下っ端を追い詰めるのに夢中で監視カメラに気づかずにばっちり写っちゃったり、マジモードの恋愛にハマり、なったばかりの「00」を引退する決意をしたり、高額資金を賭けたポーカーゲームに負けてマジヤバモードになったり……。

だれも知らないはずのMの自宅をつきとめて、彼女専用のパソコンを通じてデータを入手するという、まるで新入社員が部長宅に勝手におじゃまして高級ワインを飲みながら、帰宅した上司に向かって、庶務課のY子ちゃんとのデート見ましたよ~だから今後ともいろいろ俺のために便宜図ってね、といわんばかりの高慢さ。

ポーカー勝負の会場にやってきたときも、どうぜ正体はバレてるだろうと、堂々とジェームズ・ボンドと名乗る大胆さ。

自信過剰でお間抜けでおちゃめでガッツがあってスマートで。

放っておけない、やんちゃ坊主。

それが新生ボンドの魅力である。


■ 隣人

マット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」とその続編「ボーン・スプレマシー」を思い出してほしい。

これらスパイ映画も、冷酷なスパイが活躍するだけだったらヒットはしなかっただろう。記憶を無くした優秀なスパイが、悩み苦しみながらアイデンンティティを求めて活躍する姿に、観客は冷酷非情なスパイのイメージとはかけはなれた「身近さ」を感じることができた。だからヒットしたのだ。

「007/カジノ・ロワイヤル」もジェームズ・ボンドを、スーパーマンではなく、身近な隣人のひとりと感じることができる作品となっている。


■ 型破りのために

例えば金庫破り。

金庫破り犯がやっと金庫の鍵を開錠したと思ったら、なんと施錠してしまった。 
実は金庫の鍵は、はじめから開いていたのだ!

なーんてオチは、仕掛けとしてはOKだとしても、キャラクターづくりにおいてはNGだ。

キャラクター作りにおいては、金庫の扉は閉じられて鍵がかかっていなければならない。

つまり、キャラクター作りにおいては、金庫破りのために、金庫の扉は閉じられて鍵がかかっていなければならないのだ。

ここでいう金庫の鍵がかかっている状態というのは、シリーズによって観客の脳裏に刻まれたジェームズ・ボンドのイメージだ。

イメージがしっかり出来上がっていること。それが金庫に鍵がかかっている状態だ。

「鍵がかかっている金庫」という「型」を破る、その金庫破りこそ、6代目新生ボンドである。

「型破りの新生ジェームズ・ボンド」が生まれたのは、偶然で運がよかったからではない。007シリーズがあるからこそ、なのだ。

これが正しい型破りの方法である。


■ ひとこと

そういえば少し前に、MI6のサイトと新聞広告で人材を募集していたとか。

君もスパイになれる……かも。


ファミリー  -
デート    ○
フラっと  ○
脚本勉強  ◎
演出    ○
リアル   -
キャラクター◎
笑い    -
ファン    ◎


« 映画「暗いところで待ち合わせ」 | Main | 小説「「夏と花火と私の死体」乙一 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「007/カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)」:

» 007/カジノロワイヤル [Akira's VOICE]
思わず唸るオープニングと, 感嘆のラストシーンが秀逸! [Read More]

Tracked on 12/14/2006 10:34

» 007カジノ・ロワイヤル [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
007最新作「カジノ・ロワイヤル」を初日に見る。原作はソ連スパイとの対決だったのが、テロリストとの対決というのは仕方ないか。ネタバレしないように。 [Read More]

Tracked on 12/14/2006 11:38

» 007/カジノ・ロワイヤル [C note]
ひゃっほーぃ!よ~うやく!観てきましたぁ!! 007シリーズに対する私のドシロ [Read More]

Tracked on 12/14/2006 11:55

» 『007 カジノ・ロワイヤル』 [京の昼寝〜♪]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。 ■監督 マーチン・キャンベル■脚色 ニール・バーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス■原作 イアン・フレミング(「007カジノ・ロワイヤル」東京創元社刊)■キャスト ダニエル・クレイグ、エバ・グリーン、マッツ・ミケルセン、カテリーナ・ムリーノ、ジュディ・デンチ □オフィシャルサイト  『007 カジノ・ロワ... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 12:15

» 007/カジノ・ロワイヤル [ショウビズ インフォメーション]
ロンドンのワールドプレミアで女王に挨拶するダニエル・クレイグ 過去4作ジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンに代わり、『エリザベス』『トゥームレイダー』『ミュンヘン』のダニエル・クレイグ扮する6... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 12:56

» 『007/カジノ・ロワイヤル』 [Sweet* Days]
CAST:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、ジュディ・ディンチ 他 STORY:暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は「00(ダブルオー)」の地位に昇格する。そして最初の任務は世界中のテロリストの資金源となっている男とのポーカーゲームだった・・・ 007シリーズ、これまで1本ぐらい見たことあったかなぁ・・・程度の記憶。 って事で、殆ど初ボンドです。 で、最新007はボンドの最初の任務、そして本気で愛した女性との物語。 勿論アクションはすごい!! ... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 17:13

» 007カジノロワイヤル [風と雲の郷(読書と時折の旅と・・)]
 昨日は、仕事が終わって、「007カジノロワイヤル」の試写会に行ってきた。 イアン・フレミング原作、マーティン・キャンベル監督で、主演のジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグである。この原作は、フレミングの007シリーズ第1作目であるという。 この物...... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 19:21

» 007/カジノ・ロワイヤル(2006年) [勝手に映画評]
タイトル 007/カジノ・ロワイヤル ---感想--- 奇しくも007シリーズの第一作といわれる作品は1967年の『カジノ・ロワイヤル』ですが、意味不明の映画としても有名です。その意味では、この作品は、きちんとした007シリーズとしての『カジノ・ロワイヤル』と言っても良いでしょう。この作品から、ジェームズ・ボンドは、第6代目ダニエル・クレイグに代わっていますが、彼はイアン・フレミングがイメージ... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 20:27

» 007 カジノ・ロワイヤル [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆ 観客は中高年ばかりだ。たぶんこの作品が、シリーズ初期の頃に立ち戻って、オーソドックスな味に仕上げられたので、懐かしくなったのかもしれない。実はかく言う私も、その一人だからである。 007シリーズは、ご存知ショーン・コネリーを初代ボンドとして、1... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 21:03

» 007/カジノロワイヤル(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】マーティン・キャンベル 【出演】ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/マッツ・ミケルセン/カテリーナ・ムリーノ/ジュディ・デンチ/ジェフリー・ライト 【公開日】2006/12.1 【製作】米、英、独、他 ... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 22:23

» 007 カジノ・ロワイヤル [B級パラダイス]
今日は私の観た回は座席指定券がすべて完売という素晴らしいことになってました。それだけこの作品を待ってた人がいるってことですよね。 [Read More]

Tracked on 12/14/2006 22:37

» 007 カジノ・ロワイヤル [大脳辺縁系映画]
今回は、007 カジノ・ロワイヤルの試写会。ジャパン・プレミアムということで、有名人も多数きていました。叶姉妹・デヴィー夫人・石田純一・・・etc。映画ランキングstory国家予算1500万ドルを賭けたカジノ。それがジェームズ・ボンドの最初の任務だ。敵は、...... [Read More]

Tracked on 12/14/2006 22:38

» 続編に期待。 [ひょうたんからこま]
『007/カジノロワイヤル』(2006年・アメリカ/144分)2006年11月21日(火)19;00〜東京国際フォーラムA・ジャパンプレミアにて鑑賞公式サイト007 ジェームズ・ボンド。不滅のキャラクターが今、新たに生まれ変わる。非情になりきる前のまだ垢抜けないボンド。シニカルでお洒落なボンドに成長する前の、真面目で泥臭いボンド。世紀のプレイボーイにも、心を盗まれた過去... [Read More]

Tracked on 12/15/2006 00:35

» 第21作目『007 カジノ・ロワイヤル』 〜時代が生んだリメイク〜 [モグラのあくび]
イアン・フレミングが生み出した世界一有名なスパイ ――ジェームズ・ボンド。 彼がこの世に姿を現したのは1953年、 原作の第1作目となる『カジノ・ロワイヤル』においてであった。 第二次世界大戦中、実際にイギリス情報局秘密情報部(MI6)のスパイだったフレミングは、退職後その経験を生かして『007』シリーズを作り上げる。 {{{: 「1960年頃、フレミングの原作を読んだプロデューサーのアルバート・R・ブロッコリは、「これは映画化に向いている」と感じ、フレミングに交渉を求めた。しか..... [Read More]

