« カットバックで迫力倍増―「ステルス」― | Main | 私の頭の中の消しゴム »

10/25/2005

蝋人形の館(HOUSE OF WAX)

監督:ジャウム・コレット=セラ
アメリカ/2005年/113分 R-15

大掛かりなセットと手間をかけて作られたアメリカの典型的恐怖劇。「ステルス」の精神的・心理的背景を描いている? ジャパニーズホラー「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」との類似点やヒットの秘密も明らかに!

ストーリー(概要)
―――――――――――――――――――――
カーリーとその親友のペイジはそれぞれ恋人を連れ、またカーリーの兄ニックとその友人も一緒に大学フットボールの試合を観戦するために車で移動していた。こうして6人の若者たちは近道をして深夜の田舎道を走り、途中のでテントを張って一泊することにした。
翌朝、車のファンベルトが切れていたために、近くの町へやってきたカーリーとその恋人ウェイド。カーナビの地図にも載っていないそこ(ルイジアナ州の田舎町アンブローズという名の町)は、丘の上に蝋人形の館が建っている、人影がない閑散とした町だった。
蝋人形の館に足を踏み入れたときから、若者たちが次から次に襲われて命を落としていく。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△カーリー
 女性。大学卒業後にNYの出版社でインターンとして働く予定。

△ニック
 男性。カーリーの双子の兄。

△ペイジ
 女性。カーリーの親友

△ボー/ビンセント
 男性。町のガス・ステーションの経営者

△ウェイド
 男性。カーリーの恋人


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
大掛かりなセットと手間をかけて作られたアメリカの典型的恐怖劇。「ステルス」の精神的・心理的背景を描いている? ジャパニーズホラー「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」との類似点やヒットの秘密も明らかに!

■ 国や地域による「恐怖」の違いとは?

「蝋人形の館」はアメリカンホラーの典型です。ほかに似たような系統で比較的最近の作品では「クライモリ」があります。どちらも基本は「身体的な恐怖」です。

見知らぬ土地で、異質な者に襲われて傷を負わされたり殺されたりといった、直接的に身体に襲い掛かってくる危険に対する恐怖です。

農耕か狩猟かという大雑把な分け方をすると、アメリカ合衆国は「狩猟」タイプです。フロンティアを目指して西に進み、狩猟(土地を奪って)きたという歴史があります。奪う者がいるということは、奪われる者もいるということで、いつ自分が奪われる側になるかもわからないので自衛します。
すると、奪う奪われるの関係は、ほんのわずかの力関係で逆転することがあるので、いつもビクビクして暮らしていなければなりません。そのため、裕福な人たちは集まって共同で用心棒を雇って自分達が住む地域を警備させるなんてこともします。

そういうわけで、アメリカ的な恐怖の対象は「霊」や「お化け」よりも、見知らぬ異質(だと感じる)相手(人間)なのです。

アメリカ合衆国の恐怖作品をいくつか思い出してみてください。そのほとんどの典型は「若者数人が田舎で殺人鬼に襲われる」というものだということに気がつくでしょう。「ジェイソンシリーズ」も「死霊のはらわた」(←これはある意味コント)「クライモリ」そして「蝋人形の館」。どれもストーリーの基本型は同じです。

車で移動 → 見知らぬ土地 → 異質な他者 → 意味もわからず襲われる → 理不尽な恐怖 


■ アメリカ人にとってかなりこわい「理不尽な恐怖」

実は、直接的に身体に襲いかかっていくる危険は、表面的な恐怖に過ぎません。アメリカ人が一番怖いと感じるのはおそらく「理不尽な恐怖」なのです。

ジェイソンに襲われる若者たちも、「クライモリ」で森に迷い込んで襲われる若者たちも、なぜ自分達が襲われて殺されなかればならないのかわかりません。たしかなことは、見知らぬ土地に足を踏み入れてしまったために襲われているということです。だから登場人物たちはいつもこう言います「はやくここから抜けだそう」――と。そして脱出だけを試む者は次々に殺害されます。そこで、危険の元を潰そうと主人公たちが戦いを挑みます。こうして最後には恐怖の元を叩き潰して、主人公+ひとりといった人数だけが生き残るのです。


