« February 2005 | Main | April 2005 »

03/31/2005

人はないものねだり―「ナショナル・トレジャー」―

テレビ番組でお部屋改造というのがあります。
収納の達人やインテリアデザイナーがなるべく身近にあるものを使って
依頼者の部屋を生まれ変わらせるというものです。

そこで活用するのが百円ショップ。百円ショップで買ってきたものをい
くつか組み合わせて部屋のインテリア用品を作るのが人気です。

百円ショップの商品はどこでも買える物ばかりですが、これらをいくつ
か組み合わせると「まぁ素敵!」と思わず言ってしまうようなインテリ
ア小物に大変身します。

映画作品を例にみてみましょう。
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…
∇「 ナショナル・トレジャー(NATIONAL TREASURE)」

ジョン・タートルトーブ監督/2004年/アメリカ合衆国/131分

〈Story〉
太古の秘宝がアメリカ独立戦争時に行方知れずになった。歴史学者のベ
ン・ゲイツは伝説の秘宝のありかの謎を解く鍵がアメリカ独立宣言書に
あることを知る。ベンは相棒と博士と共に秘宝を探しもとめる
作品レビュー
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…

いわゆる宝探しの冒険物という位置付けの作品ですが、実はアメリカ映
画お約束のプロパガンダ作品という観方もできます。

おっといきなり脱線してしまいました! これについては↓のレビュー
をご覧あれ。

(まつさんの映画伝道師)さん 「ナショナル・トレジャー」


さて、主人公ベンとその仲間たちはお宝を探しています。お宝探しとい
ってすぐ思いつくのがハリソン・フォード主演のインディ・ジョーンズ
シリーズ。それにアンジェリーナ・ジョリー主演のトゥーム・レイダー
シリーズ。どちらも世界の秘境を旅してお宝を探します。そこにアクシ
ョンも加わっています。

宝探しというジャンルではすでにインディ・ジョーンズとララ・クロフ
ト(トゥーム・レイダーの女性主人公)の二大巨頭がいます。他に有名
な作品では「グーニーズ」やディズニーの「パイレーツ・オブ・カリビ
アン」もあります。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」作品レビュー
  

宝探しという市場でいうと、新たに参入して成功する余地はすでにほと
んどありません。

そこで「ナショナル・トレジャー」では従来の宝探しモノの定石を踏ん
でいません。

〈1〉派手なアクションシーンはない

〈2〉ジャングルなどの秘境に行かない

秘境もアクションもない宝捜しの冒険モノ。ではどこを冒険するのか。
冒険の舞台はアメリカの歴史的名所です。博物館や遺跡で撮影するとい
うのは、いくら映画撮影をしやすいアメリカ合衆国とはいえ、かなり大
変だったことでしょう。なにしろ歴史遺産が万一傷づいたり壊れれたり
してしまったら、ということで撮影許可がおりづらかったのではないか
と思います。

アメリカの歴史的名所は、あたりまえですがアメリカ国内になります。
それも街中に。つまり、お宝は日常のなかに眠っているのです。

あなたの近所の公園に「○○古墳」とか「○○城跡」なんて碑や看板は
ありませんか。
あなたの畑を掘ってみたら「○○王金印」なんて彫ってある印鑑みたい
なもの出てきたことありませんか?

金印は出てこなくても、古墳や城跡ならけっこう思い当たる場所がある
でしょう。

そんな日常の風景のなかに、お宝が眠っている! となれば、ちょっと
ワクワクしませんか?

アメリカって他の国々にくらべると歴史はそんなに長くありません。な
ので自国の歴史をより一層大事にして、その価値をより高くしたいとい
うおもいが強いでしょう。

すると、アメリカ国内にお宝があるというのは、アメリカ人にはとても
うれしいものなのです。

荒れ果てていたあなたの畑から温泉が出たら? 村全体が温泉で潤って
あなたは次期村長や青年団長に推薦されるかも?(って都会住まいの方
は想像してくださいね)。

なにも東京や大阪にだけ楽しいことがあるわけではありません。そうは
言っても都会には田舎にはない楽しい遊びスポットやイベントがたくさ
んあります。

東京に下北沢という若者に人気の街があります。地方からはじめてこの
街にやってきた人が、夜の12時を過ぎても街の通りに人通りがたくさん
あって、それに店がいくつも開いている。なにより道が明るい! とた
いへんおどろいたという話を聞いたことがあります。

都会には人が集まります。人が集まればいろいろな活動があります。そ
のとおりだからこそ、逆に地元(田舎)に都会の人も羨むお宝が眠って
いるとわかったらどうでしょう?

人はないものねだりです。都会住まいが長い人が、空気がきれいで静か
なカントリーに美肌になる温泉があると聞けば、行ってみたいと思うで
しょう。ゆっくりそこで暮らしたいと思う人もいるでしょう。

お宝は遠くにあるとは限りません。意外と身近にあったほうが驚きとイ
ンパクトが強くなります。

【要点】……………………………………………………………………………

●お宝が遠くにあるとはかぎらない

●身近にあるもの(百円ショップ)でも、組み合わせでお宝(インテリ
 ア小物)にもなる

●憧れているもの(都会・都会の人)が憧れるもの(田舎・温泉)を、
 自分がすでに持っていると気がつくと、なんともうれしくなる

●人はないものねだり

●憧れているAさんの背中ばかり見ていた。でも振り返るとそこにはAさ
 んがいて、私の背中ばかり見ていたという

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」ってどんなの?
チラっとみてもよいという方だけにしてね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (3)

03/30/2005

入浴時間

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
〔温泉宿のパンフレットの表記にて)

○温泉大浴場
 24H入浴不可。チェックアウト後の入浴不可。


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒伝えたい事柄が正確に伝わらない可能性がある。
⇒伝えたい事柄を書いていない。


〔3〕解説
―――――――――――
例文では「24H入浴不可」と書いてあるので、大浴場があっても宿泊
客はお風呂に入ることができません。

例文が言いたいことはおそらく、
 
「24時間いつでも入浴することができる、というわけではありません」

ということでしょう。
そうならば、いつなら入浴できるのかを書きましょう。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
○温泉大浴場

 入浴時間 15:00~23:00
        06:00~10:00
(チェックアウト後の入浴はできません)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ちょっとはためになったかな☆
という方はクリックお願いします。 ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/29/2005

エターナル・サンシャイン(ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND)

ミシェル・ゴンドリー監督/2004年/アメリカ/108分
第77回アカデミー賞脚本賞受賞

●脳というタイムマシンで遡行しながら恋人との日々を追体験して気づい
 た、かけがえのないもの。フィクションと映像の特性を最大限活かし
 た日常ベースのリアリティとSFとの絶妙なバランス感覚をもったミス
 テリー恋愛物語。

Story(ストーリー)
―――――――――――――――――――――
ジョエルは喧嘩別れした恋人が嫌な記憶を消してしまったことを知る。自分も記憶を消そうと恋人が利用したラクーナ社(Lacuna Inc.)を訪れる。この会社を利用すると一晩自宅で寝ている間に消したい記憶だけを消去できるという。
こうして喧嘩ばかりの日々を消していくのだが、その過程で恋人クレメンタインへの愛を再確認したジョエルは記憶の中の恋人を守ろうとする。


Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△ジョエル・バリッシュ
 男性。照れ屋で物静かだが愛情豊か。内向的な性格。

△クレメンタイン
 女性。好奇心旺盛で解放的だが繊細な心を持つ。
 衝動的かつ積極的な性格。

△ハワード・ミエルズウィアク
 博士。ラクーナ社 Lacuna Inc. の医師。

△メアリー(キルステン・ダンスト)
 ラクーナ社の受付嬢

△パトリック(イライジャ・ウッド)
 ラクーナ社の技術者


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
●脳というタイムマシンで遡行しながら恋人との日々を追体験して気づい
 た、かけがえのないもの。フィクションと映像の特性を最大限活かし
 た日常ベースのリアリティとSFとの絶妙なバランス感覚をもったミス
 テリー恋愛物語。

‡恋の素敵なところも辛いとことも‡

恋をしててもいいことばかりじゃない。ときには喧嘩もして、そのまま別れてしまったら、相手と過ごした時間だけ人生を無駄にしたなんて思ってしまうかも。もう思い出したくもない。思い出したら辛くなるから。もしもその思い出を消してしまうことができたなら……。
恋をした人ならだれも知っている心の痛みと、失ってはじめて気づく大切なもの。いいところも辛いところもしっかり描いているからこそ、みんなの心に響くものがあるのですね。


‡すべての登場人物の心情と行動が機能的に作用している‡

主人公の二人(ジョエルとクレメンタイン)だけではないんです。登場するすべてのキャラクターが想い、悩み、行動して、それが物語を構成する大事な一部になっていると同時に、作品を貫く過去から現在、未来への基本線となって観客を迷わせない役割も持っています。

逆の言い方をすると「とってつけたようなキャラクターや、説明だけのキャラクター」がひとりもいないんです。
言葉は適切ではないかもしれませんが「奇跡に近い」構成になっています。実際は奇跡ではありません。数学の天才は数字が建築物かDNAのらせん構造のように映像として浮かぶという話をきいたことがありますが、まさにそうした数式を利用して使った思えるほどのおそろしく計算された脚本です。


‡なんでもありな映画だからこそできること‡

映画はたいていフィクションです。なんでもアリ。太古の恐竜を街中に出現させることもできます。でも、なんでもできるからといってなんでもかんでも詰め込んだっておもしろい作品はできません。たいていは過去から現在、そして未来へとつづく物語にするのが基本です。

この基本をズラしたり応用したりするには、かなりの実力が必要です。時間軸をいじる手法はこの頃だいぶ定着してきましたね。でも、時間軸をいれかえる必然性がない作品もけっこうあります。必然性がある作品の例では「メメント」があります。「エターナル・サンシャイン」も必然性があります。しかも脳の中の時間を遡ります。


‡脳と時間‡

人はそれぞれの時間を生きています。脳の中に流れているいくつもの時間を行き来する人生の旅人ともいえるでしょう。たとえば作家のヴァージニア・ウルフは日常を描いています。日常では「ほんとうの自分探し」が行われ、ウルフは小説の登場人物たちの人生に思いを馳せます。それは、異なる時代と場所でのもうひとりの自分の姿を描いており、こうして、ひとりの人間のなかに流れるいくつもの時間を旅するのです。こうした時間旅行を映像化した作品に「めぐりあう時間たち」(レビュー)があります。
さて「エターナル・サンシャイン」でもジョエルの記憶にある、クレメンタインとの時間を旅します。旅の終わりから出発して、別れる間際は辛い思い出ばかりでしたが、付き合い始めた頃へと遡って行くと、ジョエルはクレメンタインを失いたくないと思い直すようになります。


‡脳内かくれんぼ‡

でもジョエルは記憶消去装置を頭にセットされたまま自宅のベッドに横たわっていて目覚めることができません。でも脳のなかのジョエルの耳には、自宅にやってきた技術者たちの会話がところどころ聞こえてきます。それでクレメンタインの新しい恋人がどういう人物かを知るのです。知ってもジョエルはクレメンタインに関するすべての記憶が消去できるまで目覚めることができません。さぁどうする?

