« ブレイブストーリー(BRAVE STORY) | Main | 説明する側にとって大切な『意識』 »

08/02/2006

「幸せのポートレート(THE FAMILY STONE)」

監督:トーマス・ベズーチャ
アメリカ/2005年/103分

笑い、涙、シリアスありのメリハリの良い、女性限定ではないファミリードラマ。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
ニューヨークのキャリアウーマンであるメレディスはクリスマス休暇を恋人の実家(ストーン家)で過ごすことになる。
しかしストーン一家になかなか馴染めず、なにをしても浮いて空回りする。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△メレディス
ニューヨークのキャリアウーマン。

▽シビル
エヴァレットの母親。

△エヴェレット
男性。メレディスの恋人。

△ベン
映画編集者

△サッド
聾者。ゲイ

▽エイミー
末娘

コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
笑い、涙、シリアスありのメリハリの良い、女性限定ではないファミリードラマ。

■ 男性でも楽しめる

作品タイトルと簡単な映画紹介文を読むと、あぁよくありがちな女性向け作品だな、と男性は思うかもしれない。

しかし女性に限らず男性でもじゅうぶんに楽しめる作品だ。

なぜなら、作品がだれにも媚びを売っていないからだ。

大抵の女性向けと言われる作品は、当然のように女性に受け入れられなくてはならないので、女性心というか乙女心にドンピシャリなキャラクターを主人公にして、一部の女性にとって居心地にいい作品を作り出すことに力を注ぐ。(例「アメリ」「かもめ食堂」)

「幸せのポートレート」はそのタイトルからして、そういった女性向け作品と同じ匂いを感じてしまうかもしれない。だがそうではない。

女性からみてもちょっと空回りしている主人公は、けっしてはじめから観客に受け入れられやすいキャラクターとはいえない。


■ 愛されない主人公?

主人公のメレディスはニューヨークのキャリアウーマンで、マナーもしっかりしているのだが、ストーン家の面々には好かれない。

ストーン家は養子をもらったりゲイを受け入れたりとリベラルでだれに対してもオープンな家庭を自負しているが、息子が連れてきたメレディスだけは、表面上は歓迎しても心から受け入れようとはしない。

ストーン家の顔ともいうべき母親のシビルは特に息子のエヴェレットがメレディスと結婚することに反対だ。

聾唖者のサッドを養子にしてたり、その彼のパートナーであるアフリカンアメリカンの男性を家族として受け入れたりしているシビルが、なぜキャリアウーマンで世間的には非のうちどころのないメレディスを受け入れられないのか。

そこにはある理由がある。

このあたりのシビルの事情の用い方に抑制が効いているのである。


■ いかにもお涙頂戴にしない巧さ

シビルの事情というのは、ともすればついつい観客の涙を誘おうと大げさにしてしまいがちだ。

たとえば、ほれ泣け、ほれ笑え、ほれ悲しめ、と何度も言われたとししたら、もそんな気持ちになるどころかかえって冷めてしまうことがあるだろう。

某韓流ドラマや映画におけるお約束の●●のように、作品を劇的にするために登場人物が次から次に●●に冒されいく、もしくは交通事故にあってしまうというのは、それがお約束だから。

観客や視聴者もそれを覚悟の上で観ているのだからまぁいいのだろうけれど、一般の観客にとっては「またか……」と思われしまうのはいたしかたない。

ところが「幸せのポートレート」では、シビルの事情はお約束ではない。あくまで、シビルがメレディスを受け入れられない動機のひとつなのだ。

これは、この作品が「女性向けというお約束」に終始するものではないこととも相まって、観客に好印象を残す要因にもなっている。


■ 笑いは「間」をつくる

家族を題材とした作品ではとくに、要所にコミカルなシーンを入れやすい。

そもそも笑いという「間」は家族(家庭)を舞台とした喜劇とは相性がいい。作品のテンポをコントロールする「間」を笑いが作り出してくれるため、微妙な家族間の関係や雰囲気を「間」で描き出しやすいからだ。

本作でも笑いのシーンが「間」をつくって和ませてもくれる。


■ クリスマスシーズンと家族

な家族(家庭)を一年で最も意識するのがアメリカ合衆国ではクリスマスだという。

日本に生まれ育った若い人のなかには、恋人と過ごせないクリスマスは惨めだという思いがあるという。

クリスマスに恋人と過ごさなければ!という思いはホテル業界が仕組んだキャンペーンだという説もあるとかないとか……。

クリスマス休暇は家族で過ごすという習慣が根付いているアメリカ合衆国において、家族を題材とした作品の時期設定がクリスマスシーズンというのはど真ん中ストライクなのだ。

そういうわけで本作は恋人限定のクリスマスストーリーではない。家族の物語なのだ。


■ ひとこと

はじめはストーン家の家族構成がわかりづらいかもしれない。しかしリベラルな家庭というキーワードを知っていればすぐにわかるようになる。

後半は多少ドタバタして(ほんとうにキッチンでドタバタするシーンがあってなかなイイ)そういうまとまり方はちょっとくるしい気もしたが、ありきたりな定番ハッピーエンドな収まり方をしていないのが「味」ともいえる。

いまのところ日比谷のシャンテ シネでしか上映していないようだが、多少時間をやりくりしても観にいく価値はじゅうぶんにある作品だ(夏シーズンの映画作品では他に評判のいいおすすめ作品が比較的少ないように思えるので)

作品内容とは関係ないが、それにしてもシャンテ シネは作品上映前の、他の映画関連の予告編上映時間が長い。たっぷり20分ぐらいはあるんじゃないだろうか。もしくはそれ以上か。予告編を観るのが辛くなるぐらいに多いような気がする。

単館系映画館はCMを入れないと運営がたいへんかもれないが、いつものことながらチト長い。近所の高級志向珈琲店のCMなどは地元の雰囲気が漂っていてなかなかなのだが……。

俳優ファン  ○ 「SEX AND THE CITY」のジェシカ・パーカー出演
ファミリー   ○
デート    ◎
フラっと   ○
脚本勉強  ○
演出     ○
笑い     ○ 
リアル     △
謎解き    - 
人間ドラマ  ◎
社会     ◎

|

« ブレイブストーリー(BRAVE STORY) | Main | 説明する側にとって大切な『意識』 »

Comments

May I just say what a relief to discover someone who truly knows what they are discussing over the internet. You certainly realize how to bring a problem to light and make it important. A lot more people need to read this and understand this side of your story. I was surprised that you are not more popular because you most certainly possess the gift.

Posted by: free spanish music downloads | 04/04/2015 at 04:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/11223904

Listed below are links to weblogs that reference 「幸せのポートレート(THE FAMILY STONE)」 :

» 『幸せのポートレート』 [試写会帰りに]
『幸せのポートレート』THE FAMILY STONE試写。 グランマの形見の指輪は長男の婚約者に。次男と三男に代わる物はあるのかしら……!? サラ・ジェシカ・パーカーの『セックス・アンド・ザ・シティ』は観ていないので、未だにニコラス・ケイジとの共演作『ハネムーン・イン・ベ..... [Read More]

Tracked on 08/02/2006 at 21:43

» 幸せのポートレート [パフィンの生態]
邦題も映画の雰囲気を伝えていて良いのだが、原題”The Family Stone"を 知ると映画を深く味わえる。家族がお互いを思い遣る気持ち、 心を閉ざさず素顔で接することの難しさ&大切さに共感した秀作♪ ストーン家の長男エヴェレットと結婚予定のキャリアウーマンを サラジェシカ・パーカー。彼女が主演のように宣伝されているが、 実際には彼女の妹役クレア・デインズとエヴェレットの母親役 ダイアン・キートンが重要な役を演じてい... [Read More]

Tracked on 08/03/2006 at 22:27

» 幸せのポートレート [【極私的】Movie Review]
原題…THE FAMILY STONE 監督…トーマス・ベズーチャ 出演…サラ・ジェシカ・パーカー/ダーモット・マロニー/ルーク・ウィルソン/ダイアン・キートン 極私的満足度… ○ 笑えて泣ける、コンパクトな1本 久しぶりに試写会が当ったので見てきました#63733; 見..... [Read More]

Tracked on 08/04/2006 at 15:05

» *幸せのポートレート* [Cartouche]
{{{   ***STORY***             2005年  アメリカ ニューヨークのマンハッタンで働くバリバリのキャリアウーマン、メレディス・モートン。恋人は、優しくて仕事も出来る理想の男性エヴェレット・ストーン。クリスマス休暇を前に、メレディスはエヴェレットの実家に初めて招かれる。年に一度の休暇を一緒に過ごすため、ストーン家には家族が次々と集まってくる。ところが彼らは一様に自由奔放で何ごとも気軽に話し合うオープンな性格で、堅物で神経質なメレディスとは何もかも対照的。互いになかな..... [Read More]

Tracked on 08/05/2006 at 00:56

» 幸せのポートレート [シネクリシェ]
 恋人の家族に初めて紹介される緊張感が、鮮明に描かれている作品です。  自分も人見知りする方ですので、この内気な主人公の緊張感にも共感を覚え [Read More]

Tracked on 08/05/2006 at 10:07

» 幸せのポートレート [映画を観たよ]
やっぱりクリスマスに見たかったなぁ〜。 どう考えても真夏に見るのは間違ってると思うのですね。 まぁ仕方ないんですけど。 楽しくってちょっぴりほろりとしてしまう映画でした。 最初はなんて意地悪な家族なんだろうとか、なんて嫌な女なんだろうとか思いつつもこのいじめられの展開を楽しんでいました。 何かメレディスがいるだけであの家の空気がちょっと微妙〜って感じになってくるんですよね。それがすごい伝わってきて楽しか... [Read More]

Tracked on 08/22/2006 at 19:07

» 映画『幸せのポートレート』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Family Stone ストーン家のクリスマス休暇に息子が彼女を連れてやってくる・・ストーンはファミリーネームだけど、実は砕けた家風だよね、結婚指輪の石にもかけてる・・・ キャリア・ウーマンのメレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)にとって、エヴェレット・ス... [Read More]

Tracked on 08/15/2007 at 01:33

« ブレイブストーリー(BRAVE STORY) | Main | 説明する側にとって大切な『意識』 »