« ゲド戦記の「?」―物語世界における出来事の意味― | Main | 映画「16ブロック(16BLOCKS)」 »

10/16/2006

劇場版アニメ「時をかける少女」

監督:細田守
日本/2006年/100分
原作:筒井康隆『時をかける少女』角川文庫

いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品。これなら評判がいいのもごもっともだ。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
ある放課後。紺野真琴は学校の準備室で転び、タイムリープ(時間跳躍)できるようになる。

ちなみにタイムリープとは、時間と場所を一気に跳躍して現在とは別の
時間・場所にとんでいく超能力のこと。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
▽紺野真琴
女。高校生。成績は中の下あたり。得意なスポーツがあるわけでもなく、暇つぶしにキャッチボールをするぐらい。

△間宮千昭
男。高校生。紺野真琴のクラスメート。数学だけが得意。

△津田功介
男。高校生。紺野真琴のクラスメート。医学部志望の秀才。スポーツもできて、女子生徒にもモテる。

▽芳山和子
女。紺野真琴の叔母。30代後半未婚。美術館で絵画の修復を担当。真琴いわく「魔女おばさん」。

▽藤谷果穂
女。高校生。紺野真琴の後輩。ボランティア部所属。津田功介に恋心を持つ。

▽早川友梨
女。高校生。紺野真琴のクラスメート。間宮千昭に気がある。

▽紺野美雪
女。中学生。紺野真琴の妹。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品。これなら評判がいいのもごもっともだ。

■ 身近な主人公

主人公・紺野真琴は17歳の高校2年生。ごくふつうの高校生だ。そろそろ進路を決めなければならない。けれどもまだ決まらない。

女友達がまだ進路を決めていないのにちょっぴり安心しつつも、いつも一緒にいる秀才の津田功介は医学部進学を決めており、夏休みは勉強するという。けれど、もうひとりいつも一緒にいる千昭はまだ進路が決まっていないみたいだ。

多くの人がこういう時期を経験する。進学か就職か。はたまた留学か。ほかにとりあえず上京して思い描いた自分になるべく歩き出すか。

周りのクラスメートはどんどん進路を決めていく。けれども自分は特に何か得意なことがあるわけでもなく、特にやりたいことがあるわけでもない。

がんばって勉強すればどこかの大学や短大に進学できるだろう。就職を希望して探せばどこかに勤めることもできるだろう。

でも、自分がどうしたいかまだわからない。でも決めなくてはならない。

こういった時期というのは多くの人が経験してきたことである。たとえ端からみれば早々と進路を決めた者であっても、いろいろと考え、悩んだ末の進路だったはずだ。

もしも主人公が14歳からモデルとして活躍しており、高校在学中から週末は新幹線や飛行機を使って東京に飛び、モデルの仕事をバンバンこなしているとしたら? 

高校卒業を機に海外でショーモデルとしてデビューすることが決まっていたら?

そんな主人公は特別であり、とても自分(観客)とは重ね合わせることはできないだろう。

主人公・紺野真琴17歳の高校2年生。ごくふつうの高校生だ。

キャラクター設定ですでに基本をしっかり抑えている。

これが観客の主人公への感情移入の第1段階である。


■ 半径3メートルの世界

タイムリープ能力を身につけた真琴がそれを何を使うか。真琴は自分の欲望と都合のためにこれを使いまくる。

もしも、能力のはじめての使い方が世界を救うだったら?

ふつはありえないことだ。なぜなら、そもそもどうやったら世界を救うことができるのか? と考えるところからはじめなければならないからだ。

たいていは、人が「世界」というときの「世界」とは「自分を取り巻く半径3メートル以内」のことである。

家族・友人・学校・職場・趣味のサークル。これがいわゆる半径3メートルだ。

住んでいる町。これが半径1キロメートル。住んでいる区・市。これが半径100メートル。住んでいる度道府県ともなるといったいどのくらいか。

では半径3メートルの中心はどこか?

世界の中心で「世界の中心はアタイよ~」と叫ぶ、というわけじゃないが、世界の中心は自分である。

身に付けた能力を何に使うか。まずは世界の中心にいる自分のための使うのである。それが最も自然で最も頷きやすい使い方である。

紺野真琴はタイムリープ能力を、多くの人々が頷ける「自分のために使いまくる」のである。

これが観客の主人公への感情移入の第2段階である。


■ 能力を何に使うかを考える

はじめは自分の欲望と都合のために能力を使っていた真琴だが、やがてあることに気づく

自分が能力を使うことによってだれかが損・被害を被っていることに気づくのだ。

そこで今度は自分の行いを修正するために(他人を不幸にしないために)能力を何度も使うが、なかなかうまくいかない。

これを映画「タイムマシン(THE TIME MACHINE)」(サイモン・ウェルズ監督/2002年/アメリカ)作品レビューと比べてみよう。

映画「タイムマシン」では、主人公アレクサンダーは愛するエマを取り戻したいがために、過去だけでなく未来へも旅をする。

アニメ映画「時をかける少女」では、まずは自分のために「時をかけ」て、次に自分の行いを修正するために(他人を不幸にしないために)能力を使う。

時間を旅する能力は同じでも、一方は愛する人を取り戻すために時間旅行をして、やがて大事なことに気づく。

もう一方は自分のために能力を使い続けるうちに、徐々に自分の外へ視野が広がっていき、やがて大事なことに気づく。

時間旅行のはじまりは異なっても、ゴールはほぼ同じだ。


■ いい意味で敷居が低い

注目すべきところは、時間旅行のはじまりとその過程が普通の人の行動っぽいところがアニメ映画「時をかける少女」の、いい意味で敷居が低いという点だ。

いうなれば、タイムリープ能力を身に付けた紺野真琴の目線は多くの観客と同じ目線である。だから、たとえ今は心から愛する人がいないかもしれない人でも、紺野真琴の行動には共感しやすいのだ。

いま愛する人がいる人は映画「タイムマシン」が向いている。映画「タイムマシン」の場合は、まずは主人公アレクサンダーがいかにエマを愛しているかを観客にわかってもらわければならい。だから作品の冒頭でアレクサンダーはエマにプロポーズしようとして、そこで暴漢によってエマが倒れるのだ。

アニメ映画「時をかける少女」では、主人公・紺野真琴には明確に意識している愛する人はいない。将来どうなりたいかのもわからない。将来についての漠然とした不安があるだけだ。

漠然とした不安。これこそ時代を象徴する言葉であり、青春とセットで使われる言葉でもある。


■ キャッチボールの役割・効果

真琴の状況をもっともよく表現しているのが、作品の冒頭(セットアップ)のキャッチポールのシーンだ。

キャッチボールと野球の遊び(3人しかいないためバッター、キャッチャー、センターぐらいなもの)に象徴される、コミュニケーションを図ろうとしつつも、よそ見をしたりでうまくボールをキャッチできないでいる主人公たちの様子は、真琴たちの現状をうまく表現している。

○プロポーズと死

○キャッチボール

どちらがより身近かといえば(生と死は表裏一体という意味では最も身近なのは「死」だが)ここでは一般的な意味でいうと、キャッチボールだろう。

どんな作品も冒頭、つまりセットアップを観ればだいたいわかってしまう。

キャッチボールはベタだが、それでも使う意味がきちんとある。ストーリーが進むにつれてキャッチボールの人数を変化させることで、主人公たちに気持ちの変化を表現もできるし、はじめとおわりをキャッチボールで挟む(サンドイッチにする)ことで、まとまり感も演出できるのだ。


■ 物語づくりにおけるビックキーワード

サバイバル。恋心。未来。不安。青春。

だれもが、あるある! と思わず頷いてしまう青春の1ページが、地味だが丁寧に織り込まれている。

たとえば真のクラスメートの早川友梨が間宮千昭に気があるところだ。本当は真琴も千昭のことが気になっている。けれどそれをはっきり意識したことがなかったけれど、早川友梨に千昭のことを聞かれる度に、自分も千昭のことがどんどん気になっていく。たとえ真琴がそれをはっきり意識していなくてもだ。

また、千昭は進路が決まっていない。真琴と功介と3人で毎日キャッチボールする毎日が居心地が良くて、ずぅっとそんな毎日がつづけばいいと思ってしまうあたりは、気の合う仲間と朝まで語り明かした若かりし日々を目を細めてなつかしむ者にとっては大いに共感できるところである。

このように、未来への不安・恋心→青春がきっちり織り込まれているのである。

さて、この青春の1ページにはサバイバルも加わる。

「サバイバル」は強力な欲求だ。
真琴は作品の早い段階で、己のサバイバルでタイムリープ能力を覚醒した。そして、作品の後半では大事な人のサバイバルのために奔走する。

「青春」というビックキーワードで感情移入をしっかりさせてから「サバイバル」というビックキーワードで一気に緊張感を高めているのである。


■ 走れ真琴

真琴はイマドキの高校生っぽいが、映像作品に合うようになっている点をあげるとすれば、よく動くことだ。

そもそも、語るより見せろ、が基本の映像作品はアクションと相性がいい。

真琴は毎朝のように遅刻ギリギリで家を飛び出す。坂を自転車で下り、踏み切りの手前ギリギリと止まったり、チャイムが鳴るギリギリに教室に着いたりと、作品のはじめからよく動く。

また、作品の後半で友人を助けたいために一生懸命に走るシーンがある。ここではとにかく走る。走る。走る。

サブ監督の「弾丸ランナー」を思い出させるほど走るのだ。しかも走っている真琴のカメラ位置がおもしろい。

走っている真琴の顔のアップを真横から撮る位置にカメラがあり、走り続ける真琴の顔がカメラのフレームよりも遅れて外れてしまいそうになるが、もっとがんばって加速して再びカメラのフレーム内に入ってくる、といった撮り方をしている。

走っているキャラクター(真琴)の横顔のアップを長回し(30秒以上はあったと思う)しているだけなのだが、カメラのフレームのちょっとした使い方で必死に走る様子がよく伝わってくるのだ。

物語の舞台は、都内とその近郊を中心としたいくつかの場所を元に設定された町。住宅地のロケハン先は中井、谷中、上野、荒川、千葉、幕張、荻窪といったところだ。

ということは、実際は30秒以上おもいっきり走り続けられるような町ではないはずだ。なぜなら、信号機がたくさんあるからだ。

もし、町中の風景が入った走るシーンを作ろうとすると、どうしても他の通行人や信号機の問題が出てくる。

信号機で止まってばかりでは「走る」というアクションが途切れて台無しになってしまう。

この点、キャラクターの横顔アップのカメラフレームを使った撮り方はなかなかおもしろいなぁと思う。


■ ひとこと

なるほど。これなら評判がいいのがわかる。

原作や過去に作られた映画とは、タイムリープ能力は同じでも、内容は違う。

大林宣彦監督、原田知世主演の「時をかける少女」を観た人でも、新鮮味を持って観られるようになっている。

今回ご紹介した劇場版アニメーションでは、原作の芳山和子が叔母として登場しているぞ。

最後に、アニメとして、劇場版アニメ「時をかける少女」とジブリ映画「ゲド戦記」のドライバーの腕(脚本)を比べると、例えるならF3000ドライバーとゴーカートドライバーぐらいの差がある、と付け加えておこう。

ファミリー  ○
デート    ◎
フラっと   ◎
脚本勉強 ◎
演出    ○
笑い    △
リアル   ○(キャラクター設定)
人間ドラマ ○
社会    ○

4041305217時をかける少女 〈新装版〉
筒井 康隆
角川書店 2006-05-25

by G-Tools
B000FGG80K時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック
吉田潔 サントラ
ポニーキャニオン 2006-07-12

by G-Tools
B000IU3A2M時をかける少女
筒井康隆 大林宣彦 原田知世
角川エンタテインメント 2006-10-20

by G-Tools

|

« ゲド戦記の「?」―物語世界における出来事の意味― | Main | 映画「16ブロック(16BLOCKS)」 »

Comments

TBありがとうございました。
コチラからも送ったのですが送信失敗になってしまい
残念です。

少年テレビドラマシリーズのころは
SF色が強くておっかなびっくりだったはずのタイムトラベルも
平成版アニメになるとこうも変わるのかと
はじめはびっくりしましたが、
夏のピーカンな青空みたく爽やかで好印象でした。

Posted by: Ageha | 10/20/2006 at 16:50

>Agehaさん
コメントありがとうございます。
そういえば、青空の下でキャッチボールって、青春っぽくてさわやかですよね。SFっぽくないところが平成版なのかもしれませんね☆

Posted by: わかスト管理人たか | 10/21/2006 at 21:06

My coder is trying to convince me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the expenses. But he's tryiong none the less. I've been using Movable-type on various websites for about a year and am nervous about switching to another platform. I have heard great things about blogengine.net. Is there a way I can import all my wordpress posts into it? Any kind of help would be greatly appreciated!

Posted by: best Dating Sites | 01/14/2015 at 18:01

Good post! We are linking to this great article on our website. Keep up the good writing.

Posted by: Best dating Sites | 01/19/2015 at 08:36

Wow that was unusual. I just wrote an very long comment but after I clicked submit my comment didn't show up. Grrrr... well I'm not writing all that over again. Anyways, just wanted to say excellent blog!

