« 青田典子さんの花婿探し | Main | タイヨウのうた »

06/22/2006

ステイ(STAY)

監督:マーク・フォースター
アメリカ/2005年/101分

ラストにグッとくる、感動を呼び起こす装置としてイリュージョンを使った作品。ズボン丈が短かったり、双子や三つ子がよく出現するのにも意味がある。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
精神科医サムの患者ヘンリーは21歳の誕生日の真夜中に自殺すると予告して姿を消した。
サムは残された3日間、ヘンリーを探す。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△サム・フォスター
 男性(精神科医)

△ライラ 
 女性(画家)

△ヘンリー・レサム
 男性。学生。美術専攻。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
ラストにグッとくる、感動を呼び起こす装置としてイリュージョンを使った作品。ズボン丈が短かったり、双子や三つ子がよく出現するのにも意味がある。

■ なかなか直球(正直)

この種の作品はなにを語ってもネタバレになってしまうので、深いことは書けない。

ではどこから「ステイ」の魅力を語ろうか。ということで宣伝文句からいこうと思う。

「ステイ」は「感動のイリュージョン・スリラー」と宣伝している。これはなかなか直球というか正直だ。

イリュージョンとは幻影・幻想。その名のとおり、作品の約8~9割ほどは幻影・幻想としか思えないような映像が淡々と続く。

そこでこう考えてみよう。
アナタはあるショーを見に行く。そのショーがマジックショーだとわかって観るのと、マジックショーだとは知らずに観るのとではショーの楽しみ方や満足度が違ってくるにちがいない。

これを「ステイ」と「ジャケット」とを比較することでご説明しよう。


■ 注目すべきは「予告」

「ジェケット」を読み解く有力な説に「死人の見た夢の話だった」というのがある。
これについては以下の関連記事を参照願いたい。

目からウロコの「ジャケット」解説

マニア向け? 謎解きのスッキリ感を得にくい「ジャケット」

とはいえ、これはひとつの説であって、その「夢度合い」については観る者によって変化する。これは作り手が、観客がいかようにも解釈ができるようあえて「あいまい」な表現をしている箇所が多々あるためで、鑑賞後の推測・会話の楽しみを提供しているといえよう。

そして、今回注目していただきたいのは予告である。

「ジェケット」の宣伝では「未来と過去を行き来しながら繰り広げる予測不可能な物語」とある。これを読んですぐに思い浮かぶのはタイムリップだ。

しかしながら、人間の意識もまた未来と過去を行き来する。すると、過去という記憶と未来への願望を織り交ぜてあたかもタイムスリップ作品かのように観客に思わせて如何様にも解釈ができるように作ったのが「ジャケット」といえるのである。

一方「ステイ」の宣伝には先ほども触れたように「感動のイリュージョン・スリラー」とある。イリュージョンと言い切っている。

「ジャケット」がミスリードを仕掛けるかのようにタイムスリップを匂わせたのとは正反対に、はじめから「イリュージョン」だと宣言・予告しているのだ。

「ジャケット」の予告 → タイムスリップを匂わせる

「ステイ」の予告   → イリュージョンだとはっきりいう

なんのショーだかはっきりとはわからずに観るか、マジックショーだとわかって観るか。
もちろんそれぞれの楽しみ方はある。

(そういえば物語中においてもヘンリーは自分の自殺を予告する)


■ あなたはどっち派?

「ジャケット」と「ステイ」。両作品を理解するポイントは「イリュージョンの使い方」にある。

「ジャケット」はイリュージョン自体を謎に設定するという使い方をした。

「ステイ」は感動を呼び起こす装置としてイリュージョンを使った。

・イリュージョンだとバレないようにする隠れマジシャン。

・イリュージョンで観客を楽しませるマジシャン。

さて、あなたはどちらのマジシャンのショーを観たいだろうか?


■ ひとこと

観客に謎解きを委ねるという性格の作品に「隠された記憶」がある。これは、はっきりと観客の解釈に委ねるとしている作品である。

観る人の数だけストーリーが存在するという意味ではどんな映画作品であれ、解釈は観客に委ねられているのであるが「ジャケット」と「ステイ」の比較に限って言えば、解釈を委ねる前の根本となる前提に違いがある。

例えるならば、マジシャンであること、イリュージョンであることをショーの前に知らせるのかどうか、ということだ。

マジックショーならばその内容を楽しめばいい。

ショー自体が謎ならば、ショーの正体をめぐってあれこれ想像を膨らませて楽しめばいい。

「ジェケット」と「ステイ」。どちらが好きかといえば、個人的には感動を呼び起こす装置としてイリュージョンを使った「ステイ」だ。

それは「the EYE」(←パート1)が感動を描くためにホラーの手法を使ったのと同じように、「ステイ」が手段としてイリュージョンを用いることで、描きたい・提供したい・体験してもらいたいものは「感動」であるというところが私好みだからである。

さて「ステイ」を観ている最中に思ったことがある。

サムのズボンの裾が短いのは、それってオシャレ? 

