« デカ皿にのったチョコバナナワッフル | Main | ジャケット(THE JACKET) »

05/31/2006

嫌われ松子の一生(Memories of Matsuko)

監督:中島哲也
日本/2006年/130分
原作:山田宗樹「嫌われ松子の一生」

新アトラクション「松子の世界」があったらいいなと思わせる、表現の可能性を広げる効果的なCGを使った、下妻のアナザーストーリーともいえる渾身の1作。監督のあふれる才能がほとばしり、未だ時代が追いついてこれないかもしれず、下妻の「青春」が大好きな人には少々期待ハズレになる可能性もアリ。配役の巧さはパワーアップ! 明日香と松子の対比が重要なポイント。中島監督は日本映画を代表する3監督のうちのひとりになるのは間違いない。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
20代前半で教師をクビになって家出した松子はソープ嬢になる。やがてヒモを殺害して服役。その松子が50代に河原で亡くなる。
川尻笙は父の妹・松子の住んでいたアパートを片付けることになる。笙は松子の人生を知る。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
▽川尻松子
 昭和22年・福岡県大野島生まれ。教師。風俗嬢。服役囚。理容師。

△川尻笙
 松子の甥。歌手になるため上京。

△川尻紀夫
 松子の兄。川尻笙の父親。

▽川尻久美
 松子の妹。病弱でほとんど寝たきり。

△八女川徹也
 作家の卵。太宰治に憧れている。松子の初めての同棲相手。

△岡野健夫
 作家志望のサラリーマン。松子とは不倫関係に。

△小野寺
 松子と同棲するヒモ男。

△島津賢治(荒川良々)
 理容師。松子と同棲する。

△龍洋一
 ヤクザ。松子の元教え子。

▽沢村めぐみ
 松子の親友。AVソフト制作会社社長。

△大倉修二(ゴリ/ガレッジセール)
 松子が住んでいるアパートの隣人。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
新アトラクション「松子の世界」があったらいいなと思わせる、表現の可能性を広げる効果的なCGを使った、下妻のアナザーストーリーともいえる渾身の1作。監督のあふれる才能がほとばしり、未だ時代が追いついてこれないかもしれず、下妻の「青春」が大好きな人には少々期待ハズレになる可能性もアリ。配役の巧さはパワーアップ! 明日香と松子の対比が重要なポイント。中島監督は日本映画を代表する3監督のうちのひとりになるのは間違いない。

(以下「嫌われ松子の一生オフィシャルサイト」参照による内容を含む)

■ 魅せ方がスゴい!

波乱万丈な人生をおくった川尻松子の一生。とは言っても、松子のそれは「堕ちていく人生」の典型のようなものであり、古今東西幾度となく語られてきたきたストーリーのひとつに過ぎない。

これを普通のドラマにしたのでは、幅広い観客を得ることはできない。なぜなら、波乱万丈だけど不幸(に思える)女が死んだところからはじまる物語なんて、お金と時間を割いて観にいく映画の候補にはあげたくないと思えるからだ。

しかしこの作品の醍醐味は「川尻松子の人生をいかに魅せてもらえるか」にある。


■ ミュージッククリップ風シーンの効用

松子の人生における不幸エピソードをひとつずつドラマにしていたら、それこそいくら時間があっても収まりきらない。そこで「詞付きの音楽」を使ってエピソードを紹介している。

音楽なら1曲約3分~5分で終わる。その間に歌詞と映像と音楽でエピソードを紹介するというこの手法は、シークエンスの応用編といえる。

シークエンスとはシーンを繋げて作る、ストーリーの小さな単位といったものである。
例えば試験勉強をがんばる様子(電車の中で単語を覚えたり、夜食を食べながら勉強したり、昼食を食べながら参考書に目を通したり)を音楽と共にいくつかの短いシーンを繋げて約3分~7分ほどで表現するというものだ。

中島監督はこれを進化させた「詩付きの音楽」で作品に軽快なテンポをもたらした。

シークエンスを使わずに松子の人生をドラマ化しても、観ているほうはなかなかツラいものである。エピソードが多いために間延びするからだ。そこを「詩付きの音楽」を使って明るい色調で内容を伝えつつ、軽快なテンポで観客を飽きさせないようにしたのだ。