■ アメリカンホラーとベトナム戦争

アメリカンホラーの典型を、ベトナム戦争を例に考えてみましょう。

自国から遠く離れた異国(見知らぬ土地)でベトコン(異質な他者)と戦うアメリカ兵たち。自分達は世界の平和のために戦っている(正しいことをしている)のに、なぜ彼ら(ベトコン)は攻撃してくるのか。次から次に戦友が命を落としていくなか、異質な他者を排除しようとやっきになるが、地の利は相手にあるためにうまくいかない。それでも大事な戦友をひとりでも多く救い出して脱出しようとする。

これは、アメリカンホラーと構造が似ていませんか?


■ どこかにあるかもしれない恐怖の芽は早めに摘み採っておく?

「蝋人形の館」のレゾリューション(解決)シーンで、救急車をはじめとする車両や保安官達が町にたくさんやってきます。そして傷の手当てを受けている登場人物のひとりが「どうしていままでこの町のことに気がつかなかったんだ」ということを訊きます。すると保安官は「10年前に工場が閉鎖されてから地図にも載っていないのでわからなかった」といった意味のことを答えます。

知らない場所で、知らないうちに自分達の安全を脅かすものがある。もしそういうものをちょっとでも見つけたならば、それがやがて大きな危険になるまえに叩いておこう。

そんな、いつもビクビクせずにはいられない心裡がよく表れているのが例えば「ステルス」なのかもしれません。
「ステルス(STEALTH)」 作品レビュー


■ 「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」がアメリカ合衆国でヒットしたワケとは?

「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」の恐怖の本質とはズバリ「理不尽な恐怖」です。これにいち早く気がついたのがサム・ライミさんです。「スパイダーマン」や「死霊のはらわた」の監督でもある彼は、呪怨にアメリカ人にとってすごく怖い要素をすぐに嗅ぎとったのでしょう、「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」のプロデューサーをしています。彼は監督としてだけでなく、プロデューサーとしても凄腕のようですね。

「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」では、主人公のアメリカ人女性カレンは見知らぬ土地(日本)で異質な他者(日本人)に出会い、ある一軒家に足を踏み入れたことから、意味もわからず襲われるようになります(理不尽な恐怖)。

そもそも、アメリカ人にとって不慣れな外国生活は不安に包まれて緊張感を強いられているためにそれだけで苦痛なのに、ある一軒家に足を踏み入れただけで襲われるとうのは、かなり恐ろしいものなのです。

こうしてみると「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」での日本を「蝋人形の館」でのルイジアナ州の田舎町アンブローズに置き換えてみることもできるでしょう。

さらに「呪い」という異国の異質なニオイがプンプンする要素が新鮮で、なおかつビデオデッキやテレビなどの電気製品で身近だと思っていた日本が実はとんでもないアメージングワールドだということで、やはり(?)摩訶不思議意な国だったのか! という思いも手伝って、アメリカ人にとっては新鮮な恐怖としてのインパクトが強かったようです。

「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」では、ある一軒家に足を踏み入れただけで、アメリカ人であろうと日本人ろうと襲われるのですから、まさにアメリカ人に合った(好みの)「理不尽な恐怖」をより一層異質な土地で体感させてくれたというのが「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」ヒットの要因だといえるでしょう。

「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」作品レビュー
清水崇監督/2004年/アメリカ/99分

新鮮な恐怖(1)―「呪怨(日本版)」―

新鮮な恐怖(2)―「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」―

みんなでワイワイ―「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」―


■ 映画のために作られた町 

ルイジアナ州の架空の町アンブローズは、映画の撮影のために作られた町です。映画のために町をひとつ作っちゃったんです。ガス・ステーション、ペットショップ、映画館、理髪店、雑貨店、民家、教会。それにトルーディーの蝋人形館。どれも映画のためだけに作られたというのですから、実はかなり大掛かりなセットを使っているのです。

さらに、蝋人形館のセットには20トンもの蝋が使われたとか。映画のクライマックスでドロドロと溶けて崩れていく蝋人形館のシーンはかなり貴重なものですよ。なにせあれだけたくさんの蝋が溶けていくことなんて日常生活ではまず見れませんから!

「蝋人形の館」で使われた人形はすべて、実際の人間の複製です。エキストラさんの体の型をとって、それを元にファイバーグラスとシリコンの型が作られたのです。というわけで、作品に登場する蝋人形とそっくりな外見の方が実在するということなんですね。

あなたの家の居間に、自分そっくりな蝋人形を一体いかがですか?(笑)

 
■ ひとこと

町の映画館では『何がジェーンに起ったか?』(1962年)が上映されています。作品の内容が、兄弟姉妹というキーワードで共通しているそうです。

アメリカンホラーのお約束、巨乳系のおネェちゃんが登場します。

いわゆる恐怖劇ですので、怖いものが苦手という方には向きません(あたりまえですね^^;)
それと、痛系のシーンがけっこうあります。

国や地域による恐怖の対象と描き方に興味がある方にはよいお手本となるでしょう。

TVドラマ「24 TWENTY FOUR」で人気のエリシャ・カスバート(カーリー役)のファンの方、ホテル王ヒルトンの令嬢でセレブリティのパリス・ヒルトンの噂の死に様(?)をご覧になりたい方はどうぞ。


∇無料レポート
大ヒットにはワケがある! 『NANA』大ヒットの秘密を解き明かす特別緊急レポート!
「『NANA』と『下妻物語』(+「R2-D2」)に共通する大ヒットの秘密とは?」

ピクサーのヒット作に秘められた「わかりやすくする」エッセンスを抽出したレポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

|

« カットバックで迫力倍増―「ステルス」― | Main | 私の頭の中の消しゴム »

Comments

はじめまして♪TBありがとうございました。
TBさせていただきます(^∀^)//

蝋人形の館・・・すごいエグイですね。グロい系が苦手なので仕事とはいえ、見るのに苦労しました(笑)

☆またブログに遊びに来てください☆
またちょくちょく遊びにきます♪

Posted by: さや | 10/26/2005 at 15:32

>さやさん
コメントありがとうございます。
この作品は痛エグイ系ですネ。見る前に心構えがちょっと必要かもしれないですね。
またいらしてくださいまし~☆

Posted by: わかスト@管理人たか | 10/28/2005 at 19:29

はじめまして。
今年の5月頃、恐怖について同じ趣旨のことを書いていたので、自分の考えていたことがまんざら間違ってなかった、と少しビックリ。しかも、さらに理論的な解説がここには付け加えてあったので(自分のブログでは感覚的なことしか書いてなかった……笑)、思わず感動のコメントをしてしまいました。昔の記事を探すのが大変だと思うので、ちょっと数カ所のトラックバックをしますが、何卒ご容赦くださいませ(笑)。

Posted by: 映画三昧 | 11/14/2005 at 02:27

>映画三昧さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
TBもありがとうございます。
「恐怖」について興味深い記事読ませていただきました。ただ怖がらせるだけでなく、楽しませる要素をもったホラーというのが新しい潮流のようですね。韓国系ホラー作品は機会がなくて観ていないのですが、どのジャンルでも韓国の勢いというのはほんとうにすごいですね。国をあげてのバックアップというのがあるような気がします。日本も「勢い」という部分ではまねしてもいいかもしれませんね。

Posted by: わかスト@管理人たか | 11/15/2005 at 19:59

I've read some good stuff here. Definitely worth bookmarking for revisiting. I surprise how a lot attempt you set to make any such fantastic informative website.

Posted by: best dating sites | 01/15/2015 at 05:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/6574415

Listed below are links to weblogs that reference 蝋人形の館(HOUSE OF WAX):

» 蝋人形の館 [気まぐれ映画の旅]
 本作もリメイク作品だということですが、元となる「肉の蝋人形」という作品を観ていないので、オリジナルとの比較ができない事が残念です。あらすじを読んでみると、今回の作品は現代風にアレンジされていて、大幅にストーリーが変わっているようです。... [Read More]

Tracked on 10/25/2005 at 21:42

» 蝋人形の館 [プチおたく日記 vol.2]
6人の若者がフットボールの試合を見ようとスタジアムを目指していた。カーリー&ウェイド、ペイジ&ブレイクのカップルとカーリーの双子の兄ニックとその友人ドールトンの6人だ。途中キャンプ場で1泊することになるのだが、異臭に悩まされたり、不気味なトラックに嫌がら... [Read More]

Tracked on 10/25/2005 at 22:16

» 映画「蝋人形の館」ジャウム・コレット=セラ/監督 [スチャラカランナーの日々]
 「蝋人形の館」観てきました。    諏訪湖マラソン終了後、塩尻まで各停で出てそこから「しなの」で名古屋へ。車中で諏訪湖マラソンのブログのテキストを書きアップ、名古屋に着いて109シネマズへ行きました。  監督は全く知りませんが、製作にはロバート・ゼメキスも加わっている模様。(バック・トゥ・ザ・フューチャーの監督)  何で有名になってきたものか分かりませんが、ヒルトン姉妹のパリス・ヒルトンが出てい... [Read More]

Tracked on 10/25/2005 at 23:19

» 蝋人形の館 [Saturday In The Park]
アメリカ 113分 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:エリシャ・カスバート     チャド・マイケル・マーレイ     ブライアン・ヴァン・ホルト     パリス・ヒルトン カーリーと親友のペイジら6人の若者たちは長距離ドライブの途中キャンプ場で 一...... [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 00:03

» 蝋人形の館 / HOUSE OF WAX [我想一個人映画美的女人blog]
パリスが見たい!!という理由で試写に行ってきた〜。 (笑 ワタシ、ほんとにパリスけっこう好きなのダ★ヒルトンホテルの令嬢、パリスの本格的女優デビュー第一弾。 1933年代と53年代の「肉の蝋人形」を、 ロバートゼメキス創立で送り出すリメイクB級ホラー専門の製作会社、 ダークキャッスルエンターテインメント の第5弾!としてリメイク。 その名も「蝋人形の館」 監督は初メガホンという、31歳の若手。 過去のダークキ�... [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 00:40

» 映画「蝋人形の館」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
公開当日に劇場で観ました。33年と53年に映画化された猟奇ホラーの再リメイク。ダーク・キャッスル・エンターテイメント製作の第5弾です。とにかく主役のエリシャ・カスバートがめっちゃかわいかった。この映画で一気にファンになりました。エリシャ・カスバートと言えば「24...... [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 12:24

» 蝋人形の館 [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★ 蝋人形は、医学的な研究に使用する死体の保存のため、蝋解剖模型が作られたことから誕生。 [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 12:46

» ★蝋人形の館★ [さやのブログ]
深夜のテストラン。ただでさえ深夜の映写室は怖いのに、ホラー映画なんて・・予告で見た感じでは、怖いというよりちょっと気持ち悪そうかな?って印象の映画★夜の2:30から [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 15:26

» 蝋人形の館 [みかんのかんづめ]
登場人物達の ドロドロした展開が見所  ~ ストーリー ~ フットボールの試合を観戦しようと、 カーリーと恋人ら若者6人がドライブ旅行へ出かけた。 途中、森でキャンプするが、次の日、 車のファンベルトが切断されていることに気づく。 修理の必要に迫ら... [Read More]

Tracked on 10/27/2005 at 00:09

» #38:蝋人形の館 [*KAZZの呟き*]
KAZZのこの映画の評価  下らないけど、面白い アメリカの王道ホラーと言った感じの映画です B級映画好きには、たまらない映画だと思うよ 特殊メイクの技術が凄い この映画でパリス・ヒルトン(大金持ちのヒルトン姉妹の片割れ)と、 24のキム(ジャッ...... [Read More]

Tracked on 10/27/2005 at 19:28

» 蝋人形の館 [Imagination From The Other Side]
ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバー率いるダーク・キャッスル・エンタテインメントの第5作目は、1930年代と50年代にそれぞれ映画化されている「肉の蝋人形」のリメイク。 主演は「24 TWENTY FOUR」「ガール・ネクスト・ドア」のエリシャ・カスバート。 共演に「フォー...... [Read More]

Tracked on 10/29/2005 at 01:08

» 蝋人形の館 [まつさんの映画伝道師]
第252回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面を含む「ホラー」視点の文章になっているので、ご注意あそばせ) 「人形」とは字の如く、「人を模った形をしたもの」だ。  その「人形」は映画のアイテムとして度々登場するも、どこか「不気味なもの」として扱わ....... [Read More]

Tracked on 10/29/2005 at 09:11

» 蝋人形の館 [ネタバレ映画館]
 何がパリスに起こったか?  寂れた小さな町アンブローズ。車のファンベルトを買いに来ただけなのに、逃れようのない恐怖に襲われる若者たち。これぞアメリカンホラーの伝統を継承するキワモノ映画なのだ。怖い、痛い、グロいの連続技によって心拍数がかなり上昇します。中途半端なJホラー、韓国ホラーなんて目じゃないよと言わんばかりの、ロバート・ゼメキスらが設立したダーク・キャッスル。ホラーの伝統を数々のオマー... [Read More]

Tracked on 10/30/2005 at 22:23

» 『蝋人形の館/HOUSE OF WAX』 [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『蝋人形の館』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/houseofwax/原題:HOUSE OF WAX製作:2005年米監督:ジャウマ・コレット=セラ出演:エリシャ・カスバート/チャド・マイケル・マーレイ/パリス・ヒルトン33年と53年に映画化された猟奇ホラーをフレッシュなハリウ....... [Read More]

Tracked on 10/31/2005 at 06:18

» 『蝋人形の館』 [今日も映画、明日も映画♪]
 今日は久々のホラー映画、『蝋人形の館 』の試写会に行きました。 STORY  フットボールの試合を観戦しようと、カーリー(エリシャ・カスバート)と恋人ら若者6人がドライブ旅行へ出かけた。途中、森でキャンプするが、次の日、車のファンベルトが切断されていることに気... [Read More]

Tracked on 11/01/2005 at 22:39

» 蝋人形の館 [シンガーソングライター Mass-banの部屋]
蝋人形の館を観に行った。 やはりホラーは映画館で観ないと! 怖いのが目的のホラーだから、やっぱりより怖いトコで観ないと損な気がするのだ。 ところで、俺の家には忍者がいる。 ウチの兄貴だ。 彼は廊下も階段も音も無く移動し、しかも瞬間移動してんじゃないか?ってくらい早い。 こうして部屋でパソコンをいじっていると、いつの間に背後に黙って立っていたりするので、全然油断していて振り返ると超ビックリする! そんな事を子供の頃から続けられ、脅かされ続けてきた為、きっと俺の寿命は短い。 ... [Read More]

Tracked on 11/03/2005 at 01:30

» 「蝋人形の館」 [雑板屋]
これは大好物です! 盛り上がるまで多少時間を要しますが、後半から一気にグロ度数がUPします。感心したのは、暗闇でのカメラワークと映像の見せ方。じわじわと追い詰める感覚も巧妙だと思います。 少し残念なのは今風な現代ホラーなノリで、映像にあまり適切でない騒々....... [Read More]

Tracked on 11/08/2005 at 02:34

» 「蝋人形の館」 [雑板屋]
これは大好物です! 盛り上がるまで多少時間を要しますが、後半から一気にグロ度数がUPします。感心したのは、暗闇でのカメラワークと映像の見せ方。じわじわと追い詰める感覚も巧妙だと思います。 少し残念なのは今風な現代ホラーなノリで、映像にあまり適切でない騒々....... [Read More]

Tracked on 11/08/2005 at 02:35

» 蝋人形の館 ★★+1/2★ [ボタン連打]
ホラーが嫌いで、かの名作「エイリアン」シリーズですら未見な私が、何故このような映画を観ることになってしまったのか。 それは、とある日。 友:「”蝋人形の館”の試写会チケットあるから観よっ!(^▽^)」 私:「ええー、ホラーダメなんだよアタシ」 友:「女子高....... [Read More]

Tracked on 11/09/2005 at 12:27

» 要注意!完全ネタバレ『蝋人形の館』ガイド [Dead Movie Society★映画三昧★]
お待たせしました! ホラー専門プロダクションのダークキャッスル作品第5弾 『蝋人形の館』が先月末より劇場公開されている。 ダークキャッスルの前作『ゴシカ』は豪華キャストだったが、 今回は若手成長株中心のフレッシュな配役。 これまでのダークキャッスル作品は、... [Read More]

Tracked on 11/14/2005 at 02:16

» ルービック・キューブしてる人 [Dead Movie Society★映画三昧★]
最近、またルービック・キューブって復活したんですか? もう先月の話になるけど、 比較的車内がすいていた午後のある日、地下鉄に乗っていたら、 脇目もふらずルービック・キューブに夢中になっている人を発見した。 しかも、眼鏡の奥で怪しい薄笑いを浮かべて……。 ずいぶ... [Read More]

Tracked on 11/14/2005 at 02:46

» ホラー映画専門の製作会社「ダークキャッスル」 [Dead Movie Society★映画三昧★]
先日、ここで紹介した『13ゴースト』(2001年公開)は、 ホラー映画専門の製作会社として新たに立ち上げられた ダークキャッスル・エンターテイメントの第2弾になる。 40年以上も前の1960年に公開された同じタイトル作品の リメイクで、設定だけ同じでストーリ... [Read More]

Tracked on 11/14/2005 at 02:49

» 韓流ホラー『コックリさん』の呪文は日本語? [Dead Movie Society★映画三昧★]
都会から田舎の女子高に引っ越してきたイジメられっ子が、 友達3人と夜の教室でコックリさんを呼び出す巻頭シーン。 「ぶんしんさば、ぶんしんさば、おいでくださいませ…」 なんと、その呪文には日本語らしきものがたくさん混じっている!! まず、そこに興味を持たない... [Read More]

Tracked on 11/14/2005 at 02:52

» 蝋人形の館 [泥海ニ爆ゼル]
「蝋人形の館」 久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。 若い男女6人がフットボール観戦で遠征し、途中でキャンプ。夜の間に車の部品を外され、通りがかった男に案内された小さな町、アンブローズ。寂れた町の片隅には、大きな蝋人形館が… お約束をバカにしてはいけない、そう反省させられた1本です。 例の「... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 13:53

» 蝋人形の館 [泥海ニ爆ゼル]
「蝋人形の館」 久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。 若い男女6人がフットボール観戦で遠征し、途中でキャンプ。夜の間に車の部品を外され、通りがかった男に案内された小さな町、アンブローズ。寂れた町の片隅には、大きな蝋人形館が… お約束をバカにしてはいけない、そう反省させられた1本です。 例の「... [Read More]

Tracked on 11/30/2005 at 13:54

« カットバックで迫力倍増―「ステルス」― | Main | 私の頭の中の消しゴム »