双子や三つ子がよく出てくるのはなぜ?

サムとヘンリーが瞬間移動した?

これらにもちゃんと意味があるのでお見逃しのないように。

「隠された記憶」作品レビュー

「the EYE」作品レビュー


俳優ファン ◎
ファミリー -
デート    ○
フラっと   ◎
脚本勉強  △
笑い     -
リアル追求 -
謎解き    ◎
人間ドラマ  ◎
社会     ○
アクション  -

|

« 青田典子さんの花婿探し | Main | タイヨウのうた »

Comments

こんにちは。TBありがとうございます。
宣伝文句を知らなかったので、道中惑わせられっぱなしでした。

Posted by: もじゃ | 06/24/2006 at 01:53

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。
非常に興味深いレビューで楽しませていただきました。
1度しか観ないと分からない映画というより、観れば観るほど、解釈が変わってきて楽しめる映画だと思いました。

Posted by: ともみ | 06/27/2006 at 11:24

>もじゃさん
コメントありがとうございます。
まさにイリュージョンですよね。私もあまり予備知識なしで観たので惑わされましたヨ。

>ともみさん
コメント・TBありがとうございます。
そういえば恵比寿ガーデンシネマではチケット半券で割引料金で観れると書いてあったような気がします。いい意味で昆布系の作品ですね☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 06/28/2006 at 16:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/10637688

Listed below are links to weblogs that reference ステイ(STAY) :

» すごい映像表現 「STAY/ステイ」 [平気の平左]
評価:80点{/fuki_suki/} STAY/ステイ 「不思議な映画を観た。」 我想一個人映画美的女人blogのmigさんがそう言っていましたが、まさにそんな感じ。 何を書いてもネタバレになりそうだから、一言では「不思議」とか言うしかないかもしれません。 タイトルも記事のタイトルもいくつか考えたんですが、これもネタバレになりそうなので、無難に映像表現を褒めるタイトルにしときました。 映像表現�... [Read More]

Tracked on 06/22/2006 at 23:46

» 『ステイ/STAY』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
『???』...#63897; この映画を見終わった直後の感想と言うか状態。 良くわからない??? しかし「わからない」=「つまらない」ではなくて どことなく心地よくて不思議な映画#63911; 最後まで「このストーリーはどうなるんだろう?」 と考えながら見ら..... [Read More]

Tracked on 06/22/2006 at 23:51

» 『STAY/ステイ』 [ラムの大通り]
----これまた「エンディングについては触れないよう」という 但し書きがついてるね? だいじょうぶ? なんにも言えなくならないかなあ? 「だいじょうぶ。気をつけて話すから。 プレスに監督のマーク・フォスターが 『観客には、これから見る物語が 現実世界の話ではないことを明確に伝えたかった』 と語っている一文が載っているし、 だれが見ても、これが現実の物語と思うわけはないから そこまでは喋ってもい�... [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 00:40

» 『STAYステイ』 [映画館で観ましょ♪]
バラバラとあちこち話が飛んでって、 こういう「訳のわかんない映画」好きです! 遠い記憶と過去と未来とが入り混じって、 ドコをとってもふわふわとしたつかみドコロのない映画。 現実として実感できるのは最後の... [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 01:39

» cyberspace gamble casinos [cyberspace gamble casinos]
free craps online cnr motherboard slot erotic story strip poker [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 03:31

» STAY [まったりでいこう〜]
初回を観に行くと先着でユアンのポートレート写真が貰えるということで、がんばって初回に行ってきました(笑)相変わらずタダで貰えるもの、限定モノに弱い私です・・・。 予告編を何度か観てるうち、おもしろそうな話だなと思って楽しみにしてましたが、その思いは見事に打ち砕かれてしまいました・・・。予想していたスリラーものとはまったく違いますよこれ。いやこれはすでにスリラー系ではないんじゃないかという気が... [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 06:42

» Stay / ステイ [Cinematheque]
精神科医のサムは若い男性患者ヘンリーから21歳の誕生日に自殺すると予告される。彼を気にかけるサムは思いとどまらせようと奔走するが、やがてヘンリーは失踪。一方、サムの元患者で恋人のライラは、サムから聞かされ... [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 13:54

» STAY ステイ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
★本日の金言豆★ ブルックリン橋:イースト・リバーにかかり、ニューヨーク市のマンハッタン島南東部とブルックリン区を結ぶ橋、長さ1834m、中央径間486m。米国でもっとも古い吊橋の一つで、鋼鉄のワイヤーを使った世界初... [Read More]

Tracked on 06/23/2006 at 23:13

» 【 ステイ 】 [もじゃ映画メモメモ]
精神科医のもとに前任のセラピストから引き継いだ一人の患者が現れる。ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ主演のサスペンス・スリラー。 途中でいくら考えても答えが見つからないんですよ。いろんな伏線があったり、結末を暗示させるものまであるんだけどね。真相を見...... [Read More]

Tracked on 06/24/2006 at 01:50

» ステイ [シアフレ.blog]
一見して自らの自殺を予告した青年を救う為に奔走するサスペンスでありながら、その奥に潜む深いミステリーに引き込まれました。 時間と空間が交差する不思議な世界観で、斬新で独特なヴィジュアル表現が魅力的です。... [Read More]

Tracked on 06/24/2006 at 13:46

» ticker stock [ticker stock]
lock stock and two smoking income mutual funds mutual funds investments [Read More]

Tracked on 06/26/2006 at 07:06

» STAY [Alice in Wonderland]
『イリュージョン・スリラー』の世界に完全にノックアウトされました。結局何がなんだか分からないままエンディングを迎えて、ラストでは『あ~そういうおちね。』なんて思いながらも本編との関連性が見出せずに一人映画館で取り残されているような寂しい気持ちになりまし...... [Read More]

Tracked on 06/26/2006 at 13:11

» ステイ−(映画:今年85本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:マーク・フォースター 出演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、ライアン・ゴズリング、ケイト・バートン、ボブ・ホスキンス 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) ●オチ映画をこんなに感動的に仕上げることができるなんて・・...... [Read More]

Tracked on 06/27/2006 at 01:10

» STAY / ステイ [Lust For Life]
6月3日の公開日から5日目。 恵比寿ガーデンシネマにて、『STAY』を観て参りました。観客は私を含め、約10名。 どしーん。ここは場末の●●●●●かっっ!? 【 ストーリー 】 21歳の誕生日の夜に自殺すると予告して姿を消したヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング...... [Read More]

Tracked on 06/27/2006 at 11:20

» STAY [memo memo]
本日の映画は『ステイ』でした。先着でプレゼントをくれるというのを友達から聞いて急 [Read More]

Tracked on 06/28/2006 at 02:13

» 「ステイ」鑑賞 [BIGLOBE平社員ブログ]
もう一度見に行きたい。 石塚です。 [Read More]

Tracked on 06/29/2006 at 02:46

» ステイ [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ユアン・マクレガー/ナオミ・ワッツ/ライアン・ゴズリング/ケイト・バートン/ボブ・ホスキンス/ジャニーン・ガロファロー/B・D・ウォン/エリザベス・リーサー/脚本:デヴィッド・ベニオフ/監督:マーク・フォースター/作品『ステイ』を観ました。 ●感想  ・本作は、私の住んでいる地域では6月24日(土)から上映されており、非常に楽しみにしていた作品なので「是非、初日に観に行こう!」と思っていたのですが、そこにはある障害が待っており、本日やっと観る事が出来ました。  ・本..... [Read More]

Tracked on 07/01/2006 at 21:49

» ステイ/ STAY [空想俳人日記]
ふと振り向き 時空の舞踏に 眩暈する   ナオミ・ワッツだ。「キングコング」その前は「21グラム」あとは・・・。彼女の父はなんて名だったッけ。確かピンクフロイドの音楽、サウンドエンジニアとして関わってたんだって。ピンクフロイドの音楽と言えば、プログレの頂点... [Read More]

Tracked on 07/07/2006 at 12:38

» 精神科医の周りで起こる、現実とも空想ともわからない出来事 [人生はお伽話もしくは映画のよう]
「ステイ」  普段はあまり意識することのない「生きている」っていう感覚。これまで一番強くそれを感じたのは、大人になってから、ぜんそくの発作を起こした時でしょうか [Read More]

Tracked on 07/07/2006 at 14:54

» 脳年齢判断映画「ステイ」でNOU、No爆発? [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
予告編や宣伝コピーで気になっていた「ステイ」を観ました。 脳年齢がわかる映画だとか? この手は、ネタばらしができないので 記事にするのは非常に難しいのですが・・・ 楽しみ方を〜 映画に何度も出てくる 映像・セリフを憶える事。 不思議やなあ〜意味不明な シーンを憶える事。 話を最後まで理解しないこと。 以上が、この映画の楽しみ方です。 「イリュージョン・スリラー」という 言葉が、この映画を見事に表現し... [Read More]

Tracked on 07/08/2006 at 03:17

« 青田典子さんの花婿探し | Main | タイヨウのうた »