« 25席の妖精―「ネバーランド」― | Main | ラジコンカーがついにこの価格に »

02/06/2005

砂丘でサンドボード

〈カテゴリ:マーケティング〉

鳥取砂丘を滑り降りるスポーツとしてサンドボードが好評らしい。

サンドボードはスノーボードとほぼ同じ形のボードに両足(素足)を乗せて固
定して、砂の斜面を滑り降りるというものだ。

サンドボードがオースラリアから日本に入ってきたのは2001年で、スノーボー
ダーの夏の遊びやトレーニングとして競技人口が増えているという。

鳥取砂丘には一度行ったことがある。ずいぶん昔のことなので今はどうなって
いるかわからないが、そのときはスキー場にあるようなリフトに乗って砂丘へ
渡った。

海辺の砂浜を歩いたことがある人はわかると思うが、砂の上というのは予想以
上に歩きにくい
ものだ。まして走るとなると、アスファルトの上を走るよりも
何倍も筋力と体力を使う。

「はじめの一歩」(森川ジョージ著)という大人気のボクシング青春漫画があ
る。鴨川ボクシングジム所属のボクサーたち4名ほどが夏の合宿に海へ行くと
いう話が載っている。

はじめて合宿に参加した主人公の幕ノ内一歩は、先輩たちと一緒に砂浜でラン
ニングするのだが、いつのまにかみんなから遅れてしまう。

海に来て女の子をナンパして遊んでばかりいた先輩たちだったが、砂浜で一緒
に走ってみて、実は過酷なトレーニングをこなしているとわかり、一歩は先輩
たちの凄さに感心する。

浜辺を走ったことがない方でも、ボクサーがよく砂浜でランニングするという
のを聞くと、砂の上を走るのはかなりの体力を消耗するということを想像しや
すいだろう。

私が砂丘に行ったときも友人たちと走り回って遊んだのだが、やはり走りにく
くて何度も転んだ。砂が口に入ってジャリ(←「砂利」とかけたわけではない
が……)っとした感触を味わったものだ。

おまけにローカットの運動靴を履いていたので靴の中はすぐに砂だらけになっ
た。

そんなとき友人のひとりがどこからかダンボールの切れ端をみつけてきて尻を
乗せて丘を滑りはじめたのだ。その圧倒的な降下速度には目を見張るものがあ
り、みんなこぞってダンボールに乗ったが、切れ端は小さく、滑り降りる途中
で転んで砂だらけになっていた。

そのときだれもが、もっと大きなダンボールがほしい、もっとたくさんダンボ
ールがほしい、と思っていたにちがいない。そうすればみんなで滑り降り競争
をして遊べただろう。

砂と海しかない(観光用のラクダもいた)鳥取砂丘で1番ほしいものはなにか
といえば、あのときはダンボールの切れ端だった
のである。

もちろん鳥取砂丘でなければ、ダンボールの切れ端などいらない。ダンボール
ならモノを入れたりできるが「ダンボールの切れ端」など使いようがないから
だ。

そんな「いらないモノ」でも、場所が違えば皆の羨望の的になるのだ。

鳥取県のスキー場といえば「大山」だが、全国的にみれば中国地方はスキー場
が少ない。だが鳥取には砂丘という天然資源がある。サンドボードは夏のスポ
ーツとして大いに楽しめるだろう。

サンドボードの良い点はなんといっても気軽にできること。ウェアもブーツも
いらない。でもゴーグルはあってもいいかもしれない。

鳥取砂丘に行ったらぜひ挑戦してみたいものだ。

【まとめとポイント】………………………………………………………………………

●なんの役にも立ちそうにないものでも、どこかで役に立つことがある
 (ダンボールの切れ端)

●たとえ魅力がないように思えるものでも、場所や時が違えばたいへん
 に魅力あるものとなる

●アウトドアスポーツをしてみよう。自然を活かすスポーツは、すでにある
 ものと、なにかの組み合わせによって、たのしみときもちよさを与えてく
 れる。
 (砂 + ダンボールの切れ端 = 滑走の楽しさ・気持よさ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「はじめの一歩―The fighting! (1)」森川ジョージ 講談社
はじめの一歩―The fighting! (1)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Click,thank you ⇒ 人気blogランキングへ

|

« 25席の妖精―「ネバーランド」― | Main | ラジコンカーがついにこの価格に »

Comments

This is my first time pay a visit at here and i am really pleassant to read all at alone place.

Posted by: acai pills | 12/12/2014 at 06:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/2827589

Listed below are links to weblogs that reference 砂丘でサンドボード:

« 25席の妖精―「ネバーランド」― | Main | ラジコンカーがついにこの価格に »