そこでジョエルは消去を依頼した記憶が載っているマップの外へクレメンタインを隠そうとします。つまり、クレメンタインにまだ出会っていない頃の、みつけられそうもない記憶の底へクレメンタインを連れて行くのです。

脳内かくれんぼの映像は、映画という表現方法の最もうまい使い方のうちのひとつです。(他の参考作品「アイデンティティ」)


‡リアリティとSFの絶妙なバランス‡

記憶を消してくれるラクーナ社ってフツーの街中のフツーのビルのワンフロアにあるんです。実際に記憶を消す手術も、出張で技術者がやってきて、頭におっきなヘルメットをかぶせて、配線コードでぐちゃぐちゃ蛸足状態になった機材をセットして、80年代っぽいパソコンでカタカタとコマンドみたいなのを打ち込むんです。

記憶を消すという繋がりで「ペイ・チェック」という作品がありますが、こちらはいかにも超ハイテク企業のハイテク機械で記憶を消すというものでした。ほかに「トータル・リコール」っていう火星を舞台にしたSF作品もあります。
ラクーナ社はそんなハイテク技術を持っていても、そんなに儲かっていなさそうなんですよね。でもバレンタインデーがある2月はいそがしいみたいでした。


‡配役の巧みさ‡

ラクーナ社の受付嬢メアリーはスパイダーマンシリーズのヒロイン役のキルステン・ダンスト。彼女って売れっ子だけど、いわゆる「若い金髪女は頭はからっぽ」みたいなステレオタイプな役にぴったりはまるんですよね。そこに昼メロドラマっぽい展開が挟み込んでくるんですが、これがまた絵に描いたようにはまるんです。これをできるのが彼女のスゴいところで、実際そういった需要もかなり多いのでしょう。

そしてクレメンタイン。紙の色を紫やオレンジにする彼女は好奇心旺盛で積極的なんだけど繊細なハートを持っています。こんな役柄をうまく演じれる女優っているの?っていましたよ!ケイト・ウィンスレット。「ネバーランド」(レビュー)では3人の男の子の母親を貫禄をもって演じていましたね。
「エターナル・サンシャイン」のこの役で第77回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされていました。
また、ジョエルはクレメンタインと付き合うまえにナオミという人と同棲していました。ナオミといって思いつくのが旧約聖書のルツ記に登場する「ナオミ」。彼女は家庭におけるよき母であり姑でした。ナオミの息子は亡くなったのですが、その妻ルツは姑のナオミと一緒にいることを望んだのです。ルツはイスラエルの民からみれば異邦人です。(イスラエルの民には選民思想がある)夫が亡くなれば自分の国にかえってもよさそうなのですが、ルツはそれでも姑のナオミと一緒にいたいと思うのでした。
「ナオミ」と「クレメンタイン」。名前だけでみれば、クレメンタインはすでに劣勢です。ジョエルと付き合っているときにクレメンタインは子供がほしいと言うのですが、ジョエルはちゃんと母親ができるのか心配な素振りを見せてしまいます。クレメンタインは、わたしだってちゃんとできるわよ! と怒って路上でジョエルと言い合いになってしまいます。ジョエルの元彼女がナオミなんて名前だったということを知っているクレメンタインにとってはかなり傷ついたのでしょう。
ちなみにスーパーモデルのナオミ・キャンベルさんも聖書のナオミからとった名前なのでしょう。日本人でもカタカナで「ナオミ」という名前の方がいたら、その人はクリスチャン家庭に生まれた可能性が高いですよ。アメリカ人にも覚えられやすい名前ですし、いま娘さんの名前を何にしようかと考えている方がいらっしゃったら「ナオミ」はおすすめですよ(もちろん「直美」や「奈緒美」などの漢字でもいいと思います☆)

照れ屋で物静かだけど愛情豊か。内向的なジョエル役にジム・キャリー。俳優についての予備知識ナシで作品を観たら、ジム・キャリーだと気付かないかもしれません。それほど今までの作品の役柄とはかけ離れています。
脳内で子供の頃の記憶に入るシーンでは彼らしい面もちょっと見れます。このシーンもできて、なおかつ普段は物静かで内向的なキャラクターを表現できるのはジム・キャリーならではですね。彼の俳優としての幅の広がりを感じさせられます。


‡ミステリー仕掛けのセットアップ‡

作品の冒頭のセットアップ。朝、自宅のベッドで目覚めたジョエルは会社に行かずに反対側のプラットホームの電車に飛び乗って海にいきます。2月の海。寒さのなかおなじくひとりで来ている女性と知り合います。

なんとなく学校や会社に足が向かなくて、そのままサボって海を見にいちゃった。そんな経験がある方も、なくてもそんな思いにふと駆られたことがある方はたくさんいるでしょう。そんな自然な成り行きから偶然に出会ったふたり。でもそれにはなにやら運命とでもいうような「繋がり」があるようです。

セットアップが作品のはじまりなのは確かなのですが、ジョエルとクレメンタインにとっては、はじまりであって、はじまりではなかった……。どういうことなのかは作品を観てのおたのしみに。


とてもいいところは大事なシーンが日常の風景の中にあること。電車の中だったり、アパートの廊下だったり。どっかのお城のシャンデリアのある大広間とかじゃなく、ごくあたりまえの日常がこんなにも人を惹きつけるとは☆

そういえば脳内でのジョエルの様子はなんとなく「トゥルーマンショー」と共通するところがありますね。

普段めったに映画を観ない方は、わかりづらく感じてしまうかもしれません。結末がわかるワンパターンの作品を安心して観たいという方には向きません。

逆に、なにかあたらしくておもしろいものない?ってお探しの方にはまさにピッタリです。発想の良さとそれを作品につくりあげるセンスと構築力はピカイチです。

満足度高し! なにはともあれ映画みるならこれにしときな!イェィ☆
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
∇おすすめレビュー
EVERSMILE(エバースマイル)さん「映画『エターナル・サンシャイン』」
(日々の記録と、コラムみたいなもの)さん
「アンリアルの中に見た"リアル"◆『エターナル・サンシャイン』」

(まつさんの映画伝道師)さん「エターナル・サンシャイン」
(Swing des Spoutniks)さん『エターナル・サンシャイン』~記憶をめぐる冒険③~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」ってどんなの?
チラっとみてもよいという方だけにしてね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス

Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連・参考になる作品

メメント
ガイ・ピアース クリストファー・ノーラン キャリー=アン・モス ジョー・パントリアーノ
アミューズソフトエンタテインメント 2003-12-05


by G-Tools

トータル・リコール
アーノルド・シュワルツェネッガー シャロン・ストーン ポール・バーホーベン
ジェネオン エンタテインメント 2002-08-23


by G-Tools
ペイチェック 消された記憶
ベン・アフレック フィリップ・K・ディック ジョン・ウー アーロン・エッカート
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2004-08-25


by G-Tools


| | Comments (3) | TrackBack (19)

電車の遅れ

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
場所:駅のプラットホーム

「一時間ほどまえに変電所に落雷がありまして、そのために一時運行を停止しておりましたが今は運行を再開しております。そうした関係でただいま電車が遅れております。10分から15分程の遅れですので、当駅に次の電車が到着するにはあと15分ほどかかると思われます。お急ぎのところ大変ご迷惑を~」


〔2〕問題点
―――――――――――
原因→現状→知らせたいこと、という順番になっている。


〔3〕解説
―――――――――――
知らせたいこと(知らせるべきこと)を一番にする。
知らせたいこと→現状→原因、という順番にするとよい。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
「次の電車の到着は約15分後になります。ただいま電車が遅れています。通常運行時間より約10分から15分ほどの遅れで運行しています。電車が遅れている原因は、今から一時間程前に変電所に落雷があり、安全確認のために運行を停止していたためです。安全確認は完了して運行を再開しております。お急ぎのところ大変ご迷惑を~~」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ちょっとはためになったかな☆
という方はクリックお願いします。 ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/28/2005

基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

こんにちは。
いつもこのブログに訪れてくださっている皆さま、今日はじめて訪れて
くださった方、元気ですかぁー!(いのき風)

このブログではタイトルどうり「わかりやすさ」と「ストーリー」をキーワー
ドに文章の書き方や映画やマーケティングのご案内やご紹介をして
います。
そこで映画に関する記事だけ読みたいという声にお応えして、わかりや
すい映画案内のマガジンを発行することにしました。

その名もズバリ
「基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内」

それってどんなの?
マガジンサンプルをちょっとみてもよいという方はここ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「K-19」原子炉のしくみ

最近は「ローレライ」が観客動員で好調なようです。
「ローレライ」レビュー」を読んでもらえればわかりますが、この作品は
潜水艦という題材を使った作品というだけで、いわゆる潜水艦映画とい
うジャンルではくくれません。

そこで、もっとリアルな、硬派な潜水艦映画を観たい、知りたいという
方におすすめなのは「K-19:THE WIDOWMAKER」です。どんな作品かにつ
いてはK‐19作品レビューをどうぞ。

さて「K‐19」のどこがリアルなのか。
原作者のハクソーゼン元大佐(ご本人は「ハッチハウゼン」と英語式に発
音されているとのこと)は「”K19”は実話であるので、”レッドオクトー
バー”よりも優れている」と評価なさっているそうです。

「K‐19」は原子力潜水艦です。艦内の原子炉で事故が起き、乗組員たち
がまさに身を危険にさらして必死で放射能漏れを直そうとします。

そもそも原子炉には事故に対処する装置は付いてなかったのでしょうか。
これについて、「艦船」誌に寄稿なさっている艦船専門家の川村庸也さ
んに技術的なお話を聞かせていただいたので、以下にご紹介します。


-------------------------------------------------------
私は1997年に、ロシア原子力砕氷船「ソヴィエツキー・ソユーズ」号で
ムルマンスクから北極点(北緯90度)まで航海しましたが、しょっちゅ
う機関室に下りて、原子炉の操作を見ておりました。K-19の映画の通り、
小さなガラス窓から原子炉を覗くのですが、出力の上げ下げは中性子を
吸収するコントロール棒を上げ下げすることによって行います。映画で
もこれを一杯に下げて、出力を抑えようとするのですが、冷却水のパイ
プが漏洩し、出力が下がらない所がよく映っていました。

私は1970年頃、東京のIHIで原子力船「むつ」を建造中に見学し、原子
炉の中に入りました。
そのときにその真上に大きなタンクがあって、これにボロン(ホウ素)
を入れるということでした。ホウ素は中性子を吸収するので、K-19のよ
うな事態が起きると、これからホウ素を注入し、一発で原子の火を消す
ことができます。
エンジニアにこの船の生涯で、これを使うことが一度もないことを願っ
ているのでしょう?と尋ねたら、彼はその通りですと答えました。
                             (文:川村庸也)さん
-------------------------------------------------------


作品を見たときは、乗組員が危険をおかして原子炉のなかに入ってい
いかなければならないほど深刻な事故が起きたのだと思いました。実際
に深刻な事故なのですが、「むつ」にあるようなタンクが「K-19」には
なぜなかったのか。置くスペースがなかったのか、予算に関係するため
なのか。

「K-19」は艦船専門家の川村さんによれば「技術的には極めて優れた出
来で、文句のつけようもありません」とのこと。

まさにリアルな潜水艦映画を観たい、知りたいという方は「K-19」をご
覧になることをお勧めします。

ほかに潜水艦映画で好評なのは「眼下の敵」。
実はこの作品にははいへんな「ありえない」があるそうです。ヒントは
駆逐艦が爆発深度をセットし、潜水艦が逃れるために深度をかえるシー
ンにあります。
これについては次回にご紹介します。

技術的なお話をしていただいた艦船専門家の川村庸也さんの
「原子力砕氷船による北極点航海記」は「世界の艦船」誌にあります。
ほかにも世界で初めて敵艦を沈めた南軍潜水艦「ハンリー」の訪問記
や、ハワイ島にキャプテンクックが最期を遂げた場所を訪れた紀行文
もございます。

K-19
ハリソン・フォード キャスリン・ビグロー リーアム・ニーソン ピーター・サースガード
ポニーキャニオン 2003-07-02


by G-Tools
K‐19
ピーター ハクソーゼン Peter Huchthausen 楠木 成文
角川書店 2002-11


by G-Tools
眼下の敵
ロバート・ミッチャム ディック・パウエル クルト・ユルゲンス アル・ヘディソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-01-23


by G-Tools

| | Comments (320) | TrackBack (1)

03/24/2005

ナショナル・トレジャー(NATIONAL TREASURE)

ジョン・タートルトーブ監督/2004年/アメリカ合衆国/131分

●国内版インディがクロスワードパズルを解く宝探しゲーム。相棒と美女を加えた3人のチームがライバルチームと競争しながらトレジャーハンティング!キャラクター配置のうさまのおかげでストレートな笑いを嫌味なく発揮している。

Story(ストーリー)
―――――――――――――――――――――
太古の秘宝がアメリカ独立戦争時に行方知れずになった。歴史学者のベン・ゲイツは伝説の秘宝のありかの謎を解く鍵がアメリカ独立宣言書にあることを知る。ベンは相棒と博士と共に秘宝を探しもとめる。


Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△ベンジャミン・フランクリン・ゲイツ
 歴史学者。冒険家。

△ライリー・プール
 ベンの相棒。コンピュータの専門家

△イアン・ハウ
 イギリス富豪。冒険家

△アビゲイル・チェイス
 国立公文書館の女性の博士


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
●国内版インディがクロスワードパズルを解く宝探しゲーム。相棒と美女を加えた3人のチームがライバルチームと競争しながらトレジャーハンティング!キャラクター配置のうさまのおかげでストレートな笑いを嫌味なく発揮している。

アメリカ合衆国の歴史って、他の国々に比べたらそんなに長くないんですよね。独立は1776年ですから。

宝探しっていうことになると、いままではたいていアメリカ合衆国以外の国々を探検していました。「インディ・ジョーンズ」シリーズや「トゥーム・レイダー」シリーズなんかそうですね。

それで今回はアメリカ合衆国内にお宝が眠っているというお話です。お宝自体はどうやら古代の文明から現代にいたるまでに集められた世界中の秘宝らしいのですが、はたしてほんとうにアメリカ国内にそんな宝の山が眠っているのかしらん。

フッ、夢物語を。そんなふうに歴史学会のお歴々に思われて評判がよろしくないのがゲイツ一家なんです。

ゲイツ一家の一員ベンは優秀なコンピュータ専門家のライリーと組んでいます。ふたりは強い信頼関係で結ばれています。


‡宝探し競争よ~いドン!‡

ベンとライリーはスポンサーをみつけて宝の手がかりをみつけますが、スポンサーのイアンと対立してしまいます。

ここがポイントです。ベンとライリーがお宝を探しまわっているだけではドキドキ感が足りないんです。

もしこれがインディ・ジョーンズだったら、知らない国や未開の土地でどんな危険が待ち構えているかわからないといったドキドキ感があります。しかしアメリカ国内でそんなドキドキ感は味わえませんよね。犯罪発生率が高いとかそういう意味での危険を感じることはありますが、それは宝捜しに特有の「危機」とはいえません。

そこで、宝探しには手ごわいライバルが登場します。それがイアンです。

イアンのチームと競い合って宝の手がかりを得なければならないので、ただでさえ警戒が厳重な場所に忍び込んでアメリカ独立宣言書を手に入れようとする際にも、イアンのチームがすぐそこまで迫っていてハラハラドキドキさせられます。手に汗握る演出はほんとうに上手いです。


‡ベタなお笑い担当を配置するうまさ‡

もうひとつのポイントはキャラクターです。歴史学者のベン役にニコラス・ケイジ。う~ん、冒険家にはみえないタイプに思えますが、そこが狙いなのでしょう。
インディ・ジョーンズという冒険家のイメージをあえてハズしてくるあたりが、この作品の「味」となっています。

美人博士役にダイアン・クルーガー。「トロイ」で戦争の原因となった王女役をしていた女優さんです。

そして実はベンの相棒ライリーの存在が大きいのです。ライリーはいわゆるサポーティングキャラクターで、ベンをサポートすると同時に、作品におけるユーモアと笑いの役割も持っています。

一見するとベンのほうがユーモアと笑いを担当しそうですが、彼は主人公なのである程度しっかりしてなくてはなりません。まぁしっかりしようとすればするほど、なぜか笑えてしまうのがベン役のニコラス・ケイジの魅力のひとつなのですが……。

つまりベンとは別にベタな笑いを提供するキャラクターが必要なのです。これを担うのがライリーなのです。(北野武版「座頭市」の新吉のよう
な位置付け)


‡アメリカ史のお勉強してから‡

お宝はテンプル騎士団がもっていましたが、その後行方がしれなくなり、やがてフリーメーソンのメンバーであったアメリカ建国者たちによって隠されたというのです。

テンプル騎士団、秘密結社フリーメーソン、アメリカ合衆国建国者ジョージ・ワシントン、トマス・ジェファーソン、ベンジャミン・フランクリン。これらについてお勉強してから観にいくと、より一層たのしめるでしょう。

アメリカの雑誌とかってクロスワードパズルがよく載っているんだとか。そういえば、いろんな映画の登場人物たちがクロスワードパズルを解くシーンを観たことがあります。

言葉遊びや言葉による謎解きって、けっこう日常茶飯事(ってアメリカ人の主食はご飯じゃないよね?笑)らしいのです。

そうするとアメリカ独立宣言書に秘密の暗号が隠されていた! なんて聞くと、よし!いっちょう解いてやるか、って耳にペン挟んで腕まくりしたくなる、そんな気持ちがわからないでもないですね。


「言葉」にたいする感覚のようなものの違いをちょっと意識して観るといいかもしれませんね。

「ナショナル・トレジャー」はインディー・ジョーンズ風な冒険活劇ではありません。

お宝については、いかにもディズニー映画といったかんじです。ハッピーエンドってことですね。

それに、ちゃんと父と息子の和解といった要素も入っています。それもひとつのお宝でしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
∇おすすめレビュー
(まつさんの映画伝道師)さん「ナショナル・トレジャー」
(◆覇王の書斎◆)さん「ナショナル・トレジャー ★★★★☆ 」
(CinemaCoconut)さん「『ナショナル・トレジャー』大満足♪」
(Aloha Days)さん ショーン様の「ナショナル・トレジャー」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス

Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

| | Comments (7) | TrackBack (19)

03/23/2005

一文に動詞が多い

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
「林へ投げたボールを拾いに行った犬がボールをみつけて拾って戻ってきた」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒一文に動詞が多い。


〔3〕解説
―――――――――――
「投げた」「拾った」「行った」「みつけて」「拾って」「戻ってきた」
と、動詞が多い。また「拾った」という動詞が重複している。

例文では、林へボールを投げたのは犬とも読み取れる。
 
○犬が林へボールを投げた。
○犬がボールを拾いに行った。
○犬がボールをみつけて拾った。
○犬が戻ってきた。
 

〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
「林へボールを投げた。犬がそれを追って行き、咥えて戻ってきた」

「林へボールを投げた。犬がそれを追って行った。しばらくしてボール
を咥えて戻ってきた」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ちょっとはためになったかな☆
という方はクリックお願いします。 ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/22/2005

「K-19」原作者の評価

「K-19:THE WIDOWMAKER」レビュー記事
に貴重なコメントをいただきました。

「K-19」原作者のピーター・ハクソーゼン元大佐の映画作品について
の評価です。

「実話の力」「物語の力」がいかに大きいかをあらためて考えさせられ
ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結論を先に。「またぎ」

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
〈状況〉
急の要請があり、目的地へ車で移動中、分かれ道にさしかかった。
相棒が車を降り、通りかかった地元の人に道を訊きいて戻ってきた。


「目的地へは、どっちの道へ行けばいいって?」

相棒
「途中までは行けるらしいんだけど、この時期ってほら、雪が降るんだよ。
つまり11月から翌年3月の間は積雪のため車両通行止めになる道が
この先にあるんだってさ」

私 
「…………」

相棒
「ん? どした?」


「……それで、どっちの道へ行けばいいんだい?」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒結論がない


〔3〕解説
―――――――――――
結論を先に。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
〈状況〉
急の要請があり、目的地へ車で移動中、分かれ道にさしかかった。
相棒が車を降り、通りかかった地元の人に道を訊きいて戻ってきた。

私 
「目的地へは、どっちの道へ行けばいいって?」

相棒
「左の道はヤバイらしい」

私 
「了解」

車は右の道を走りはじめる。

相棒
「聞いたところによると、左の道はしばらく行くと冬の間は車両通行止めに
なるらしい。雪のためだ。それに、つい最近、冬眠から覚めちまった熊が
出たんだってさ」

急ブレーキがかかる

相棒
「うわぁ! なんだよ急に」


「……お・れ・た・ち……」

相棒
「TIM?」

私 
「『またぎ』やっ!」

注:またぎ=猟師
注:TIM=お笑い芸人のコンビ名

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ちょっとはためになったかな☆
という方はクリックお願いします。 ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/20/2005

お風呂で読む文庫

〈カテゴリ:マーケティング〉

湯に浸かると落ち着きますよね。
え? ここ数年は湯に浸かったことがない? シャワーでじゅうぶん?

たしかに最近、シャワー族(タケノコ族とかいましたね)が増えている
ようです。

それに沖縄のほとんどの家には湯船がないそうです。
私も沖縄のお家におじゃましたことがあります。トイレとシャワールー
ムが一緒のところにありました。それもユニットバスとかいうんじゃな
いんです。ものすごく広くて、濡らしてもいい部屋みたいな感じでした。

まぁ沖縄は暑いですから、1日に数回サッとシャワーで汗を流せばきもち
いいのでしょうね。
そういえば沖縄では飲み会に行くまえにシャワーを浴びるというのは普
通なんだとか。

シャワー族のあなたも、たまには湯に浸かってゆっくりテレビを観るの
もいいですね。でも防滴テレビはけっこうなお値段がします。かといっ
て本や雑誌は濡れて読みにくい。

そこで登場したのが「お風呂で読む文庫100選」。

プリペイドカードと同じ素材(塩化ビニール)を使用しているので濡れ
ても大丈夫だとか。

ありそうでなかったモノですね。

湯に浸かりながらゆっくり本を読む。そんな癒し系グッズでありながら
文学に親しんで教養も身につく教育系グッズかも。

下町のベンチャー企業が開発・発売しました。

有限会社 フロンティアニセン

【要点】……………………………………………………………………………

●ありそうでなかったものはなにか

●癒し+教養の組み合わせに注目だ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

直感を信じる―「ロング・エンゲージメント」―

〈カテゴリ:映画で読み解くマーケティング〉

いろんな人の意見に耳を傾けるも必要です。でも最後に頼れるのは自分の直感です。

人は自分の決断や行動に自信がなくなることがあります。するとだれかかに後押ししてもらいたくなったり、いろんな人の意見を聞いてみたくなったりします。

そこで登場するのが「コンサルタント」。相談業というのは今も昔も需要があります。人に話をしていると、自然と自分の考えを整理できることがあります。また人のアドヴァイスを聞くと、新たな発見があることもあります。

でも、いろんな人の言うことを聞いているうちに、どれもがもっともらしく思えてきて、ますます決断できなることがあります。

映画作品を例にみてみよう。
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…
∇「ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES )」
ジャン=ピエ―ル・ジュネ監督/2004年/フランス/133分
原作:セバスチャン・シャプリゾ
   『長い日曜日( Un Long Dimanche de Fiancailles )』

〈Story〉
第一次大戦末期のフランス、ブルターニュ地方。マチルドは婚約者マネックの戦死を知らされる。しかしマネックの最期を見た人間がいない。
「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という直感からマネックの捜索をつづける。さまざまな証言を得るも、マネックの消息は不明のまま。それでもマチルドは探しつづけ、やがてマネックを知る重要な人物に会うことができる。
ソンムの戦いでのフランス軍塹壕。自らの掌を負傷した5人の兵士が、負傷は故意であるとして軍法会議で死刑を宣告される。掌を負傷した5人の兵士はフランス軍とドイツ軍との間のビンゴ・クレピュスキュルと呼ばれる場所に丸腰で放り出される。それは死を意味していた。やがて両軍との間で激しい戦闘がはじまる……。
作品レビューはこちら
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…

主人公の女性マチルドは、一緒に暮らす親戚に、戦死した婚約者のことは早くわすれて新しい恋をしない、といったことを言われます。親戚はマチルドのことを想ってそう言ったのです。でもマチルドは「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という直感を信じて婚約者を探しつづけます。

もしマチルドが婚約者の悲報を聞いてそれまでだったら?

もしあなたが今度の事業はうまく行かないだろうという噂を聞いたら?

マチルドは、大好きな婚約者マネックは生きている! また会えるんだ!という信念を持ってひとりでも探しつづけます。

マチルドは映画のなかで言っています。

「奇跡はおきるんです」

奇跡はただ待っているだけでは起きません。人の噂を鵜呑みにしても起きません。

マチルドがそうであるように、直感を信じて行動することによって奇跡が起こるのです。いえ、奇跡を起こすのです。

映画はフィクション、つまり作り物ですから、マチルドは奇跡を起こします。映画だからうまく行くんだと思う方もいるでしょう。

そのとおり。作り物だから奇跡が起きる=うまくいくのです。

でもビジネスにかぎらず人の営みはフィクション、つまり作り物です。

人が作り上げたものが現実になっていくのです。

人との良い関係を作りだすのもあなた次第。
奇跡を作り出せるかどうかのカギはあなたが持っているのです。

【要点】……………………………………………………………………………

●己の直感を信じる

●直感を信じて行動する

●奇跡は(普通は)待っていても起きない

●奇跡は起こすもの

●人が作り出すものが現実になっていく

●奇跡を作りだせるかどうかはあなたにかかっている


ロング・エンゲージメント [DVD]
ロング・エンゲージメント [DVD]ギョーム・ローラン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-01-27
売り上げランキング : 54946


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この他にも映画に関するユニークな記事を読みたい方はメルマガ読者登録をど
うぞ。映画で読み解くマーケティング・ビジネスヒント↓
メールマガジン「ディズニー&ピクサーでみつけようゲスト感動のヒント 」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

| | Comments (0) | TrackBack (3)

03/18/2005

沖縄映画といえば

【おすすめ映画】

沖縄の映画といえばこれ。

「ナビィの恋」


ナビィの恋
西田尚美 中江裕司

ホテル・ハイビスカス NHK 島唄の世界 ~ 沖縄本島 唱者 パイナップル ツアーズ ナビィの恋 白百合クラブ 東京へ行く

by G-Tools

沖縄を舞台にした映画で「ナビィの恋」という作品です。
北海道、本州、四国、九州の人にはちょっと意外に思われるかもしれない
クライマックスですが、沖縄らしさが出ています。

登川誠仁さんという沖縄伝統音楽の最高の歌い手さんが出演しています。
映画のなかでも歌っています。

もう3、4回は観ていますが、また観たいなぁと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/17/2005

カタカナでメリハリをつける

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
場所:サファリパーク
 
看板「ここかららいおんゾーンです」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒大事な言葉が文の中に埋もれてわかりづらい。


〔3〕解説
―――――――――――
看板が伝えたいことは、ここから先はライオンがいる区域です、という
こと。
「らいおん」と、ひらがな表記しているため、文の中にうもれてわかり
づらい。カタカナ表記にしてわかりやすくするとよい。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
場所:サファリパーク
 
看板「ここからライオン区域です」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/15/2005

ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES )

ジャン=ピエ―ル・ジュネ監督/2004年/フランス/133分
原作:セバスチャン・シャプリゾ
    『長い日曜日( Un Long Dimanche de Fiancailles )』

●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー。セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?

Story(ストーリー)
―――――――――――――――――――――
第一次大戦末期のフランス、ブルターニュ地方。マチルドは婚約者マネックの戦死を知らされる。しかしマネックの最期を見た人間がいない。
「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という直感からマネックの捜索をつづける。さまざまな証言を得るも、マネックの消息は不明のまま。それでもマチルドは探しつづけ、やがてマネックを知る重要な人物に会うことができる。
ソンムの戦いでのフランス軍塹壕。自らの掌を負傷した5人の兵士が、負傷は故意であるとして軍法会議で死刑を宣告される。掌を負傷した5人の兵士はフランス軍とドイツ軍との間のビンゴ・クレピュスキュルと呼ばれる場所に丸腰で放り出される。それは死を意味していた。やがて両軍との間で激しい戦闘がはじまる……。


Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△マチルド・ドネイ
 20歳の女性。1歳年上のマネックと婚約している。

△マネック
 青年。マチルドと婚約している。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー。セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?


‡この作品を撮るために「アメリ」(※)を作ったのでは?‡

どうやら監督は「ロング・エンゲージメント」を撮りたかった。でも戦場のシーンやらなにやらでお金がかかるということでなかなか撮れなかった。

そこでまず「アメリ」を撮ってヒットさせたんです。こうして資金を集めやすくなって、晴れてフランス映画にしては破格の制作費を手にしたんだとか。

で、いくらかかったの? 
制作費 $50,000,000. 大雑把に計算すると55億円ほどでしょうか。

てなわけでお金かかってます。ジュネ監督が10年以上あたためていた企画だけあって、作品にはこういうシーンが必要で、そのためにはいくら必要だ、という流れがちゃんとあるんですね。そのための破格な制作費なんです。

なのでCGも必要なところに必要なだけ使っています。わかりやすくいうと「技術ありきじゃない」んですね。そうではなく、ストーリーに必要だから、必要な技術を使っている。そんなかんじです。

こういったお金の使い方、日本映画も見習っていいと思いますヨ。


‡マチルド探偵の動機に観客は納得する‡

マチルドは婚約者マネックが戦死したという知らせを信じません。「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という直感を信じます。だれだって愛する人が生きているって信じたいもの。マチルドは自分の直感を信じ、たったひとりでマネックを探しつづけます。

サスペンスドラマかなにかで観たことありませんか。平凡なOLが旅行先で殺人事件に遭遇して、犯人をみつけようとする話。旅館やみやげ物屋を一軒一軒聞き込みをしたり、列車や飛行機に乗って各地を調べ回ったたりする、そんなドラマです。そこで思うわけです。このOLさんはなんで犯人探しを一生懸命やってるの? って。休暇はとうに終わってるんじゃないの? なんてことを観客にちょっとでも思われたらもうOLさんは応援してもらえません。

そういったところをふまえてみても「ロング・エンゲージメント」でマチルドがマネックを探す動機というのは、観客を納得させるものとしてはじゅうぶんなものとなっています。

さらに前作「アメリ」と同じ女優のオドレイ・トトゥを起用していることが有利に働いています。「アメリ的おんなの子」に感情移入した人は自分の直感を信じて行動するマチルドを素直に受け入れやすいからです。


‡映像の対比――「海沿いの村」と「砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕」‡

フランスの田舎の村の映像はセピアな色調。戦場は土と泥と雨と沼の冷たく非情な色調。この対比が、平時と戦時、生きる場(村)命を奪う場(戦場)といった対比構造をくっきりと浮き彫りにしています。

戦場のシーンでもジュネ監督の絵画的な映像の特徴が表れています。レンズ越しの映像はそのひとつですね。

その一方で、雨でぬかるんだ塹壕の様子は本格的な戦争映画のシーンといえるでしょう。塹壕の雰囲気は正統派戦場ゴシックホラーといわれてている「デス・フロント(DEATH WATCH)」を彷彿とさせます。

マネックがいた戦場は「ソンムの戦い」 といわれるところです。それは1916年に英・仏軍とドイツ軍がフランスのソンム川流域であった戦いのことです。

フランスが経験した戦いです。自分の国であったことを題材にするというのは「強み」であると同時にかなりの「気合」も必要です。「強み」というはこういうことです。ある事件はその国でしか起きていないわけですから、当然に一番きちんと描ける可能性があるのはその当事国なわけです。なのでそれは他国にはない「強み」となるのです。

例えば大韓民国は「シュリ」や「JSA」で自国にしかない題材を使って映画を作りました。そこにはかなりの気合が入っています。

で、日本はどうなの? 戦争での唯一の被爆国という題材さえも「コントな演歌」にしてしまうのですから「日本人はすごいのかすごくないのか……ようわからん」と世界の人々に思われても仕方ないかもしれませんね。「コントな演歌」についてはこちらの「ローレライ」レビューをどうぞ。


‡「アメリ」から2つの方向へ‡

仮に「アメリ」を起点にすると、2つの方向へ別れた片方に「ロング・エンゲージメント」があります。「アメリ」のプラスな面を応用したのです。恋に不器用でちょっと不思議な、自分の世界を持っているおんなの子。自分の空想の世界と直感を大事に持っているおんなの子。そんなアメリ的おんなの子が婚約者を探す物語、というのが「ロング・エンゲージメント」なのです。

2つの方向に分かれたもう一方には「愛してる、愛してない...(A la folie…pas du tout…)」があります。こちらは監督さんがアメリとは違う人ですが主人公は同じオドレイ・トトゥです。

これは「アメリ」のマイナスな面を応用したのです。恋に不器用な内気で不思議なおんなの子の想像がエスカレートして空想の世界から現実の世界へ飛び出して手が付けられなくなったら……? そんな痛怖い予感が見事に的中した、空想と現実のストーカー・サスペンス・スリラー・ホラー作品が「愛してる、愛してない...」なのです。

こうみると「アメリ」のスゴさがあらためてわかるような気がしますね。


‡予告編・チラシと内容とでは雰囲気がちが~う‡

予告編やチラシは各国の宣伝担当者が作ったものでしょう。「アメリ」の観客を動員したい狙いがあるので予告編もチラシもセピアな色調のラブストーリーで統一されています。純粋無垢な少年少女。海辺の灯台。二人が結ばれた夜。こららがメインとなっていて、塹壕など戦場の映像や写真はごく一部となっています。

なので「アメリ」のような作品を期待して観にいくと、あまりの雰囲気が違うシーンにびっくりしてしまうでしょう。ジュネ監督が使う映像の対比という手法によって「裏切られた」とちょっとでも感じてしまうならば、この作品を楽しむことはできないでしょう。「アメリ」と全く同じものを期待しても無駄です。でもでも、表現方法が「アメリ」と違うだけで、コア(核)は「アメリ」と近いですよ。予告・宣伝を担当した人は戦場シーンを抑えることで「アメリ」の観客層を繋ぎとめておきたかったようですね。


‡ナレーション多用でどんどん展開していく物語‡

「アメリ」でもそうでしたが本作でもナレーションをたくさん使っています。本来ナレーションを使うと手抜きなんじゃないの~って思われるんですが、あえて使っているようですね。ナレーションでテンポよくどんどん展開させていく撮り方なんです。

日本映画でもナレーションをうまく使ったいい作品があります。例えば
「下妻物語」。これは必見です。日本にも才能豊かな人っているもんですね☆


‡あたま使ってる?‡

どっかできいたキャッチフレーズだ! そうガイ・リッチー監督、ブラッド・ピット出演の「スナッチ」という作品の宣伝フレーズでした。

「ロング・エンゲージメント」もトントン拍子で展開していきますので、唐突にはじまるあるシーンがあとで「そういうことだったのか」といったようにわかることがあります。勘がいい人は「あそこのシーンがここに関係して、そんでもってあそこがあっちに繋がって」とピンとくるかもしれません。

でもね、フランス語なんで字幕にかなり注目しなきゃならないんですよね。そうこうしているうちにこの人だれだっけ? とごちゃごちゃになってしまう可能性があるある探検隊です^^;(お笑いコンビ「レギュラー」のネタ「あるある探検隊」より)

時間軸を入れかえるという手法は比較的最近の流行りでもあるみたいで、クエンティン・タランティーノ監督がその先駆けでしょうか。なんだかカッコ良さげだし、頭良さそうに思われそうっていうんで、つい使ってみたくなる手法だけど、これを使うと脚本や監督の力量がはっきりわかっちゃいます。

最近の日本人監督では清水崇監督が「呪怨」シリーズで使ってましたね。日本版「呪怨」で時間軸を入れかえる手法は面白かったのですが、なぜあの家が呪われることになったのかという経緯がわかりにくい。これが
ハリウッド版「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」ではとてもわかりやすくなっています。おそらく脚本の直しをさせられたのでしょう。

日本版がどのくらいわかりにくかったかというと、あくまで参考にしかなりませんがご紹介しましょう。日本版「呪怨」がテレビの地上波で放送された日、本サイトの「呪怨」関連ページへのアクセス数が通常の10倍以上にもなったのです。

おそらく「呪怨」を観た多くの人が「なぜあの家が呪われるようになったのか知りたい」と思い、ネットで「呪怨」を検索したのです。それで検索エンジン経由でのアクセスが一気に増えたのだと推測できます。
観客の興味をひきつつ、作品の終わりのレゾリューション(解決)では謎が解けるようにわかりやすくするのは重要なことなのですネ。

「ロング・エンゲージメント」はジュネ監督が10年あたためた企画だけあって時間軸を操りながらも結末に向けて謎が解けるようしっかりと脚本が練られています。
ただ、とんとん拍子で進むナレーションとフランス語という日本人一般には慣れない要素のために、かなり「あたま使って」観ないと「ついて」いけないかもしれません。一度ならず二度観ればもっとすっきりわかるはずだという感想もあるようですね。


‡白馬に乗った王子様を迎えに行くアメリ探偵‡

足を少し引きずるようにして歩くマチルドは、一緒に住んでいる親戚にさえマネックの死を受け入れるようにと言われるのですが、自分の直感を信じて歩き続けます。
そんな姿にアメリファンはもうメロメロ。そうです! 白馬の王子様が迎えにきてくれるのをいつまで待っても来ないことを現代のおんなの子はとうに気がついています。でも心の奥では王子様がやってきてくれることを信じたい。そんな複雑な乙女心を鷲づかみにして、自分だけの王子様(戦場でピンチのときも巨木に彼女への愛の文字を彫るマネック)を迎えに行っちゃう新しいかたちの乙女道を突っ走って(足を引きずりながらも!)いくマチルド☆

感情移入の秘伝書を持ってるのは間違いないね、ジュネ監督ゥ!☆


そうそう、フランス公開第1週で120万人動員とか。これって「アメリ」よりすごい記録です。

なんと! ジョディ・フォスターも出演してます。フランス語をしゃべってます。初登場するところは雑踏みたいな人がいっぱいいるシーンなんですが、さすがスター(にしきの。ってちがぁ~う)だけあってオーラ出てるのですぐに彼女だってわかるんです。ちょっとびっくりしました。一瞬出くるだけじゃなくて、ちゃんと「ひとエピソード」あります。

それにしてもオドレイ・トトゥはアタリ役ばかりですネ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※「アメリ」
映画作品。ジャン=ピエ―ル・ジュネ監督/フランス/120分
オドレイ・トトゥ主演。空想好きの不思議少女の恋を描いた、レトロ調チャーミングファンタジー。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
お☆これは! というお勧めレビューを紹介します。
「誠実さ」というキーワードを使ったキラリとひかるレビューです。
【まつさんの映画伝道師】さんの「ロング・エンゲージメント」

その他のお勧めレビュー
(利用価値のない日々の雑学)さん
(おのぺりの映画鑑賞会★)さん
(映画レビュー~防人城Blog丸)さん
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

長い日曜日
セバスチアン ジャプリゾ Sebastien Japrisot 田部 武光
東京創元社 1994-11


by G-Tools

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
∇無料レポート
「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」


メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス

Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

| | Comments (8) | TrackBack (30)

03/10/2005

ローレライ(LORELEI)

B0009UAZKQローレライ スタンダード・エディション
役所広司 福井晴敏 樋口真嗣
ポニーキャニオン 2005-08-19

by G-Tools
樋口真嗣監督/2005年/日本/128分 原作:福井晴敏(※)『終戦のローレライ』

●コントな演歌モノ。かみあわないアニメ、特撮、VFX、CG、ストーリー。ハリウッド映画と日本アニメとのごった煮。それってなに鍋??それらしいテーマやメッセージがあるようで、実はそれさえも借り物のように感じられる。そういう意味では、現代日本をリアルに映し出している作品かもしれません。ノリで観にいくデートムービーにはピッタリです。

Story(ストーリー)
―――――――――――――――――――――
太平洋戦争末期の1945年8月。超高感度水中探索装置を搭載した伊-507潜水艦はアメリカ合衆国太平洋艦隊の防衛網を突破して、原子爆弾の日本落下を阻止する。


Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△絹見真一(まさみしんいち)
海軍少佐。伊-507潜水艦艦長。

△折笠征人(おりがさゆきと)
一曹。特殊潜航艇(N式)正操舵手
 
△木崎茂房(きざきしげふさ)
大尉。絹見少佐の部下。

△パウラ・A・エフナー
少女。日系ドイツ人。

△朝倉良橘(あさくらりょうきつ)
大佐。独断で伊-507潜水艦出航の命令を下す。
 
--------------------------
▽伊-507
潜水艦。1934年フランスで建造。1942年に米船と衝突。ドイツ軍が接収して改造する。1945年ドイツ降伏後に大日本帝國海軍が接収する。

▽N式潜水艇
伊-507に装備される特殊潜航艇。

▽ローレライ・システム
超高感度水中探索装置。海域の地形、艦隊配置、方位、距離、速度を立体画像にできる。


コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
●コントな演歌モノ。かみあわないアニメ、特撮、VFX、CG、ストーリー。ハリウッド映画と日本アニメとのごった煮。それってなに鍋??それらしいテーマやメッセージがあるようで、実はそれさえも借り物のように感じられる。そういう意味では、現代日本をリアルに映し出している作品かもしれません。ノリで観にいくデートムービーにはピッタリです。
 
むかし食べておいしかったあの具材の数々。あのときはたくさん食べれなかったけど、今はぜんぶお鍋に入れちゃおう!

祝☆鍋完成! でお味は? 具材同士が味を奪い合ってなんともちぐはぐ。かみあっていないっていうのかなぁ、せっかくの具材もなんでも入れればいいってわけじゃないみたい。

最近の日本映画などで活躍するようになった人って「ガンダム世代」っていわれているんだって。

「アムロ、ガンダムいきまぁーす!」というセリフで有名なロボットアニメですね。

ガンダムよりも少し以前あたりに「宇宙戦艦ヤマト」という人気アニメもありました。

このあたりのアニメをたくさん観て育った世代のひとりが「終戦のローレライ」の原作者の福井晴敏さんみたい。
そしてフジテレビの映画部門などで最近徐々に中心的役割を担ってきたのが同じくガンダム世代といわれる人たちなのかも。

むかし夢中になって観たアニメにヒントを得た作家さんが新しい作品を作り出していくってすばらしいですね☆

でも、なんでも鍋に入れちゃえばいいってものでもないんじゃなぁい?

「ローレライ」にはガンダム世代の心意気がバシバシ伝わってきます。いままでとは違うおもしろいものを作ってやるんだ! やっとオレたちが作りたいと思うものを作れるようになってきたんだ!

そんな思いが画面に溢れています。私は俄然応援しちゃいます☆でもでも、そういう思いって作品からさりげなく滲み出ているぐらいがちょうどいいんです。作り手の思いが作品を通り越しちゃってダイレク
トに伝わってきても、作り手と同じ意識や感覚ではない観客はどうしていいかわりませんよね。がんばって作ったんだろうなぁ、って思ってはくれるかもしれないけど、それは作品がおもしろいかどうかとはまた別のお話。ほら、やけに製作者と出演者ばかりが盛り上がちゃってる学生演劇を観たときみたいなかんじあるでしょ。エンディングで裏方も出演者もみんな涙でぐちゃぐちゃでさ。でも観客はお口ぽか~ん。がんばってるのはわかるけどさ……(^_^;)

で、具体的にどのあたりがかみあっていないのさ?


