« トム・ヤム・クン! | Main | KID「4秒殺KO」とミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」 »

05/03/2006

隠された記憶

監督:ミヒャエル・ハネケ
フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア/2005年/119分

人が人であるための過程=人生の時間と機会を提供する作品。「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるならばツマラナく、「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならばこの上なく堪能できる。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
フランスの中産階級でインテリのジョルジュの元に送り主不明のビデオテープが届く。ビデオテープにはジョルジュの家が延々と映っている。
次々と送られ来るビデオテープによってジョルジュは記憶の奥に隠した、幼い頃の記憶から逃れられなくななっていく。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジョルジュ
男性。テレビ局キャスター

△アン
女性。出版社に勤める。ジョルジュの妻。

△ピエロ
少年。ジョルジュの息子。

△マジッド
ジョルジュが子供の頃、同じ家にいた同年代の男。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
人が人であるための過程=人生の時間と機会を提供する作品。「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるならばツマラナく、「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならばこの上なく堪能できる。


■ 映画とは?

映画とはなんだろう?

映画をなぜ見るのか?

その答えは映画に限らず小説でも同じだ。つまり「それを読んだり観たりする人の数だけ答えがある」ということだ。

例えば友人と映画を観たとしよう。
映画を見終わったあとで、あのシーンで私はこう思った。でも友人は違うように感じた。そういった会話をすることで、様々な見方を楽しむ。それが映画の楽しみ方のひとつだ。

付き合い始めのカップルが映画を観るのはどうしてだろうか?

映画を観て感じた事をお互いに話し合うことで、お互いをより深く知り合うためだ。


■「AはBである」は絶対か?

AはBであるという性格の映画に慣らされた人にとって「隠された記憶」はツマラナイという言葉で片付けてしまうことだろう。

「隠された記憶」楽ではないからだ。他の言葉でいうならば親切ではないからだ。

多くの映画では、ここでは怖がってね、ここでは笑ってね、ここでは泣いてね、と誘導してくれる。どのように誘導されるのか。それは、音楽や効果音によってだ。

作品の重要なアイテムや登場人物はなにかを、カメラが教えてくれる。つまり、カメラが動いたり、ズームしたりしてヒントとなるアイテムや登場人物を目立たせるのだ。

だから観客は音楽・効果音とカメラに頼りっきりで映画を観ることになる。ほらここで泣くんだよ、という誘導によって涙を流す。そんな映画がはびこっている。

ここは泣くところと提供されたシーンが、あまりにもベタな誘導を行っているとシラけてしまって、逆に笑えることがある。

韓流悲恋作品を家でDVDで観てゲラゲラ笑っている人もけっこういるんじゃないかと思う。もし、韓流悲恋作品をカップルで観に行って彼女が泣いているのに、彼氏が大爆笑していたらどうだろう?

感情のスイッチがお互いに別のところに付いていることがわかったので別れて、もっと気の合うベターな相手にめぐりあうことができるかもしれない。

話を戻せば、AがBであると決めている作品に慣れてしまうと、だれかの思う壺夫くんと思う壺子ちゃんになりやすいのである。

音楽も効果音もカメラも自己主張しない「隠された記憶」の監督が投げかけるテーマのひとつはこのあたりにあるのだと思う。


■ 緊張感

長回しワンカットを多様しながら、これほどの緊張感を持たせるのは天才のなしうる技といってもいい。
これができる日本人監督ですぐに思う浮かぶのは北野武監督だ。

何気ないどこにでもある日常の風景に緊張感を持たせることがでるか。これができるかできないかで監督の力量がわかってしまうものである。


■ 人生はなぞなぞ

ある人はいう。

人はどこからきてどこへいくのか。人はなぜ生まれてきたのか。

人はその答えをみつけようとする。それが人生だ――と。

たとえばこう思ったとしよう。なぜAさんは毎日蝶ネクタイをつけて会社にいくのか。そんな疑問が浮かび、あれこれ答えを考えてみる。やがて蝶ネクタイのなぞが解けたとき、アナタはAさんについてひとつ知るのである。

ある事柄や人について「なぜ?」と疑問が浮かぶ。それを解こうと調べたり、話したり、考えをめぐらしたりする。その答えはさまざまだ。だがひとつ確かなことがある。それは、答えへ至る過程を通して、人は対象の事柄や人をより深く知ることができるということだ。

なぞに出会い、それを解こうとする作業は、物事や人に関わる作業である。これをコミュニケーションという。

もし、なんの疑問も抱かずに、決まったことを決まったように作業するだけの毎日だったら?

もし、アナタが新しく車を買うとしたら、どんな車がいいだろう?
動けばいいだけなら、どの車でもいい。でもアナタはきっと、運転することが楽しくなるような車を買うだろう。人や物の移動という目的だけでなく、その車に乗っていることに満足するような意味を求めるのが人間だからだ。

聖句に「人はパンだけで生きるものではなく(マタイ伝4章4節)」「人はパンだけでは生きず(申命記8章3節)」とある。

謎はそれ自体を解くこと以外に、その謎の背景に思いをめぐらすことによって深い洞察力を養い、自分が生きる世界やコミュニティや他人に対する理解を深めていくのである。こうしたコミュニケーションによって己をも知っていく、それが人生のひとつの形である。

「隠された記憶」は観客が謎を解くという作品だ。人が人であるための過程=人生の時間と機会を提供する作品なのだ。


■ ひとこと

衝撃のラストカットという宣伝がされているので、ウォーリーを探せ! じゃないが注意深く観てみよう。
しかし、ラストカットでなにかに気がついたとしても、それがすべての謎を解いてくれる万能の魔法のカギではない。

ラストですべての謎解きは行われない。観客に解釈を委ねているのである。これこそ映画の本来の姿でもある。

もしあなたが「隠された記憶」を観てツマラナイと感じるようなら「決められていることによって楽」をしている部分があるのかもしれない。

「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるなら「隠された記憶」はツマラナイだろう。

「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならば「隠された記憶」はこの上なく堪能できるだろう。

「ALWAYS三丁目の夕日」「水戸黄門」「インディペンデンス・ディ」といった類の作品が大好きでたまらないという方は観ないほうがいい。わけがわからないからと映画を記憶から消して、まったく無駄な119分間を過ごしたと感じるだろうから。
 
俳優ファン ◎
ファミリー  -
デート    -
フラっと   -
脚本勉強  ◎
笑い     -
リアル追求 ◎
謎解き   ◎
人間ドラマ ◎ 
社会     ◎

関連記事
KID「4秒殺KO」とミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」


∇無料レポート限定配布中

「想いを寄せるあの人との距離をもう1歩縮める方法」
遠くの存在と思えるあの人との距離を劇的に縮めるには?
その方法を、まさに「劇(恋愛映画)」を例にあなたに伝授します。

「愛されたいなら嫌われろ!~共感を得る究極の方法~」
愛される第一歩「共感」を得る究極の方法を、宇宙一の嫌われ者が
愛を得た、あの有名映画作品を例にわかりやすく伝授します 

アスランは誰を表している? 暗闇の森をアスランと共に歩くだけのシーンの意味とは?
「ナルニア国物語」に秘められたキリスト教文化を大
解説~これを知れば7倍楽しめる~

|

« トム・ヤム・クン! | Main | KID「4秒殺KO」とミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」 »

Comments

こんばんは。初めまして。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、描かれた内容自体にそれぞれ好みはあるとは思いますが、自由な解釈が出来る仕上がりであり、本作品が持つ観る人に集中力を要求する物語展開は、映画から何かを意欲的に感じ取ろうとする強い意欲を持っている人には、刺激的な印象を受けるであろうと考えています。

また遊びに来させて頂きます。
今後共、よろしくお願い致します。
ではまた。

Posted by: たろ | 05/03/2006 at 21:13

こんにちは。TBサンクスです。
とても興味深い記事で、楽しませていただきました。

>「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるならばツマラナ>く、「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならば>この上なく堪能できる。

なるほど、おっしゃるとおりかと思います。私もそういう意味では興味深い映画だと思いました。観客に解釈を委ねられてるので、色々考えるんですが、私の想像が貧相なのか、どのパターンも釈然としないんですよね・・。

Posted by: goma | 05/04/2006 at 13:53

>たろさん
コメント・TBありがとうございます。
まさにたろさんがおっしゃられるとおりですね!それがいいたくてレビューを長々と書いたようなものです☆今後ともよろしくです☆

>gomaさん
コメントありがとうございます。
わたしもいろいろ推測してみるのですが、絶対にこれにちがいないというものは浮かびません。それこそが監督の伝えたいことのひとつなのかなぁと思ったりなんかもしてます。映画館では前から2列目の席でスクリーンに近すぎたので今度は後ろのほうの席からもう一度観たいです☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 05/04/2006 at 23:39

はじめまして。
TBありがとうございます。
立ち上げたばかりなので、TBってなんのことかわからなかったのですが。
それにしても、考える映画でした。しかも静かながらにもちょっとしたスリリングさがありました。いろいろHPを見てなんとか、ラストシーンのことはわかりました。ああ~きずかなかった僕はとても悔しい~。もう一度見に行かないと。
続いて昨日「城」も見てしまいました。
これもなかなかでした。

Posted by: こんにちわ | 05/05/2006 at 13:12

こんにちは。
私も不親切な映画が大好きです。
最近は、海猿なんちゃらの予告を観て苦笑い・・

Posted by: かえる | 05/05/2006 at 22:56

TBありがとうございます。
なんか深いですね~。

「映画とは何か・・・」

そのときの状況、人それぞれ・・・こういう映画があっていいと思います。

Posted by: fuyukai | 05/06/2006 at 14:52

>こんにちはさん
コメントありがとうございます。
音楽や効果音を使わなくてもスリリングにできるよい見本でもありますよね。TB大歓迎ですので、関連する記事をお書きになったらよろしくお願いしますネ。

>かえるさん
コメントありがとうございます。
不親切な映画もいいものですよね☆海猿もわかりやすくてあれはあれでなかなか☆
またよろしくです☆

>fuyukaiさん
コメントありがとうございます。
そうですね、こういう映画もあっていいですよね。もう少しこういうかんじの作品が増えてもうれしいです☆


Posted by: わかスト@管理人たか | 05/07/2006 at 14:09

You ought to be a part of a contest for one of the best sites on the internet. I'm going to highly recommend this blog!

Posted by: best dating sites | 01/16/2015 at 01:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/9883864

Listed below are links to weblogs that reference 隠された記憶:

» 「隠された記憶」なんてこった! [小生の映画日記]
ストーリー: テレビ番組の人気キャスター、ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と出版社に勤める妻アン(ジュリエット・ビノシュ)の元に、送り主不明のビデオテープが不気味な絵とともに送られてくる。しかも、ビデオテープに映っているのは、ジョルジュたちの家と彼ら....... [Read More]

Tracked on 05/03/2006 at 20:48

» 試写会鑑賞 ヤクルトホールにて 〜 ミヒャエル・ハネケ 「 隠された記憶 」 [** Paradise Garage **]
こんにちは。 午前中は曇り、午後から雨の予報の火曜日です。 今日は、昨日 ヤクルトホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ミヒャエル・ハネケ氏の新作映画について。 『 隠された記憶 ( CACHE/HIDDEN ) 』 ( ‘05年 フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア ) 《 STAFF 》 監督 : ミヒャエル・ハネケ 脚本 : ミヒャエル・ハネケ 撮影 : クリスチャン・ベルジェ 美術 : エ... [Read More]

