« ALWAYS 三丁目の夕日 | Main | ヒット商品番付 »

12/05/2005

「わかりやすさ」と「ヒット」の関係

ヒット商品番付表を手に、じっくり目を通してみたことがありますか?

へぇ~、今年はこんな商品がヒットしたんだねぇ。あ、こんな商品もそういえばどこかで見たことがあるなぁ。

たいていの人はそう思うぐらいです。
でも、ある人はじっくり見て、調べて、考えて「うんうん」「なるほど」などとたまに言います。

そんな彼(彼女)はヒット番付表をどう見ているのでしょうか?

実は、ヒット番付表から「しくみ」と「方法」を学びとっているのです。

どうしてあの商品がヒットたのかと、まずは生活者の意識ニーズを想像してみます。
これは聞き手が「知りたい」と感じるニーズを計る訓練になります。

次にその「ニーズ」を充たすにはどうすればいいのか? という「方法」を探ります。
これは聞き手に「どのように提供(話せば)すれば聞いてもらえるか」という訓練になります。

つまり、ヒット商品番付をじっくり見て、調べて、考えることは、言い換えれば「わかりやすくする」ということなのです。

他人が「へぇ~そうなんだぁ」で終わらせるところを、もう一歩も二歩も踏み込んで、なぜ? どうして? どうなっている? どうやって? と考えてみるのです。

ここが、他人と差がつくポイントです。

自分が興味ないものが大ヒットしているときこそチャンスです。
自分ではない「他人」がなにを求め、どう提供されるとそれに呼応するのか? 
これを考えてみることはつまり「他者」を意識することです。

者を意識して、想像力を働かす。

聞き手がどんな人かを意識して、どのように話せばより良く理解してもらえるか。

ヒット商品について考えることは、わかりやすくするにはどうするかを考えることと基本は同じです。

さて、もう手に入れましたか?

手に入れただけでまだ読んでいないですって?

ぜひ、目を通すことをオススメします。


∇無料レポート配布中
大ヒットにはワケがある! 
『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!

『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?

|

« ALWAYS 三丁目の夕日 | Main | ヒット商品番付 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/7470440

Listed below are links to weblogs that reference 「わかりやすさ」と「ヒット」の関係:

« ALWAYS 三丁目の夕日 | Main | ヒット商品番付 »