« November 2005 | Main | January 2006 »

12/29/2005

日本語ブームとファインディング・ニモ

なんでも日本語ブームだそうで。

そういえばテレビではよく「日本語ゲーム」みたいな特番を放送しているのをチラッとみたことがある。

正しい言葉の使い方はAとBのさあどっち?

なんていうふうにクイズ形式になっていると、つい答えが知りたくてCM明けまで辛抱づよくチャンネルを変えずに待っていることもしばしば。

さて、「言葉」というのは時代や人が変わればどんどん変わっていくものである。

そうすると「正しい言葉はどっち?」

ではなくて、

「この言葉にまつわる正しい起源はどっち?」や「現在、より多く使われているであろう用法はどっち?」

としたほうが「より正確な言い方」かもしれない。


わたしたちにできることは、時代と人によって移り変わっていく言葉を箱につめて型にはめるのではなく、

その時代と人においてより多くの人に物事をわかりやすく正確に伝える技術を訓練することなのだ。


わかりやすく伝える技術

わかりやすくする方法


どうやったら学べるだろうか。

実践の前に、まずは「わかりやすくするとはどういうことをいうのか」から始めよう。

そして、わかりやすくするための心構えとヒントを掴んでから実践へ、という流れをオススメする。


わかりやすくする心構えとヒントはどうやったら学べるのか?

どうぜ学ぶなら楽しみながらがいい。興味を持てば理解も早いからだ。


でも、楽しみながらなんてそんな「おいしい方法」があるものだろうか……。

    ↓


    ↓


    ↓


    ↓

――実は…・・・ありました!


∇限定無料レポート

「わかりやすくする方法」も映画を題材に学べます。

CGアニメーション作品を題材に「わかりやすくする」エッセンスを抽出した無料レポートです。


∇無料レポート限定配布中

「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」 

| | Comments (12) | TrackBack (7)

12/26/2005

ロード・オブ・ウォー(LORD OF WAR)―史上最強の武器商人と呼ばれた男―

監督:アンドリュー・ニコル
アメリカ/2005年/122分

しっかりエンタメしてる異色の人間ドラマ。そこでしか作れない題材を扱った本作は、まさに映画の醍醐味。こんな作品はありそうで滅多にない。


ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
ウクライナ出身でニューヨークのブライトン・ビーチで食堂を営む一家の長男・ユーリーはある日、ロシアンギャングの銃撃戦を目撃したことを契機に、武器の売買をはじめる。世界情勢を追い風に、商才を活かして世界中の政府や武装勢力を相手に商売する。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ユーリー・オルロフ
 男性。ウクライナ出身のアメリカ人。武器商人。
 年間取扱高60億ドル(US 推定) 年収9800万ドル(US 推定)

△ジャック・バレンタイン
 男性。インターポール刑事

△ヴィタリー・オルロフ 
 男性。ユーリーの弟。兄と組んで武器商人となる。

△エヴァ・フォンテーン
 女性。グラビアモデル。ユーリーの妻。

△シメオン・ワイズ
 男性。武器商人。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
しっかりエンタメしてる異色の人間ドラマ。そこでしか作れない題材を扱った本作は、まさに映画の醍醐味。こんな作品はありそうで滅多にない。

■ しっかりちゃっかりエンタテイメント

現在でも活動を続ける実在の武器商人をモデルに作り上げた主人公ユーリーの物語。とくれば、たいていは人物伝みたくなって、その生い立ちからエピソードをなぞっていくという構成になりがち。そういった、例えば実在の人物伝というのは、事実を元にしているために、あまり脚色できない場合があります。

本人にとっては劇的でも、他人からみればたいしたことないというのはよくあることです。そのため、事実を元にした作品は、はたしてどこまで脚色するか(できるか)がポイントです。

あまり演出しすぎてもいけないし、かといって事実のままでは映画作品としてはメリハリに欠けて観客のあくびを誘います。

主人公ユーリーは実在の武器商人をモデルに作り上げたキャラクターです。ユーリーみたいな武器商人はいるのですが、ユーリーと全く同じ、つまりユーリー本人は実在しません。――これがいいのです。

いろいろな武器商人をモデルに作り上げたユーリーというキャラクターを主人公にすることで、しっかり演出できます。観客を飽きさせないエンタテイメント作品にすることができるのです。

武器商人の話なのに、エンタテイメントなんて不謹慎な。

こう思われる方がいるかもしれません。でも、映画は観てもらわなければはじまりません。
最近のアメリカ合衆国や日本では、コメディやアニメ作品がヒットしています。これは多くの人が現実の問題から目をそらしたいと思っている雰囲気をよく表しています。そんなご時世にあって、武器商人にスポットを当てた作品は、アメリカ合衆国内で制作資金を調達することは困難であり、アメリカ合衆国以外からの資金調達で映画を完成させたそうです。

まずは観てもらう。そのためにはエンタテイメントでなければならないのです。エンタテイメントという手段で観客に楽しんでもらいながら、なにかひとつでも考えさせるものがあるかないか、それがポイントです。


■ ハッタリの効用

ユーリーは想いを寄せる人を口説くために、島のホテルを貸切り、グラビアモデルの彼女に架空の仕事を依頼します。さらにレンタルのチャーター機に即席で文字をペイントをしてもらい、自家用飛行機を持っているフリをします。

結婚してからの生活も、いい部屋に住み、いい家財道具を集めます。それは当時のユーリーにとっては現実の収入以上の、いわば「地に足のついていない暮らし」でした。
しかし、その「ハッタリ」を続けていくうちに、ビジネスはどんどん軌道にのって大きくなり、いつしか「ハッタリ」の暮らしに追いつき、追い越しさえします。

どうしてもほしいものがあるなら、自分には無理だと言ってすぐにあきらめずに、はじめはハッタリでもいいからやれることをやる。

ハッタリを続けているうちに、虚像と現実の間が狭まってきて、いつしかその差は限りなくゼロへ近づきます。

これを言い換えれば「なりたい自分をイメージしてそれに近づくよう行動する」といえるでしょう。

だれでもはじめは、現実の自分と理想とする自分の間にはギャップがあります。そのギャップを埋めるのはハッタリでもあってもいいのです。いや、むしろもっとハッタリの効用に気づいて利用すべきなのです。


■ 才覚があると信じてる男  
          才覚がないと痛感する女

ユーリーはなぜ武器商人となり、この仕事を続けるのか。その理由のひとつは、ユーリーは自分に商売の才覚があると信じているからです。才覚があるからこそ、そんどん取引相手が増えて収入も増えていったのです。

一方ユーリーの妻エヴァは、グラビアモデルから女優へ転身を試みます。しかしオーディションにはなかなか受かりません。そのうち絵を描いて画家を志望します。しかし絵はほとんど売れません。そうこうするうちにも、歳だけは確実にとっていきます。

エヴァは、自分には才覚・才能が何もないと痛感します。あるのは綺麗な容姿だけ。もちろん生まれも育ちも才能の内といえば、すごい才能(綺麗な容姿)を持っているのですが、生まれたときから容姿が優れていると言われて育ったエヴァにとっては、綺麗な容姿はあってあたりまえのものであり、それ以外のものを得ようとがんばります。

