« 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 | Main | 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 »

11/03/2006

映画「父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)」

監督:クリント・イーストウッド
アメリカ/2006年/132分
原作:ジェイムズ・ブラッドリー『硫黄島の星条旗』

アメリカ映画を読み解く最重要キーワード「ヒーロー」を題材に、プロパガンダに利用するために「英雄にされた」若者たちの姿を冷静に力強く描いた力作。プロパガンダによく利用される戦争映画の構造と内幕を、戦争映画で浮き彫りにした手法がズバ抜けている。日米双方それぞれを一作品ずつ描くという、イーストウッドにしかできないであろう二部作の第一作。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
第2次世界大戦期の硫黄島の戦い。
摺鉢山に星条旗を掲げた米軍兵士たちの写真を使い、米国はこのときの兵士たちを帰国させ、アメリカ合衆国の国民たちの士気を高め、国債を買わせるために彼らを英雄に仕立て上げる。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジョン・“ドク”・ブラッドリー
衛生下士官

△レイニー・ギャグノン
伝令兵

△アイラ・ヘイズ
海兵


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
アメリカ映画を読み解く最重要キーワード「ヒーロー」を題材に、プロパガンダに利用するために「英雄にされた」若者たちの姿を冷静に力強く描いた力作。プロパガンダによく利用される戦争映画の構造と内幕を、戦争映画で浮き彫りにした手法がズバ抜けている。日米双方それぞれを一作品ずつ描くという、イーストウッドにしかできないであろう二部作の第一作。

■ 題材と内容が絶妙にマッチしている

映画はプロパガンダによく利用される。
たとえば、アメリカ合衆国は軍事行動の節目に必ずといっていいほど戦争映画を製作する。映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』(2003年 アントワーン・フークア監督)は、典型的なアメリカ合衆国万歳プロパガンダ映画だ。

これはナイジェリアでクーデターが起こり、米海軍特殊部隊の大尉がアメリカ人の救出任務を遂行するとい
った内容の作品であり、こういった作品の役割は、その映画の製作国の行動(軍事行動)を正当化し、観客(国民)の支持と協力を獲得することにある。

そのため(方法)には英雄・ヒーロー(方法)が必要だ。『ティアーズ・オブ・ザ・サン』では米海軍特殊部隊の大尉はヒーローとして描かれていることからもわかるように、ヒーローとプロパガンダは常にコンビで使われると考えてもいい。つまり、目的と方法の二つを揃えることが典型的なプロパガンダ映画を作るうえでの基本なのでる。

目的のために作られるヒーロー。それが戦争映画の典型であり、その構造を物語の力でわかりやすく、戦争映画の体裁で描いているのが「父親たちの星条旗」なのである。

題材(戦争映画・ヒーロー)と内容(ヒーローの作り方)を、戦争映画で描いるところに、この作品の監督クリント・イーストウッドの凄さの一端が垣間見れるのだ。


■ ハリウッドはヒーローを描きつづけてきた

ハリウッド映画の歴史とは、ヒーローの歴史といってもいい。各時代を象徴するのは映画で描かれてきたヒーローたちだ。

ヒーローには正統派ヒーローとアンチ正統派ヒーローがある。

くしくもイタリアに招かれて撮った「荒野の用心棒」にはじまるマカロニウェスタンの主人公であり、アンチヒーローのひとつの形として70年代にヒットした人気シリーズ「ダーティー・ハリー」の主人公(ハリー・キャラハン役)でもあるの人物こそ「父親たちの星条旗」の監督を務めるクリント・イーストウッドである。

彼の俳優とてのキャリアと「ヒーロー」は切っても切り離せない関係にある。それがよく表れているのがアカデミー作品・監督賞を受賞した「許されざる者」である。

この作品に登場する町の実力者の保安官ビル(ビルときいて思い出す大統領はだれか考えてみよう)は、はたしてヒーローなのか。許されざる者とはいったい誰のことなのか。映画制作・公開当時のアメリカ合衆国の政治と
重ね合わせてみれば、イーストウッドがいうところの「ヒーロー」誰なのか、ヒーローのフリをしている者はだれなのかが浮かび上がってくるだろう。


■ マイノリティや弱者とされる者たち

イーストウッドが制作に関わった作品の主人公はたいていマイノリティや弱者や裏社会の住人たちとされる人々だ。

「許されざる者」の主人公は引退した老人。

「ミリオンダラー・ベイビー」の主人公はアイリッシュ系の年老いた名トレーナー30歳を超えたアイリッシュ系の女性ボクサー。

「目撃」の主人公はプロの泥棒。

そして「父親たちの星条旗」の主人公は一兵士、それも伝令係ネイティブアメリカン(インディアン)居留区出身の兵士だ。

マイノリティや弱者とされる人々の生き様を、中立的な視点で冷静かつ力強く描いてきたイーストウッド監督が、ヒーローと最も相性がいいといえる戦争映画を作った。それが「父親たちの星条旗」なのである。


