« フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(FOUR BROTHERS) | Main | 「わかりやすさ」と「ヒット」の関係 »

12/02/2005

ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴
日本/2005年/133分
原作:西岸良平「三丁目の夕日 」(小学館 ビックコミックオリジナル連載中)

昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品。平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。綺麗で懐かしいもので感動したい人にオススメ。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
昭和33年。東京の下町。夕日町三丁目の鈴木家(鈴木オート)に青森から集団就職でやってきた六子が住み込みで働くことになった。
向かいの駄菓子屋の主人は見ず知らずの他人の男の子を預かることになる。
夕日町にやってきたふたり(六子と少年)は、町の人とふれあいながら生活していく。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△茶川竜之介
 男。駄菓子屋店主。芥川賞受賞をめざしつつ、少年誌の冒険小説を書いている。

△鈴木
 男。鈴木オート社長。

△ヒロミ
 女。飲み屋のおかみ。茶川に淳之介を預ける。

△淳之介
 少年。茶川の家にやっかいになる

△一平
 男の子。鈴木家の子供。淳之介の友人。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品。平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。綺麗で懐かしいもので感動したい人にオススメ。

■ だれもが主役

キャストのエンドロールでは茶川役の吉岡秀隆、鈴木オート社長役の堤真一、飲み屋のおかみ役の小雪、という順番でクレジットされていますから、いちおう主役は茶川さんなんですが、だれが主人公でもおかしくありません。

登場キャラクターすべてが主人公といってもいいんです。 なぜそんなことが可能なのでしょう?


■ 「あるある探検隊」のなつかし版「いたいた探検隊!」

吉本興業のお笑い芸人さんの「レギュラー」のネタで「あるある探検隊」というのがあります。そういうのってよくあるよね、という状況を紹介していくネタなのですが「そんなんあるワケないやん!」とツッこんで楽しむというもので、私はけっこう好きです☆

さて「ALWAYS 三丁目の夕日」のキャラクターはすべて、例えるなら「あるある探検隊員」というか「いたいた!探検隊員」です。

若者の憧れが小説家だった時代に地方のお金持ち息子が作家にあこがれてロシア文学から読み始めて云々、という茶川キャラって、いたいた!

口は悪くてすぐにカッとなるけど、人情溢れたお父ちゃんという鈴木オート社長キャラって、いたいた!

町の片隅で小さな飲み屋をはじめるワケありそうなきれいなおかみキャラって、いたいた!

希望を胸に集団就職で上京してきた地方出身の若者キャラって、いたいた!

このように、昔それっぽい人っていたよね、という典型的なキャラクターが揃ったオールスター代表チームとなっています。だから登場キャラクターのだれもが主人公のように感じられるんですね。

「いたいた!オールスターチーム」を使う利点は、いちからキャラクターを作り上げなくても、登場した瞬間に観客に感情移入してもらえるということです。


■ 平成版「浦島太郎」

平成の荒波が押し寄せる浜辺でチケット料金を払い、亀という名の映画館で竜宮城にいく。浜辺に戻ってきて玉手箱を開けると……。

光陰矢のごとし。
少年老い易く学成り難し。
命短し恋せよ乙女。

とはよくいったものです。たとえ2時間程でも、それは人生の貴重な時間です。
現代はスピードの時代です。たった2時間と思えるかもしれませんが、それでも足を止めてしまえば前へは進めません。それに足を止めただけじゃなくて後ろ向きになったら、次に足を踏み出したら逆戻りしてしまいます。

浜辺に戻ってきた浦島太郎は、知っている人がだれもいないのでおかしいとおもいつつ玉手箱をあけると、出てきた煙を浴びて老人になりました。

「ALWAYA 三丁目の夕日」のちょっと怖いところは、竜宮城から浜辺に戻ってきても「おかしい」と気づきにくい点です。おかしいと思わないので、玉手箱をもらったことも忘れてしまいます。玉手箱を開ければ幸せなのかというと、かならずしもそうともいえませんから微妙ですが、もしかしたら平成版の竜宮城の乙姫様は、いままでとは違う「新玉手箱」をくれたのかもしれません。浜辺に戻って「なにかおかしい」と気づいた人にだけ玉手箱を開けさせて、煙と共に龍宮城の記憶を消し去ってくれる、そんな「新玉手箱」です。新玉手箱を開ければ、明日からまた猟師として、広い海に漕ぎ出していくことができます。