Tracked on 12/15/2006 00:56

» 007見てきました♪ [生きてるだけでマルモウケ]
公開される前は何かと評判が悪かった新生「007カジノロワイヤル」実は私は「007」シリーズがあまり好きではない。いつ見てもいまいち楽しめない。でも今回は予告を見たときから絶対見ようと決めていたので初日に行ってきました。結果・・・・今までのシリーズの中で...... [Read More]

Tracked on 12/16/2006 01:47

» 007 カジノロワイヤルに酔いしれる [ジャンプを230円以上に味わう]
007シリーズは本当に好きで、007トランプとかコアなグッズ持ってるくらい好きなんですが 今回はなかなか楽しめました。 ピアーズプロスナンの爽やかな雰囲気とは違った、少しごっつくて、 というかやけに体のラインがいやらしいボンドにドキドキしました。 着やせする... [Read More]

Tracked on 12/18/2006 22:05

» 007 カジノロワイヤル [取手物語~取手より愛をこめて]
暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格する。 [Read More]

Tracked on 12/19/2006 01:06

» 「007 / カジノ・ロワイヤル」 トリビアを追記。 [Cinema Chips ブログ版]
私は「007」シリーズに何の思い入れも無く、と言うより、むしろ苦手な方の映画だったので、映画館で観るのはこれが初めてでした。 だから、ボンド史上初の金髪で青い目の新ジェームズ・ボンド役に選ばれたダニエル・クレイグさんに何の偏見も違和感も無く観ました。シリーズものを観ると言うより(殆ど知らないのでね!(~_~メ))、ただ1本の映画を観ると言う感じで観ました。 ■ストーリー抜粋≫ 【ジェームズ・ボンド�... [Read More]

Tracked on 12/21/2006 17:12

» 007/カジノ・ロワイヤル [シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記]
「007/カジノ・ロワイヤル」を観ました。 “00(ダブルオー)”への昇格条件は2人殺すこと。その条件をクリアしたジェイムズ・ボンドは00(ダブルオー)要員への昇格を果たします。007としての最初の任務は世界中のテロリストの資金源となっている死の商人ル・シッフルの存在... [Read More]

Tracked on 12/21/2006 18:10

» 007 カジノ・ロワイヤル [エリ好み★]
サル顔は好きです{%heart3_a%} ダニエル・クレイグはおサルというより、ゴリラに近いなあと思ってたんですが、TVCMで何度も観てるうちに段々と愛着が出てきました。 [Read More]

Tracked on 12/24/2006 01:12

» 【劇場鑑賞135】007/カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。 [Read More]

Tracked on 12/24/2006 22:48

» 『007カジノ・ロワイヤル』シビれた!これぞボンドの原点復帰!! [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
6代目ボンドにして原点復帰!オモチャに頼らない、本当のスパイ・アクションの面目躍如。緩急自在、エンタテインメントの全てを盛り込んだ濃厚な傑作。 [Read More]

Tracked on 01/04/2007 05:16

» Casino Royale (カジノ・ロワイヤル) [アリゾナ映画ログ − 砂漠から...]
2006年11月26日鑑賞Tagline: NA ストーリー殺しのライセンス00(ダブル・オー)を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。... [Read More]

Tracked on 01/08/2007 22:47

» Casino Royale (カジノ・ロワイヤル) [アリゾナ映画ログ − 砂漠から...]
2006年11月26日鑑賞Tagline: NA ストーリー殺しのライセンス00(ダブル・オー)を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。... [Read More]

Tracked on 01/08/2007 22:49

» Casino Royale (カジノ・ロワイヤル) [アリゾナ映画ログ − 砂漠から...]
2006年11月26日鑑賞Tagline: NA ストーリー殺しのライセンス00(ダブル・オー)を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。... [Read More]

Tracked on 01/08/2007 22:50

» 007 カジノ・ロワイヤル [ぶっちゃけ…独り言?]
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 作品そのものの面白さは別として、ワタクシ的にジェームズ・ボンドと言えば、 ロジャー・ムーア≧ショーン・コネリー≧ピアース・ブロスナン≫ティモシー・ ダルトン≧ジョージ・レーゼンビー≫デヴィッド・ニーヴンって感じでして、 何気にブロスナン=ボンドをかなり好きだったりするんですよね〜。 なので、ブロスナンからバトンを受けたダニエル・クレイグをボンドとして受け 入れられるかどーかが、この作品最大のテーマ(大袈裟)だったりしたの ですが... [Read More]

Tracked on 06/01/2007 05:37

« 映画「暗いところで待ち合わせ」 | Main | 小説「「夏と花火と私の死体」乙一 »