■ 硫黄島二部作の意味とは

「父親たちの星条旗」は二部作のうちのひとつで、アメリカ合衆国側の視点による作品だ。そして後に公開される「硫黄島からの手紙」は日本側の視点による作品である。

アメリカ合衆国と日本のふたつの視点でそれぞれに作品を作り、二部作とするというのは、普通はまず無い。
先にもふれたように、戦争映画の典型はプロパガンダに利用される性格を持っているからだ。稀に相手国の視点を持った作品「(例「K-19」)が作られることもあるが、それは特別である。

映画「「K-19:THE WIDOWMAKER」作品レビュー

井筒監督が「ブラックホーク・ダウン」を観て、もうこの監督の作品は観たくない、と言った意味のことを言った理由は、アメリカ軍と敵対するソマリア側の兵士や住人たちの様子が全くといいほど描かれていなかったことによる。

このように、プロパガンダ映画の視点はひとつ、というのが常識である。

ところがイーストウッドの戦争映画は硫黄島の戦闘を中心に日米双方の視点からそれぞれを描く二部作だ。これだけでイーストウッドのことを全く知らない人でも、この二部作が普通のプロパガンダ映画でないことはわかるだろう。

そう、普通ではないのである。

プロパガンダ映画を題材にして、作られたヒーローを描き、それぞれの視点による作品をひとつづつ作り、しっかりと双方の視点を取りれる。いわば「ドキュメンタリーとしての映画」の究極形ともいえるのが硫黄島二部作なのだ。

二部作というのはほんとうにスゴいことだ。相手国に配慮したというレベルではない。まるまる1作品を相手国の視点用に作ったのだ。それは「配慮しているというポーズ」にすぎない幾多の作品群との違いをより鮮明に浮き彫りにする。これこそがイーストウッド作品の醍醐味である。


■ 歴史は歴史家によって作られる

歴史とは勝者の歴史である。

戦いに勝った側が自分たちの都合のいいように書いたものが残り、それが歴史となっていく。
無数の出来事の中から、その時代の権力者が選び書かせたものが「歴史」となって残るという言い方もできる。

硫黄島に上陸したアメリカ軍が摺鉢山の頂上の勝利の象徴として星条旗を掲げる。そのときに撮られた有名な写真は、実は星条旗を掲げ代えたときのものである。しかも星条旗を掲げて戦闘が終結したわけではなく、その後も戦闘は続いていたのだ。

しかしながら、この一枚の写真によって勝利のイメージが増幅され、やがてそれが歴史の一部となっていく。まさに、歴史はそれを記す歴史家という名の政治家によって作られていく様子が力強くも冷静に描かれているのである。


■ ひとこと

クリント・イーストウッドがハリウッドで異色ながらも今では巨匠とさえ言われ、高い評価を得ているのも、その監督作を観れば、きっとあなたも「なるほど」と頷けるにちがいない。

歴史・映画というものの姿を、ヒーローを題材に私たちに見せてくれる、ほかではまずお目にかかれない作品、それが「父親たちの星条旗」だ。

ちなみに硫黄島は東京都である。現在は一般人は立ち入りできないという。

ファミリー  -
デート    -
フラっと    ○
脚本勉強  ○
演出     ◎
リアル    ◎
人間ドラマ ◎
社会     ◎

4167651173硫黄島の星条旗
ジェイムズ ブラッドリー ロン パワーズ James Bradley
文藝春秋 2002-02

by G-Tools

|

« 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 | Main | 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 »

Comments

You could definitely see your expertise in the work you write. The sector hopes for even more passionate writers like you who are not afraid to mention how they believe. Always follow your heart.

Posted by: seo after hummingbird | 10/21/2014 at 23:18

Excellent, what a webpage it is! This web site provides useful facts to us, keep it up.

Posted by: seo ambulance | 11/16/2014 at 10:17

Hi there, after reading this remarkable paragraph i am too cheerful to share my experience here with colleagues.

Posted by: Cheap Youtube Video Rank | 05/14/2015 at 04:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/12541392

Listed below are links to weblogs that reference 映画「父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)」:

» 父親たちの星条旗 [Kinetic Vision]
写真にはフレームがあり、カメラマンは撮影の時に構図を考え、フレームの内に入れるものと外に出すものを選別する。写真が現実を写すといっても、それは当然撮影者によって選ばれた現実の一部にすぎない。ところが人はそのこ... [Read More]

Tracked on 11/03/2006 at 21:34

» 『父親たちの星条旗』 [*Sweet*Days ]
監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジョン・”ドク”・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)、アイラ・ヘインズ、レイニー・ギャグノンらは帰国後、英雄としてもてはやされる・・・ 硫黄島2部作の第一段。アメリカから見た硫黄島の戦いを描いた作品。 胸にグサッと、ドシッと来ました・・・... [Read More]