‡昭和の特撮みたいな懐かしさ‡

いまとなってはコントでしか使われなくなった昭和ちっくな特撮シーンが健在なんです。懐かしいぃ~と思わず言ってしまいそうな雰囲気。でもレトロ調で作品の雰囲気が統一されているわけではないので、特撮臭さがみょ~に浮いちゃっているんですよね。


‡リアリティのない映像世界‡

大海原をゆく潜水艦。そんなシーンはひとつもありません。アメリカ合衆国太平洋艦隊がひしめきあっている海域だって、そこはまるで箱庭。熱海の別荘のプールに模型を浮かべてラジコンで動かしているかのようです。水槽といったほうがいいかもしれませんね。
もしかしたら俳優たちは、一度も海を見ないうちに撮影がすべて終わったのでは? と思っちゃうほどです。


‡○○まであと何時間何分って……‡

「地球滅亡の日まであと何日」。どこかできいたことあるフレーズと思ったアナタ、ガンダム世代かそれよりもレトロな御仁でしょう。これは宇宙戦艦ヤマトでの各回の放送終了時に表れる文字ですね。
これとそっくりな文字が「ローレライ」の作品中のいろんなところに出ます。おそらくパロディなんでしょう。


‡歌うパウラ‡

特殊能力を持った女性が戦場に現れて、宇宙(そら)という名の海に不思議な歌声が響く……。

そう聞いてガンダム世代が真っ先に思い浮かべるのはララァさん。彼女は機動戦戦士ガンダムに登場するキャラクターで、アムロやシャア(どっちもロボットというかモビルスーツのパイロット)と同じニュータイ
プ(特殊能力者)です。
ララァさんの登場によって、それまでロボット(モビルスーツ)の戦いが目立っていた機動戦士ガンダムというアニメに哲学的な深みが出たんです。

また歌声っていうことでは「超時空要塞マクロス」の歌手リン・ミンメイさんもいますね。彼女は飛行機兼ロボット(バルキリー)のパイロッである主人公一条光(ジャニーズメンバーみたいな名前だ!)の彼女さ
んです。わたしの彼は~♪パイ~ロォットォ~♪と歌います(そのまんまやん!☆)

ララァさんやリン・ミンメイさんみたいな存在として「ローレライ」ではパウラさんが登場するのですが、彼女が作品のキーなのにまるでとってつけたかのような印象のキャラクターなんです。
そもそもパウラさんの衣装が時代を超越しているというか、早い話が「アキバ系」なんです。この水密服のデザインは出渕裕さん。宇宙戦艦ヤマトやガンダムシリーズのメカデザインをしている人です。ガンダム世代にとってはうれしくてたまらないところなのでしょう。


‡潜水艦におっきな連装砲‡

潜水艦に装備された連装砲が大活躍します。まるで連装砲を撃ちたいがために伊-507号は敵艦の真っ只中の海上に浮上します。

う~ん……(ーー;)たしかあの頃の潜水艦って夜は浮上してディーゼルエンジンで運航しながら蓄電池に充電して、昼はその蓄電池で潜航するんじゃなかったっけ? でも伊-507は戦利潜水艦なので潜航中でも数十秒なら
エンジンを動かせるみたいですが……。

まぁなんにせよ負傷した砲手が砲弾を打って連装砲が火を吹くと、宇宙~♪戦艦~♪ヤ~マ~トォ~♪のテーマソングが頭の中に流れるとか流れないとかいう噂です。


‡圧倒的な緊迫感をもつあの潜水艦映画さえもパロディに!‡

死ぬ覚悟で危険な主電動機室(バッテリー室?)に入る木崎大尉。これってどこかで似たようなシーンを観たなぁって思ったら、「K-19」のパロディだったんですネ。でも「K-19」の緊迫したシーンと比べてはいけません。それにしても「K‐19」までパロるとはねぇ……。


「ローレライ」の楽しみ方のひとつは、いろいろツッコんでみることですネ。せっかっくボケてるのにツッコんであげないと失礼でもあるし☆

これは私の個人的感想と推測にすぎないのですが、「ローレライ」っていろんなしがらみがあるんじゃないかなって気がします。いままでとは違うおもしろいことをやろうっていう心意気があって、かつてのアニメからヒントを得て一生懸命つくられた原作をみつけて、いざ映像にするっていうときに、なんとお手本にしたアニメの大御所が手を貸してくれるっていうじゃないの。それに特撮チームとVFXやCGのチームも加わってくれるって。やったぁ!ってかんじ。

もちろんフジテレビが製作に入ってますから、お金はそこそこあるわけです。で、東宝と一緒に映画をつくろうと。お金のフジテレビと職人の東宝。内容はガンダム世代の作家の作品で。

テレビ事業以外での収入が好調のフジテレビとしてはお金はあるけど特撮技術と新しいストーリーがない。東宝は映画職人はいるけどお金と新しいストーリーがない。

そんなこんなで特撮さんの見せ場も用意しなきゃならないし、デザインを担当してくれてたアニメの大御所の衣装も大事にしなきゃならないし、最新のCGやVFX技術も使いたい、ということでそれぞれのチームへの配慮や調整でいっぱいいっぱいになってるような気がしました。だって製作に名を連ねる富野由悠季、押井守、庵野秀明、出渕裕といったアニメ界の重鎮さんたちに失礼があってはいけませんから☆

そもそも監督は平成「ガメラ」シリーズの特技監督の樋口真嗣さんなので、特撮にはこだわりがあります。だからあのように昭和特撮映像調のシーンが多いのですネ。

ぶっちゃけ「ローレライ」は「踊る大捜査線」とやっていることは同じです。入れ物(箱)を潜水艦にしただけ。
なぜって「ローレライ」の製作は「踊る大捜査線」全シリーズの亀山千広さんですから☆

このブログの日本映画作品レビュー一覧をみてください。ここ数年の日本映画で興行収入が多い作品としてよくとりあげられる「踊る大捜
査線」シリーズのレビューがありませんね。なぜって、どれも演歌だからです。

寅さんシリーズ全作品をひとつひとつレビューしてもあまり意味がありませんよね。それと基本は同じです。
ちなみに「たそがれ清兵衛」のレビューはありますが「隠し剣 鬼の爪」のレビューがない理由も同じです。
「たそがれ清兵衛」であたらしい作品を観れるかなと思ったのですが、隠し剣 鬼の爪」共々、寅さんシーズと同じでしたから☆

つまり「ローレライ」も「寅さんシリーズ」や「踊る大捜査線シリーズ」と同じ演歌なのです。

演歌っていうのはつまりこういう意味です。「みんな辛いけど一丸となってがんばっていこうね」
これは戦後から高度経済成長期にかけてのスローガンですね。

日本で生まれ育った人の多くには、この演歌的なものが体の中に染み付いています。いうなれば「演歌遺伝子」といったものを感知すると多くの人はジーンときちゃうんです。かくいう私も「ローレライ」を観て幾度かジーンときました。
演歌遺伝子に狙い定めて射抜く流鏑馬(やぶさめ)みたいな技術ということでは、かなりにスゴいものを持っています。長年培われてきた伝統芸の域に達しています。

演歌っぽい匂いはプンプンしていたのになぜ「ローレライ」を観たかですって?

そりゃあまぁ、わずかな期待もしていたんです。今度は演歌を卒業する予兆が少しでも見えるかもれない……なぁ~んて(^^)
それに、ツッコミどころ満載という噂きいて、そういう楽しみ方も好きですから☆「リターナー」みたいな、ネ。

「踊る大捜査線」と「ローレライ」を観てわかることは、一見すると若くて新しい印象を持たれることが多いフジテレビジョンも実は「演歌バリバリ♪」なところがあるってことです。

その一方でフジの製作の亀山千広さんは「スウィングガールズ」も手がけています。なので演歌だろうかなんだろうとヒットしそうなものにはどんどん関わっていくんですね。ヒットメーカーとしてそれはそれでと
てもいいことです☆

そもそもテレビは老人と子供向けに作られていますから、そういう意味では「ローレライ」はまっとうな作り方をしているのかもしれませんね。

「ローレライ」は作家の福井晴敏さんと、平成「ガメラ」シリーズの特技監督の樋口真嗣さんが映画用のオリジナル・ストーリーを共同で考案したといいますが、ストーリーについて「だれもなにも言わなかったの?」と思ってしまいます。それともだれもなにも言えなかったの? ていうか言う人がいなかったとういのが正解かもしれません。

日本では作家に頼りすぎです。キャラクター造形、ストーリー構築、物語世界の構築、これらすべてが作家の力量にかかっています。原作がどんなにすばらしくても、それを映画作品にする力量というのはまた別のものなのです。(ドラマではうまくいく場合が多いようですが……)

日本ではおそらくストーリーを専門に担当するチームが存在しないのでしょう。存在したとしても実際は機能することがないお飾りのようなものなのかもしれません。

原作がとてもすばらしいのに映画作品になったらアララ(ーー;)というのは日本映画ではよくあります。
(例)「バトルロワイヤル2」 「あずみ」

潜水艦映画でもお金をかけずによい作品をつくれます。
例えば「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」トニー・ジグリオ監督/2003年/アメリカ/98分。この作品はテーマがしっかりしていて、キャラクターに奥深さがあります。なにを伝えたいのかのがはっきりしているのです。

「ローレライ」はぶっちゃけ何がしたいのかわかりません。それらしいテーマやメッセージがあるようで、実はそれさえも借り物のように感じられます。そういう意味では、現代日本をリアルに映し出している作品かもしれませんネ。

最近の日本映画にはよい作品が次々と誕生しています。
(例) 「ロボコン」 「スウィングガールズ」 「下妻物語」
これら作品に共通することを今回は2つご紹介しましょう。

〈1〉余計なしがらみがない

〈2〉すべてに優先してまず「明確なテーマとメッセージ」がある

生き生き伸び伸びと自分の得意な分野や技術で勝負して数々の良質な作品や傑作がどんどん生まれています。

「ローレライ」の制作費は12億円。特撮職人さんも食べていくのに必死でしょうけれども、もっと良い、腕の見せ所がほかにあるはずです。CG全盛の今だからこそ逆に注目を集めているクレイアニメがあります。特撮技術にだってきっと注目を集められる新たな境地があるはずです。

今回はだいぶ辛口ですね(>_<)
「ローレライ」は日本国内興行ランキングで初登場1位です。それなのに何も触れないのだとしたら、それはつまり何も言うことがないってことです。これほど冷たいものもありませんよね。

作品について賛否両論というのそれだけ話題になっている、つまり話す程の価値があるってことです。

というわけであえて「ローレライ」のレビューを書きました。だって日本映画にがんばってほしいから。応援してるんですよ。
そもそも映画って応援されるものなの? まぁそれはとりあえず置いといて。あ、この応援っていうのもなんだか演歌っぽいですね(^^) これも計算のうちだとしたら……おそるべし「ローレライ」!

