« 言葉足らず・主観と客観 | Main | 主語の途中変更・テンの打ち方 »

12/19/2004

ポーラー・エクスプレス(THE POLAR EXPRESS)

ロバート・ゼメキス監督/アメリカ合衆国/2004年/100分
原作: クリス・ヴァン・オールズバーグの名作絵本 『急行「北極号」』

B000BD3DTGポーラー・エクスプレス
トム・ハンクス ロバート・ゼメキス ノーナ・ゲイ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-25

by G-Tools

●物語に最適な映像表現方法をつかった、信じることのすばらしさを伝える
 クリスマスファンタジー

Story(ストーリー)
―――――――――――――――――――――
クリスマスイブの夜。窓の外には雪が降り積もっている。サンタの正体は父親ではないかと疑いはじめていたヒーロー・ボーイは、夜中に突然の大きな音に目が覚める。窓の外をみると、家の前に機関車が止まっていた。
パジャマにガウンを羽織ったヒーロー・ボーイはサンタクロースに会いに機関車ポーラー・エクスプレス(急行北極号)に乗って北極点へ向かう。


Main Character(主な登場人物)
―――――――――――――――――――――
△ヒーロー・ボーイ(HERO BOY)
少年。サンタの存在を少し疑いはじめている年頃。

△車掌(CONDUCTOR)
 機関車ポーラー・エクスプレスの車掌。北極点への案内人(ガイド)

△ホーボー(HOBO)
 ポーラー・エクスプレスの屋根の上にいる謎の男。自らを「北極点の王」
 と名乗る。

△ロンリー・ボーイ(LONELY BOY)
 少年。ほかの少年少女とは離れてひとりでいることが多い。

△ヒーロー・ガール(HERO GIRL)
 少女。積極性と行動力があり、引率力もある。


Comments(論評、批評、意見)
―――――――――――――――――――――
●物語に最適な映像表現方法をつかった、信じることのすばらしさを伝える
 クリスマスファンタジー

「ポーラー・エクスプレス」で使っている方法は、モーション・キャプチャーの進化形ともいえるパフォーマンス・キャプチャーだ。

パフォーマンス・キャプチャーでは、俳優は全身にセンサーをつけており、体だけでなく動きや顔の表情までキャプチャーすることが可能だ。そのため俳優の演技が作品を作り上げていく際の重要な要素になっている。

3Dを使って人間そっくりな登場人物が活躍すると聞いて、よい印象を受けない方もいらっしゃるだろう。

なぜなら、デフォルメされたアニメーションではない、リアルな人間が登場するとなると、なんだか気持悪いと感じる方もいるかもしれない。リアルな人間を登場させるなら、本物の俳優でよいではないかと思うのが普通だ。

また、ふと例の作品が頭をよぎる方もいるだろう。そう、スクウェアが制作した全編フル3DCG映画作品「ファイナルファンタジー」のことだ。見事にコケたこの作品は、人間そっくりな登場人物を作る必要があるのか? という問
いを投げ掛けたという意味で、意義のある1作だった。(スクェアエニックスは映画事業から撤退したが、大きな失敗からはとてつもなく多くのことを学べるはずだ。いつの日か映画制作に挑戦してもらいたい)

私は「ポーラー・エクスプレス」を観る前は疑問に思っていた。『急行「北極号」』の映画化にあたり、当然に「ファイナルファンタジー」という作品のことは知っていたであろう制作者たちは、なぜまたリアルな人間を登場させる作品を作る気になったのか――と。

「ポーラー・エクスプレス」を観るとすぐに答えがわかった。それはこういうことだ。まず、伝えたい物語がある。原作絵本の油絵の世界を映像化する最適な方法はなにかと考える。そうしてみつけた方法がパフォーマンスキャプチャーなのだということだ。

日本のアニメーション作品やCG作品や特殊効果を使った作品を観てよく思うるのはこの逆だ。特殊効果や特殊技術や最新技術を使いたくて(表現)したくてストーリーを付けてみたのではないかと思うことがあるのだ。つまり、技術が先でストーリーは表現のためにとって付けただけということだ。

だが「ポーラー・エクスプレス」は物語ありきなのだ。物語があって、それを表現するための特殊効果なのだ。

では作品のみどころを紹介しよう++++++++++++++++++++

〈言葉〉
ポーラーエクスプレスの乗客の子供たちはそれぞれ自分の乗車チケットを持っている。車掌はチケットにパンチで文字を刻む。アルファベット2文字ほどの文字がいったいなにを意味するのか? そこにはそれぞれの子供へのメッセージが込められている。

アメリカ合衆国ではクロスワードパズルに人気があるという。ちょっとした空き時間などに、雑誌に載っているパズルを解いてみたりする。言葉遊びの楽しみがある仕掛けだ。


〈視点・カメラワーク〉
チケットが風に飛ばされて宙を舞って作品の世界を飛び回る。登場人物さえも見ることができない自然の風景を観客は楽しむことができる。また、モノに反射して映る映像や、鍵穴から覗いた映像などもみどころだ。


〈鈴〉
信じることのすばらしさを教えてくれる小道具。


〈キリスト教文化〉
鈴が関係するシーンは、信じることの力をスマートに表現している。これは新約聖書ルカによる福音書8章43節から48節に載っている話に近いだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12年間長血(病気)をわずらっている女が、群衆のなかのイエスに、後ろから近寄ってその衣のふさに触った。すると病気がたちまち治ってしまった。
イエスは、わたしにさわったのはだれか、と言われた。群衆がひしめきあっていたのでだれが触れてもおかしくなかったが、イエスは、力がわたしから出て行ったのを感じたのだ、と言われた。
女は震えながら進み出てひれ伏して、さわった訳と、さわるとたちまちなおったことをみんなの前で話した。
イエスは女に言われた。あなたの信仰があなたを救ったのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈ジェットコースターかのようなスリリングな展開〉
ポーラー・エクスプレスでの北極点までの旅は観客をまったく飽きさせない。トナカイの群れ、列車の屋根にいる謎の男など。とくに氷上ドリフトシーンについては、いままであんなシーンは見たことがない。


〈雪〉
しんしんと降る雪。そんな表現がぴったりな雪の描写がすばらしい。私はかつてある知人から、雪というものは綿のようにふわふわと降るというのををきいたが、にわかには信じられなかった。だが北海道に行ったとき、ほんとうに綿のような雪がキラキラと光りながら舞い降りる雪を見て、知人の言ったことはほんとうだったと思ったものだ。
そんなことをふと思い出させてくれる、そんな雪の描写であった。

〈ホットチョコレート(ココア)〉
ポーラー・エクスプレス車内でふるまわれるホットチョコレートの給仕シーンでのダンスと音楽は、これぞショータイム! いうものになっている。
+++++++++++++++++++++++++++++++++

作品公開時期が「ハウルの動く城」(レビューはこちら)と「Mr.インクレデ
ィブル」(レビューはこちら)と近いためなのか、作品の良さのわりには話題
になっていないようだ。

またCG等の特殊映像技術を使った人間が主人公の作品ということで、過去のよくない印象が残っているのかもしれない。

だが「ポーラー・エクスプレス」は子供だけでなく、大人こそ観て楽しめる作品だ。

ぐいぐいと引きこんでいくテンポの良さと、キャラクター造形と配置の巧さ。エルフの顔がちょっと怖いがそれもまた愛嬌だ。

おすすめである。
―――――――――――――――――――――

急行「北極号」
クリス・ヴァン・オールズバーグ 村上 春樹
あすなろ書房
2003-11-10


by G-Tools

ポーラー・エクスプレス DVD

ポーラー・エクスプレス サントラ
―――――――――――――――――――――
∇参考・用語引用図書 
「ストーリーアナリスト」 
1999フィルム アンド メディア研究所 愛育社
「ハリウッド・リライティング・バイブル」 
2000 フィルム アンド メディア研究所 愛育社

|

« 言葉足らず・主観と客観 | Main | 主語の途中変更・テンの打ち方 »

Comments

TBありがとうございましたm(_ _)m

非常に丁寧に書かれているブログですね^^
参考にさせて戴きます!

Posted by: cyaz | 12/19/2004 at 22:50

NOVといいます。こんばんは。
3DCGのこの作品に対する解説は、その3DCGに対する疑問を上手く解消させている論旨だなあと思いました。それでは、TBこちらもさせていただきます。

Posted by: NOV | 12/20/2004 at 00:17

>cyazさん
こんにちは。
「京の昼寝~♪」こちらこそ参考にさせてもらって
ます。また寄ってみてくださいね。

Posted by: jigen | 12/21/2004 at 00:02

>NOVさん
こんにちは。TBありがとうございます。
はじめはこの作品を観るつもりはなかったのですが、
特殊効果がメインではなく物語がメインらしいとい
うので観ました。なるほど物語ありきだというのな
ら、あの人間もありかな…と。エルフの顔はちょと
怖かったですけどね^_^;

Posted by: jigen | 12/21/2004 at 00:10

こんばんは。TBありがとうございます(^^)
氷上ドリフトシーンは迫力ありましたね。
これで映画館の座席が動けばテーマパークのようだと思いました。
CGにすることで本来ならば不可能な動きや絵本の世界らしい雰囲気
が出ていますよね。

Posted by: usako | 12/23/2004 at 21:10

>usakoさん
こんばんは。氷上シーンのあたりはかなりジェットコ
ースター風で、あれで座席が動いていたら乗物酔い
しちゃいます^^; そのくらい迫力ありましたネ。

Posted by: jigen | 12/24/2004 at 00:32

Somebody essentially help to make significantly articles I might state. This is the very first time I frequented your web page and so far? I surprised with the analysis you made to make this actual post incredible. Wonderful activity!

Posted by: best dating sites | 01/16/2015 at 11:32

Hi there terrific website! Does running a blog like this require a massive amount work? I've very little expertise in computer programming but I was hoping to start my own blog in the near future. Anyhow, if you have any ideas or techniques for new blog owners please share. I understand this is off subject nevertheless I just wanted to ask. Appreciate it!

Posted by: imagenes de mujeres con mujeres | 01/28/2015 at 16:03

Neat blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere? A theme like yours with a few simple tweeks would really make my blog stand out. Please let me know where you got your theme. Cheers

Posted by: %anchor_text% | 02/20/2015 at 11:12

Undeniably believe that which you said. Your favorite justification seemed to be on the web the easiest thing to be aware of. I say to you, I certainly get irked while people think about worries that they just don't know about. You managed to hit the nail upon the top and defined out the whole thing without having side-effects , people could take a signal. Will likely be back to get more. Thanks

Posted by: Match.com | 04/06/2015 at 01:46

If you are going for best contents like I do, only visit this site all the time as it provides feature contents, thanks

Posted by: ยารักษาริดสีดวง | 10/03/2015 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/2310368

Listed below are links to weblogs that reference ポーラー・エクスプレス(THE POLAR EXPRESS):

» 『ポーラー・エクスプレス』 [京の昼寝〜♪]
■監督・脚本 ロバート・ゼメキス ■脚本 ウィリアム・ブロイルズ・Jr ■主演 トム・ハンクス クリスマス前夜に起こる不思議な出来事−。サンタクロースを待つ少年... [Read More]

Tracked on 12/19/2004 at 22:49

» 「ポーラー・エクスプレス」観てきました! [★★かずくんままのマネー日記+α(ハウルの動く城観たよ!!)★★]
今日はテアトルの優待を使って映画を2本観てきました。 まず、1本目は「ポーラー・エクスプレス」です。 トム・ハンクスが声優で5役やったということで話題に... [Read More]

Tracked on 12/20/2004 at 00:16

» 映画『ポーラーエクスプレス』〜クリスマスイブそこには列車が… [EVERSMILE(エバースマイル)]
邦題:ポーラー・エクスプレス原題:The Polar Express監督:ロバート・ゼメキス原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ音楽:アラン・シルヴェストリ出演... [Read More]

Tracked on 12/20/2004 at 00:16

» ポーラー・エクスプレス [Diarydiary! ]
《ポーラー・エクスプレス》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - THE PO [Read More]

Tracked on 12/22/2004 at 23:46

» いやはや感動しました [いちごバナナアイスの日々]
今日はポーラー・エクスプレスを観てきました。想像以上に良かったです! ポーラーっ [Read More]

Tracked on 12/23/2004 at 21:11

» ポーラーエクスプレス [ FOR BRILLIANT FUTURE]
この映画は画像が大変綺麗なのと同時に新しい技術のCGアニメーション技術だと思います。しかし、私はこれは完璧なアニメーションとは位置づけるのは難しいと思います。と... [Read More]

Tracked on 12/26/2004 at 01:15

» ポーラー・エクスプレス [ぶっちゃけ…独り言?]
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) う〜ん・・・技術は凄いのかもしれないけど、キャラクター特に主人公が どーしても好きになれなかったです。 性格がね・・・何かトラブルメーカーだし、何か生理的に受け付けない んですよね〜。 ま、キャラクターが最も好きになれない最大の原因は、最新技術を使った CGにあるんですけどね。 パフォーマンス・キャプチャーだか何だか... [Read More]

Tracked on 11/04/2005 at 03:50

» 映画「ポーラー・エクスプレス」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。クリス・ヴァン・オールズバーグの名作絵本『急行「北極号」』を映画化。ロバート・ゼメキスの久しぶりの監督作品です。CGで描かれた映像はめっちゃ綺麗です。定番のクリスマスソングもいいです。トム・ハンクスが一人で5役(ヒーロー・ボーイ、父親、車掌、...... [Read More]

Tracked on 12/07/2005 at 01:35

» ポーラー・エクスプレス [Rohi-ta_site.com]
DVDで、声の出演:トム・ハンクス/ノーナ・ゲイ/ピーター・スコラーリ/エディ・ディーゼン/マイケル・ジェッター/チャールズ・フライシャー/ジュリアン・レネ/原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ/脚本:ロバート・ゼメキス/ウィリアム・ブロイルズ・Jr./監督:ロバート・ゼメキス/作品『ポーラー・エクスプレス』を観ました。 ●ストーリー クリスマスイブの夜、ベッドに入った少年は、今年こそはサンタをひと目見ようと起きていたのだが、その反面、「サンタなんて、本当はいないのではないか?」と疑い始..... [Read More]

Tracked on 12/23/2005 at 17:57

« 言葉足らず・主観と客観 | Main | 主語の途中変更・テンの打ち方 »