Posted by: free music downloads | 02/28/2015 at 03:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/12305252

Listed below are links to weblogs that reference 劇場版アニメ「時をかける少女」:

» 時をかける少女 [日々の記録 on fc2]
細田守さんが監督されると聞いて気になっていたのですが、ようやく観に行くことができました。 単なるリメイクではなく、現代版「時をかける少女」になっているのには驚きました。 (以下、ネタバレがありますのでご注意く... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 17:47

» 時をかける少女 [ネタバレ映画館]
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。 [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 18:06

» 「時をかける少女」 [古今東西座]
高校生の頃、筒井康隆にドップリはまっていた時期がある。過剰なまでのブラックユーモアの虜になり、彼の文庫本になった作品はひとつを除いて全て持っていた。彼が描いた漫画まで持っていたのだから、かなりマニアックなファンだったのではないか。 その頃の僕は、結構へそ曲がりで、好きなタレントは日本のアイドルではなく、ジャクリーン・ビセットのような年上の外人に憧れていた。こんな高校生だったので、当然年下なんかは全く興味の対象外で、小説も子供向け(ジュブナイル)には手を出さなかった。したがって、唯一筒井康隆の作品で読... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 20:27

» 時をかける少女 [とにかく、映画好きなもので。]
 時間を跳躍する力がもしあったら、どうしますか?  やはり過去に行って、失敗した事を修正したり、後悔した事をやり直したりするのでは無いでしょうか。  欲望のままに行くなら、やはりギャンブルやお金といった事に関して使う人もいるでしょう。....... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 20:27

» 時をかける少女 [Kinetic Vision]
選択すること、それは時に残酷な行為にもなりうる。それは何かを切り捨てることを意味するときもあれば、何かを独占したり他人から奪うことを意味することもある。そんな行為を毎日積み重ねながら僕らは生きていて、一度し... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 20:42

» 映画「時をかける少女」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「時をかける少女」 筒井康隆の名作「時をかける少女」を、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。 高校2年生の紺野真琴は自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。真琴は女の子ながらクラスメイトの功介や転校生の千昭とつるんでキャッチボールをする仲。こういう年頃の男女3人の関係ってとても危なっかしい。異性が親友でいるのはとても難しいことだと思う。真琴はいつまでもこの3人の友情が続く事を望んでいたけれど、... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 21:22

» 『時をかける少女』 [『真・南海大決戦』]
実は、ホントに描きたかったのは左下の方だったりする… ん〜… 不思議なモンです。 基本的に、ボクは衝動的に映画を観るということは無くて。 観る映画は数ヶ月前から決めて、チラシ集めて、前売り券買って、満を... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 22:09

» 『時をかける少女』 [映画館で観ましょ♪]
むかしむかし、ずーっと昔。 すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。 (深まった年がバレますが…) 毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど 確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッ... [Read More]

Tracked on 10/17/2006 at 22:19

» 時をかける少女 [欧風]
土曜、八戸フォーラムでの3本ハシゴ鑑賞ですが、1本目の「フラガール」で泣きまくってしまったために、 [Read More]

Tracked on 10/18/2006 at 10:49

» 「時をかける少女」 [Check Bouquet]
久しぶりに観に行った劇場アニメ「時をかける少女」。 評判が良いということで、興味 [Read More]

Tracked on 10/19/2006 at 00:14

» やっと「時をかける少女」見てきました [よしなしごと]
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。... [Read More]

Tracked on 10/22/2006 at 01:38

» 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる [はらやんの映画徒然草]
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ [Read More]

Tracked on 10/22/2006 at 07:18

» 「トキカケ」見ました [ないとうの気ままな(?)日常]
というわけで、「時をかける少女」の劇場アニメを見てきました。 とりあえず、関連している本を並べてみます。 本来なら、映画のパンフレットも一緒にしたかったんですが、完売していたため手に入れられませんでした。 さて、視聴した第一印象は… 真琴ちゃん可愛いーの一言に表されるかもしれません(ぉ まぁ、いろいろ述べるとネタバレになるかもしれませんので、とりあえず、一言… 真琴ちゃん、タイムリープの乱用はほどほどにね…(ぇ そして、もう一つ… 真琴役の仲 里依紗ちゃん? 声色からして、個人的に岡村明美さ... [Read More]

Tracked on 10/23/2006 at 01:51

» 『時をかける少女』・劇場 [しましまシネマライフ!]
今日は『時をかける少女』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 7月15日(土)に公開され [Read More]

Tracked on 10/29/2006 at 11:40

» 時をかける少女 [そーれりぽーと]
ある意味大作(?)揃いだったこの夏のアニメ映画の中で、一番の話題作だったけど関西で上映していた劇場が苦手な場所だったせいで観逃していた『時をかける少女』 ようやく観る機会が出来たので観てきました。 ★★★★ 話題作だと言う事意外の情報をシャットアウト観たのが良かった。 現代風にアレンジして作り直したのかな?なんて思っていたら実は…。 アニメでしか表現出来ない、アニメだからこそ面白い演出がてんこ盛りで、�... [Read More]

Tracked on 10/31/2006 at 20:43

« ゲド戦記の「?」―物語世界における出来事の意味― | Main | 映画「16ブロック(16BLOCKS)」 »