ノリで観にいくデートムービーにはピッタリです☆
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ 福井晴敏(Harutoshi Fukui)
作家。1968年東京都墨田区生まれ。1998年『Twelve Y. O.』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。1999年『亡国のイージス』で第2回大藪春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞日本軍大賞を受賞。さらに2000年に同作品が第53回日本推理作家協会賞長篇を受賞。2003年『終戦のローレライ』で第24回吉川英治文学新人賞、第21回日本冒険小説協会大賞日本軍大賞を受賞。『戦国自衛隊1549(原案:半村良氏)』、『亡国のイージス』が映画公開予定(2005年3月現在)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なにげに人気ブログランキングに参加しています。ちょっとは面白かったかな☆
という方はクリックお願いします。ここまで読んでくれてありがとう☆
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス

Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ローレライ、浮上
福井 晴敏 樋口 真嗣

終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット 全4巻 ローレライ オリジナル・サウンドトラック 6ステイン 亡国のイージス 1 (1) 川の深さは

by G-Tools

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
∇過去の潜水艦映画作品の案内

「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」作品レビュー

「K-19:THE WIDOWMAKER」作品レビュー

K-19
ハリソン・フォード
ポニーキャニオン 2003-07-02


by G-Tools
Uボート ディレクターズ・カット
ユルゲン・プロホノフ
ジェネオン エンタテインメント 2005-01-26


by G-Tools
U-571
ビル・パクストン
ジェネオン エンタテインメント 2002-02-22


by G-Tools
眼下の敵
ロバート・ミッチャム
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-01-23


by G-Tools
レッド・オクトーバーを追え!
ショーン・コネリー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2004-11-26


by G-Tools

| | Comments (13) | TrackBack (32)

受動態が多い

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
状況設定:タイムマシンが完成した。

インタビュアー
「博士、完成おめでとうございます。タイムマシンの研究はいつごろ
からはじめられたんですか」
    
博士  
「もうかれこれ20年前から開始されました」

インタビュアー
「長い年月がかかっていますね。タイムマシンの開発にあたって、
いちばん苦労したことはなんですか」
    
博士  
「設計された図面を変更されなければならなかったことです」

インタビュアー
「完成まで様々な困難があったようですが、当初予定していた完成
時期はいつごろだたったんですか」
    
博士
「一年前に完成される予定でした」

インタビュアー
「そうですか。ただいまタイムマシンのデジタル表示が1929年にな
っています。ということはタイムマシンを動かすと1929年に行くんで
すよね?」

博士
「そうですね。1929年に向けて出発されるでしょう」

インタビュアー
「……あの、博士はこのタイムマシンを開発したご本人ですよね……?」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒受動態が多い。


〔3〕解説
―――――――――――
受動態を使うと曖昧になる。この博士はタイムマシンを開発した本人な
のか。もしかしたら助手なのかもしれないと思ってしまう。開発した本人
ならば能動態を使うとよい。
 

〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
状況設定:タイムマシンが完成した。

インタビュアー
「博士、完成おめでとうございます。タイムマシンの研究はいつごろ
からはじめられたんですか」

博士
「もうかれこれ20年前からはじめました」

インタビュアー
「長い年月がかかっていますね。タイムマシンの開発にあたって、
いちばん苦労したことはなんですか」
    
博士 
「当初設計した図面をいろいろ変更しなければならなかったことです」

インタビュアー
「完成まで様々な困難があったようですが、当初予定していた完成
時期はいつごろだたったんですか」

博士 「一年前に完成する予定でした」

インタビュアー
「そうですか。ただいまタイムマシンのデジタル表示が1929年にな
っています。ということはタイムマシンを動かすと1929年に行くんで
すよね?」
    
博士
「そうです。1929年に行きます」

インタビュアー
「すばらしい! では早速タイムマシンを動かしていただきましょう。
――え? 燃料が入っていない? 特別な燃料なので現代にはま
だ存在しない……?」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/08/2005

脱出経路マニュアル

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
〈作戦行動重要ファイル〉
市街地D-15ポンイトから安全地帯への脱出経路
 
「緊急事態に陥った場合の脱出経路のマニュアルを書けと上層部から命令
されたのですが、私は幼少の頃、D-15ポイント市街地に数年住んでいたこ
とがあるというだけで、特殊部隊でのサバイバル訓練経験はなく、そもそ
も私は位置測定レーダー部門に出向している、民間の研究員なのです。
そういうわけですが、私の遠い記憶を思い出してみますと、D-15ポイント
から安全地帯への経路として考えられるのは、サンストリートを北に進む
のはどうでしょう。しばらく進みますと市庁舎がありますが、その付近は
人の往来も多く人目につきやすいので避けていただいて、市庁舎の手前に
私がよく焼きたてのメロンパンを買った、少年サッカーチームの監督をし
ている店主がいたパン屋の角を右に曲がっていくのがよいかと思います。
そして私がいつもメロンパン食べ終わる頃にサン広場に着きました。そこ
が安全地帯です」

 
〔2〕問題点
―――――――――――
⇒不必要な事柄が書いてある。


〔3〕解説
―――――――――――
このマニュアル執筆者の、執筆に至る経緯はどうでもよい。知りたいこと
は安全地帯への脱出経路である。
パン屋の説明には、店の外観についての情報がほしい。例えば、緑色の大
きな看板があり、店の名前は……等。
執筆者が焼きたてのメロンパンを買ったことや、パン屋のオヤジが少年サ
ッカーチームの監督であったことは重要な情報ではない。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
〈作戦行動重要ファイル〉
市街地D-15ポンイトから安全地帯への脱出経路

〔D-15ポイントから安全地帯への経路〕
 
注:市庁舎に近づくな。(往来がはげしく人目につきやすい)
 
1、サンストリートを北に進め。
2、市庁舎手前のパン屋(緑色の看板「SUNベーカリー」)の角を右に曲
  がって進め。
3、二百メートル先にサン広場がある。そこが安全地帯である。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/07/2005

ヲシテ……セシム

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
「地元住民の反対運動と生態系に悪影響を与える可能性があるという専門
家のレポートが県議会に提出されたことがテレビで放送されたという事実
は、ダム建設推進派議員達をして、ダム建設の再検討を促がした」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒係り受け
⇒表現がかたい


〔3〕解説
―――――――――――
「ヲシテ」のあとは「ヲシテ……セシム」、「ヲシテ……セシメル」、
「ヲシテ……サセル」という使役の形で結ぶ。

「ヲシテ……セシム」という漢文読み下し調の文は表現がかたくなる。
 

〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
「地元住民の反対と、生き物たちの体に悪いという内容のレポートを環
境専門家が県議会に提出する様子をテレビが放送したという事実は、ダ
ム建設推進派議員達にダム建設の再検討を促がした」

「地元住民の反対があります。さらに生き物たちの体に悪い影響が出る
という内容のレポートを環境専門家が県議会に提出する様子をテレビが
放送したことで、ダム建設推進派議員達はダム建設の再検討をせざるを
えなくなった」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/03/2005

使いやすさとリアリティのバランス―「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」―

〈カテゴリ:映画で読み解くマーケティング〉

潜水艦映画というジャンルには有名な作品が多い。映像技術の発達によって派手な水中戦闘シーンを撮影できるようになったため、多くの制作費をかけて潜水艦映画が作られてきた。

「U-571」、「レッドオクトーバーを追え」、「クリムゾンタイド」、「K-19:THE WIDOWMAKER」(作品レビューはこちら)、
どれも当時の最新映像技術を使い、有名俳優を起用して制作された潜水艦映画だ。

だが実は潜水艦映画は比較的低予算で作ることができる。潜水艦内のシーンを多くすれば、セットだけでほどんどの撮影が可能だからだ。

映画作品を例にみてみよう。
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…
∇「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」

トニー・ジグリオ監督/2003年/アメリカ/98分
〈Story〉
1943年。大西洋。ドイツ軍潜水艦Uボートの脅威が薄まりつつある戦況。アメリカ軍潜水艦ソードフッシュはUボートを沈めるも、自艦の損傷激しく総員退去命令が下る。わずかに生き残ったアメリカ兵はUボートの捕虜となる。やがて艦内で伝染病(髄膜炎)が蔓延。ドイツ軍兵が次々と倒れていく。海上からはアメリカ軍駆逐艦による攻撃を受け、Uボートは海中深く潜行する。弾薬不足、補給艦なし、艦の損傷、乗組員負傷・病伏、長時間潜行による酸素不足。Uボート艦長はついに、乗組員の生還のために捕虜のアメリカ兵と協力してUボートを動かすことを決意する。
作品レビューはこちら
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…

潜水艦同士の戦闘シーンや駆逐艦との戦闘シーンはあるのだが、最近の潜水艦映画の戦闘シーンの迫力にはとうてい及ばない。質素でチープな印象さえ観客に与えてしまうだろう。

それでいいのだ。この作品はCGを使って派手な水中戦闘シーンを撮るつもりはない。焦点となっているのは人間ドラマだからだ。

潜水艦内部での乗艦員のドラマがしっかりしていれば、潜水艦の外の様子を映像で示さなくてもよい。要は観客の頭の中に潜水艦の外の世界の地図が描かれればいいのだ。

人間ドラマをしっかりさせるほかにも作品世界をよりリアリティのあるものにする方法はいくつもある。

ひとつは、リアルにすることだ。リアルに? なにを言っているんだ。リアルにするその方法を知りたいのに、と思われる方もいるだろう。

具体的に説明しよう。
「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」においては、アメリカ兵は英語(米語)を話し、ドイツ兵はドイツ語を話すのだ。

ハリウッド映画のすごいところは、どんな異国のストーリーでも自国の観客が観やすいようにリメイクすることだ。

「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」では、アメリカ人にとって観やすいように主人公ほか主要な登場人物を日本人からアメリカ人に変更している。そうすることでアメリカ人は字幕をほどんど読まずに映画を観れるのだ。

ハリウッド映画ではドイツ人であろうとフランス人であろうと日本人であろうとロシア人であろうと、たいていは英語を話すのだ。

例えばトム・クルーズがコテコテの関西弁を話したらどうだろう? そんなことはハリウッド映画では朝飯前である。

しかし「Uボート 最後の決断(In Enemy Hands)」ではUボート乗組員のほとんどはドイツ語しか話せない。英語を話せるのは艦長と副艦長ぐらいだ。

映画の後半、生還のためにドイツ兵とアメリカ兵が協力してUボートを動かすシーンでは、緊迫した状況で艦長がドイツ語で命令を発したためにアメリカ兵はそれを理解できい。ドイツ人艦長はすぐに英語で命令を言い直す。それでやっとアメリカ人は理解するのだ。

また「単位はメートルだぞ」というセリフもある。国が違えば単位も違うという細部をきちんと描いているのだ。

ちなみに「U-571」という潜水艦映画でも、Uボート艦内のバルブに書かれたドイツ語をひとりの兵士が英語に通訳してわまるというシーンがある。

Uボートの乗組員はドイツ語を話し、アメリカ海軍の潜水艦の乗組員は英語を話す。このリアリティを映画でも採用するのだ。

ターゲットの観客にとって観やすいかというのも大事だが、リアリティがあるかというものもまた大事だ。特に映画の場合は作品の世界観に浸れるかどうかというのは、作品への感情移入にとって大事なポイントだ。

競合他社や競合商品がひしめきあっているところへ新たに参入しようとするなら、他がまだやっていない隙間をみつけよう。

例えば激安競争には終着駅がある。限りなく安くしつづけることはできない。いつかは「ただ=無料」という名の終着駅があるからだ。終着駅を過たら今度は商品自体の価値ではなく、その商品を使うことで生じる利用料という名の車庫に入れるしかない。