女優や画家になる才覚・才能がないとわかっても、良き妻、良き母としてあたたかい家庭を持ちたいという思いだけは大事にしたい。でも夫のユーリーは仕事で海外を飛び回っているためにあまり家にいない。

そもそもエヴァは仕事の内容をあえて夫に尋ねませんでした。なぜなら、夫の仕事がなにか危険を伴うものではないかと薄々感じながらも、家庭を大事にさえしてくれれば、自分の最低限の願い(暖かい家庭を持つこと)はかなえられるからです。

でも、夫のほんとうの仕事内容を知ったとき、なんの才覚もない自分だけど、人としての過ちは犯したくないとといった意味のことを夫に言います。


■ 「利」を大きくするには

妻の一言は、さすがのユーリーにも効きました。それからしばらくユーリーは武器商売をやめて、まっとうな商売をします。

世界各国を飛び回るユーリーは、武器以外の品で商売をすることもできました。実際の武器商人でも、武器だけを扱うというケースは稀で、たいてい他の多くの取り扱い品目のなかのひとつとして武器も扱うというのが武器商人の典型だそうです。

というわけでユーリーは武器以外の品目を扱って商売をします。しかし武器を扱うよりも売り上げは格段に落ちます。

いろいろな国の様々な裏側を知っているユーリーは、やろうと思えばまっとうな品で商売ができるし、そこそこ儲けることができます。でも「利」が少ない。なぜなら、武器以外の領域は既に進出しているライバルが多すぎるからです。

これはどんな商売にも当てはまりますね。すでに競合相手がたくさんいるところよりも、競合相手が少ないほうがいい。それでいてビジネスチャンスがごろごろしている分野がいい。さらに時代の潮流を見極めて身軽にすばやく動いた者には「利」があるのです。


■ 商売のネタにはけっして介入しない

ユーリーは世界のどんな紛争地域に出かけても必ずネクタイとスーツ姿です。まわりがみんな軍服を着ていても、ゲリラ風の格好をしている人たちがいても、ひとりだけスーツ姿のユーリー。

これは、けっして戦いの現場には介入しないという心がけでもあります。
武器商人をしているのだから戦いに関わっているのですが「戦いの現場」には介入しないのです。あくまでビジネスとして武器を扱っているというスタンスなのです。

この点は、ビジネスにおいては学べるところですね。

ネクタイとスーツ姿同士で商売をするのではライバルが多すぎる。しかもスーツ姿の世界の商売の現場に、自分もスーツ姿で介入してしまっています。商売の現場にどっぷり浸かってしまうと、なかなかおいしい「穴場」はみつけにくくなるし、なにより的確に情勢を見極めることが難しくなります。

スーツ姿(自分)+ スーツ姿(取引先)+ スーツ姿の世界(商売分野) = うまみが少ない

一方、ユーリーはどうでしょう。

スーツ姿(自分)× 軍人、ゲリラ、政府 × 戦争、紛争(商売分野) = うまみが多い

ユーリーはネクタイとスーツ姿で商売の現場に介入することなく、ライバルの少ない分野で、現場の情報と世界情勢に常にアンテナを張りつつ情報を収集して、己の才覚を最大限活かして商売をします。

ユーリーがどんなときもネクタイとスーツ姿なのにはちゃんと「意味」があるのです。


■ そこでしか作れない作品

武器ビジネスの話。これは、まさにアメリカ合衆国ならではの題材です。しかしその内容から、アメリカ国内での製作資金調達は困難だったそうです。
それはなぜなのか。
それは、映画を観ればわかります。


■ ひとこと

本来なら憎まれ役となるような設定の主人公を演じさせたらニコラス・ケイジの右に出る者はそうはいないでしょう。
「マッチスティック・メン(MATCHSTICK MEN)」作品レビュー
では詐欺師の役でした。そして今度は武器商人の役。
ほんとうに個性豊かな俳優さんですね。

久しぶりにしっかりエンタメもしてる骨太作品に出会えました。

こういう作品はありそうでなかなかありません。
ぜひ多くの人に観てもらいたいですね。

俳優ファン  向  ニコラス・ケイジの魅力全開
ファミリー   △  R-15なんで。お子様と観るのはムリです。
デート     不向 人間ドラマだが、愛のハッピーエンドではない
フラっと    △  フラッと観ようとは思わないでしょ。
脚本勉強  向  ちっかりちゃっかりエンタメ方法を真鍋(学べ) 
笑い     不向 ケイジ観ただけでクスッとなる人は笑える
リアル追求 向  エンタメの比率が高いが、部分的にリアルらしい
謎解き    △  そういう性格の作品ではない
人間ドラマ  向  ユーリーとその家族の物語です。


∇無料レポート限定配布中

大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


| | Comments (7) | TrackBack (28)

12/17/2005

ザスーラ(ZATHURA)

監督:ジョン・ファブロー
アメリカ/2005年/110分

B00174W9D4ザスーラ [DVD]
ジョシュ・ハッチャーソン (千葉皓敬), ジョナ・ボボ (海鋒拓也), ダックス・シェパード (咲野俊介), ジョン・ファブロー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-06-25

by G-Tools

レトロとCG映像とパラレルワールド。同じような気分にあって同じような題材を使ってもこれほどの違いが!「ALWAYS 三丁目の夕日」との比較でみえてくる日米の大きな違いとは? たとえ後ろ向きに転んだように見えても、タダでは起きない「ど根性」を堪能しよう。家族で観るなら迷わず「ザスーラ」!


ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
パパは仕事で外出。兄・ウォルターは最近一緒に遊んでくれない。そんなとき弟のダニーは家の地下室で古いボードゲーム「ザスーラ」をみつける。ゲームをはじめるとカードが出きた。ザスーラは、そこに書かれたことが実際に起こるゲームだったのだ。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ウォルター
 10歳。兄。

△ダニー
 6歳。弟。

△宇宙飛行士
 男。青年。

△リサ
 女性。ウォルターとダニーの姉。

△パパ
 ウォルター、ダニー、リサの父親。

△ゾーガン
 エイリアン。凶暴で肉食。火や熱を求めて宇宙をさまよう。

△ロボット
 ウォルターのロボット。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
レトロとCG映像とパラレルワールド。同じような気分にあって同じような題材を使ってもこれほどの違いが!「ALWAYS 三丁目の夕日」との比較でみえてくる日米の大きな違いとは? たとえ後ろ向きに転んだように見えても、タダでは起きない「ど根性」を堪能しよう。家族で観るなら迷わず「ザスーラ」!


■ 元ネタをどう活かすか

「ザスーラ」の作品のプレミス(Premise ストーリーが発展していくための基礎となるアイデア)は1995年に公開された「ジュマンジ」と同じです。ボードゲームの世界が現実にも起こるというこのプレミスをそのままに、今度は舞台を宇宙にもってきたのです。

たとえ元ネタは同じでも「ザスーラ」は魅力あるものとなっています。

そもそも私は「ジュマンジ」を観ていません。映画の予告編を観ても、イマイチ興味がわかなかったのです。当時はCG映像が注目を集めはじめたばかりの頃で、いままで見たこともないような映像が「売り」だったように感じたからです。

ところが今作「ザスーラ」の予告編は違いました。2005年現在は、すでにCG映像は多くの映画作品に使われてもう目新しくい技術ではありません。たた映像がすごいというだけではだれも見向きもしなくなった時代において「ザスーラ」は目立っていました。


■ 宇宙船ではなく「家」

SFアドベンチャー作品で、主人公たちの乗り物が宇宙船ではなく「家」。
それだけで私は心をわしづかみにされてしまいました。

SFアドベンチャーで家族を題材にした作品は過去にもありました。例えば60年代のTVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」。これをリメイクした劇場用映画作品「ロスト・イン・スペース」。

宇宙を舞台に家族の活躍と絆を描いたこれらの作品でも、登場人物たちの乗り物は宇宙船です。つまり「船」です。人生という名の宇宙の航海を共にする家族を乗せた「船」です。

比喩では人生という航海をする「船」ですが、実際に住むのは「家」です。数々の作品でもまた「家族」という題材で重要な役割を果たしているのは「家」です。

「海辺の家(LIFE AS A HOUSE)」作品レビュー

「砂と霧の家」

さて「ザスーラ」でも主人公たちは宇宙を旅しますが、登場人物たちが乗るのは「家」です。宇宙空間にぽっかりと浮かぶ「家」――。普通だったらありえません。いえ、普通の宇宙SF映画だってありえません。さらにこの「家」をエイリアンのゾーガンの船が襲うのです。

家」と「エイリアンの宇宙船」がランデブー。

CG映像でしかできない、いままで観たことがない映像で大きなインパクトを与えています。

少なくとも私には大きなインパクトでした。宇宙空間に浮かぶ家。この映像だけで、この作品を観ようと決めました。

(ちなみにエイリアンのゾーガンの宇宙船は「ガンダム」のララァ搭乗機、通称トンガリ帽子とも呼ばれた「エルメス」に形がちょっと似ています)


■ 「兄弟関係」に焦点。
  冷凍された姉という設定が、兄弟の心を映し出す鏡になる。

家族みんなが抱えている様々な問題を浮き彫りにして丁寧に描きたい、という思いがあっても、それを1本の作品中にすべて詰め込むには、かなりの技量が必要なばかりか、家族の構成員の数だけ間延びして焦点がぼやけてしまうかもしれなないというリスクがつきまといます。

この点について「ザスーラ」では兄ウォルターと弟ダニーの兄弟関係に焦点を絞っています。

古い家の庭でキャッチボールをするパパと兄と弟。ここから兄と弟の関係がペイオフ(Pay off 初めに提供されて後に劇的に使われる情報や工夫)されるのです。
ペイオフの具体例としては「2階の部屋で寝ている姉のリサが、パパに弟たちの面倒をみて火の元にだけは気をつけるんだぞ、と念を押され」たり「すねたときや兄に追いかけられたときにダニーが逃げ込むダムウェーター(貨物用の小型エレベーター)」で地下室へ行っ」たりするといったものです。

地球へ戻るという共通の目的ができたにもかかわらず、相変わらずというより、以前にも増して兄弟喧嘩がエスカレートするウォルターとダニー。ふたりの間に入って調整する宇宙飛行士が大事な役割を果たすことになります。

ウォルターとダニーは喧嘩ばかりしていますが、実はふたりとも家族想いのやさしい子です。
いつも口うるさくて、できれば2階の部屋でずぅっと寝ていてほしいとふたりに思われている姉のリサが冷凍睡眠カードでコチコチに固まってしまったときも、兄弟はなんとかして助けようとします。凍ったまま2階から1階に滑り落ちたきた姉を兄弟が力をあわせて2階へ持ち上げ(引きずって?)て、お姉ちゃんはだいじょぶなの?と気にかけます。
これはいつも喧嘩ばかりしているウォルターとダニーも、心の底ではかけがえないのない兄弟・家族として大事に思っていることを暗示して観客に伝えているのです。


■ 特徴的なマークとなる「絵(画)」とは?

どこにでもある、ごくありふれた街中でみつけた緑の看板とコーヒーの香り。
こう聞いてすぐに思い浮かぶのはスターバックスコーヒーでしょう。

○○といえば○○というような特徴的なマークとなるものがあれば、他と区別化できます。

「ザスーラ」では、SFアドベンチャーというありふれた宇宙空間に「家」という特徴的な「絵(画)」を出現させました。これだけでも特徴がありますが、実はもうひとつ小さいけれどピリリと効くオマケが付いているのです。

作品中で幾度も挿入される、宇宙空間に浮かぶ家のカットをよく観てください。(私の記憶が確かなら)あるカットから後のすべてのカットに、家のほかにもうひとつ「ある物」一緒に映っています。それは家の近くをふぁ~りと浮遊しています。それはどこの家にもありそうなもので、ウォルターのものかもしれませんし、ダニーのものかもしれません。

それはズバリ、自転車です。

橋から下を覗き込むと、川底に沈んだ自転車が見えることがあります。だれかが乗っていたであろう自転車が川底に捨てられている様はもの悲しくもあり、川に捨てる人の心の寂しさをおもうと思わずため息が出てしまいます。

でも、自転車が宇宙空間に浮いているとしたら?

これがなんともコミカルなのです。宇宙を漂う家にオマケのように付随する自転車。これが「ザスーラ」の特徴的なマークとなって観客の深い意識の底に入り込みます。

作品を観て自転車に気が付いた人は、わたしのように(笑)だれかに話したくなることでしょう。←口コミ効果!
そして自転車にもちゃんと、文字通りの「オチ」がありますヨ。


■ レトロとCG映像の使い方
   ~「ALWAYS 三丁目の夕日」と比較して~

ゲーム「ザスーラ」にしてもロボットにしても、この作品に出てくる「物」はどこかしらレトロです。「家」だって古くて地下室と2階をつなぐダムウェーター(貨物用の小型エレベーター)があったり、地下室には年代ものっぽい暖房用熱源装置があります。これはいわゆるセントラルヒーティング(中央暖房方式)といって、主に住宅の地下室に暖房用の熱源装置を設置して、家中をめぐらした配管やダクトで温風を各部屋や居間に送るシステムです。

おもわず「なつかしい!」と言ってしまうようなレトロさが作品の「味」となっています。

レトロとCG映像で、兄弟を焦点にコミカルかつゲーム性豊かに家族を描いています。

さて「レトロとCG映像」と聞いて、最近の日本映画で思い出すのが「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

「ALWAYS 三丁目の夕日」作品レビュー

ザスーラと同じく「レトロとCG映像」を使っても、これほどの違いが出るのはたいへん興味深いでしょう。

どちらの作品も、社会派というよりは、お気楽コメディ作品です。現実社会を直視することなく、お気楽に楽しみたいという、いわゆる現実逃避の手段のひとつとしてこれらの作品を観る方がほとんでしょう。

でも、この二つの作品には決定的な違いがあります。

その違いとは「再生」です。

古いゲームによって宇宙空間というパラレルワールドに飛ばされた主人公たちが、隕石群来襲、クルー凍結、ロボット故障、ゾーガン来襲といった危機・困難を乗り越えて兄弟関係修復を達成。家族としてあらたな一歩を踏み出すのが「ザスーラ」です。

「兄弟の不和」と「家族のすれ違い」→ 困難 → 克服 → 修復と再生 → 新たな旅立ち

一方、映画という装置によって昭和33年というパラレルワールドに行った観客たちが、集団就職で上京・慣れない都会暮らし、身寄りのない男の子とそれを引き取る作家志望青年の日常、母親探し、といったきれいな部分だけをすくいとった日常を垣間見て一時のノスタルジィに浸りながら経済成長という共通した「希望」があった時代をなつかしむのが「ALWAYS三丁目の夕日」です。

「集団就職」と「身寄りのない子」→ 出会い → 生活 → 馴染み → ・・・

レトロとCG映像でパラレルワールドへ、というプレミスはほぼ同じでも、一方は「再生」、もう一方は一時的なノスタルジィに浸って懐かしんだままで終わります。

この2作品のうち、どちらか1作品を子供に観てもらうなら、迷わず「ザスーラ」です。

「ザスーラ」にはダークな部分はほとんどありません。最近の一般には子供向けと思われてる作品、例えば「ハリーポッター」シリーズが実はかなりダークな面があるのはみなさんもお気づきでしょう。

本来、子供に限らず人間にはダークな面もあります。様々な面をもちつつ、そのときの状況や本人の考え方や気持ちで如何様にも変化するのが「人」というものではないでしょうか。

そういった意味で「ザスーラ」はあえてダークな面は取り入れず「楽しくコミカルに家族の再生を」描いています。

「ALWAYS 三丁目の夕日」もきれいなものだけで固めた作品ですが共同体としての「スローガン」といった希望があった時代を懐かしむだけで「再生」というキーワードは含まれていません。もちろん、テーマパークに行って一時的にそのときだけ楽しみたいという欲求には十分に応えてくれるでしょう。


■ 同じような気分にあっても、作品には大きな違いがある。

イラク駐留米軍の死者が2000名を超えました。
日本は出口のない不安という言葉に象徴されるような時代の雰囲気に包まれています。

こうなると、アメリカ合衆国と日本のどちらでも、現実を直視せずに済むものがヒットします。

アメリカ合衆国でも日本でも最近は「なにかを忘れさせるもの」がヒットします。つまり、現実を直視せずに済むものです。そういった欲求を満たすものとして娯楽作品があるのですが、優れた作品はそれだけではないのです。

一見すると現実を直視せずに済みそうな作品でも、観終わったときにはただの気晴らしでもなぐさめでもなく、新たな一歩を踏み出したくなるような、現実の問題に立ち向かう勇気をいつのまにか与えられたかのような作品は、人々の心のにも深く残るのです。

「ザスーラ」と「ALWAYS 三丁目の夕日」はどちらも一見すると現実逃避の作品に思えるでしょう。
レトロとCG映像とパラレルワールドという似た題材を使っていて、親子で観れそうな雰囲気であることから、日米の違いこそあれ、作品の性格は同じだと思われのは致し方ないと思います。

でも、観終わったあとに残るものがあるのは「ザスーラ」です。

「ザスーラ」のラストでは、パパと娘・息子たちは家を出ます(出発)。

「ALWAYS 三丁目の夕日」では、鈴木一家が丘の上で夕日を眺めています(静観)

「出発」という行動。

「沈む夕日を眺める」という静観。

このように、一見すると同じような作品でも、作品の終わりは正反対です。

日米が同じような気分に包まれていて、同じような題材や構造を持つ作品を作っても、そこには大きな違いが現れました。

一見すると後ろ向きの現実逃避の娯楽作品のようでありながら、映画作品を観て「再生」を図り、新たな一歩を踏み出す「行動」へつなげようという「意識」を「ザスーラ」からは読み取ることができます。

たとえ後ろ向きに転んでも、タダでは起きない「ど根性」があるのです。


■ ひとこと

子供向けといってしまえばそれまでだけど、例えばあなたがテレビを点けたら偶然に「志村けんのバカ殿様」が放送していたら観ますか?

私は観ます。志村けんさんの笑いはだれにでもわかる笑いです。パパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも息子も娘もみんなが一緒に楽しめます。

「ザスーラ」もそうです。楽しめるだけじゃなくて、家族とは? 兄弟とは? という、ちょっと教訓的なお話として観れるのです。それはまるで現代のおとぎ話のようでもあります。

子供と一緒になにか映画を観ようと思っているパパさんママさんへ。
「ザスーラ」をオススメします!

何気に姉のリサのキャラクターが重要です。お笑い担当の役割をしっかり担っています。
もちろんウォルターとダニーの演技あってこそというのは言うまでないですネ。

笑いの「間」の基本がぎっしり詰っています。お笑いの勉強にも最適です。
ほんと、いろんな意味で「うまい」ですね!


俳優ファン  中向  ティム・ロビンスのパパぶりがみれる 
ファミリー  向   パパもママも安心して見れるよ 
デート    向   楽しく盛り上がれるよ
フラっと   向   年末にいい拾い物をしたのぉ 
脚本勉強  向   基本の教科書としよう 
笑い     向   前フリ、登場シーンをみよ。全編コント!
リアル追求 不向 宇宙にお家が漂ってますから! 
謎解き    不向 お約束連発です。
宇宙バトル 不向 家ですから宇宙船に反撃できましぇん
 

大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ


| | Comments (3) | TrackBack (21)

わかりやすくするスペシャル技


わかりやすくする一番効果的な技があります。

それは、シンプルにすることです。

なぁ~んだそんなことか、と思われるかもしれません。
でもこれは、わかりやすくするスペシャル技といってもいいものなのです。

なぜスペシャル技なのでしょうか。

それは「シンプルにする」という考え方が「わかりやすくする」という固定観念を突き抜けたものだからです。

たいていは、わかりにくいものをいかにわかりやすくするか、ということに労力を使います。

図解してみたり、グラフで説明したり、箇条書きにしてみたり、日本語の語順に気を配りながら文章の展開方法を工夫してみたり……。

こららはどれも「わかりやすく」する方法ですが「わかりにくいものをいかにわかりやすくするか」という「枠組み」の内側にあります。

ところが「シンプルにする」というのは、この「枠組み」の外側にあります。


例えば「ツーカーS」。これは高齢者にとってわかりにくいと思われる機能をすべて省いた携帯電話です。

「ツーカーS」にはカメラ機能もメール送受信機能もアドレス帳機能も着信履歴機能もありません。

たとえ便利なものでも、使わないものは「いらない機能」です。

そこで、使わないでろう機能をすべて省いて通話という機能にだけにしたのがこの携帯電話なのです。

あなたはこう思っていませんか?

