« たてもの園『千と千尋の神隠し』裏ガイド | Main | LIMIT OF LOVE 海猿 »

05/08/2006

ニュー・ワールド(The NEW WORLD)

監督:テレンス・マリック
アメリカ/2005年/135分

映像が綺麗な環境ビデオみたいな……。意気込まずにゆったりしっとり観ましょう。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
1607年。英国船が北アメリカ・ヴァージニアに上陸する。
英国人ジョン・スミス大尉はネイティブアメリカンの族長の娘・ポカホンタスと恋に落ちる。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジョン・スミス
男性。大尉。

▽ポカホンタス
女性。ネイティブアメリカンの族長の娘。

△ジョン・ロルフ
男性。イギリス紳士。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
映像が綺麗な環境ビデオみたいな……。意気込まずにゆったりしっとり観ましょう。

■ ヒーリングビデオ?

水面に映った森の木々。美しくも物悲しい映像の数々が観客のまぶたを重たくしていき……。

英国の入植者とネイティブアメリカンとの戦闘シーンもあるのだけど、まるで環境ビデオやヒーリングビデオを見たかのようです。


■ 偶然の一致? チラシの構図

「ニュー・ワールド」と「LIMIT OF LOVE 海猿」のチラシの絵がとてもよく似ています。

どちらも向かって左側に男性、右側に女性。両者が向き合い、おでこをつき合わせて、男性が女性の手または腕に触れているという構図です。

構図は似ていますが、内容としてはどちらかというと「ニューワールド」は恋愛モノで「「LIMIT OF LOVE 海猿」は海洋アクションです。

たまたま偶然に似たような構図になったのかな。
だからとーした、と言われるとどうもないのだけど……。


■ ポカホンタス

ポカホンタスの話は、入植者側に都合のいいように作られたものだという説があります。

歴史とは勝者がつくるもの。

三国志のラストで魏が勝つのも、三国を統一したのが魏(→西晋)だから。
ところが蜀が三国を統一したとする書物もあるとか。

勝者が自分の都合のいいように書き記して、敗者の記録を抹消した。そして残ったものが勝者の書→それが歴史というもの。

ポカホンタスというネイティブアメリカンの娘が英国入植者の男性と恋に落ちて……という話がもしも作り話だったとしたら、ロマンスを作り上げて美談にすると都合がいい人たちがいたということでしょう。


■ ひとこと

今回はレビューが短いって?
それこそがもっともよくこの作品を表しているのですヨ。

つまり、物語はよく知られたもの(ポカホンタスがスミスを救った)がすべてなのであまり懲りようがないのです。
凝るとしたら、監督さんが「シン・レッド・ライン」を撮った人なので、映像や音楽に凝っていいます。
そのあたりを承知したうえで、あまり意気込まずに観るとよいでしょう。


俳優ファン △
ファミリー  -
デート    △
フラっと   △
脚本勉強  -
笑い     ×
リアル追求 -
謎解き   ×
人間ドラマ △ 
社会     △
映像     ○


∇無料レポート限定配布中

「想いを寄せるあの人との距離をもう1歩縮める方法」
遠くの存在と思えるあの人との距離を劇的に縮めるには?
その方法を、まさに「劇(恋愛映画)」を例にあなたに伝授します。

「愛されたいなら嫌われろ!~共感を得る究極の方法~」
愛される第一歩「共感」を得る究極の方法を、宇宙一の嫌われ者が
愛を得た、あの有名映画作品を例にわかりやすく伝授します 

アスランは誰を表している? 暗闇の森をアスランと共に歩くだけのシーンの意味とは?
「ナルニア国物語」に秘められたキリスト教文化を大
解説~これを知れば7倍楽しめる~

|

« たてもの園『千と千尋の神隠し』裏ガイド | Main | LIMIT OF LOVE 海猿 »

Comments

TBありがとうございました。
簡潔でわかりやすい解説ですね。

Posted by: hyoutan2005 | 05/09/2006 at 01:08

こんばんは、TBありがとうございました!
こちらからもお返ししようとしましたがうまく行かなかったようで、コメントで失礼します。
本作は仰るように相当シンプルなオハナシだったわけですが、それを映像でもって何やら崇高な雰囲気に仕上げることに成功した素晴らしい作品だったと個人的には思っております。

Posted by: Ken | 05/09/2006 at 23:27

>hyoutan2005さん
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくです☆

>Kenさん
コメントありがとうございます。シンプルでみんなが楽しめる作品が増えれば日本の映画もたのしめる作品が増えていきそうですね。またよろしくです☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 05/12/2006 at 19:03

the experience of dating, sex, relationships, and finding love.

Posted by: plavix | 05/14/2006 at 16:28

As soon as you do, we'll stop selling it.

Posted by: pravachol | 05/14/2006 at 17:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/9958460

Listed below are links to weblogs that reference ニュー・ワールド(The NEW WORLD):

» 『ニューワールド』 映像の美しさとハの字眉毛。 [キマグレなヒトリゴト]
ライトなんかを使わずに自然光を取り入れた作品 なんだそうで、確かに優しいリアルな光だったような 気がします(言われたからそう思う?)。 水だとか木々の間から差し込む光だとか、 だんだん暗くなっていく空とかきれいだったなー。 浅瀬へ進む川の終わりも何だかとてもキ..... [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 13:19

» ニュー・ワールド@ルーブル丸の内 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
テレンス・マリックが全編、カメラを通してポカホンタスを愛撫しているかのようだった。彼女に触れる指は優しく、情が込められている。スクリーンの特性を生かしてワイドに映るアメリカの原風景が、愛の叙事詩を包んだ。自然を崇拝するネイティブ・アメリカンにいざなわれる。... [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 17:41

» 『ニュー・ワールド』 [ラムの大通り]
----これってディズニー・アニメの 『ポカホンタス』と同じ話だよね? それをテレンス・マリックが撮るって イメージしづらいニャあ。 「うん。ただ、あのアニメとは 物語も含めてまったく違うものになっている」 ----えっ、お話も違うの? 「いや途中までは同じなんだけどね。 17世紀初頭、アメリカ大陸の北部にイギリスからやって来た船が到着した。 彼らの目的は、新大陸を開拓すること。 しかし、この地�... [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 19:08

» シネマ日記 ニュー・ワールド [skywave blog]
叙情的な作品のこの映画、好き嫌いが分かれるところでしょう。 ちなみに、私は大好きです!! アメリカ開拓のイギリス人とネイティブアメリカンの恋物語、ディズニー映画「ポカ [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 22:33

» *ニュー・ワールド* [Cartouche]
{{{     ***STORY***     2006年   アメリカ               1607年、新たな楽園を求めてイギリスの港を旅立った船が、長い航海の末に北アメリカのヴァージニア近辺に辿り着く。しかし、そこには先住民のコミュニティが存在した。ニューポート船長(クリストファー・プラマー)は、反乱罪に問われていたジョン・スミス(コリン・ファレル)を解放する。彼の勇敢さを買って、先住民との交渉役を任せる。しかし、スミスはたちまち先住民に捕えられ、王の前に連行されてしまう。そして、ス..... [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 23:40

» ★「ニュー・ワールド」 [ひらりん的映画ブログ]
コリン・ファレル主演。 新大陸を開拓すべく赴いたイギリス人たち。 先住民とはコトバが通じなーーーーい・・・ってお話?? ポカホンタスのお話もよく知らないしーーー。 [Read More]

Tracked on 05/09/2006 at 00:49

» 伝説の愛。 [ひょうたんからこま]
『ニューワールド』試写会。ムービープラス主催。映像の美しさと、15歳の新鋭クオリカンカ・キルヒャーの美しさ、激動の時代を描いているのに、ゆったりとした時の流れを感じる物語。私にとって全てが好ましい作品だった。新大陸アメリカを開拓するイギリス人大尉とネイティブ・アメリカンのポカホンタスの愛と別れ。そして彼女が、新たなる出会いによって知る真実の愛の意味とは。〜ネタバレ少しあり。前半では、ネイティブ・アメリカンとイギリス開... [Read More]

Tracked on 05/09/2006 at 01:02

» 『ニュー・ワールド』 [моя комната (私の部屋)]
『ニュー・ワールド』 『シン・レッド・ライン』から7年。長いキャリアの中で過去に3本しか長編劇映画を撮っていない巨匠、テレンス・マリックの待望の最新作は、ディズニーのアニメも記憶に新しいポカホンタス伝説をテーマにした美しい愛の物語。 17世紀初頭、ア...... [Read More]

Tracked on 05/09/2006 at 02:24

» 映画「ニュー・ワールド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The New World 時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイティブ・アメリカンとの交流を図るべくジョン・スミス(コリン・ファレル)達は川上に進むが、囚われの... [Read More]

Tracked on 05/09/2006 at 02:26

« たてもの園『千と千尋の神隠し』裏ガイド | Main | LIMIT OF LOVE 海猿 »