Tracked on 05/03/2006 at 20:56

» 『隠された記憶』 [Brilliant Days ]
今年もまた まもなく開催(5.17より)されますね..カンヌ映画祭 これは昨年=2005年度に監督賞を受賞した作品です。 (パルムドールは『ある子供』、グランプリは『ブロークン・フラワーズ』) (原題/英題:CACHEacute;/HIDDEN) 2005年 フランス・オース..... [Read More]

Tracked on 05/03/2006 at 21:36

» 「隠された記憶」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Caché 」...aka「Hidden」2005 フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア カンヌ国際映画祭監督賞受賞/2005 ヨーロッパ映画賞(作品、監督、主演男優)受賞/2005 監督、脚本は「ピアニスト/2001」のミヒャエル・ハネケ。主演のジョルジュ、アンヌ夫婦にダニエル・オートゥイユ(王妃マルゴ/1994、メルシー人生/2000)とジュリエット・ビノシュ(ダメージ/1992、綴り字のシーズン/2005)。マジッド役にモーリス・ベニショー(アメリ/2001)。「ピアニスト」で... [Read More]

Tracked on 05/03/2006 at 21:37

» 隠された記憶/CACHE /HIDDEN [我想一個人映画美的女人blog]
えっ、そうきたか〜〜! 予備知識なく観ることをお勧めしたい作品だけど、 あえて先に言いたいのは、 ラストシーンはしっかり見て!ということ。 また、ラストで深読みしすぎると逆にかえって気が付きにくい場合も、、、。 エンドロールが意外なところで流れてきて、 衝撃的なラストカットってココだ!と気付くまで(いや気付いてから) 少々時間を要しました つまり、そ、そういうこ�... [Read More]

Tracked on 05/03/2006 at 22:06

» 隠された記憶 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  密かな心の闇、やがてリアルな悲劇の闇となる   [Read More]

Tracked on 05/04/2006 at 00:26

» 「隠された記憶」 [インサイド]
監督:ミヒャエル・ハネケ 脚本:ミヒャエル・ハネケ 出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、アニー・ジラルド  ようやく書けた、フランス映画祭出品作品。  ミヒャエル・ハネケ監督作品なので、ものすごく期待していきました。平日にも関わらず、ほぼ満員。「フランス映画」の響きの威力か、それとも「ミヒャエル・ハネケ」の威力か。それでも、映画初心者っぽい人の姿も結構あって、かなり驚きました。  しかし…いったい、どう解釈すればいい映画なのか(笑) 乱暴に要約したストーリー... [Read More]

Tracked on 05/04/2006 at 00:41

» 『隠された記憶』 6.5P [OL映画でいやし生活]
私的オススメ度:6.5P 『ブロークンフラワーズ』みようかと思ったんですが、私が大好きな辛口映画批評家さんが『隠された記憶』を大絶賛してたので、急遽期待に胸を膨らませて見にいってきましたぁ。 【STORY】 ある夫婦の元に送られてきた謎のビデオテープ...... [Read More]

Tracked on 05/04/2006 at 13:43

» ミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」 [CODE_NULL]
--以下、ネタバレ注意-- ラストの、スクリーンに小さく映る二人の人間の様子。 その二人に何らかのつながりがあったと仮定して、以下勝手な感想。 --- 数日前に同劇場(ユーロスペース)で見た「ベニーズビデオ」(4/27に雑感記載) の主人公を思い出した。あれほど極端ではないにせよ、それに通ずる心理状態を 持つ者の行動なのか。 とても美しい顔をしているけれど虚ろな表情、ぼんやりした眼差し。 意識的に物... [Read More]

Tracked on 05/04/2006 at 21:38

» 隠された記憶 [アンドロイドは電気鰻の夢を見るのか?]
「隠された記憶 」 先日迷子になりながら観に行った映画です 何と言うか不思議な映画でした BGMが全く無くて妙な緊張感があって観た後ぐったり フランスのミヒャエル・ハネケ監督ってこんな映画ばかり撮っているらしいです 凄い監督なんでしょうが僕には理解できな... [Read More]