松子の刑務所服役時代を表現したAIの「What Is A Life」。ソープ嬢時代はBONNIE PINKの「LOVE IS BUBBLE」。不倫相手の岡野健夫との時代は毎週水曜日だけ会えることの喜びを歌った「Happy Wednesday」。ほかにも「詩付き音楽」がいくつか効果的に使われいてる。


■ CG合成のシーン

CGの使い方がイイ。

映画作品のCGについて語られるとき、これまでは「CGの出来栄えがどうか」が焦点だった。しかし、最近のコンピュータの発達によってCGの出来栄えはずいぶんと良くなった。

時代の流れでいうと、現在は出来栄えに関する「CGの技術」の時代から、いかに表現するかの「CGの使い方」の時代に移行したといっていいだろう。

ではCGをどう使うか。
日本映画においては大きく二つに分かれたように見てとれる。

ひとつは「ALWAYS 三丁目の夕日」型。過去の時代を再現するノスタルジック劇場の舞台装置としての使い方だ。

もうひとつは「嫌われ松子の一生」型。キャラクターの主観を表現する使い方だ。

例えば「昭和30年代という劇場」作りには昭和30年代の町並みという手本・元ネタがある。資料をもとにいかに当時の町並みに似せることができるかというCGの使い方は、CGの可能性を「昭和30年代の町並みの再現」に限定する。

しかし「松子の世界」は他のだれでもない松子だけの世界だ。その世界は松子だけが感じて見えている世界である。この松子の世界をいかに伝えるか。そこで活躍するのがCGなのである。

たとえ同じものを見ても、見る人によって違うように見えることもあるし、同じ人が同じものを見てもその状況・境遇・体調によって全く違うものに見えることもある。付き合い始めたばかりの恋人と見た富士山と、昨日恋人と別れたばかりでひとりで見る富士山とでは見え方・印象は違うだだろう。

こういった主観の世界は広い。主観の世界に定型はなく、限定もされない。モデルも元ネタもないからだ。CGの可能性を広げ、新たな表現を可能にする魅力的な使い方はどちらだろうか? 一目瞭然である。


■ 華やかにありたい

あの人の生き方は華やかだ。

そんなふうに言われたいものである。たとえ他人には華やかに見えなくても、自分にとって華やかであればそれでもいい。

他人からみれば不幸の連続であったとみられる松子の一生。しかし松子にしてみれば華やかなときはたくさんあった。

それを映像で表現するのは文字通り「花」である。ガーベラ。バラ。キキョウ、パンジーなど、色とりどりの花々が松子の主観世界には咲きほこっている。

花なんて食べれないし、すぐ枯れるからどこがいいんだか。という男性は多いが、意中の相手を口説くために「花」が重要なアイテムであることはよく知っている。

女性はいくつになっても華やかなお姫様みたいな人生をおくりたいと願うもの。そんな願望を体現したキャラクターをどこかで観たことがなかっただろうか?


■ お姫様のもうひとつの道

ヒラヒラのお洋服を着てお姫様みたいになりたい! 

そんなキャラクターは中島監督の過去の作品「下妻物語」の主人公・竜ヶ崎桃子だ。

「下妻物語」作品レビュー

「下妻物語」の桃子は他者と出会って友情を育むが、新作「嫌われ松子の一生」の松子は他者と出会ってボロボロになっていく。

お姫様みたいな華やかで幸せな人生をおくりたいと思っていたとしても、開けた扉がひとつ違えば人生は大きく違ってしまう。そんな「もし」を華やかなエンターテイメントに仕上げた「嫌われ松子の一生」は、裏ディズニーリゾートみたいなものがあればアトラクション「松子の世界」ができることは間違いない。

つまり、ディズニーリゾートのアトラクションとして大盛況するであると予想できるほどに「世界」を構築しているということだ。


■ イメージと合う配役

タレントに対する観客のイメージを熟知した配役がこの作品の魅力だ。

たいてい、キャスティングには監督の思い入れや芸能界・タレント所属事務所その他の事情が大きく作用しそうなものだが、中島監督はCMを手がけてきた人であるからだろ、視聴者や観客があるタレントについてどのようなイメージを持っているかをよく知っている。

それが最もよく表れているのが、わずか数秒ほどの出演時間しかない岡野健夫(劇団ひとり)の妻役に女性お笑いコンビ・オアシズの大久保さんをキャスティングしたことだ。平凡な主婦の雰囲気を持ちつつ、夫の不倫の匂いには敏感そうなイメージを持つ大久保さんをキャスティングするあたりに配役のウマさが凝縮されている。

ほかにも教頭役にお笑いコンビ・カンニングの竹山隆範さん。松子に好意を持つ同僚男性教師・佐伯俊二役に谷原章介さん。女囚役に土屋アンナさん。片平なぎさ役に片平なぎささん(笑)。どなたもまさにハマリ役だ。片平さんは本人だし(笑)

また歌手のBONNIE PINKさんは中洲「白夜」のソープ嬢・綾乃役でも出演している。

そして川尻笙の彼女役・明日香役に柴咲コウさん。明日香は毎日がつまらないのは恋人の川尻笙のせいではなく、だれかになにもしてあげれない自分のせいだと気づいたと笙の留守電に延々と語り、わたし決めた、青年海外協力隊員として海外に行きます、と宣言する

こういった役は柴咲コウさんがもし芸能界に入っていなかったら池袋の片隅で実際に言っていそうでおもわず笑ってしまうほどハマっている。


■ 希望を見い出すものとは

松子は荒川の近くのアパートで、亡くなった妹・久美を思い浮かべて彼女を散髪するイメージをする。イメージどうりにできた時、わたしはまだやれる、と希望が湧き上がる。

希望を見出すのに必要だったのは、訓練による技術(散髪)と、愛し愛される人だ。

愛してくれる人や愛する人(松子にとっての妹・久美)に自分が何をしてあげられるか。松子は妹・久美の髪を切ってあげることができたのだ(想像上ではあるけれど)。

愛する人になにかをしてあげられること。――そこに希望が生まれる。

ここで対比されるのが、柴咲コウ演じる明日香が、だれかになにかをしてあげることで自分の存在意義を見い出そうと、青年海外協力隊員になろうと決意したシーンだ。

対比される重要なポイントは、明日香には海外青年協力隊員になった姿のカットが無いのだが、松子には希望を見出して親友・沢村めぐみの名刺を探しにアパートを飛び出して階段を滑り落ちながらも河原に行くシーンがある点だ。

片方は決意したところまでしかないが、もう片方は転びながらも実際に歩き出したのだ。

明日香が街の雑踏の一角で決意して、留守電に一方的にメッセージをふきこむのは「ありがち」だ。自分の言いたいことをひとしきり独白した明日香はスッキリしたかのように電話を切る。それを留守電モードで他の作業をしながら聞いていた笙はあわてて明日香に折り返し電話するが、わずか5秒前に切られたにもかかわらず電話は話し中でつながらない。たぶん、明日香はほかの知り合いや友人にも同じような内容の電話をかけている最中なのだろうと思わせる。

明日香が残したのは笙へのメッセージではなく、自分の気持ちをスッキリさせるため,、語って気持ちよくなるための独白だ。ダイアローグではなくモノローグである。だからこそ、部屋の中で作業をしながら明日香の電話をなんとなく聞いている笙が「青年海外協力隊」というフレーズにおもわずズッコケそうになったところは作品中で唯一のベタな笑いを誘えているのである。

松子がアパートの階段を滑り落ちて地面に倒れながらも、再び立ち上がって歩き出す「行動」が描かれているところは、こうした明日香の決意だけのシーンと対比されることで、希望に向かって進む主人公の姿がより強調されているのだ。

思い出してほしい。「下妻物語」の桃子だって、親友イチゴのために原チャリを飛ばして助けに行った(行動した)ではないか。

それにしても柴咲コウさんはこうしたベタな役どころがモロにハマる役者だ。それがタレントとしての売りだろうが、こうした対比で使われると、ベタはベタでもいろいろあるなかで、この場合は「空虚なベタさかげん」が強調されてちょっとかわいそうにさえ見える。所属事務所的にはOKなのか?(笑)


