« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | Main | 馴染みになる方法―「バタフライ・エフェクト」― »

05/30/2005

バタフライ・エフェクト(THE BUTTERFLY EFFECT)

B000AM6R00バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
アシュトン・カッチャー エリック・ブレス J・マッキー・グラバー
ジェネオン エンタテインメント 2005-10-21

by G-Tools

エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー監督/アメリカ/2004年/114分

「時間」と「記憶」を題材に「日常」という海に「感動」という波をおこした斬新SFラブストーリー。運命に取り組む日米の違いを「いま、会いにゆきます」と比較。日常のワンシーンに込められたストーリーで感動の波を起こせるかどうかを「愛してる、愛してない...」との比較でみてみよう。

物語の紹介
―――――――――――――――――――――
少年の頃にときどき記憶がなくなって失神することが度々あった大学生のエヴァンは、7歳からつけはじめた日記を読んでいるときに、運命の分かれ目である過去の一部を変更する方法を発見します。
エヴァンは最愛の人、家族、友人を救うために何度も過去を書きかえていきます。


主な登場人物の紹介
―――――――――――――――――――――
△エヴァン・トレボーン
 心理学専攻の大学生

△ケイリー
 エヴァンの幼馴染。エヴァンが愛する女性

△トミー
 ケイリーの兄

△レニー・ケイガン
 エヴァンの幼馴染の友人

△アンドレア
 エヴァンの母親


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
「時間」と「記憶」を題材に「日常」という海に「感動」という波をおこした斬新SFラブストーリー。運命に取り組む日米の違いを「いま、会いにゆきます」と比較。日常のワンシーンに込められたストーリーで感動の波を起こせるかどうかを「愛してる、愛してない...」との比較でみてみよう。


‡ 過去や未来に対する取り組み方~日米の違い~ ‡

ハリウッド映画で「運命は自分で切り開くものだ」「未来は変えられる」といったコピーをよく聞きます。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「ターミネーター」シリーズでは、過去を変えることで良い未来を手に入れようとします。

ハリウッド映画の登場人物は、自分にとって良い未来を築くために茨の道を切り開いていきます。

「運命」が自分によい影響を及ぼすときはこれを「ギフト」として受けとめ、悪い影響を及ぼすときはこれに「運命に呑まれずに道を切り開い」ていくのです。

一方、日本の映画作品「いま、会いにゆきます」では「自分の未来」という「運命」を知った女性(澪)は「運命」を受けとめて、残された時間を大好きな夫と息子と共に精一杯生きることを選びます。

「いま、会いにゆきます」作品レビュー

澪は自分の未来を垣間見たことで、自分が長生きするかもしれない道を選ぶこともできました。でも、たとえ自分の命の灯火が弱くなろうとも、愛する人と一緒にいることを選んだのです。

ここに日米の違いが表れています。澪は自分が長生きしないという「負」の運命をあえて受け入れることで愛する夫とまだ見ぬ息子と生きる決心をしたのですが、これがハリウッド映画だったらまた違っていたでしょう。

どう違っているかというと、主人公の女性が愛する人と一緒に「長生きしないという負の運命」に立ち向かい、やがてそれに打ち勝って共に末永く幸せに暮らすというハッピーエンドにする、というのが基本です。

では「バタフライ・エフェクト」はどうなのでしょう?


‡ 愛する彼女や大事な家族や友人、自分の将来を取り戻すために ‡

まず「喪失」があります。愛する人を失ってしまうのです。その原因が自分にあると感じたエヴァンは、愛するケイリーを取り戻すために奔走します。

ここでも焦点は「未来」です。失ってしまった愛するケイリーの将来という「未来」を取り戻す物語なのです。

「いま、会いにゆきます」が「2択」なら「バタフライ・エフェクト」は「何度でも」です。

ひとつの運命を受け入れて精一杯生きることを決意した「いま、会いにゆきます」の澪。

愛する人の未来を取り戻すために何度でも過去を書き変えるエヴァン。

だれかを深く愛するということでは同じでも、決断と行動ではこんなにも違いがあるんですね。

でもエヴァンは何度も過去を書き変えてわかったこと――つまり、最善の方法はなにかということ、を知ります。

それは「いま、会いにゆきます」の澪の二択のうちのひとつと同じものでした。

でも! 「バタフライ・エフェクト」のせつな過ぎるハッピー・エンドには新たな未来への一筋の希望の光が射し込んでいます。

「バタフライ・エフェクト」のエンディングは、どうやら当初のものとは違っているようです。いわゆるディレクターズカット版というものがあるようです。それには「新たな未来への希望」へ繋がるシーンがいくつかあるらしいのです。