Tracked on 11/03/2006 at 21:41

» 父親たちの星条旗 [風と雲の郷(旅と読書と資格と・・)]
 昨日は、会社帰りに、「父親たちの星条旗」の試写会を見てきた。劇場公開は10月28日からである。これは、第二次世界大戦における硫黄島での戦いを、アメリカの視点で見たものであり、日本側の視点で見た「硫黄島からの手紙」と対になる作品である。なお、「硫黄島か...... [Read More]

Tracked on 11/03/2006 at 22:55

» 父親たちの星条旗 [skywave blog]
61年前に本当にあったなんて信じられないほどの、壮絶な戦闘シーン、次々に人間が殺されていく。 現在の硫黄島は、海上自衛隊の基地があるだけの、一般の人間が住めない島。死 [Read More]

Tracked on 11/03/2006 at 23:06

» 父親たちの星条旗 [Akira's VOICE]
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 [Read More]

Tracked on 11/04/2006 at 10:44

» 父親たちの星条旗 [シネ・ガラリーナ]
<梅田ブルク7にて> 2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 後生に語り継がれる戦争映画の傑作。 あまりの完成度の高さに、呆然とした。 見終わった後、ため息が漏れた。この作品に何の不満もない。あそこがこうだったら、とか、あれはないんじゃないの、なんてツッコンだり、そういうことが一切ない。本当に全く隙のない作品だった。そう、まるで伝統工芸の職人が作り上げた逸品のような趣きである。 私個人的には戦争映画というジャンルが非常に苦手だ。そこには、戦争はいけないというメッセージ... [Read More]

Tracked on 11/04/2006 at 12:01

» 『父親たちの星条旗』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
シェアブログ1571に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 「クリント・イーストウッドの監督作」とは知らずに観てみたかったな、と実は思う。 『父親たちの星条旗』 原題:"FLAGS OF OUR FATH... [Read More]

Tracked on 11/04/2006 at 15:48

» 父親たちの星条旗(06・米) [no movie no life]
原題 Flags Of Our Fathers ― 「Show the flag」と米国からわが国が言われたことはまだ記憶に新しいだろう。 flagとは「国旗」、米国ではすなわち「星条旗」のことである。 クリント・イーストウッド監督作品、「硫黄島2部作」の第1作。 米国から見た硫黄島での... [Read More]

Tracked on 11/05/2006 at 13:51

» 一枚の写真が戦争を終わらせることができる [billabong]
アメリカから見た硫黄島、映画「父親たちの 星条旗」をみてきた。 この映画は、12月に公開される日本から見た 硫黄島「硫黄島からの手紙」との2部作。 アメリカ映画界でも、2部作というのは はじめての試みだそう。 監督はアカデミー賞俳優でもあり... [Read More]

Tracked on 11/07/2006 at 00:53

» ■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more... [太陽がくれた季節]
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 11月4日の朝を迎えました。^^ 11月3日の「文化の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この3連休を使って、紅葉見物〔◆全国紅葉名所カタログ2006~Walkerplus〕に出かけら... [Read More]

Tracked on 11/12/2006 at 08:31

» 【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 [Read More]

Tracked on 11/12/2006 at 17:57

» 「父親たちの星条旗」試写会 [Thanksgiving Day]
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたので、いけな....... [Read More]

Tracked on 11/16/2006 at 01:13

» 映画「父親たちの星条旗」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。硫黄島の...... [Read More]

Tracked on 11/17/2006 at 07:29

» 父親たちの星条旗~61年前の写真の真実~ [愛情いっぱい!家族ブロ!]
まず、感想ですが、素晴らしかったです。 堪能するといったことばがぴったりかと思います。 これは劇場で観るべきです! 2部作あるわけですが、1ヶ月あける意味がわかります。 この作品だけでもすごいボリュームがあるので。 わたし映画館へは最近泣きに行ってるよ... [Read More]

Tracked on 11/17/2006 at 20:23

» 「父親たちの星条旗」は言っている。 [やまたくの音吐朗々Diary]
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティック・... [Read More]

Tracked on 11/18/2006 at 11:39

» ジェイムス・ブラッドリー著・島田訳「硫黄島の星条旗」文春文庫 [知的漫遊紀行]
私:昨日、静岡のほうに用事があって、日帰りしたよ。 お昼頃、富士駅を通過したが、富士山が裾野まできれいに見えたよ。 雲ひとつなく、見事な富士だったね。A氏:雪はどうだったね?私:五合目くらいまで雪をかぶっていたね。 ところで、一昨日から三分の一くらい読...... [Read More]

Tracked on 11/21/2006 at 21:46

« 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 | Main | 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 »