「わかりやすくする」とは「わかりにくいことをわかりやすくすること」だ――と。

たしかにそのとおりです。でも、これだけでは他の大勢の人たちと同じです。


「わかりやすくする」とは「膨大な情報や資料のなかから、クライアンント(聞き手・受け手)が必要とする形に加工して提供することなのです。


持ち運べて通話ができる電話がほしいという人に、カメラ機能やメール送受信機能付きの携帯電話の使い方を一生懸命説明することは「わかりやすくする」とは言いません。

たとえ説明書がなかっとしても「これをどうぞ」と一言添えて「ツーカーS」を差し出すことが「わかりやすくする」ということなのです。


★わかりやすくするとはなにか?

★枠組みの外側へ想像力を働かせる


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Cの次はE


「鰯定食」

「鰤定食」

「鮪定食」

「鯵定食」


さあ、この4つの定食のうち、好きなものを注文していいよと言われたら、あなたならどの定食を注文しますか?

わたしならちょっと困ってしまいます。

なぜなら、漢字の読み方にちょっと自信がなくなるような書き方をしてあるからです。

「鰯」は「いわし」と読むはずだけど、似たような漢字が四つも並んでいるので、もしかしたら「さば」だったかもしれないな、と思ってしまうかもしれません。

お客さんにちょっとでもこう思われた時点で、この定食屋さんはリピーターを獲得するチャンスを逃してしまっているのです。


それがどんな定食なのかを、メニューを見た瞬間に容易に想像できるようにしましょう。定食の写真を載せるというのもいいですね。

メニューに写真を載せなくても、ほんの少し手を加えるだけでもいいのです。

たとえばこんなふうに。

---------------------------
A定食「鰯(いわし)定食」

B定食「鰤(ぶり)定食」

C定食「鮪(まぐろ)定食」

E定食「鯵(あじ)定食」
---------------------------


漢字にふりがなをつけるだけでなく、A、B、C、Dとアルファベット表記もつけましょう。

C定食の次がE定食になっている理由は、聞き間違いを防ぐためです。

BとDは発音の仕方によって聞き間違いが起こりやすいからです。

Dを「ディー」と発音する人もいれば「デー」と発音する人もいるでしょう。

「デー」ならまだ区別がつきやすいですが「ディー」は「B」の発音と似たように聞こえることがあります。

「いわし」と「ぶり」なら発音も違いますし、文字数も違います。


★アルファベット1文字の「A」「B」「C」「D」を使う場合は、
 発音に注意しましょう。


そもそも英語は表音文字を使っていますので、表意文字と表音文字の両方を使う日本語を母国語とする人は、英語の発音と聞き取りに間違いがないように工夫する必要があります。

その具体的な方法が、C定食の次はE定食にする、ということなのです。


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/10/2005

Mr.&Mrs.スミス(Mr.&Mrs.Smith)

監督:ダグ・リーマン
アメリカ/2005年/118分

仮面夫婦が6年目にお互いのほんとうの姿を知ってはじめての夫婦喧嘩へ。本音でぶつかり合って深まる愛。そこへ新たな危機が! まるで得意科目のテストで得意分野が出題されてウハウハノリノリみたいな、長所を120%出しきった感のあるコメディアクション作品。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
南米で出会ったジョンとジェーンはお互いの素性を知らぬままに電撃結婚。実は二人は別々の組織に所属する殺し屋だった。
ある日、同じ標的を狙っていたふたりは仕事中に鉢合わせする。これがもとでお互いに正体がバレたふたりは、結婚6年目にて、いままで溜まっていた不満が噴出して夫婦喧嘩になる。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ジョン
 男。殺し屋。ジェーンの夫。

△ジェーン
 女。殺し屋。ジョンの妻。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
仮面夫婦が6年目にお互いのほんとうの姿を知ってはじめての夫婦喧嘩へ。本音でぶつかり合って深まる愛。そこへ新たな危機が! まるで得意科目のテストで得意分野が出題されてウハウハノリノリみたいな、長所を120%出しきった感のあるコメディアクション作品。


■ 結婚って? 夫婦って?

結婚して6年目。ちょっと倦怠期ムードのふたりがカウンセリングを受けているシーンから物語がはじまります。
お互いに隠し事があってお互いにすべてをさらけ出したうえでの結婚生活ではない。それが原因でさいきん結婚生活がうまくいかないの?

いえいえ、だれにだって秘密のひとつやふたつはあるもの。たとえ夫婦であってもネ。そういう意味ではどこにでもいる夫婦の、どこにでもある悩み事にすぎません。

でもスミス夫妻の場合、ふつうの夫婦とはちょっとだけ違います。なぜなら、夫と妻はそれぞれが違う組織に所属するプロの殺し屋だからです(←なんだか宣伝文句みたい)


■ 夫婦の仮面がはがれるとき、壮絶な夫婦喧嘩がはじまる!

お互いに正体を隠した結婚生活も6年目に突入。そしてついに正体がバレたとき、それまで水面下でくすぶっていたお互いへの不満が噴出!

それまで正体を隠していたために、言いたいことを言えなかったふたりが、まるで牧場の魚が水を得たかのように感情豊かにはじめてぶつかり合います。

そのぶつかり様が半端じゃない! 

なにせふたりはプロの殺し屋。夫婦喧嘩では車をぶつけ合い、銃弾とナイフが飛び交い、家の中はもうメチャメチャ! 

結婚してはじめて感情をぶつけあった二人は、いままで以上に愛し合うようになるのです。


■ 嫉妬とカーチェイス

仲直りした二人に、今度は組織から送り込まれた殺し屋たちが襲い掛かってきます。一台のファミリーカーに乗って追っ手から逃げるスミス夫妻は、追っ手の車と撃ち合いのカーチェイスを続けながら、お互いにほんとうのことを告白し合います。

じつは君との結婚は僕にとっては2度目の結婚なんだ。
結婚式に出席した父は俳優よ。

以前の女ってどんな奴よ!
こっちは本当の親が出席したんだぞ!

そんなやりとりをしながらなので、ジェーンの運転はますます乱暴に。そのせいもあってジョンの射撃もいまいち正確さに欠けてカーチェイスはますますヒートアップ!

実はダグ・リーマン監督はカーチェイスシーンが得意です。過去に監督した「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」ではアメリカ合衆国以外の国や地域で迫力満点のカーチェイスシーンを撮っています。

「ボーン・アイデンティティ」作品レビュー

「ボーン・スプレマシー」作品レビュー

そこで今回の作品ではどんな斬新なカーチェイスがみれるのかと思っていたら、なんと嫉妬とカーチェイスを組みあせたすごいものでした。

たいていのカーチェイスシーンは、主人公が無事に生き延びられるかどうかを、いかに派手に作るか(見せるか)がすべてだといっていいでしょう。

ところが今回は、主人公たちがいかに生き残るかという「サバイバル」に「相棒(夫婦)間の感情のぶつかり合い」という要素を絡めることで、ハラハラドキドキ感とコメディ感をミックスさせ、一瞬たりとも目が離せない活き活きとしたカーチェイスシーンを作り出しています。それに、お金もすごくかかってますから派手さも半端じゃないんです。


■ はじめての共同作業は要人奪取?

夫婦でのはじめての共同作業といえば……普通はケーキ入刀といったところでしょうか。ところがスミス夫妻のはじめの共同作業は、厳重な警戒態勢が布かれた建物から、ある人物をさらってくるというものです。

妻のジェーンがコンピュータを操って指示を送り、実行担当のジョンがビルに侵入するという役割分担です。でもジョンは作戦の途中でジェーンの指示のとおりにせずに、自らの判断で行動をはじめます。

結果的には作戦の目的は達成したけど、どうして指示どうりにやらないのか、作戦はチームワークが大事というジェーンはご不満です。一方のジョンは、タイミングを計ってチャンスを逃さずに機敏に動くという信条を持っているのでそこは譲らない。

結婚6年目にしての、はじめての共同作業での、はじめての対立。まるで付き合いはじめて日の浅いカップルのはじめての喧嘩を見ているみたいで、思わずクスっとしてしまいますネ☆


■ 危機がふたりの関係を熱く、強くする

お互いがそれぞれに所属している組織の両方から命を狙われることになったスミス夫妻は、夫婦間の価値観の違いや方法の違いで喧嘩しながらも、襲い掛かる危機をふたりで乗り越えようとします。

どんな夫婦だっていろんな困難を共に乗り越えようとするでしょう。ただスミス夫妻の場合は、その規模や種類がちょっと普通と違うんです。なにせその危機はサバイバルに関するものですから!

なにはともあれ「危機」によって、それを乗り越えようと二人は熱く、強い絆で結ばれるようになるのです。

これってアメリカ合衆国の特徴でもありますよね。


■ ひとこと

ふつうの夫婦喧嘩なんてあまり見たくもないけど、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーという美男美女のケタ外れでコメディちっくな夫婦喧嘩なら大歓迎です! 

いままで仕事で何人殺したことがある? という話で、相手が自分よりはるかに数が多かったことにイライラ気味の夫ジョン。まるで自分と出会うまでに付き合った人数を聞いたときみたいなリアクションが、この作品の雰囲気をよく表しています。

組織の人間がそんなお間抜けでいいの? というあたりは、あくまでコメディアクションなので笑って楽しみましょうね。

シリアスなアクション作品ではありません。あくまでコメディです。

笑いが満載です。たくさんお金をかけておもしろいものを作るというのは、ハリウッドが一番得意とするところですね。

得意なところをさらに伸ばす! 

子育てや教育にも応用できる考え方と方法が詰った作品でもありますね。

俳優ファン  向 プラピとジョリーの組み合わせにワォ!
ファミリー   向 ウチの夫婦喧嘩なんてかわいいものさ。
デート     向 いい雰囲気になって盛り上がれる
フラっと    向    
脚本勉強   向 
プラピ命   ブラピの魅力全開
リアル追求  細かいところは愛嬌。笑って楽しむべし。


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | Comments (1) | TrackBack (34)

12/06/2005

ヒット商品番付

2005年ヒット商品番付が発表されました。

-----------------------------------------------------
東               西

愛知万博     横綱   アキバ

ブログ       大関   「iPod」ファミリー

宮里藍       関脇   『NANA』

                                  (一部)
-----------------------------------------------------


関脇に「NANA」が入ってますね。

たしかに2005年のエンタテインメント界には「NANA」旋風が吹きました。それに「アキバ」だって、ドラマや映画で話題になった「電車男」があってこその横綱でしょう。

実は「NANA」「電車男」には共通点があります。

どちらの作品もいわゆる「ありがち」な内容です。つまり「ベタ」なんんです。

「電車男」はアキバ産のシンデレラストーリー。

「NANA」は音楽、上京、恋、友情という青春ストーリー。

なんら奇抜な要素はありません。ただ「ありがち」で「ベタ」な内容をちょっとだけアレンジしたんです。

「電車男」は秋葉原によく遊びにいくヲタク青年が容姿端麗で才女のお嬢様と恋に落ちる話。

「NANA」は同い年のタイプの違う女性が同じ夜に上京して共同生活をしながら夢をおいかけたり自分探しをしたりする話。

ほんのちょっとアレンジすると時代に合った作品が姿をあらわすのです。

そしてなんと「NANA」と共通点がある作品がほかにもあるんです。

それはあの名作「下妻物語」!わが道をゆく主人公。他者との出会い。友情。

そして「NANA」は「スター・ウォーズ」シリーズとも共通点があります。

こうしてヒット作品をいくつか見比べてみると、いくつかの共通点をみつけることができます。

つまり「ヒットの法則」をみつけることができるのです。

ひっとの法則を読み解くキーワードはズバリこれです。↓

ベタ」「お約束」「共感」「ヒーロー」

どれも奇抜じゃありませんね。「ベタ」と「お約束」なんて「奇抜」や「インパクト」の対極にあるかのような言葉ですよね。

ヒットの秘訣はまずは「シンプル」「わかりやすく」すること。「正攻法」でしっかり取り組むということです。


ヒットの秘訣がたくさん詰った「NANA」は、私たちにたくさんのことを教えてくれます。

たとえば、多くの読者(観客)が深く共感するのはなぜか?

なぜなら、ナナ奈々も自分の身近な存在に思えるからです。どこにでもいる女の子。それはもしかしたら自分かもしれない。そうおもわせることができれば成功です。

「スター・ウォーズ」シリーズでいうなら、ジェダイの騎士みたいに大活躍はできそうもないけれど、R2-D2ぐらいの働きはできそうだって思わせるところがポイントです。

このあたりをもうちょっと知りたい方はこちらをどうぞ


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」


ついでにこちらもいかが?

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」

| | Comments (0) | TrackBack (14)

12/05/2005

「わかりやすさ」と「ヒット」の関係

ヒット商品番付表を手に、じっくり目を通してみたことがありますか?

へぇ~、今年はこんな商品がヒットしたんだねぇ。あ、こんな商品もそういえばどこかで見たことがあるなぁ。

たいていの人はそう思うぐらいです。
でも、ある人はじっくり見て、調べて、考えて「うんうん」「なるほど」などとたまに言います。

そんな彼(彼女)はヒット番付表をどう見ているのでしょうか?

実は、ヒット番付表から「しくみ」と「方法」を学びとっているのです。

どうしてあの商品がヒットたのかと、まずは生活者の意識ニーズを想像してみます。
これは聞き手が「知りたい」と感じるニーズを計る訓練になります。

次にその「ニーズ」を充たすにはどうすればいいのか? という「方法」を探ります。
これは聞き手に「どのように提供(話せば)すれば聞いてもらえるか」という訓練になります。

つまり、ヒット商品番付をじっくり見て、調べて、考えることは、言い換えれば「わかりやすくする」ということなのです。

他人が「へぇ~そうなんだぁ」で終わらせるところを、もう一歩も二歩も踏み込んで、なぜ? どうして? どうなっている? どうやって? と考えてみるのです。

ここが、他人と差がつくポイントです。

自分が興味ないものが大ヒットしているときこそチャンスです。
自分ではない「他人」がなにを求め、どう提供されるとそれに呼応するのか? 
これを考えてみることはつまり「他者」を意識することです。

者を意識して、想像力を働かす。

聞き手がどんな人かを意識して、どのように話せばより良く理解してもらえるか。

ヒット商品について考えることは、わかりやすくするにはどうするかを考えることと基本は同じです。

さて、もう手に入れましたか?

手に入れただけでまだ読んでいないですって?

ぜひ、目を通すことをオススメします。


∇無料レポート配布中
大ヒットにはワケがある! 
『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!

『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/02/2005

ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴
日本/2005年/133分
原作:西岸良平「三丁目の夕日 」(小学館 ビックコミックオリジナル連載中)

昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品。平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。綺麗で懐かしいもので感動したい人にオススメ。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
昭和33年。東京の下町。夕日町三丁目の鈴木家(鈴木オート)に青森から集団就職でやってきた六子が住み込みで働くことになった。
向かいの駄菓子屋の主人は見ず知らずの他人の男の子を預かることになる。
夕日町にやってきたふたり(六子と少年)は、町の人とふれあいながら生活していく。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△茶川竜之介
 男。駄菓子屋店主。芥川賞受賞をめざしつつ、少年誌の冒険小説を書いている。

△鈴木
 男。鈴木オート社長。

△ヒロミ
 女。飲み屋のおかみ。茶川に淳之介を預ける。

△淳之介
 少年。茶川の家にやっかいになる

△一平
 男の子。鈴木家の子供。淳之介の友人。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品。平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。綺麗で懐かしいもので感動したい人にオススメ。

■ だれもが主役

キャストのエンドロールでは茶川役の吉岡秀隆、鈴木オート社長役の堤真一、飲み屋のおかみ役の小雪、という順番でクレジットされていますから、いちおう主役は茶川さんなんですが、だれが主人公でもおかしくありません。

登場キャラクターすべてが主人公といってもいいんです。 なぜそんなことが可能なのでしょう?


■ 「あるある探検隊」のなつかし版「いたいた探検隊!」

吉本興業のお笑い芸人さんの「レギュラー」のネタで「あるある探検隊」というのがあります。そういうのってよくあるよね、という状況を紹介していくネタなのですが「そんなんあるワケないやん!」とツッこんで楽しむというもので、私はけっこう好きです☆

さて「ALWAYS 三丁目の夕日」のキャラクターはすべて、例えるなら「あるある探検隊員」というか「いたいた!探検隊員」です。

若者の憧れが小説家だった時代に地方のお金持ち息子が作家にあこがれてロシア文学から読み始めて云々、という茶川キャラって、いたいた!

口は悪くてすぐにカッとなるけど、人情溢れたお父ちゃんという鈴木オート社長キャラって、いたいた!

町の片隅で小さな飲み屋をはじめるワケありそうなきれいなおかみキャラって、いたいた!

希望を胸に集団就職で上京してきた地方出身の若者キャラって、いたいた!

このように、昔それっぽい人っていたよね、という典型的なキャラクターが揃ったオールスター代表チームとなっています。だから登場キャラクターのだれもが主人公のように感じられるんですね。

「いたいた!オールスターチーム」を使う利点は、いちからキャラクターを作り上げなくても、登場した瞬間に観客に感情移入してもらえるということです。


■ 平成版「浦島太郎」

平成の荒波が押し寄せる浜辺でチケット料金を払い、亀という名の映画館で竜宮城にいく。浜辺に戻ってきて玉手箱を開けると……。

光陰矢のごとし。
少年老い易く学成り難し。
命短し恋せよ乙女。

とはよくいったものです。たとえ2時間程でも、それは人生の貴重な時間です。
現代はスピードの時代です。たった2時間と思えるかもしれませんが、それでも足を止めてしまえば前へは進めません。それに足を止めただけじゃなくて後ろ向きになったら、次に足を踏み出したら逆戻りしてしまいます。

浜辺に戻ってきた浦島太郎は、知っている人がだれもいないのでおかしいとおもいつつ玉手箱をあけると、出てきた煙を浴びて老人になりました。

「ALWAYA 三丁目の夕日」のちょっと怖いところは、竜宮城から浜辺に戻ってきても「おかしい」と気づきにくい点です。おかしいと思わないので、玉手箱をもらったことも忘れてしまいます。玉手箱を開ければ幸せなのかというと、かならずしもそうともいえませんから微妙ですが、もしかしたら平成版の竜宮城の乙姫様は、いままでとは違う「新玉手箱」をくれたのかもしれません。浜辺に戻って「なにかおかしい」と気づいた人にだけ玉手箱を開けさせて、煙と共に龍宮城の記憶を消し去ってくれる、そんな「新玉手箱」です。新玉手箱を開ければ、明日からまた猟師として、広い海に漕ぎ出していくことができます。

でも「新しい玉手箱」を用意してくれる乙姫様は、夕日町三丁目には住んでいないようでした。


■ ヒットの秘訣

ヒットの秘訣とは? 現代日本に限定の手法となりなすが、それはズバリこれです。

「なにかを忘れさせるもの」

平成という荒波(に思える)を見ないで済んで、日常とそこから続く未来へビジョンを見出そうとしたくないときには「なにかを忘れさせてくれるもの」がヒットします。

「なにかを忘れさせてくれるもの」――それは、ときには「いやし」と表現されることもあります。


■ 演歌と水戸黄門

いつかどこかで観たことがある。そんなエピソードのオンパレードです。だから安心して観れます。
昭和33年という、日本の高度経済成長期に貧しいけれども希望に溢れていた、今は辛いけどみんなん一丸となってがんばっていこう! というスローガンみたいなものがあったあの時代。それはまさに演歌の時代です。そしてお約束どうりに展開する内容で安心して観れる「水戸黄門」。このふたつが合わさったものが「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

演歌と水戸黄門(+寅さんシリーズ)で長年にわたって醸成されて確立した国内向けの「ヒットのツボ」を丁寧につなぎ合わせたこの作品がヒットするのは、そういう意味でつくり手としても「想定の範囲内」だったことでしょう。しかし、おそらく作り手の予想以上の大ヒットとなったのではないでしょうか。

つい最近まで、つまり「ハリー・ポッターと災のゴブレッド」が登場するまで、国内の映画興行成績で3週連続で1位でしたね。これには驚きました。

何に驚いたかというと、こんなにも「なにかを忘れたい」演歌と水戸黄門を愛する人々が日本にはまだたくさんいたことに驚いたのです。かなりヒットするのではと思っていましたが、3週連続1位とうのは「想定の範囲外(笑)」でした。

さて、日本各地の「昭和30年代を感じさせるテーマパーク」が大人気だそうです。
昭和30年代はけっして楽しい時代ではなく、生きていくことに精一杯の人々がたくさんいて大変な時代だったことでしょう。あれから約半世紀。辛かった時代の思い出はいつしか時間という鍋でグツグツと煮込まれて灰汁をとられ、人畜無害な「なつかしさ」と「哀愁」の対象という商品価値へと姿を変えました。
昭和30年代にだって高齢者がいました。戦争で負傷した体が不自由になって方もたくさんいました。生きるために、今となっては子供にはいえないようなことをしてなんとか生き延びてきて人もいるでしょう。ちなみに竜宮城での浦島太郎については、子供にはふさわしくない内容があるので、童話ではそのあたりは改変されているそうです。そういった、けっしてきれいではない部分もいくらか描くことで作品に奥行きが出てくるものですが、そのあたりはバッサリと切り捨てられています。

つまり「ALWAYS 三丁目の夕日」は徹底して「きれいではない部分」を排除して「なつかしさ」という名のフィルターでピントをぼかしています。それはまるで、人間の脳にとって気持ちいいものだけを集めて作られた昭和30年代を題材にしたテーマパークそのままなのです。


■ VFXの後ろ向きな使い方

監督・脚本・VFXは山崎貴さん。過去の作品に、少年達と未知のロボットとの交流を描いたSFファンタジー「ジュブナイル(2000年)」と、SFアクション「リターナー(2002年)」があります。

「リターナー(Reterner)」作品レビュー

どちらの作品もSFです。VFX(Visual Special Effect 主にコンピュータ・グラフックスの技術を使ったデジタル処理)技術を使って、想像の世界を描いています。

これら2作品がヒットしたかどうかはとりあえず別にしても、VFXを使っていろいろと「挑戦」していました。「リターナー」のレビューはずいぶん辛口のように感じられるかもしれませんが、なにをするにも「マネ」から入るというのは間違っていません。マネをして試行錯誤を続けていくうちにやがて独自のスタイルを確立することができるからです。「リターナー」は有名な外国映画の寄せ集めのごった煮みたいな作品ですが、それは「スタイル」が確立するまでの通過点に過ぎませんので、たとえヒットしなかっとしてもそれは致し方ありません。次につなげる(次作品を撮れる)ことさえできればとりえずOKです。

そして「リターナー」から3年(ここでも「3」とい数字が!)。ついに「脱皮」した山崎作品が登場か! と思ったのですが……。どうやらスタイルを確立する道を進むのをやめて、別の道を選んだようです。つまり、映画制作者よりも「VFX職人」という道を選んだようです。

茶川が芥川賞作家になって文壇デビューしたいけれども、食べていくために少年誌に冒険小説を書いているように、VFX技術チームも食べていくためにその持てる技術で稼がなくてはなりません。そのための「しのぎ」としてとりあえずVFXの技術屋に徹したわけではないようです。それは山崎さんがVFXだけじゃなく脚本と監督もされていることからもわかります。

ひょっとすると、過去を描くのは、未来(SF)へのタイムスリップと基本は同じ、と自分に言い聞かせたのかもしれませんが、昭和33年当時の様子を知っている人がたくさんいる状況では「想像力をもって新しいもの、おもしろいものを作ろうという挑戦」とは受け止められ難く、まるで遺跡修復士といった技術屋という印象を与えたことでしょう。


■ 人間をとる漁師に

かつて昭和30年代を生きた人にはなつかしく、そんな時代を知らない人もなんとなくなつかしく、それでいて知らない世界を楽しめる、親子で安心して観れる作品です。

でも、安心して観れることが子供にとってよいかどうかはまた別の話です。今の子供がこの作品を観てなにを感じ取るのか? なにかがおかしいと感じることができた子は「新玉手箱」の存在に気づきます。
浜辺に戻って「なにかがおかしい」と気づいた人にだけそれを開けさせて、煙と共に龍宮城の記憶を消し去ってくれる新玉手箱を開けた人は、明日からまた猟師として、広い海に漕ぎ出していくことができるのです。

魚をとる毎日。それまでいくら海に漕ぎ出しても獲れなかった魚。たとえ漁に出てもまったく魚がとれない日もある。それでも後片付けと明日の漁の準備をしなくてはならない――疲労と失望。

そんなとき信じられないような体験(竜宮城)をして帰ってきて「新玉手箱」をあけたら「魚をとる漁師から、人間をとる漁師」になれるかもしれません。

人間をとる漁師とはつまり、疲労と失望によって「なつかしさ」にすがって後ろ向きな漁を続けるのではなく、人の悩みや苦しみや失望を受け止めつつも前向きな「挑戦」を続けて、自らのスタイルを確立する人間になるということです。

∇「人間をとる漁師」:新約聖書 ルカによる福音書5章10節


■ ひとこと

数字の「3」にこだわっています。
太平洋戦争終戦から13年後の昭和33年。長島茂雄(背番号3)入団の昭和33年。夕日町の3丁目。東京タワー(地上333メートル、エッフェル塔を模して昭和33年に完成。エッフェル塔より9メートル高く、約3000トン軽い)。上映時間1時間33分。などなど。

この作品のいいところは俳優さんです。さすが国内マーケットを知りつくしているだけあって、登場キャラクターにぴったりなキャスティングがなされています。

会話の掛け合いコミカルな演出は「うまいなぁ」と思わずニヤリ。「孫の手」みたいに、日本で生まれ育った人の痒いところに届くよう親切丁寧に作られています。
鈴木オートの社長が多少無理をしてでも新しい物(テレビ、冷蔵庫)を購入していくことは活力を感じるところですね(でも新しいコトという点では、作品の内容と性格は「新」の逆へ向いています)

茶川竜之介の名は、作家の芥川竜之介からでしょう。そして淳之介も、1954年に『驟雨』ほかで第31回芥川賞を受賞した作家の吉行淳之介からでしょう。

日本で生まれ育った人なら楽しめる作品でしょう。でも、精神的な意味でおじいさんやおばあさんになってしまったかのような妙な感覚も覚える方もいるでしょう。

どんな制作者も、たとえある程度のヒットが約束されていることはわかっていても、そこだけには触れないようにしておこうとだれもが手をつけようとはしなかった最後の砦を、いとも簡単に占領してしまった部隊がいたことに、ただただお口あんぐり……。その砦をとっても、その先には……。

映画作品というより、テーマパークといったほうが合っているかな。
すべてが予定調和なので、ひとつでもサプライズがあったら・・・・・・。

ナンダカンダいいつつ、けっこう楽しめました。ちょっと怖いホラーとしても。

映画作品に何を求めるかによって満足度は人それぞれです。綺麗で懐かしいもので感動したい人にはオススメです。

昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品です。

俳優ファン   向 絶妙な配役 鈴木オートのおかみさんが特にGOOD
ファミリー   向 ←いちおうね。人畜無害だし
デート     向 ←上記に同じ
フラっと    日本で生まれ育ってふつうに生きてきたという方ならまぁまぁ
映画通     「踊る~」「寅さん」「たそがれ」と同じですから!
脚本勉強   お約束の小ネタは参考になる
こだわり    昭和レトロファンなら
昭和がきらい 大正ならどうよ? 
携帯電話命  お夕飯までには戻ってくるのよ、でOKな時代です! 

☆オススメレビュー
ねこのひたい~絵日記室さんの『ALWAYS~三丁目の夕日』
↑夕日町の異次元世界と脳内エピソード、西部劇の構造という指摘は秀逸!

-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ
吉岡秀隆 堤真一 小雪

「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 心の砕ける音~運命の女~ 葉祥明「白い犬のジェイク」

by G-Tools


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ


| | Comments (10) | TrackBack (44)

« November 2005 | Main | January 2006 »