‡ 親近感あふれる「過去を書き変える方法」 ‡

愛する人を取り戻すために過去や未来を旅した人を描いた有名な作品に「タイムマシン」(サイモン・ウェルズ監督/2002年/アメリカ原作:H・G・ウェルズ『タイムマシン』〈1895〉)があります。これも、未来(夢・希望)の物語です。

「タイムマシン(THE TIME MACHINE)」作品レビュー

題名のとおり、この作品では「タイムマシン」が登場します。SF的好奇心を刺激されて心踊るところですね。

一方「バタフライ・エフェクト」にはタイムマシンは登場しません。時間旅行ができる車(例:「バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン」)も登場しません。どこかの大企業が秘密裏に開発したタイムトラベル装置(例:「タイムライン」)も登場しません。

エヴァンが過去を書きかえるために使うのは7歳からつけはじめた日記です。

アルバムやビデオや日記で過去に思いを馳せるというのは、だれにもでもあることでしょう。そんな日常のひとつ――日記を読み返す――で過去を書きかえるのです。

ここでいう過去を書きかえるというのは「過去の空白の一部を未来で埋める」というのがより正確な言い方です。


‡ 日常の風景(すれ違う男女)が感動を与える ‡

道ですれ違う男女。どこにでもある日常の風景ですね。日常の風景で観客に感動を与えるためには、キャラクターへの感情移入とストーリーが必要です。

日常のなにげない風景の裏側に潜む恐怖を描いた作品に「愛してる、愛してない...(A la folie…pas du tout…)」があります。

「愛してる、愛してない...(A la folie…pas du tout…)」作品レビュー

「バラを1本あげる」
「カギでドアを開ける」

こんな日常のワンシーンでさえも、観方を変えることで恐ろしいホラーにもなるというのをよく描いています。

しかし「愛してる、愛してない...」では日常のなに気ないワンシーンで身の毛がよだつことはありますが、ジーンと胸をうつようなことはあありません。

作品は空想と現実のサスペンスホラーなので、身の毛がよだってもらえれば目的は十分に果したことになるのですが、もうひとつの「なにか」はありません。

一方「バタフライ・エフェクト」はSF作品ですので、斬新なアイデアや仕掛けによって非日常の世界を舞台で観客を楽しませることができればOKですが、実はそれだけはないのです。

「バタフライ・エフェクト」には「愛してる、愛してない...」にはない、もうひとつの「なにか」があるのです。

どちらの作品も緻密に脚本が練られています。
脚本とはいわば「頭で絞って」できたものです。そこに「感情」という魂を込めることができれば「頭」と「心」の両方が揃うのです。

「バタフライ・エフェクト」は「時間」と「記憶」という題材で斬新なSF作品を作り上げました。しかし、それだけではなく「日常」という海に「感動」という波をおこしたのです。

この波は観客の心の奥底までじっくりと沁みわたっていきます。

緻密な脚本(よく観るとアラはありますが、作品の「勢い」によってそれはたいしたことがないように思わせる、そんな作品の力がある)と感情が揃っているのです。

緻密な脚本(頭) + 感情(心)


‡ 少年時代 ‡

エヴァンの少年時代のいくつかの出来事がさまざまな未来へ繋がる分岐点になっています。この少年時代の出来事のひとつは、かなりダークなかんじなんです。

子供にとってはちょっとしたイタズラの延長だったのですが……。

子供には無邪気なところがありますが、それゆえに大人からみると残酷に思えることもあったりしますよね。

皆さんも、子供の頃に遊びのつもりでやっていたことを、大人になってから思い返してみると、ずいぶんなことをしたなぁっとふと思ったりすることもあるでしょう。

大人の描き方にしても子供の描き方にしても、美化していません。

このあたりは「いま、会いにゆきます」が子供を無邪気に美化して描いているあたりとは違うところですネ。

子供をはじめとするキャラクターの描き方について「いま、会いにゆきます」が「精進料理」なら、「バタフライ・エフェクト」は「バイキング料理」です。

世界各国の料理のバイキング(食べ放題)では、さまざまな食べ物がああります。なかにはコレストロールたっぷりで健康にはよくないものもあるかもしれませんが、そいういうものほどおいしくて人気があったりもします。

様々な料理のなかから何を選んで食べるかは、それぞれが決めることなのです。


‡ その他 ‡

健康にいい精進料理を食べたいなら「いま、会いにゆきます」をどうぞ。
食べ方によっては健康を損なうおそれがあっても好きなおいしいものを食べたいなら「バタフライ・エフェクト」をどうぞ。

過去を書きかえることのよって、登場人物たちの境遇が大きく変わります。それに伴って体型や服装やメイクも大きく変化します。

ひとりの俳優さんのいろんな役どころを1本の作品で楽しめますよ。


∇無料レポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。

基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス


Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

人気blogランキングに参加しています。人気の映画ブログがわかります。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

|

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | Main | 馴染みになる方法―「バタフライ・エフェクト」― »

Comments

深い分析ですね!「いま、会いにゆきます」も非常に楽しめた作品だったので、対比は興味深かったです。

TBさせていただきました☆

Posted by: Azot | 10/26/2005 at 02:28

Amazing! Its in fact amazing piece of writing, I have got much clear idea regarding from this article.

Posted by: free music downloads | 02/26/2015 at 16:52

My family always say that I am killing my time here at net, but I know I am getting knowledge every day by reading such pleasant content.

Posted by: match.Com | 04/06/2015 at 16:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/4334190

Listed below are links to weblogs that reference バタフライ・エフェクト(THE BUTTERFLY EFFECT):

» ハッピーエンドなのに悲しすぎる [soramove]
「バタフライ・エフェクト」★★★★ アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート主演 予備知識が 全くなしで見た。 詳しい内容解説は HPに任せるとして、 映画の冒頭でも出てくるが キーワードはひとつ。 『蝶の羽が世界のどこかで 揺れただけで 変わっ...... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 01:00

» ★「バタフライ・エフェクト」 [ひらりん的映画ブログ]
今週公開の「ミリオンダラー・ベイビー」か「オペレッタ狸御殿」を観ようと思ったけど・・・ 時間があわず・・・これを観る事に。 予告見てて、「いずれ観よう」と思ってたので・・・ 2004年度製作のサスペンス・ドラマ、114分もの。 あらすじ 父親から遺伝?で、子供の頃から一瞬記憶を失う状態にたびたび襲われるエヴァン。 医者の勧めで日記をつけることに・・・。 7歳の時・・・幼なじみの父親が映画を撮ろうとし�... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 03:15

» バタフライ・エフェクト [棚]
MOVIXにて ---------- どこかの格言かなにかに 「チョウチョが舞ったのが影響で、全然関係のないところで災いが起こる。」 みたいなものがあるらしい。 内容は、過去に何度も戻る能力を持った少年が 愛する彼女が幸せになるように願って過去に戻るといったもの。 サスペンス。R-15がついてた。 記憶を使った話ということで、 「メメント」バリのものを期待して見に行ってきた。 音楽は、若い子向きという... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 12:20

» [映画館で観たの] バタフライ・エフェクト [シネマのしたため]
過去をいじると「鼻血ブー」! ほじりすぎにはご注意? 『バタフライ・エフェクト』 敵が”記憶”だったり”過去”。それは自分との戦い。 コレ系の映画は近年けっこう発表されていて、 『メメント』やもうすぐ公開の『フォーガットン』 などがそれにあたるかしら...... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 13:25

» 「バタフライ・エフェクト」 [the borderland]
タイムスリップものなんだけど、SFという雰囲気は全くなくて、シリアスなサスペンスに仕上がってます。しかもタイムマシンを使わないから、機械が壊れたとか、燃料がないとかそんな悩みはありません(^^; ですから行ったり来たりが非常にテンポ良くて、じっくり見たらきっと矛盾点はあるんだろうけど、そんなこと気にならないほど、話に引き込まれました。 上映期間が2週間ぐらいしかないみたいですが、サスペンス好きならきっと楽しめると思います、ぜひ劇場で見てください! 幼い頃から度々肝心な場面の記憶を失ってい... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 21:03

» 「バタフライ・エフェクト」 [the borderland]
タイムスリップものなんだけど、SFという雰囲気は全くなくて、シリアスなサスペンスに仕上がってます。しかもタイムマシンを使わないから、機械が壊れたとか、燃料がないとかそんな悩みはありません(^^; ですから行ったり来たりが非常にテンポ良くて、じっくり見たらきっと矛盾点はあるんだろうけど、そんなこと気にならないほど、話に引き込まれました。 上映期間が2週間ぐらいしかないみたいですが、サスペンス好きならきっと楽しめると思います、ぜひ劇場で見てください! 幼い頃から度々肝心な場面の記憶を失ってい... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 21:09

» 「バタフライ・エファクト」 [尋常ならぬ娘のオタクな映画日記]
    「バタフライ・エファクト」 観てきました!! 土曜日なので多いかなぁと心配していましたが・・・ 意外なことに先週の土曜日、同じ時間帯にあった「海を飛ぶ夢」よりはるかに少なくてびっくり。 確かに、マイナーなので少ないだろうとは思っていましたが。 前評判があまりによかったので、ワクワク♪ワクワク♪して観ました。 結果。。。 前評判どおり!!観てよか�... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 23:44

» 「バタフライ・エファクト」 [尋常ならぬ娘のオタクな映画日記]
    「バタフライ・エファクト」 観てきました!! 土曜日なので多いかなぁと心配していましたが・・・ 意外なことに先週の土曜日、同じ時間帯にあった「海を飛ぶ夢」よりはるかに少なくてびっくり。 確かに、マイナーなので少ないだろうとは思っていましたが。 前評判があまりによかったので、ワクワク♪ワクワク♪して観ました。 結果。。。 前評判どおり!!観てよか�... [Read More]

Tracked on 05/30/2005 at 23:49

» バタフライ・エフェクト [まつさんの映画伝道師]
第95回 ★★★★☆(劇場) (ラストに言及している文面があるのでご注意あそばせ。鑑賞後のお目通しをお勧め致します) 「風が吹けば桶屋が儲かる」  タイトルの「バタフライ・エフェクト」とはそういうことだ。  中国で蝶が羽ばたくと地球の反対側で竜... [Read More]

Tracked on 05/31/2005 at 07:13

» 「バタフライ・エフェクト」を観る(From MM) [Cinema Satellite Neo]
くそ、やられたっ!   これ、本作を観終わった直後のワタクシめの率直な感想です。   この作品は、ぶっちゃけ話に「深さ」はないんです。   が、そんなことを吹っ飛ばすくらいくらい「語り」が上手いんすね。   良い酒に気持ち良く酔わされた――そんな賛辞がほんとにしっ..... [Read More]

Tracked on 06/01/2005 at 01:04

» ●バタフライ・エフェクト/もしも・・ [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
バタフライ・エフェクト もしも過去が少しだけ変えられるとしたら、あなたは誰のために何をしますか・・・。 映画の題名の、バタフライ・エフェクトとは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」=初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオス理論の一つ。 エヴァンは「君を迎えに来る」と幼馴染みのケイリー約束した、少年時代の約束をいつしか忘れ2人は�... [Read More]

Tracked on 06/03/2005 at 00:45

» 究極の愛を教えてくれる◆『バタフライ・エフェクト』 [日々の記録と、コラムみたいなもの]
6月1日(水)AMCリバーサイドモール16にて 「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」 初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出すという、カオス理論のひとつを『バタフライ・エフェクト』と言うのだという。 例えば、目の前の信号が... [Read More]

Tracked on 06/04/2005 at 02:46

» 「バタフライ・エフェクト」と「ミリオンダラー・ベイビー」の共通点 [尋常ならぬ娘のオタクな映画日記]
      以前、語らせていただいた、これらの作品。 「バタフライ・エフェクト」 と 「ミリオンダラー・ベイビー」 どちらも今年の上半期ベスト5に間違いなく入るであろう作品である。 もしかしたら、今年のベスト5にも、そのまま生き残ることができるかもしれない。 一見、全く違うこの2本の作品。 しかし、この2本の作品は、最も重要なテーマでつな�... [Read More]

Tracked on 06/06/2005 at 22:56

» 「バタフライ・エフェクト」と「ミリオンダラー・ベイビー」の共通点 [尋常ならぬ娘のオタクな映画日記]
      以前、語らせていただいた、これらの作品。 「バタフライ・エフェクト」 と 「ミリオンダラー・ベイビー」 どちらも今年の上半期ベスト5に間違いなく入るであろう作品である。 もしかしたら、今年のベスト5にも、そのまま生き残ることができるかもしれない。 一見、全く違うこの2本の作品。 しかし、この2本の作品は、最も重要なテーマでつな�... [Read More]

Tracked on 06/06/2005 at 22:58

» [バタフライ・エフェクト][劇場] [一年で365本ひたすら映画を観まくる日記]
★ストーリー 『幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァン(アシュトン・カッチャー)は、治療のため日記をつけていた。そして13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリー(エイミー・スマート)たちと悪戯をして大事故をひき起こす。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「きっと迎えにくる」と言い残し街を後にした。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失う事もなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に再び変化が起き始める。「もしも、過去を変... [Read More]

Tracked on 06/07/2005 at 11:38

» 映画「バタフライ・エフェクト」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。面白かったです。「バタフライ・エフェクト」とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」(カオス理論)から始まります。主人公のエヴァンは何回もタイムスリップを重ねて、彼女を助けようとするが、毎回失敗してしまうというお話。タイ...... [Read More]

Tracked on 10/23/2005 at 00:20

» 映画「バタフライ・エフェクト」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。面白かったです。「バタフライ・エフェクト」とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」(カオス理論)から始まります。主人公のエヴァンは何回もタイムスリップを重ねて、彼女を助けようとするが、毎回失敗してしまうというお話。タイ...... [Read More]

Tracked on 10/23/2005 at 00:23

» バタフライ エフェクト [arudenteな米]
良く出来ているが苦い バタフライ エフェクト(The Butterfly Effect) http://www.butterflyeffect.jp/ 『バタフライ・エフェクト』とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」 初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオス理論のひとつ という事で上記の説明が十分ネタバレなので感想もネタばれていきます 監督はエ�... [Read More]

Tracked on 10/23/2005 at 12:46

» バタフライ・エフェクト(2004/米) [虫干し映画MEMO]
THE BUTTERFLY EFFECT 監督: エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー 出演: アシュトン・カッチャー エイミー・スマート ウィリアム・リー・スコット  “バタフライ・エフェクト”とは、カオス理論を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる”という喩えで表した有名な言葉。はじめのちょっとした差異が波及して大きな違いになっていくこと。 �... [Read More]

Tracked on 10/24/2005 at 08:23

» 『バタフライ・エフェクト』 [Believe Weblog]
記憶を扱ったものが好きです。 今回は過去を変えるこの映画。 『きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る』 TSUTAYAの情報誌を眺めていて、この「バタフライ・エフェクト」という 映画の存在を知りました。まったく知らなかったですけどね。 ちなみに、バタフライ・エフ..... [Read More]

Tracked on 10/26/2005 at 02:26

» バタフライ・エフェクト [Rohi-ta_site.com]
DVDで、アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン 出演、エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー 監督作品の「バタフライ・エフェクト」を観ました。 ●ストーリー 幼い頃から、原因不明の記憶喪失を度々起していたエヴァン(アシュトン・カッチャー)は、治療の為、精神科の医師の指示に従い、毎日の出来事を日記につけていた。 エヴァンが13歳の頃、幼馴染みのケイリー(エイミー・スマート)、トミー(ウィリアム・リー・スコット)、レニー(エルデ..... [Read More]

Tracked on 10/29/2005 at 01:49

» バタフライ・エフェクト [SHIGEKAZU "OSHARE" Blog]
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディションアシュトン・カッチャー エリック... [Read More]

Tracked on 10/30/2005 at 02:01

» バタフライ・エフェクト(the butterfly effect) [ホームシアターで映画三昧]
遺伝的にある障害をもつ可能性のあるエヴァン(Ashton Kutcher)。彼が7歳からつけてきた日記があった。偶然なのか必然だったのか、日記は彼の障害というフィルターを通り、幼馴染のケイリー(Amy Smart)達や周囲に大きな影響を与える・・・(公式HP)そもそも、運命を変える....... [Read More]

Tracked on 11/13/2005 at 12:35

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | Main | 馴染みになる方法―「バタフライ・エフェクト」― »