« ドラマ「タイヨウのうた」 | Main | カーズ(CARS) »

07/16/2006

キミも船長に―横浜マリタイムミュージアム(帆船日本丸)―

横浜マリタイムミュージアムは、横浜みなとみらい21地区にある海事博物館です。

ここは日本丸メモリアルパークという緑地、帆船日本丸、そして横浜マリタイムミュージアムの3つからなる地区で、桜木町駅から歩いて3分ほどの場所にあります。

日本の博物館のなかでも江戸末期~明治・大正・昭和といった時代はけっこう好きで、横浜はそのあたりの歴史が色濃く残っているので、時間を作っては少しずつ博物館や歴史ゆかりの地をめぐっています。

そんななか、横浜マリタイムミュージアムは桜木町駅前にあるので、いつでも行けると思いつつなかなか機会がありませんでしたが、やっと足を運ぶことができました。

横浜マリタイムミュージアムのある場所はちょっとわかりづらいんです。なぜなら、帆船日本丸の隣にある扇形の建物の地下にあるためです。地下は海面より低いところにあります(窓はありません)。

扇形の建物の屋上は、海に向かったスロープになった芝生の広場になっています(この芝生からちょうと正面あたりにコスモクロックという観覧車が見えます)。

なぜ扇形の建物の地下に博物館があるかというと、帆船日本丸が周囲からよくみえるように配慮したためです。


では横浜マリタイムミュージアムでの私のお気に入り展示をご紹介しましょう。

まず、19世紀以降の船の発達を、船の模型と42メートルの壁画に描かれたシルエットで知ることができる展示です。

特に42メートルにわたって壁画に描かれた船のシルエットがいいんです。どこがいいかというと、お気に入りのある船が、他の船と比べてどのくらいの大きさなのかがひとめでわかる、というところです。

さらにシルエットで描かれている利点は、船の形がより強調されて、商船、艦船といった種類の特徴が浮き彫りになりところにあります。

たとえば、船の模型がひとつだけ展示されていたとします(【注】マリタイムミュージアムにはたくさんの船の模型が展示されています)。模型がひとつだけだと、たとえキャプションに船の全長と総トン数がが表示されていたとしても、船の大きさというのはピンときません。

でも、42メートルの壁画に描かれた船のシルエットを見れば、他の同時代の船との大きさの差が一目瞭然となるのです。すばらしい!

贅沢をいえば、壁画に描かれた船のシルエットは左から右へ時代順になっているので、できれば映像装置かなにかで1868年ごろのある船と1950年ごろのある船とをならべてシルエットを表示できるようになっていたら、時代を超えてさまざまな船と比べることができるのでなお良いと思います。

船好きはあの壁画を一日中見ていても飽きないでしょう!

ほかにいくつか興味深い展示をご紹介しましょう。

■「ロープワーク」

帆船で使われるロームの結び方を実際のロープで結んでみることができるものです。
私は小学生のころに少年冒険団といったような、いわゆるボーイスカウトみたいなものに参加していたので、ひさしぶりに目にした結び方――もやい結び――に思わず懐かしさがこみ上げてきました。


■「帆走シミュレーション」

これは風向きにあわせて帆をはり、島や浅瀬をさけてゴールを目指す映像によるゲームみたいな体験展示施設です。予定している航海日数以内にゴールにたどり着かなければならないので、風向きをみながらゴールをめざしましょう。


■「生きている横浜港」

これは横浜港内の3ヶ所のカメラによる港の生中継映像を、手元の装置でカメラを操作(回転・上下・ズーム)して見ることができるというもの。

この生中継映像画面が3つあるのですが、これがデカい! しかもかなりズームインできます。たとえば大桟橋のウッドデッキにいる人の判別がしようと思えばそこそこできるほどです。


■「操船と航海計器」

これは操船シュミレーションです。横浜港を航行する船の操縦席からの映像を使って体験できるシュミレーションで、実際に操縦席から操船している気分になれます。

でも、音声による船長の指示(低速・中速・高速、面舵30度など)どおりにしないとどんどん減点されて、ゼロになるとゲームオーバーになってしまいます。

コツは面舵・取舵の操作を早く勢いよくすることです。ゆっくり回していると操作が遅いとすぐ減点されますよ~。


ほかにも、映像による紙芝居(5~6分9)みたいな展示があったり、横浜港の埋め立て方法を説明する展示があったりと、船好きならじっくり見て回ったらまる一日たのしめるでしょう。


横浜マリタイムミュージアム(帆船日本丸)

入館料 高校生以上 600円
      小・中学生  300円

入館チケットで帆船日本丸も見学できます。
(わたしは時間が無くてまだ日本丸を見学していません。日本丸見学チケットに有効期限はないそうなので、次回に乗船するのが楽しみです)

(博物館の詳細は上記HPにてご確認ください)

|

« ドラマ「タイヨウのうた」 | Main | カーズ(CARS) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/10968195

Listed below are links to weblogs that reference キミも船長に―横浜マリタイムミュージアム(帆船日本丸)―:

« ドラマ「タイヨウのうた」 | Main | カーズ(CARS) »