でも「新しい玉手箱」を用意してくれる乙姫様は、夕日町三丁目には住んでいないようでした。


■ ヒットの秘訣

ヒットの秘訣とは? 現代日本に限定の手法となりなすが、それはズバリこれです。

「なにかを忘れさせるもの」

平成という荒波(に思える)を見ないで済んで、日常とそこから続く未来へビジョンを見出そうとしたくないときには「なにかを忘れさせてくれるもの」がヒットします。

「なにかを忘れさせてくれるもの」――それは、ときには「いやし」と表現されることもあります。


■ 演歌と水戸黄門

いつかどこかで観たことがある。そんなエピソードのオンパレードです。だから安心して観れます。
昭和33年という、日本の高度経済成長期に貧しいけれども希望に溢れていた、今は辛いけどみんなん一丸となってがんばっていこう! というスローガンみたいなものがあったあの時代。それはまさに演歌の時代です。そしてお約束どうりに展開する内容で安心して観れる「水戸黄門」。このふたつが合わさったものが「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

演歌と水戸黄門(+寅さんシリーズ)で長年にわたって醸成されて確立した国内向けの「ヒットのツボ」を丁寧につなぎ合わせたこの作品がヒットするのは、そういう意味でつくり手としても「想定の範囲内」だったことでしょう。しかし、おそらく作り手の予想以上の大ヒットとなったのではないでしょうか。

つい最近まで、つまり「ハリー・ポッターと災のゴブレッド」が登場するまで、国内の映画興行成績で3週連続で1位でしたね。これには驚きました。

何に驚いたかというと、こんなにも「なにかを忘れたい」演歌と水戸黄門を愛する人々が日本にはまだたくさんいたことに驚いたのです。かなりヒットするのではと思っていましたが、3週連続1位とうのは「想定の範囲外(笑)」でした。

さて、日本各地の「昭和30年代を感じさせるテーマパーク」が大人気だそうです。
昭和30年代はけっして楽しい時代ではなく、生きていくことに精一杯の人々がたくさんいて大変な時代だったことでしょう。あれから約半世紀。辛かった時代の思い出はいつしか時間という鍋でグツグツと煮込まれて灰汁をとられ、人畜無害な「なつかしさ」と「哀愁」の対象という商品価値へと姿を変えました。
昭和30年代にだって高齢者がいました。戦争で負傷した体が不自由になって方もたくさんいました。生きるために、今となっては子供にはいえないようなことをしてなんとか生き延びてきて人もいるでしょう。ちなみに竜宮城での浦島太郎については、子供にはふさわしくない内容があるので、童話ではそのあたりは改変されているそうです。そういった、けっしてきれいではない部分もいくらか描くことで作品に奥行きが出てくるものですが、そのあたりはバッサリと切り捨てられています。

つまり「ALWAYS 三丁目の夕日」は徹底して「きれいではない部分」を排除して「なつかしさ」という名のフィルターでピントをぼかしています。それはまるで、人間の脳にとって気持ちいいものだけを集めて作られた昭和30年代を題材にしたテーマパークそのままなのです。


■ VFXの後ろ向きな使い方

監督・脚本・VFXは山崎貴さん。過去の作品に、少年達と未知のロボットとの交流を描いたSFファンタジー「ジュブナイル(2000年)」と、SFアクション「リターナー(2002年)」があります。

「リターナー(Reterner)」作品レビュー

どちらの作品もSFです。VFX(Visual Special Effect 主にコンピュータ・グラフックスの技術を使ったデジタル処理)技術を使って、想像の世界を描いています。

これら2作品がヒットしたかどうかはとりあえず別にしても、VFXを使っていろいろと「挑戦」していました。「リターナー」のレビューはずいぶん辛口のように感じられるかもしれませんが、なにをするにも「マネ」から入るというのは間違っていません。マネをして試行錯誤を続けていくうちにやがて独自のスタイルを確立することができるからです。「リターナー」は有名な外国映画の寄せ集めのごった煮みたいな作品ですが、それは「スタイル」が確立するまでの通過点に過ぎませんので、たとえヒットしなかっとしてもそれは致し方ありません。次につなげる(次作品を撮れる)ことさえできればとりえずOKです。

そして「リターナー」から3年(ここでも「3」とい数字が!)。ついに「脱皮」した山崎作品が登場か! と思ったのですが……。どうやらスタイルを確立する道を進むのをやめて、別の道を選んだようです。つまり、映画制作者よりも「VFX職人」という道を選んだようです。

茶川が芥川賞作家になって文壇デビューしたいけれども、食べていくために少年誌に冒険小説を書いているように、VFX技術チームも食べていくためにその持てる技術で稼がなくてはなりません。そのための「しのぎ」としてとりあえずVFXの技術屋に徹したわけではないようです。それは山崎さんがVFXだけじゃなく脚本と監督もされていることからもわかります。

ひょっとすると、過去を描くのは、未来(SF)へのタイムスリップと基本は同じ、と自分に言い聞かせたのかもしれませんが、昭和33年当時の様子を知っている人がたくさんいる状況では「想像力をもって新しいもの、おもしろいものを作ろうという挑戦」とは受け止められ難く、まるで遺跡修復士といった技術屋という印象を与えたことでしょう。


■ 人間をとる漁師に

かつて昭和30年代を生きた人にはなつかしく、そんな時代を知らない人もなんとなくなつかしく、それでいて知らない世界を楽しめる、親子で安心して観れる作品です。

でも、安心して観れることが子供にとってよいかどうかはまた別の話です。今の子供がこの作品を観てなにを感じ取るのか? なにかがおかしいと感じることができた子は「新玉手箱」の存在に気づきます。
浜辺に戻って「なにかがおかしい」と気づいた人にだけそれを開けさせて、煙と共に龍宮城の記憶を消し去ってくれる新玉手箱を開けた人は、明日からまた猟師として、広い海に漕ぎ出していくことができるのです。

魚をとる毎日。それまでいくら海に漕ぎ出しても獲れなかった魚。たとえ漁に出てもまったく魚がとれない日もある。それでも後片付けと明日の漁の準備をしなくてはならない――疲労と失望。

そんなとき信じられないような体験(竜宮城)をして帰ってきて「新玉手箱」をあけたら「魚をとる漁師から、人間をとる漁師」になれるかもしれません。

人間をとる漁師とはつまり、疲労と失望によって「なつかしさ」にすがって後ろ向きな漁を続けるのではなく、人の悩みや苦しみや失望を受け止めつつも前向きな「挑戦」を続けて、自らのスタイルを確立する人間になるということです。

∇「人間をとる漁師」:新約聖書 ルカによる福音書5章10節


■ ひとこと

数字の「3」にこだわっています。
太平洋戦争終戦から13年後の昭和33年。長島茂雄(背番号3)入団の昭和33年。夕日町の3丁目。東京タワー(地上333メートル、エッフェル塔を模して昭和33年に完成。エッフェル塔より9メートル高く、約3000トン軽い)。上映時間1時間33分。などなど。

この作品のいいところは俳優さんです。さすが国内マーケットを知りつくしているだけあって、登場キャラクターにぴったりなキャスティングがなされています。

会話の掛け合いコミカルな演出は「うまいなぁ」と思わずニヤリ。「孫の手」みたいに、日本で生まれ育った人の痒いところに届くよう親切丁寧に作られています。
鈴木オートの社長が多少無理をしてでも新しい物(テレビ、冷蔵庫)を購入していくことは活力を感じるところですね(でも新しいコトという点では、作品の内容と性格は「新」の逆へ向いています)

茶川竜之介の名は、作家の芥川竜之介からでしょう。そして淳之介も、1954年に『驟雨』ほかで第31回芥川賞を受賞した作家の吉行淳之介からでしょう。

日本で生まれ育った人なら楽しめる作品でしょう。でも、精神的な意味でおじいさんやおばあさんになってしまったかのような妙な感覚も覚える方もいるでしょう。

どんな制作者も、たとえある程度のヒットが約束されていることはわかっていても、そこだけには触れないようにしておこうとだれもが手をつけようとはしなかった最後の砦を、いとも簡単に占領してしまった部隊がいたことに、ただただお口あんぐり……。その砦をとっても、その先には……。

映画作品というより、テーマパークといったほうが合っているかな。
すべてが予定調和なので、ひとつでもサプライズがあったら・・・・・・。

ナンダカンダいいつつ、けっこう楽しめました。ちょっと怖いホラーとしても。

映画作品に何を求めるかによって満足度は人それぞれです。綺麗で懐かしいもので感動したい人にはオススメです。

昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品です。

俳優ファン   向 絶妙な配役 鈴木オートのおかみさんが特にGOOD
ファミリー   向 ←いちおうね。人畜無害だし
デート     向 ←上記に同じ
フラっと    日本で生まれ育ってふつうに生きてきたという方ならまぁまぁ
映画通     「踊る~」「寅さん」「たそがれ」と同じですから!
脚本勉強   お約束の小ネタは参考になる
こだわり    昭和レトロファンなら
昭和がきらい 大正ならどうよ? 
携帯電話命  お夕飯までには戻ってくるのよ、でOKな時代です! 

☆オススメレビュー
ねこのひたい~絵日記室さんの『ALWAYS~三丁目の夕日』
↑夕日町の異次元世界と脳内エピソード、西部劇の構造という指摘は秀逸!

-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ
吉岡秀隆 堤真一 小雪

「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 心の砕ける音~運命の女~ 葉祥明「白い犬のジェイク」

by G-Tools


大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ


|

« フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(FOUR BROTHERS) | Main | 「わかりやすさ」と「ヒット」の関係 »

Comments

TBありがとうございました!
この映画の「テーマパーク」感、僕も感じました。実際は決してこんなにドリーミーな世界では無かったと思うんですけどね・・・。
今の時代を50年後に映画にしたら、どうなんでしょうね?やっぱり「あの時代は良かった」なんてことになるのではないか、と思ったりします。

Posted by: Ken | 12/02/2005 at 23:20

>kenさん
コメントありがとうございます。
kenさんのいう「現実の記録なのではなく、この時代の理想化」「箱庭の中の美しい昭和33年」っていう表現、まさにそうそう!って思いました!50年後からみれば、今の時代も良かったということになる…時代は繰り返すってことなのかもしれないですネ。

Posted by: わかスト@管理人たか | 12/02/2005 at 23:39

TBありがとうございます。
ひとことでいうと「昔はよかった」という映画なのですが、そう思う自分を許してくれるようなところがあるのが、この映画のいいところでもあり、ズルイところでもあるのでしょうね。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | 12/03/2005 at 12:34

初めまして。TBありがとうございます。
「いたいた探検…」に喜びました。ナイスな感覚ですね。
当時を知る者ではありますが、それほど「良かった」という記憶はありません。「人情話」は、「寅さん」がなくなっただけに、こういう形で出現すると受け入れやすいのかもしれませんね。「辛かった思い出」は、忘れようとするし、「良かった思い出」だけが残っていくものなのでしょうか。ひとまず、観て良かったとは思っています。

Posted by: あかん隊 | 12/03/2005 at 16:34

>沢木耕三郎(仮名) さん
コメントありがとうございます。
そうですね、とても「うまい」作品んですよね。これが東宝というのがまた興味深いかもしれないですね。

>あかん隊さん
コメントありがとうございます。
「寅さん」シリーズなきいまは、寅さん的なものへの需要がかなりあるってことなんでしょうね。吉岡くんはこういう役に向いていそうですね☆コミカル系のほうがいけるかもです。

Posted by: わかスト@管理人たか | 12/03/2005 at 22:33

TBありがとうございました。
テーマパークですよね。
数字の考察にはなるほどと思いました。

Posted by: ノラネコ | 12/04/2005 at 01:24

その玉手箱にはまさか「バブル」って書かれてないでしょうね(笑)。

てなわけで、TBばかりか「おすすめ」まで頂き、ありがとうございました。

Posted by: にら | 12/06/2005 at 13:47

>ノラネコさん
コメントありがとうございます。
3つながりはなかなかおもしろいですね。もっとも成功したテーマパークという表現もできますネ。

>にらさん
コメントありがとうございます。
「バブル」って書いてあるかもしれませんネ(^^)

Posted by: わかスト@管理人たか | 12/07/2005 at 16:22

はじめまして、TBさせて頂きます。
確かに、そういう人達がいたと思うような感じでした。
数字も本当に、3という数字を見かけますね。

Posted by: 出田(nao) | 01/08/2006 at 09:14

>出田(nao)さん
TBとコメントありがとうございます。
3という数字が多いあたりは、こだわりをかんじますね。時代劇とまで遠くない昔というほどよい昔具合がツボなのでしょう。今後ともよろしくです☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 01/08/2006 at 22:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/7433002

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 三丁目の夕日:

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ネタバレ映画館]
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継いでいるのだろうか。夕日町三丁目があたかも親の故郷でもあるかのように・・・  西岸良平のコミック「三丁目の夕日」は計1400万部も売れているシリー�... [Read More]

Tracked on 12/02/2005 at 21:48

» 映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...... [Read More]

Tracked on 12/02/2005 at 22:18

» 【映画】ALWAYS 三丁目の夕日 [セルロイドの英雄]
2005年日本監督)山崎貴出演)吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 三浦友和満足度)★★★★☆ (満点は★5つです) TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて 昭和33年、夕日町三丁目。自動車修理工場鈴木オートを営む鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)夫妻は、修理工として集団就職で青森から上京してきた星野六子(堀北真希)を受け入れる。一方、鈴木オートの向かいで駄菓子屋も営む三文小説家茶川竜之介(吉岡秀隆)は、酔っ... [Read More]

Tracked on 12/02/2005 at 23:13

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Saturday In The Park]
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代...... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 00:00

» ALWAYS 三丁目の夕日 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
先日、東宝から送られてきた招待状を持って 試写会行ってきましたー♪ タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO-!!(笑) PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz 「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画 監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太 ...... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 00:30

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 00:35

» ALWAYS 三丁目の夕日・試写会当選(^^) [★無料大好きっこ(^^)/ 目指せ!ネットで安定副収入★]
しばらく連続で当選していてその後またやんだ・・・ やはりそういうものですね~と思っていたら。ポストにぽつんと 入っていました~(*^_^*) ALWAYS 三丁目の夕日  →昭和な感じが漂っています。 ?? 監督 :? 山崎貴 出演 :? 堤真一・吉岡秀隆・小雪・薬師丸ひろ子... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 02:09

» ★「ALWAYS 三丁目の夕日」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木オートに集団就職で上京してきた六子(むつこ)がやって来た。 向かいの駄菓子屋は、しがない小説家・竜之介が経営。 ちょっと下心出�... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 02:49

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 10:17

» ALWAYS 三丁目の夕日 [花ごよみ]
東京タワーが建設中だったあの頃…  昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、  夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより ………………………………………………………………………………    原作は西岸良平のコミック『三丁目の夕日』。 『ジュブナイル』『Returner/リターナー』 などのSF作品を作って来た 山崎貴監督としてはちょっと意外な作品。     VFXで再現される風景は�... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 10:21

» ただただ泣いていればいいのかなあ 「ALWAYS 3丁目の夕日」は”喪失”の物語 [梟通信~ホンの戯言]
昭和30代のテーマパークというか博物館みたいな映画。たとえば年越しの上野発青森行きがあんなにすいているはずないじゃん、テント村つくって並ばせていたんだぜ、みたいなところとかいろいろ言い出せばあるけれど、まあ、許してしまおう。なんたって涙がちょちょぎれるんだから。 ただただ懐かしいと言うこっちゃ。今の若い子達はどう感じるんだろう。三浦展著「下流社会」(光文社新書) の説くところの今の若い子達は?ヘーってモンかな。 これは”喪失の物語”だ。今、無い物、失われてしまったもの、の陳列だ。失わ... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 10:44

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』鑑賞 [思うトコロあって・・・]
映画の日。映画鑑賞 『ALWAYS 三丁目の夕日』 元々邦画は苦手な方で中でもドンパチも恋愛もないこの手の映画は絶対に口にしないたちだが、映画通のお友達が絶賛してるし、評判がいいようなので観に行くことにした。 ... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 12:05

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー [アタマにシャンプー、ココロにシネマ。]
☆☆☆☆ ビジュアルエフェクトというのは、それ自体が目的ではなく、 いかに物語に貢献しているか、という点で評価されるべきで、 たとえば、「スパイゾルゲ」でも一生懸命昔の東京を 再現していましたが、 物... [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 12:25

» ALWAYS 三丁目の夕日 [cococo]
ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電 [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 16:28

» ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが [Read More]

Tracked on 12/03/2005 at 21:00

» ALWAYS 三丁目の夕日 [外部デバイスへの記録]
製作国:日本 公開:2005年11月5日 監督/VFX:山崎貴 脚本:山崎貴、古沢良太 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか 川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞すること....... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 00:00

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
金曜日、『エリザベスタウン』を見た後、続けて見たのは『ALWAYS 三丁目の夕日』です。 原作は「西岸良平」の名作マンガ『三丁目の夕日』から選りすぐったエピソード12編。 東京タワーの建設が進められる昭和33年。上野駅に集団就職で上京する一団の中に『六子 -ムツコ-(堀北真希)』もいた。彼女の就職先『鈴木オート』の社長『鈴木則文(堤真一)』が迎えに来ていた。大きな自社ビルを持つ会社を想像していた『六子』だっ�... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 12:01

» ALWAYS 三丁目の夕日 [まぁず、なにやってんだか]
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか」と思っていました。でも、つい最近のちょっと長くなった予告は、淳之介が車に乗って行ってしまうシーンで、わけもわからず涙が・・・。これは感動できるかも!と思い、観てみたら・・・予告の何十倍も泣けます。私の泣きのツボをぐいぐい押されまくってしまいまし... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 16:35

» ALWAYS 三丁目の夕日 [まぁず、なにやってんだか]
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか」と思っていました。でも、つい最近のちょっと長くなった予告は、淳之介が車に乗って行ってしまうシーンで、わけもわからず涙が・・・。これは感動できるかも!と思い、観てみたら・・・予告の何十倍も泣けます。私の泣きのツボをぐいぐい押されまくってしまいまし... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 16:37

» 映画>ALWAYS 三丁目の夕日 [RAKUGAKI]
暖かな希望。過去には未来があって、人は元気だった。 昔は良かったというのは、今は [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 18:11

» 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 [音の鳴る木]
 時は昭和33年、東京タワー建造中の東京のとある町が題材の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。あまり邦画は好んで見ないんですが、そんな俺からも言わせてください「見ないと損な映画」です。チョットばかし期待はしていましたが、それおを大きく超える期待以上の作品でした。... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 20:15

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、....... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 23:28

» ALWAYS 三丁目の夕日 [映画日記]
【鑑賞】試写会 2005年11月5日公開 2005/日本 【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和 【原作】西岸良平「三丁目の夕日」 舞台は昭和33年の東京。下町の夕日三丁目には、人情味あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていた...... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 01:40

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ピーチくんblog]
昨日、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 あまり事前に調べずに行った [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 06:00

» ALWAYS 三丁目の夕日 [うぞきあ の場]
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤真一)   頑固オヤジの役がハマってました。 ロクちゃん(堀北真希)   ナナでも、ハチでもない。そうロクちゃんですよ!東北弁(?�... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 08:58

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [地球が回ればフィルムも回る]
評判の作品で期待していたのですが、それほどでもなかったでしょうか。 CGやセットによる昭和33年の東京の町並みの再現はたしかに素晴らしく、建設中の東京タワーを見ているとなんだか胸騒ぎを覚えて途中まではかなり乗って見ていたのだけど、だんだん平板な展開のように思えてきてしまい、ちょっと後半は飽きてきてしまいました。 いくつかのエピソードが平行して進むのだけれども、それぞれのエピソードはよくまとまっていていいシーンもあるのですが、いろいろな人物の話が絡んでいき大きなクライマックスを形成していくという風に進... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 12:17

» 続・三丁目の夕日 [MOONの似顔絵エッセイ]
「ALWAYS三丁目の夕日」という映画について、もっと知りたくなって 映像プロダクション白組に勤めている弟から資料を送ってもらった。 資料には、この映画づくりの裏話・エピソードなどがたっぷり詰まっていた。 監督・脚本・VFXを山崎 貴という人が担当していたことを知った。 監督が若いのに驚いた。東京オリンピックが開催された1964年、長野県で 生まれた山崎監督は、東京タワーが完成した年は6歳ということになる。... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 12:22

» ALWAYS 三丁目の夕日 [CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>]
あまり期待してなかったけど、なんだか前評判いいみたい。昭和30年代の東京が再現されてるのも、見所らしい。ちょっとだけ期待して、レイトで観てきた。 [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 22:18

» ALWAYS 三丁目の夕日 [優みゃの辛口映画感想]
監督:山崎貴 出演:堤真一     吉岡秀隆     小雪     薬師丸ひろ子、他 あらすじ{/book/} 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒�... [Read More]

Tracked on 12/07/2005 at 02:03

» ALWAYS―三丁目の夕日― [明日もい〜天気♪]
(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会 12月15日(木) MOVIX川口にて『ALWAYS-三丁目の夕日-』を観る。 母が、会社の人から薦められたらしく観たいと言い出したのでレイトショーで行く事に。 珍しく、父と妹も一緒に家族4人で。何年ぶりだ? もとも...... [Read More]

Tracked on 12/12/2005 at 19:37

» 【映画評】ALWAYS 三丁目の夕日 [未完の映画評]
最新VFX技術で再現された昭和33年の東京下町で繰り広げられる人情物語。 [Read More]

Tracked on 12/13/2005 at 05:53

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [Read More]

Tracked on 12/16/2005 at 17:44

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ガブ飲み生活♪]
観て来ました{/hiyos/} 実は、「インハーシューズ」を見るつもりが、 午後からの上映がなかったので、急遽変更!! 今日から公開のハリーポッターも考えたけど、めちゃ混みだったので、 面白いと聞いていた「ALWAYS三丁目の夕日」になったという訳。 確かに面白かった{/hikari_blue/} 実際に体験したことのない昭和30年代の、なんだか懐かしい気分に させられる街並みや人、生活様式�... [Read More]

Tracked on 12/17/2005 at 13:53

» ALWAYS〜三丁目の夕日 [オタクの魂forビギナーズ]
この『ALWAYS〜三丁目の夕日』や、同時期に公開している『大停電の夜に』を観て、本当に“今、日本映画がキテるな!”と感じるワケです。 2・3年前なら考えられない状態。 これまでなら“ミニシアター直行・決定済”な企画に、これ程に予算をかけて撮ってもいいなんて‥‥。 確かにワタシの映画観賞履歴を考えても、一昨年までなら1:9以下だった邦画の比率が、今年なんて5:5くらいになってきてるし、全体的な満足度でいえば“邦画が若干有利か?”なくらいです。 やはり日本人の感覚のほーが肌に合... [Read More]

Tracked on 12/17/2005 at 19:05

» ALWAYS 三丁目の夕日 [sabuのつれづれ]
           昭和33年。まだ建設中の東京タワーを望む下町に、集団就職でやってきた六子。 小さな自動車修理工場「鈴木オート」で、短気な社長と働き者の奥さん、そして彼らの息子、一平との生活が始まります。 鈴木オートの向かいに住むのは、つぶれかけた駄菓子店を営みながら小説を書く茶川竜之介。住人達にその文学作家気取りを茶化されても意地になって投稿を続ける茶川だが、ひょんな事から母親に捨てられた淳�... [Read More]

Tracked on 12/17/2005 at 20:28

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』/涙腺崩壊 [西欧かぶれのエンタメ日記]
バイト先の店長(団塊世代)に、ぜひとも観たまえ、いいから観なさいと言われ、時間がないなら店を早退してもよい、とまで半ば強引に薦められたので、お言葉に甘えて早めに帰って、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観にいった。 が、それにしても、私の涙腺はいったいどうしてしまったのでしょう! もともと鼻風邪をひいていたことを差っぴいても、上映中に尋常じゃない鼻水&涙の量…。ノスタルジィを感じるといっても、実際この時代に生を受けていない私が、なぜこんなに昭和33年の風景や人物模様に共感しているのやら。自分で... [Read More]

Tracked on 12/18/2005 at 01:29

» 【映画】「ALWAYS 三丁目の夕日」 貧乏だけど溢れる夢があった [マイ・ラスト・ソング]
◆滋賀県草津市の県立琵琶湖博物館、びわ湖の成り立ちなど湖沼関連の博物館であるが、昭和30年代グッズの展示もなかなか充実している。当時の民家の実物大復元もあって、本筋の展示物よりはこちらのほうがはるかに面白い。昔の牛乳瓶受けとか家電製品など、よく探したものだと感心するほど集めている。おじさんおばさんの「郷愁博物館」でもあるのだ。昭和30年代の吸引力たるや実に大したもんである。 ほんとうのところ「むかしは良かった」なんて云ってはいけないのだろう。過去より現在、現在より未来のほうが良くなってしかるべきな... [Read More]

Tracked on 12/18/2005 at 21:44

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Tak.Arai の 今夜もナローマインド!]
ロングヒットの 『ALWAYS 三丁目の夕日』 をやっと観ました。 全体的に、何かとてもハイセンスというか、美しさを基調とした作品だなぁ と感じました。 “笑い” と “感動” がバランス良く織り交ぜられているし、テンポが良いのか、観てい... [Read More]

Tracked on 12/29/2005 at 19:39

» ALWAYS 三丁目の夕日 [時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド]
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にやってきたときの喜びようすごかったなぁ 町中総出だもんなぁ テレビを初めてつけた瞬間皆と一緒に自分まで夢中になってし�... [Read More]

Tracked on 12/30/2005 at 16:55

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月8日 『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! 文部科学省選定作品 ★スタッフ★ 監督・脚本・VFX:山崎貴 脚本:古沢良太 音楽:佐藤直紀 主題歌:D-51 「ALWAYS」   ★キャスト★ 茶川竜之介:吉岡秀隆 鈴木則文:堤真一 石崎ヒロミ:小雪 星野六子:堀北真希 大田キン:もたいまさこ 宅間史郎:三... [Read More]

Tracked on 12/31/2005 at 23:19

» 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ [AI-z「出田直正(nao)の一日。」]
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上がって... [Read More]

Tracked on 01/08/2006 at 09:12

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [Read More]

Tracked on 01/09/2006 at 22:14

» ALWAYS 三丁目の夕日 [39☆SMASH]
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...... [Read More]

Tracked on 01/15/2006 at 23:11

» ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) [オールマイティにコメンテート]
「ALWAYS−三丁目の夕日−」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。... [Read More]

Tracked on 01/21/2006 at 15:49

« フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(FOUR BROTHERS) | Main | 「わかりやすさ」と「ヒット」の関係 »