■ ひとこと

「下妻物語」とセットで観れば、同じ思いや願いをもっていても出会った人や状況によって人生はどちらへも転がっていく様子が描かれているように思えるだろう。それは「嫌われ松子の一生」の冒頭のナレーションによっても暗示されているので聞き逃さないようにしよう。

だれしも自分の世界を持つことはいいことだが、その世界の一部でも他者と共有できればもっといい。「下妻物語」も「嫌われ松子の一生」も、いうならば「他者との出会い」の物語である。そういった意味で今作は「下妻物語」のアナザーストーリーといったところだ。

中島監督は「輪廻」の清水崇監督と共に日本を代表する映画監督になるだろう。そこに第3の男として劇団ひとりも加わることを予言しておこう。

今作は「下妻物語」の青春の部分をたいそう気に入った人には期待はずれになるかもしれない。だが「下妻物語」のアナザーストーリーとして観れば、奥深い「ザ・ワールド」を存分に堪能できるにちがいない。

日本の映画づくりにおけるさまざまなしがらみの外に監督の意識があるのだろうと思わせる、ノビノビと真剣に持てるすべてを注ぎ込んだ気迫が伝わる傑作である。


俳優ファン ◎
ファミリー  ×
デート    △
フラっと   ◎
脚本勉強  ○
笑い     ○
リアル追求 -
謎解き   -
人間ドラマ ○
社会     ○
映像     ◎
先進性   ◎

4344405617嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹
幻冬舎 2004-08

by G-Tools


∇無料レポート限定配布中

「ダ・ヴィンチ・コード」を読み解く最大・重要なポイントは「M」の理解にある。
『ダ・ヴィンチコード』レポート「マグダラのマリア」版はここでしか手に入りません。
『ダ・ヴィンチ・コード』ガイド~重要な「M」が7倍わかるレポート~

「想いを寄せるあの人との距離をもう1歩縮める方法」
遠くの存在と思えるあの人との距離を劇的に縮めるには?
その方法を、まさに「劇(恋愛映画)」を例にあなたに伝授します。

「愛されたいなら嫌われろ!~共感を得る究極の方法~」
愛される第一歩「共感」を得る究極の方法を、宇宙一の嫌われ者が
愛を得た、あの有名映画作品を例にわかりやすく伝授します 

アスランは誰を表している? 暗闇の森をアスランと共に歩くだけのシーンの意味とは?
「ナルニア国物語」に秘められたキリスト教文化を大
解説~これを知れば7倍楽しめる~

|

« デカ皿にのったチョコバナナワッフル | Main | ジャケット(THE JACKET) »

Comments

TB感謝・多謝

この作品、あとを引く映画ですね。

しかし、
いつもながら、素晴らしいレビューですね。
熟読させていただきました。


TB送りましたが、ココログさんへのTB
上手く行かないことが多くて・・・ご容赦を。

Posted by: スナッチャー | 06/01/2006 at 17:43

TBありがとうございました!
すごく気合の入ったレビューですね~。
楽しく読ませていただきました。
ほんと、配役の妙でしたね。
でも、エンドロールで初めて気づいた人、多数でした・・・。

Posted by: pinyon | 06/01/2006 at 18:19

こんばんは。
TBありがとうございました。
相変わらずの中島ワールドでしたね。
下妻は大好きだったのですが、松子も楽しめました。
中島監督すごいなぁと感心しっぱなしでした。

Posted by: こーいち | 06/02/2006 at 02:45

>スナッチャーさん
コメントさんきゅうです。
そうなんです、観た後に余韻がいつまでも残るような、ふとしたときに思い出すシーンがあったりするような奥深い作品ですね☆

>Pinyonさん
コメントサンクスです。
エンドロールにおもわず身を乗り出して見入っちゃいますよね。しかし多彩なタレントさん出演で豪華な作品ですよね。

>こーいちさん
コメントサンキュです。
中島監督はホントすごいですね!
スゴイしかいえないぐらいスゴいです。
お気に入りの監督さんです☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 06/04/2006 at 00:52

A Distinct Lack of Imagination

There was a guy riding through the desert on his camel. He had been traveling so long that he felt the need to have sex. Obviously there were no women in the desert so the man turned to his camel.
He tried to position himself to have sex with his camel but the camel ran away. The man ran to catch up to the camel and got back on and started to ride again. Soon he was feeling the urge to have sex again so once again he turned to his camel. The camel refused by running away. So he caught up to it again and go on it again.

Finally after riding the camel through the whole desert the man came to a road. There was a broken down car with three big chested beautiful blondes sitting in it.

He went up to them and asked the women if they needed any help.
The hottest girl said , "If you fix our car we will do anything you want."
The man luckily knew a thing or two about cars and fixed it in a flash.
When he finished are three girls asked, "How could we ever repay you Mr."
After thinking for a short while he replied, "Could you hold my camel?"

[url=http://alprazolam.ksqww.info/alprazolam-injection.html]alprazolam injection[/url]
[b][url=http://orderalprazolam.pharmmedics.info/discount-alprazolam.html]discount alprazolam[/url][/b]

Posted by: cyberKhaiz | 06/14/2006 at 11:34

Two friends, a blonde and a redhead, are walking down the street and pass a flower shop where the redhead saw her boyfriend buying flowers.

Redhead sighed and said, "Oh, crap, my boyfriend is buying me flowers again."

The blonde looked quizzically at her and said, "You don't like getting flowers from your boyfriend?"

The redhead said, "I love getting flowers, but he always has expectations after giving me flowers, and I just don't feel like spending the next three days on my back with my legs in the air."

The blonde says, "Don't you have a vase?"

[url=http://movies.wsjww.info/teen-cum-movies.html]teen cum movies[/url]
[url=http://teens.bblws.info/free-teen-video.html]free teen video[/url]

Posted by: amnesac28 | 06/20/2006 at 07:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/10334014

Listed below are links to weblogs that reference 嫌われ松子の一生(Memories of Matsuko):

» 嫌われ松子の一生 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!(笑) 「嫌われ松子の一生」2006年公開・邦画・PG-12指定...... [Read More]

Tracked on 05/31/2006 at 23:09

» 「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko [俺の明日はどっちだ]
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947年)生まれの川尻松子の「転落」の人生を数々の戦後の昭和史とともに辿るという“ クロニクル ”ものなんだけれど、趣向を凝らした演出はもちろん、それよりもなによりも主演の中谷... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 00:59

» 嫌われ松子の一生 [ m e r c i *]
去年の秋、原作を読んで松子に釘付けになった日々がありました。 その頃から映画化の話を耳にしていて、どんな風になるんだろうと 楽しみに待っていました。 あっという間に時は過ぎ、中谷美紀演じる松子に会える日がやってきました。 〝 松子。人生を100%生...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 13:11

» 嫌われ松子の一生 [Akira's VOICE]
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ! [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 17:24

» 嫌われ松子の一生 〜まげて、のばして〜 [椿的濃縮タマシイ]
そりゃまあ人生いろいろ、とは言う、ワケですが。 あまりにも悲惨だと本人は麻痺するのか、周りが見るほど不幸でもないのか? ・・・・今日は午後を有休にして、「嫌われ松子の一生」を見に行きました。・・混んでましたなあ^_^;  めちゃ面白かった前作『下妻物語』の中島哲也監督監督・脚本ということで、絶対見たい映画の一つでした。(※私は原作読んでいません) 実際見ると・・なんか、きれぎれに聞いていたり目にした以上の悲惨人生なんですよね、松子さん・・。 この映画のポップでカラフルな映像とミュージカル仕立て、CG... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 17:27

» 『嫌われ松子の一生』 [京の昼寝〜♪]
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一生』 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 生徒に人気の中学教師に成長した彼女だった... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 17:31

» 嫌われ松子の一生 [王様の耳はロバのママ]
盛りだくさんの内容でした。 いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。 パンフレットを買ったのも久しぶりだな~。 邦画ってすごいことになってきてるな~。 ... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 18:17

» 嫌われ松子の一生 [王様の耳はロバのママ]
盛りだくさんの内容でした。 いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。 パンフレットを買ったのも久しぶりだな~。 邦画ってすごいことになってきてるな~。 ... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 18:18

» 嫌われ松子の一生 [まったりでいこう〜]
下妻の監督さん第2弾です。いや〜すっごく楽しめる作品でした!!下妻もよかったけど、私は松子のほうが好きですね〜。中谷美紀さんの演技がもうすごくて、ある意味そこまでやるかー!?ってな感じでした。でもどんな演技をしても美人さんなんですよね。そしてなぜか妙にジャージ姿が似合ってました。 福岡の家を飛び出してから殺されるまでの松子の一生をやっていたわけですが、いやはや波瀾万丈な人生でし... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 19:22

» 嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也) [CINEMANIAX!]
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢に身を落とし、果ては同棲中のヒモを殺害して刑務所に服役してしまう…。...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 20:10

» 元が元だけに・・・・ 「嫌われ松子の一生」 [平気の平左]
評価:70点 嫌われ松子の一生 いや、すごいエンターテイメントしてましたね。 映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にしてしまう。 「深夜のサスペンス」(だっけ?)とか、色々名前をちょこちょこ変えて、火曜サスペンスみたいなドラマを、片平なぎさを出演させて作ったり、小ネタもわすれません。 所々笑えますし、さらに... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 20:28

» 嫌われ松子の一生/MEMORIES OF MATSUKO [何を書くんだろー]
「嫌われ松子の一生」 MEMORIES OF MATSUKO 評価 ★★★★☆ (原作チェック済み評価・★★☆☆☆) 『あらすじ』  親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ シャンとゆー夢も諦め...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 20:29

» すべっている「嫌われ松子の一生」 [再出発日記]
監督・脚色:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子私は「下妻物語」の中島監督を愛している。だから今回はあえて苦言を呈したい。「シカゴ」を真似たミュージカル、原色、ソフトフォーカスを多用した回想場面と現実場面との対比、等々技術的...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 21:24

» 気になる事10 [A.U.T.]
■自宅でパンダになりきれる「パンダスーツ」 ■ライダーベルトで蚊を撃退 ■ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)] ■Sony Pictures - ダ・ヴィンチ・コード ■goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト ■「おしゃぶりであご変形」母子がコンビに賠償提訴 ■2006FIFAワールドカップ™ オフィシャルサイト ■つよきす ■男前豆腐店 ■「朝イチ」は7時54分、ビジネスマンの時間感覚調査 ...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 21:58

» 映画 「嫌われ松子の一生」 [ようこそMr.G]
映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。 [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 22:37

» 【映画】嫌われ松子の一生★★★★☆泣き笑い女の悲惨な一生! [よきにはからえ。]
嫌われ松子の一生を今先ほどレイトショーで見てきましたが、いや〜〜想像より重めストーリーでビックリしました、ホントあの『下妻物語』の中島哲也監督の作風があってこそ見られる映画というか、女性としてはあのストーリーは正直キツイ。でも2時間10分が結構普通の時...... [Read More]

Tracked on 06/01/2006 at 23:23

» 映画「嫌われ松子の一生」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説嫌われ松子の一生の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進む。・・家族... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 00:50

» 『嫌われ松子の一生』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】中島哲也 【脚本】中島哲也 【原作】山田宗樹 【出演】 中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/木村カエラ/蒼井そら/柴... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 02:43

» 腕をまげて伸ばして♪星をつかもう♪ [こ・と・ば・言葉]
中谷美紀の「嫌われ松子の一年」(2006-5-27 ぴあ㈱刊)--映画撮影に日記 [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 05:49

» 感想/嫌われ松子の一生(試写) [APRIL FOOLS ]
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生徒をかばえばド裏目。男に惚れれば騙され裏切られ捨てられる。延々これの繰り返し。という超のつく転落人生。その歴史は悲惨の一言。実際に原作も相当滅入る系らしい(未読)。 しかし、これをブラックユーモアに変え、ミュージカル要素を持ち込み、さらにはそ... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 08:15

» 嫌われ松子の一生 [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式HP) 【お話し】昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子(中谷美紀)。教師になり爽やか�... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 08:51

» 嫌われ松子の一生 [迷宮映画館]
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。 お金を盗んだ、盗まないのいざこざから始まって、教師を断念。家を飛び出す。トルコ嬢になったあたりから、男の影がちらちら。しょうもない男にとっ捕まってというか、離れら�... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 12:18

» 「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著) [京の昼寝〜♪]
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。  話題になっていた頃から読んでみたいと思っていた。 映画化が決まり、映画館で予告編が流れ出した頃、この原作を読んでみようと思い読み始めた。 映画公開は5�... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 12:58

» 嫌われ松子の一生 [Childish Garden]
気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと違って混んでいるんだね。 原作を読んでいないし、予告のイメージだけで行ったのですが、結構ストーリーは重たいね。そんなにめ新しいという感じでもないのかな。一所懸命に生きていて、ただ幸せになりたいだけの松子がだんだん転落していく。それを歌とファンタジックな映像で、POPでかわいい感じに仕上がっている。... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 14:20

» 「嫌われ松子の一生」演出過剰 [小生の映画日記]
ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみ....... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 19:42

» 嫌われ松子の一生 [映画をささえに生きる]
監督は中島哲也。キャストは、前作の『下妻物語』がここ10年の邦画の中で最高傑作だと思っています。そんな訳で期待度大だったんですが、充分応えてくれる内容でした。観にいこうかどうしようかと悩んでる人にも自信を持ってお奨めできます。... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 19:45

» 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 [オールマイティにコメンテート]
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。 ... [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 20:14

» 嫌われ松子の一生 レビュー [プリンのプールで泳ぎたい!]
中島哲也監督の下妻物語に続くインパクトのある期待映画、嫌われ松子の一生。全編通し [Read More]

Tracked on 06/02/2006 at 20:29

» 嫌われ松子の一生 [5125年映画の旅]
『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした。 主人公松子...... [Read More]

Tracked on 06/03/2006 at 07:41

» 嫌われ松子の一生 [UkiUkiれいんぼーデイ]
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、こんなにも“エネルギッシュ”で、“スピード”があって、日本人の“浪花節スピリット”にズンズン響いてくる映画に久しぶりに出会った! 本作の予告は、もうだ〜いぶ以前から流れていたでしょ。 ♪ま〜げてぇ〜、伸ばしてぇ〜、お星さまを... [Read More]

Tracked on 06/03/2006 at 08:13

» 『嫌われ松子の一生』 [映画大陸]
 中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美紀に向って「下手くそ!女優辞めろ!」なんて罵倒が毎日毎日飛....... [Read More]

Tracked on 06/03/2006 at 10:56

» 嫌われ松子の一生/memories of matsuko [我想一個人映画美的女人blog]
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作のハイパーパワフルな乙女の友情を描いた 「下妻物語」を映画化した、中島哲也監督の新作。 主演には、原作の大ファンで 「松子を演じる為に女優に�... [Read More]

Tracked on 06/03/2006 at 21:57

» 『嫌われ松子の一生』 (初鑑賞38本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 5月27日(土) シネ・リーブル神戸シネマ1 にて 12:55の回を鑑賞。 [Read More]

Tracked on 06/04/2006 at 15:30

» 『嫌われ松子の一生』、観ました。 [肯定的映画評論室ココログ支店]
 『嫌われ松子の一生』、映画館で観ました。 平成13年、荒川の河川敷で松子が遺体で発 [Read More]

Tracked on 06/09/2006 at 09:51

» 『嫌われ松子の一生』、観ました。 [肯定的映画評論室ココログ支店]
 『嫌われ松子の一生』、映画館で観ました。 平成13年、荒川の河川敷で松子が遺体で発 [Read More]

Tracked on 06/09/2006 at 09:58

» 堕ちていく女の姿を、前向きにミュージカル仕立てで楽しむ?! [人生はお伽話もしくは映画のよう]
「嫌われ松子の一生」  「堕ちていく人生」っていいますよね。この「堕ちる」というのに若い頃はなんか憧れて。「ああオレも下手したら、歓楽街にはまって、堕ちていくの [Read More]

Tracked on 06/10/2006 at 18:32

» 嫌われ松子の一生/山田宗樹 [文学な?ブログ]
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあちこちを彷徨いながらも、必死に生きてゆく松子。感情に流され、積み重ねてきたものを根底から壊して、また一から、というよりむしろマイナスから人生を何度も繰り返します。 偶然のように起こる事件に翻弄される松子を見ていると、なんでもっと機用に生きら... [Read More]

Tracked on 06/17/2006 at 00:56

« デカ皿にのったチョコバナナワッフル | Main | ジャケット(THE JACKET) »