つまり、同じ方向を見ていては限界があるというこだ。

【要点】……………………………………………………………………………

●競合他社や競合商品がひしめきあっているところ(潜水艦映画)へ新規参入しようとするなら、他がやっていない隙間(人間ドラマ)をみつけよう

●使いやすさ(登場人物すべてが英語を話す)をとるか、リアリティ(それぞれの国の言葉で話す)をとるか

●使いやすさとリアリティのバランスはその内容と目的による

●使いやすい⇒潜水艦による派手な戦闘シーン、戦争スペクタクル

●リアリティ⇒潜水艦という舞台を使った人間ドラマ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この他にも映画に関するユニークな記事を読みたい方はメルマガ読者登録をど
うぞ。映画で読み解くマーケティング・ビジネスヒント↓
メールマガジン「ディズニー&ピクサーでみつけようゲスト感動のヒント 」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ギャラクシー・クエスト(Galaxy Quest)

ディーン・パリソット監督/1999年/アメリカ/102分
ヒューゴ賞受賞作品。
「スター・トレック」のパロディのSFコメディ作品。

ギャラクシー★クエスト
ティム・アレン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャ パン 2003-07-25


by G-Tools

●真のヒーローというものを笑いで描いたSFコメディの傑作。ストーリーを通して成長する個性的なキャラクターたちとまじめ~な宇宙人。笑い好きなら絶対にはずせない最高にCool!でおちゃめな一本。

〔1〕プレミス(Premise)
  ストーリーが発展していくための基礎となるアイデア
―――――――――――――――――――――
テレビの宇宙船ドラマを観ていた宇宙人が、それが芝居だとは思わず、自分たちの星の危機を救ってくれと俳優たちにお願いにやってくる。


〔2〕ストーリー(Story)
―――――――――――――――――――――
コアなファンをもつ宇宙船ドラマを観ていた宇宙人(サーミアン星人)が俳優たちに助けをもとめてきた。ファトクリ星のサリスに襲われているという。
はじめはサーミアン星人を信じなかった俳優たちだが、ドラマのとおりに作られた宇宙船(プロテクター号)に乗り込み、サーミアン星人を助けることになる。


〔3〕Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△タガート艦長(ジェイソン・ネズミス)
宇宙探査局(NSEA)所属プロテクター号の艦長役

△マディソン中尉(グエン・マデルコ)
女性クルー。コンピュータの指示を繰り返して言う役

△ドクター・ラザラス(アレックス・デーン)
トカゲ頭のメイクで出演。「トカゲヘッドにかけて必ず復讐を果たす」が決めセリフ。本人はこのセリフを嫌っている。

△ラレド(トミー・ウェバー)
プロテクター号の操縦士役

△チェン
プロテクター号の技術主任

△ガイ・フリーグマン(乗組員6 のちロック保安主任)
船内で殺される乗組員役専門。後に保安主任役となる。

△マセザー
クラトゥ星雲からきたサーミアン星人のリーダー

△サリス
ファトクリ星の将軍(軍人) サーミアン星を攻撃する。


〔4〕・1 スリー・アクト・ストラクチャー
     (Three Act Structure)3幕構成
―――――――――――――――――――――
セットアップ(setup 設定)
-------------------------------
テレビ作品を上映するギャラクシー・クエストのイベント会場。楽屋での出演者たちの様子。壇上に登場する俳優たち。(テレビ作品と役者たちの紹介)

ディベロップメント(development 展開)
-------------------------------
サーミアン星人が助けを求めてやってくる。テレビドラマのとおりに忠実に真似てつくった本物のプロテクター号に俳優たちが乗る。敵(サリス)の攻撃を受ける。破損した船の部品をとりに、ある惑星に降り立ち、部品(ベリリウム球)を船に持ち帰る。

レゾリューソン(resolution 解決)
-------------------------------
プロテクター号が敵に制圧される。捕らえれたクルーたちだが、隙をみて反撃に出る。プロテクター号の爆破を阻止して、監禁されていたサーミアン星人たちを救出する。敵船との戦闘をえて勝利し、地球のイベント会場にプロテクター号で乗りつける。イベントは大成功となる。


〔4〕・2 シーン・シークエンス
(アクションとアクションによるミニ・ストーリー。通常3分から7分)
―――――――――――――――――――――
⇒船の動力源であるベリリウム球を取りに、ある惑星へ降り立つクルーたちは、それぞれバラバラのチームワークのなか、3歳ぐらいの子供にみえる強暴な生物の追撃から、大玉転がしのようにベリリウム球を転がして小型船へと逃れる。

⇒小型船に乗り遅れたタガート艦長はコロッシアムのような場所で怪物と対峙する。 艦長を助けようとデジタル転送装置を操作することになったチェン技術主任は、はじめはいやがっていたが、サーミアン星人のラリアンにいいところを見せたい一心で装置を操作し、艦長を助ける。

⇒プロテクター号の爆破装置の場所と解除方法を知らないタガート艦長とマディソン中尉は、ギャラクシー・クエストのテレビドラマオタクの少年に連絡をとって助けを求める。タガート艦長はオタク少年たちのネットを使ったチームプレイに助けられ、爆破装置の場所にたどりつくことができる。
 

〔4〕・3 マグフィン(Maguffin)
  (悪者が欲しがっていてヒーローが持っているもの)
―――――――――――――――――――――
「オメガ13」
テレビシリーズで最後の切り札として使われるものの名前。それがなんなのか、俳優たちもよくわかっていない。敵(サリス)は「オメガ13」というものがあることを知る。強力な武器だろうと思い、手に入れようとする。


〔5〕コメント・レビュー(Comments・Review)(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
真のヒーローというものを笑いで描いたSFコメディの傑作。ストーリーを通して成長する個性的なキャラクターたちとまじめ~な宇宙人。笑い好きならはずせない最高にCool!でおちゃめな一本

テレビの中では友情とチームワークで宇宙の平和を守るタガート艦長たち。だが実は俳優たちのチームワークはばらばらである。自分の役柄を心からきらっている者もいる。

サーミアン星人の要請により、本物の宇宙船であるプロテクター号で敵と戦うことで俳優たちは自分たちが必要とされていることを知り、やがて力を合わせて問題解決を図るようになる。

イベント会場(やる気のない俳優たち)
  ↓
サーミアン星人の要請
  ↓
宇宙へ行く
  ↓
敵との闘い(冒険)
  ↓
地球へ戻る
  ↓
再びイベント会場(いきいきとした俳優達)

このように登場人物たちは冒険を通して大きく変化している。

この作品は宇宙を舞台にしている。「スターウォーズシリーズ」のように、大真面目に神話のストーリーをなぞるのではなくユーモアと笑いを武器にしている。

ストーリーの基本を軸に据えて無駄のないシーンで構成されている。また、登場人物たちのキャラクターが特徴的であり、ユーモアと笑いを一層ひき立てている。
 
全編コントともいえるこの作品はだれもが楽しめる作品である。日本でも「GO」や「ウォーターボーイズ」のようなユーモアや笑いをふんだんに取りいれた作品がヒットしている。

日本が得意とするもののうちのひとつである「笑い」という要素をストーリーに効果的に組み込む。――これは日本映画(注:「ギャラクシー・クエスト」は日本映画ではない)のあたらしいスタイルやモデルのひとつだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガあります。このブログの映画レビューの情報も受信できるよ。
基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内

メールアドレス

Powered byまぐまぐ

メルマガの詳細はこちらをクリックでどうぞ

| | Comments (5) | TrackBack (4)

03/02/2005

しゃべる地球儀

〈カテゴリ:マーケティング〉

せんせい おなはしせんせい 地球儀スターターセット DH-05
タカラ

by G-Tools

これは付属のペンで表面をタッチすると国名や首都名や特徴などを音声
で説明してくれる地球儀だという。

地球儀の中ってどうなっているのだろう。あの球形の中の空間が無駄で
はないか。ということで貯金箱になっている地球儀はあったが、しゃべ
る地球儀というのはおもしろい。

バンコクってどこ? と地球儀を前に訊かれてすぐに「ここだよ」と指
差せるだろうか。簡単そうでなかなか難しい。

ってかそんな国名どこにもないやん。いやいや国名じゃなくて都市名で
すよ☆念のため☆

そんなとき、ペンでタッチすると音声で案内してくれるのはありがたい。
地球儀に書かれた文字はたいてい小さく、球形なのもあって読みにくい
からだ。

地球儀をながめるだけではない。ペンでタッチするのだ。楽しみながら
自ら学び取っていけるというのはなかなかいい。

進級、進学シーズンでもあり、ランドセル以外のお祝い品として家族みん
なでも楽しめるだろう。

【要点】……………………………………………………………………………

●学習用品は能動性のあるものがよい

●受動ではなく能動

●みんなで(友達、家族)楽しめるものでありつつ、

●楽しみながら学べるものがよい

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大事なことを最初に示す

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
〈状況〉
イタリアに住んでいる日本人の友人から、イタリア製の電子レンジが日本
のケイタくんに送られてきた。友人からの手紙とメモがある。

〈手紙〉
昨年君がこっちに遊びにきたときに「デザインが気に入ったから買ってお
いてくれ」と頼まれたイタリア製電子レンジを送ります。

〈メモ〉
電子レンジの使い方

○赤いボタンは「あたため」です。
○青いボタンは「レンジ」です。
○黄色いボタンは「オーブン」です。
○使用時はレンジの上に物を置かないように。熱くなりますので。

ケイタ君は赤いボタンを押しました。しかし電子レンジは動きません。
青いボタンを押しても、黄色いボタンを押しても電子レンジは動きません。
ケイタくんはイタリアの友人に電話しました。
 
ケイタ君「君のメモのとおりに操作したけど、電子レンジが動かないよ」
友人   「コンセントが入ってないんじゃないか?」
ケイタ君「あッ! コンセント入れてなかったよ」
友人  「ハハハ、ケイタはあわてんぼうだなぁ。そうそう、電子レンジは
     イタリア製だから、日本のコンセントには合わないよ」
ケイタ君「…………」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒大事なこと(前提条件など)を最初に示していない。


〔3〕解説
―――――――――――
電源について、メモの最初に書きましょう。
それよりも、電子レンジを買っておいてほしいという話のときに、最初に
電源のことを話しておきましょう。

また、使用時はレンジの上に物を置かないように、というのも最初に書く
とよいでしょう


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
〈メモ〉
電子レンジの使い方

○コンセントは日本用に取り替えてください。
○使用時はレンジの上に物を置かないように。熱くなりますので。
○赤いボタンは「あたため」です。
○青いボタンは「レンジ」です。
○黄色いボタンは「オーブン」です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

03/01/2005

できるだけ肯定文で

〈カテゴリ:わかりやすい日本語で(Plain Japanese)〉

〔1〕例文
―――――――――――
「暖房中ですので、この窓を開け放したままにしないでください」


〔2〕問題点
―――――――――――
⇒否定文


〔3〕解説
―――――――――――
だれかになにかの行動を促がしたり、お願いしたりするときには、否定文より
も肯定文のほうがよい。


〔4〕書き直し(リライト)例
―――――――――――― 
「暖房中です。用事が済みましたら、窓を閉めてください」
「窓を閉めてください。暖房中です」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

| | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »