« ブラザーズ・グリム(The Brothers Grimm) | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

11/30/2005

フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(FOUR BROTHERS)

監督:ジョン・シングルトン
アメリカ/2005年/108分

メイフラワー号の聖教徒たちがネイティブ・アメリカンの友と神に感謝したように、育ての母親・マーサーに深く感謝している4人の義兄弟が悪に立ち向かう現代版西部劇。仮に他の作品の銃撃戦を「湖での派手さを狙った海賊ショーのためのハリボテ改造船の航行」だとしたら、この作品のカーチェイスと住宅銃撃戦は「悪天候の外海で数百人の乗客乗員を乗せてエンジントラブルをかかえた客船が海賊の襲撃を受けつつも反撃しながらの航行」だ。

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
アメリカ合衆国、デトロイド。母親を殺された義兄弟4人が黒幕を突き止めて復讐する。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△ボビー
 4人兄弟の年長。元ホッケー選手。

△エンジェル
 元詐欺師。元海兵隊員。

△ジェリー
 元組合の発起人。不動産業に進出を計画。

△ジャック
 バンドマン。ゲイ。

△マーサー
 老女。4人の兄弟の育ての親。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
メイフラワー号の聖教徒たちがネイティブ・アメリカンの友と神に感謝したように、育ての母親・マーサーに深く感謝している4人の義兄弟が悪に立ち向かう現代版西部劇。仮に他の作品の銃撃戦を「湖での派手さを狙った海賊ショーのためのハリボテ改造船の航行」だとしたら、この作品のカーチェイスと住宅銃撃戦は「悪天候の外海で数百人の乗客乗員を乗せてエンジントラブルをかかえた客船が海賊の襲撃を受けつつも反撃しながらの航行」だ。

■ つかみはOK

町の小さな店でマーサーが強盗に殺されるセットアップだけで、この作品を観るために劇場の椅子に座っている自分の決断が正解だったと思える、そんな作品だ。

第一印象は大事である。いくら人(や物)の内面(内容)がすばらしいからといっても、礼儀や常識を知らない(または無視する)相手とはお近づきになりたいとは思わない。

はじめはつまらないかもしれないけれど我慢して椅子に座って話を聞いていれば、君にとって将来役に立ついろいろなことが学べるはずだ――を言われて、いったい何時間、何十時間、いや何百時間を教室の椅子に座って過ごしてきたことか。たしかに役に立ったことはある。九九の暗算、それに……まぁいろいろだ。

ある人はこんな経験もあろうだろう。この授業は出席簿のチェックだけが単位を与えるかどうかの唯一の要件だということで、出席票に名前を書くだけために大学に通った日々……。
(なかには試験期間中にもかかわらず、写経するページ数が多ければ多いほどよい成績を与えるとした講師もいたとかいないとか……)

実社会ではこうはいかない。たとえ教室があっても、なにもしなければ人は集まらない。人が集まっても興味をひきつつ楽しませる工夫をしなければ話の途中でもみんな帰ってしまうだろう。

何事にも第一印象は大事だ。お笑い芸人グループのダチョウ倶楽部のギャクに「つかみはOK」というのがあるが、まさにそのとおりにいきたいものである。

「フォー・ブラザーズ」のセットアップには、これからはじまる物語に必要なすべてが揃っている。雪が舞う冬。さびれた街デトロイドの低所得者層が住む地区の小さな店。マーサーの車を尾けてきた怪しげな車。武装した強盗。

そしてなにより、万引きしそうになった少年を愛を持って諭すマーサーの人柄を観客に強烈に印象付けることに成功している。もしマーサーの人柄が観客に受け入れられなければ、これから登場する4人の男達がなにをしようと、乱暴な振る舞いにしか感じられなくなってしまうだろうところだ。


■ 血のつながりのない義兄弟

マーサーは身寄りのない子供を世話しては里親を探してあげていた。だがその非行歴のためにどこにも引き取り手のなかった4人の男の子を自分の息子として育てたのだ。兄弟に血のつながりがなく、人種も趣味も外見も違っていた。その4人こそこの作品のメインキャラクターなのだ。

主人公4人が兄弟でありながら人種が違うというのがいい。なぜならデトロイドという土地柄、悪役にされやすいのがアフリカン・アメリカンであるからだ。そういったことで主人公の側にもアフリカン・アメリカンがいるというのは配役のバランスがよくなる。もし、いわゆる白人が主人公で悪者(敵役)が黒人だという設定では、いかにもといったステレオタイプ(紋切り型)な構図になってしまって幅広い観客動員を期待することはむずかしくなる。

「遠くの親戚よりも近くのお隣さん」というわけではないが「血よりも濃い義兄弟の絆」というのは、なにより「響き」がいい。
三国志でも「桃園の誓い」によって義兄弟の杯を交わした劉備、関羽、張飛の3人は血のつながりはないものの、関羽が呉の攻撃によって亡くなったときに劉備は、本来の目的(魏を倒す)達成と逆行することが確実にもかかわらず、自ら大軍を率いて呉を攻めたほどだ。それほど義兄弟の絆は深く、結びつきは強かったのだ。


■ 集団や組織の脆さと、家族や兄弟の強さ

〈注:ネタバレあり〉
ジェリーは組合の発起人をやっていたことがあり、団体交渉のエキスパートとも言える。
そもそも人が集まればそこにグループができる。労働者の集まりがストを行うといったように、資本を持たない者は「数」によってその発言力と行動力を確保してきた。
グループは大きくなればなるほど、ひとつにまとまるのが難しい。精神的な結びつきはあまり期待できず、利権・利益といった実益で動くのが集団や組織の基本である。

組織も武器も持たない兄弟たちは、こうした集団や組織のあり方を利用して、圧倒的に不利な状況を一気に逆転させるのだ。
ここで対比・強調されているのは、血のつながりも利害も超えた兄弟・家族の絆の強さである。


■ 兄弟の絆にもコンフリクツ(困難)がある

マーサーの死を調べているうちにエンジェルは、母親マーサーが高額な保険に入っていたことを知る。保険金の受取人は兄弟のジェリーだとわかる。さらに、妻と幼い娘がいるジェリーは不動産事業に失敗して破産していることもわかる。

兄弟達がジェリーに向ける疑惑のまなざし……。一筋縄ではいかないサスペンスの要素によって徐々にマーサーの死の真相が明らかになっていくのである。
そしてジェリーにかけられた疑惑が晴れたとき、いつのまにか武装集団が家を囲んでいた……。


■ 地の足のついた(?)銃撃戦

映画の宣伝(ほとんど宣伝を見聞きしたことはないが)でもこの作品の特徴のひとつである、氷の上を滑りまくりの銃撃カーチェイスや、住宅包囲の蜂の巣ばりの銃撃戦はクローズアップされていない。

それにもかかわらず、近年のアメリカ作品の中でも非常に特徴的かつリアル(実際の銃撃戦を見たことはないが)なカーチェイスと銃撃戦になっている。

夜。吹雪のなかで凍った路面を滑りまくりながらのカーチェイスシーンは「田舎の夜道の暗がり」「吹雪で視界不良」といった「見せない」演出を施しつつ、「滑る」という悪条件にも関わらず、母親殺しの黒幕を突き止めるために追跡を諦めない兄弟達のド根性ぶりをいかんなく発揮した特徴あるシーンに仕上がっている。

そして、兄弟間のわだかまりが解けると同時にまさに息つく隙もなく一気に文字通りの「蜂の巣」のように家を銃撃されるシーンへとなだれ込む。
バンから次々に降りてきた武装集団が、デトロイドの低所得者層が住む住宅街のひとつの家に向けてマシンガンを連射して攻撃するのだ。静かな(寂れた)住宅街の一角が一瞬で戦場に変わる状況が、けっして特別なことではなく、いつでも起こりえるとでもいいたげなこのシーンは、ただ映像的に派手に見せよとする他の作品における銃撃シーンとは一線を画している。仮に他の作品の銃撃戦を「湖での派手さを狙った海賊ショーのためのハリボテ改造船の航行」だとしたら「フォー・ブラザーズ」の住宅銃撃戦は「悪天候の外海で数百人の乗客乗員を乗せてエンジントラブルをかかえた客船が海賊の襲撃を受けつつも反撃しながらの航行」といった具合である。


■ アメリカ社会を映す

監督のジョン・シングルトンは、かつて「ハイヤー・ラーニング」という作品を監督している。この作品は、アメリカのある大学を舞台に、人種差別、同性愛、ネオナチといった問題を取り扱っている。
「フォー・ブラザーズ」においても、人種、犯罪、地域といった問題を取り扱っている。


■ 感謝祭(サンクスギビング)

作品における時期設定は11月の第4土曜日の感謝祭(Thinks giving)前後となっている。家族が集まって七面鳥を焼いて食べるというこの感謝祭は、1620年に聖教徒メイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカ大陸にやってきた人々が、はじめての厳しい冬に食べ物に困ったときにネイティブ・アメリカンに食物や種をもらったので、翌年の11月に彼らを招いて収穫した作物や七面鳥をほふって友人感謝したことに由来している。

家族が集まるサンクスギビングに家族(母親)を失った兄弟たち。その後、さらに次々と親しい者が命を落としていく……。

4人の兄弟たちは引き取り手がなかったのでマーサーが育ててくれた。かつて自動車産業で栄えたが、今はアメリカ中から忘れ去られてしまったかのようなデトロイドの「8mile」南側であろう街でさえ、4人の少年には里親ができなかったのだ。

そんな少年たちに手を差し伸べたマーサーは、まるで新天地アメリカにやってきた聖教徒たちがはじめての厳しい冬に食べ物がなかったときに、食料を分け与えてくれたネイティブアメリカンのようでもある。

母親の葬式のために街に帰ってきた(ジェリーは街に残った)兄弟たちは、育ての母親マーサーになにも感謝の気持ちを表していないことにあらために気づくのだった。世間から見捨てられたかのような街にさえ見捨てられた俺たちに手を差し伸べてくれた母親に恩返ししたいという強く熱い思いが、たとえマーサーがそれを望まないかもしれなくても、殺人の黒幕を突き止めて復讐するという強い決心行動へとつながるのだ。そのための装置としてのサンクスギビングなのだ。

〈ちなみに8 Mile とは?〉
デトロイト。自動車産業の衰退で退廃的になった都市の北端を走る道路の名前。8 mileの北側は中産階級の白人が住む地区。南側は黒人などの低所得者が住む地区。

「8 Mile」作品レビュー


■ ひとこと

この作品は上映館が少ないこともあり、またテレビ宣伝もおそらく放映していないこともあり、一般的にはまったくといっていいほど話題になっていないようだ。しかし、口コミではかなり評判がいい。

実際よく出来た作品だ。様々なところで言われてることだが、この作品はいわゆる西部劇の構造になっている。具体的にはジョン・ウェインの『エルダー兄弟』のリメイクだ。

クライマックスがどうにもご都合主義っぽいが、そこが愛嬌としていい味にもなっている。

俳優ファン  たいして有名な俳優は出ていない
ファミリー   銃撃シーンがあるが、家族・兄弟の絆では「向」
デート     作品を見極める目を持っていると思われて株UP
フラっと    思わぬ拾い物にニンマリ
映画通    おもわず唸ってしまう演出のうまさ
脚本勉強  オードドックスから学び直そうと初心にかえれる
こだわり   秀作をみつけた喜びアリ
男が嫌い   不向(男ばっかり出てます)
冬が嫌い   不向(冬です。雪です。吹雪いてます。氷分厚いです)


∇無料レポート配布中
大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。

基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス


Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

|

« ブラザーズ・グリム(The Brothers Grimm) | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

Comments

TBありがとうございました。
TAKADAさんのブログは、たくさんの切り口でわかりやすく分析されているので大変勉強になりました。最後のタイプ別の映画評、思わずニマっとしてしまいました!

Posted by: HIROMIC WORLD | 11/30/2005 at 20:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/7397575

Listed below are links to weblogs that reference フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(FOUR BROTHERS):

» フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い [まったりでいこう〜]
確かドミノのときに宣伝を観たんですよね、これ。なんとなくB級臭いなあと思ってましたが、やはりB級でした(笑)でも嫌いじゃないです、こういうの。約2時間近くあった上映時間にもかかわらず、最後まで眠くならず楽しんで観てましたから。 内容はデトロイトにある小さな街で飲食店をやっている女性が殺され、その養子になっていた子供たちが(子供といっても成人した立派な大人ですが)殺した相手に復讐するといったス... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 19:08

» フォー・ブラザーズ  狼たちの誓い [HIROMIC WORLD]
本日の2本目は「フォー・ブラザーズ  狼たちの誓い」 養母が殺され、数年ぶりに再 [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 20:06

» フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い [ゴロゴロしあたー]
これやこれ!こんな映画を待ってたんですよ~。テレビ東京系地味アクションていうか、男臭さ炸裂ていうか、80年代B級テイストていうか、とにかく私的に超ツボ。 運良く封切り前に発見して、この時は日比谷のみゆき座(スカラ座2)がチェーンマスター館になってたから、安く手に入りやすい株主券を買って待機してたんですよ。ところが!スカラ座でやってたダーク・ウォーターが大コケしたおかげでスカラ座で大々的に公開ですよ。 スカラ座大好きっことしては超ラッキーでしたよ~。気持ち良く1,800円を払って観ました(^^) ... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 20:37

» 「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」 [てんびんthe LIFE]
「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」 イイノホールで鑑賞 マーク・ウォルバーグが久々に主演するというので楽しみに行きました。リベンジものというのは知っていたけど後は知らない。試写状の写真見てもフォーブラザーズなのに肌の色の違う4人でどういうことなんだ?ということから入っていきました。養母を中心とした義兄弟だったのです。この義母が何者かに殺されたと知って4人の義兄弟は久しぶりに集まって義母のリベンジをはたそうとする。しかし、天使といわれるほどいい人なのに何故殺されたのか…。という謎解きが並行して... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 22:50

» 「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」 [てんびんthe LIFE]
「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」 イイノホールで鑑賞 マーク・ウォルバーグが久々に主演するというので楽しみに行きました。リベンジものというのは知っていたけど後は知らない。試写状の写真見てもフォーブラザーズなのに肌の色の違う4人でどういうことなんだ?ということから入っていきました。養母を中心とした義兄弟だったのです。この義母が何者かに殺されたと知って4人の義兄弟は久しぶりに集まって義母のリベンジをはたそうとする。しかし、天使といわれるほどいい人なのに何故殺されたのか…。という謎解きが並行して... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 22:52

» フォー・ブラザーズ Four Brothers [ちょいシネ]
主な出演者: マーク・ウォールバーグ Mark Wahlberg (ボビー) ダイリース・ギブソン Tyrese Gibson (エンジェル) アンドレ・ベンジャミン André Benjamin  [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 23:59

» フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い(1ポロリ) [泣き映画批評]
こういう映画で泣くのもどうかとは思うが。 『エルダー兄弟』の現代版リメイク。舞台はデトロイト。悪ガキどもに更生の手を差し延べていた老女が強盗事件に巻き込まれて殺害された。その葬儀にやってきた4人──フォー・ブラザーズ。彼らは、最も手のつけられない悪ガキで、養子の引き取り手がなく、やむを得ず彼女が育てた「息子たち」だった。 復讐の念に駆られる男たち。犯人を探すうちに、やがて彼女の死が偶然訪れたのではないことを、背後に陰謀が隠されていることを知るのだった。 ハリー・ポッター新作の先行レ... [Read More]

Tracked on 12/01/2005 at 07:26

» フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:マーク・ウォールバーグ/タイリース・ギブソン/アンドレ・ベンジャミン/ギャレット・ヘドランド/フィオヌラ・フラナガン/脚本:デヴィッド・エリオット/ポール・ラヴェット/監督:ジョン・シングルトン/の『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』を観ました。 ●ストーリー 小さな食料品店で買い物中だった中年女性エブリン(フィオヌラ・フラナガン)が2人組の強盗に射殺された。 彼女の葬儀に参列する為に4人の養子、ボビー(マーク・ウォールバーグ)、エンジェル(タイリース・ギブソン)、..... [Read More]

Tracked on 12/01/2005 at 22:44

» フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い [CLII -映画のような恋をして-]
公開日 2005年11月19日 2005年製作 アメリカ ■ジャンル 犯罪/アクション 期待度 ★★☆☆☆ オフィシャル・サイト ■解説 ケンカでは負け知らずのボビー、元コソ泥のエンジェル、ミュージシャンのジャック、そして唯一、妻子とまともに暮らすジェリー... [Read More]

Tracked on 12/04/2005 at 01:41

» 「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」@イイノホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日は秀君がお休みなので一緒に試写会に行ってきました★ {/kaeru_en3/}STORY 日本語オフィシャルサイト 肌の色も個性も異なる"フォー・ブラザーズ"の復讐が今、始まった…。  母親が殺害された─衝撃の知らせを聞き、数年ぶりに再会したマーサー家の4兄弟。家族思いのジェリー、元コソ泥のエンジェル、ミュージシャンのジャック、そして血の気の多さと腕力では誰にも負けないボビー。身寄りのなかっ�... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 15:28

« ブラザーズ・グリム(The Brothers Grimm) | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »