« あずみ2 Death or Love | Main | 映画無料メルマガ創刊 »

04/03/2005

潜水艦映画「眼下の敵」のちょっとありえない話

眼下の敵
ロバート・ミッチャム ディック・パウエル クルト・ユルゲンス アル・ヘディソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-01-23


by G-Tools

前回の「K-19の原子炉のしくみ」につづいて、今回は潜水艦映画「眼下の敵」のちょっとありえない話をご紹介します。

在日米軍ラジオ放送のAFN(American Forces Network)の天気予報では
atugi,mostly sunny,High 55 degrees~といったようなかんじで流れます。

え? 最高気温が55度! ちょっと軽めのサウナ状態じゃないか。って一瞬思いますが、あちらは華氏を使うんですね。暑いのか寒いのか全然ピンときません。日本では摂氏を使いますから。

さて、艦船ではどんな単位を使うのでしょう。

潜水艦映画「眼下の敵」ではわかりやすくするために実際とは違う単位を使っているそうです。

艦船専門家の川村庸也氏に解説していただきましょう。

***************************************************************************
駆逐艦長が投下する爆雷の爆発深度をセットし、潜水艦がこれを逃れるため懸命に深度を変えるのですが、これがスリル満点の場面となっています。ところが、ドイツはメートルを使い、アメリカはフィートを使います。それでは面白い話にならないので、映画ではアメリカ海軍もメートルを使っており、これは絶対にありえないことなのです。

アメリカ海軍は縦の距離(飛行機の高度、潜水艦の深度)にはフィートを使い、平らな距離(砲撃の目標、僚艦との間の距離など)にはヤードを使い、銃砲の口径にはインチを使うなど、ややこやしい所です。これは全部ドイツも、旧帝国海軍もメートル法でやれたのです。

単位の話は海上自衛隊はほぼ米海軍と同じで、艦砲もスケールはヤードとなっており、珍しくはないでしょう。そのほか海底にあるものについては、尋(Fathom)という単位があります。

アメリカやイギリスにいて、困るのは温度で、連中は体温にまで華氏を使うので、さっぱりピンと来ません。病院で、熱があるぞ、105度だ。などといわれてもさっぱり分からないのです。もちろん体温計も華氏ばかりです。

やはり、映画史上でもっとも傑作の潜水艦映画は「海の牙」でしょう。1946年にできたフランス映画ですが、IX型U-ボートの本物を使っています。これはフランス人はフランス語、ドイツ人はドイツ語を使っており、ナチの幹部とドイツ人の艦長がクルーに秘密がばれないようにフランス語で話をするという、巧みな設定です。

最近「ミッドウェー」の英語版を見ましたが、山本司令長官と参謀たちが英語で話をしているというのには、酷い違和感を感じました。三船敏郎は英語は話さない筈なので、吹き替えでしょう。日本語版ではもちろんこれは日本語だったのでしょうね。
                                         (文:川村庸也氏)
***************************************************************************

メートルは日本人にも馴染み深いです。

なるほど、アメフトでは平らな距離なのでヤードを使っているのですね。

よく耳にするフィートやヤード。どこがどう違うの? ということになるとよくわからなかったのですが、こうして解説してもらうとすっきりしますね。


ちなみに「K-19」の原作者ハッチハウゼン大佐の次回作は、第2次大戦時のドイツ豪華船ブレーメンの話だそうです。
「K-19」作品レビュー


「海の牙」は未見です。観なきゃ☆

海の牙 (トールケース仕様)
アンリ・アルカン ルネ・クレマン ミシェル・オークレール マルセル・ダリオ
アイ・ヴィー・シー 2003-04-25


by G-Tools


∇在日米軍ラジオ放送関連サイト
「AFN FAN ~ タダで学べる最強ネイティブ英語」
無料メルマガも読めます↑
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガ新創刊です。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」ってどんなの?
チラっとみてもよいという方だけにしてね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。
ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキング(映画)へ

|

« あずみ2 Death or Love | Main | 映画無料メルマガ創刊 »

Comments

Incredible points. Great arguments. Keep up the great spirit.

Posted by: free music downloads online | 02/26/2015 at 11:37

Hello, i feel that i noticed you visited my site thus i got here to go back the prefer?.I'm attempting to find issues to enhance my web site!I assume its good enough to make use of a few of your ideas!!

Posted by: Quest protein bars Canada Gnc | 03/19/2015 at 19:28

There is definately a great deal to learn about this topic. I like all of the points you've made.

Posted by: search match.com | 04/09/2015 at 09:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/3548227

Listed below are links to weblogs that reference 潜水艦映画「眼下の敵」のちょっとありえない話:

« あずみ2 Death or Love | Main | 映画無料メルマガ創刊 »