Tracked on 05/05/2006 at 08:54

» 隠された記憶 [とにかく、映画好きなもので。]
 衝撃のラストカット、その真実の瞬間を逃してはならない。  朝の渋谷にて、仕事の前に観てきました。  テレビ局の人気キャスターであるジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)の元に、一本のビデオテープが届けられる。  テープには、ジョル...... [Read More]

Tracked on 05/05/2006 at 16:38

» 『隠された記憶』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
極上の心理スリラー。ハネケはすごい。 だけど、整理はできない。 人気キャスターのジョルジュの元に送り主不明のビデオテープが届く。頑なに予告は見ないようにしていた。でも、「衝撃のラストカット その真実の瞬間を見逃してはいけない」という宣伝コピーは目に入っちゃうんだよね。ラストカットを重要視しないようにしようと心に誓いつつ、どういうカットをもってくるんだろうかとかすかに何かを期待してしまうじゃないか、ばか。 ラストどころか、ファーストカットからハッとさせられる。いえ、最初は、映し出される家... [Read More]

Tracked on 05/05/2006 at 22:55

» 隠された記憶 [N’s Talk]
フランス映画祭がはじまりました。高槻のTOHOでやっています。「ポンヌフの恋人」や「イングリシュペイシェント」「シェフと素顔と、おいしい時間」等ジュリエット・ビノシュのファンですのでいてもたってもいられず観てきました。題名は隠された記憶です。主演男優は「橋の上の娘」のダニエル・オートゥイユ。くゎーええ俳優ばかりです。フランス映画なので中途半端な終わり方です。が、しかしかなり見応えのある映画でした。 ... [Read More]

Tracked on 05/07/2006 at 09:12

» 隠された記憶(2005/フランス=オーストリア=独=伊/監督:ミヒャエル・ハネケ) [のら猫の日記]
【ユーロスペース@渋谷】テレビ局の人気キャスター、ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)は美しい妻アン(ジュリエット・ビノシュ)と一人息子のピエロ(レスター・マクドンスキ)と幸せな日々を送っていた。そんなある日、彼のもとに送り主不明のビデオテープが届く。そこにはジョルジュの家を正面... [Read More]

Tracked on 05/07/2006 at 12:32

» 映画『隠された記憶』 [ルールーのお気に入り]
この映画ほど、観終わった後に誰かと語り合いたくなった映画もひさしぶり。 謎が謎のまま終わり、解釈は観客に委ねられる… 「恐ろしく知的な監督による驚異的な映画」 このコメントが本当に納得できる、大変に知的なものすごいインパクトのある映画でした。。 [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 00:32

» 隠された記憶 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ジョルジュはTVで活躍する人気キャスター。妻のアンも出版社で編集者として成功を収めています。二人の間には一人息子のピエロがいて、幸せな生活をしています。そこへ、ジョルジュの行動を映したビデオテープが次々と送られ、脅迫じみた絵が届けられたことで、家庭に波紋が広がっ... [Read More]

Tracked on 05/08/2006 at 00:50

» こんな終わり方って…!?【隠された記憶】 [犬も歩けばBohにあたる!]
衝撃のラストカット、その真実の瞬間を見逃してはいけないと、大々的な殺し文句を挙 [Read More]

Tracked on 05/13/2006 at 13:07

» 『隠された記憶』reprise 〜過剰な視線の哲学 [存在の耐えられない軽さ]
『隠された記憶』について以前書いたが、その内容はというと、どちらかというと社会的・政治的な視点から見たときに浮かび上がるテーマについてだったので、今日は哲学的な視点から見ると何が言えそうか、について書きまする。 (ネタバレが気になる人は、ご覧にならない方がよいかと) というのも、昨日の午前中、ずっとこの映画について考えていたので。 それにしても、ミヒャエル・ハネケという監督は、ネガティ... [Read More]

Tracked on 05/14/2006 at 15:21

« トム・ヤム・クン! | Main | KID「4秒殺KO」とミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」 »