« 動いちゃダメなの? | Main | どんな人に読んでほしいの? »

ゾンビ公園があるの?

〈わかりやすく(読物)〉

入り口に、以下の注意書きがある公園には、だれも入ろうとしないかもしれま
せん。

*************************************************************
☆「○○公園を利用するみなさんへの注意」☆

この公園の周囲は閑静な住宅街になっており、市民の皆さんの憩いの場
として平成○○年○月○日に完成しました。

・公園内で楽器を演奏しないでください。
・池の鯉を釣らないでください。
・皆さんが気持ちよく利用できるよう、公園をゴミなどで汚さずにきれ
 いにしましょう。
・近隣の住民が迷惑しますので、ハトにエサを与えないでください。
・この公園に生き物を入れないでください。
・ゴミは持ち帰りましょう。
・この公園で宿泊しないでください。
・公園内の植物を採らないようにしましょう。
*************************************************************

○まず、「○○公園を利用するみなさんへの注意」について。冒頭でいきな
 り「注意」というのは、読むほうにとってあまり気持のいいものではあり
 ません。

 例えば「教室で先生に注意される」というように、利用者にとってみれば、
 公園を利用する以前に、だれかに叱られるかのような印象を受けてしまうか
 もしれないからです。
 ここは「公園を利用するみなさんへのお願い」としたほうが良いでしょう。

○つぎに、以下の文が書かれています。
「この公園の周囲は閑静な住宅街になっており、市民の皆さんの憩いの場とし
 て平成○○年○月○日に完成しました」

 この文はいったい何がいいたいのか、まだこの段階ではよくわかりません。
 おそらく、この公園では静かにしてほしいというお願いと、この公園がどの
 ような目的を持っていつ完成したかのかを知らせたいのでしょう。

 この文はすべて無くしてしてしまって良いでしょう。どのような目的を持っ
 ていつ完成したかを知らせたいならば、そのことを看板の枠の隅あたりに書
 けば充分です。

○箇条書きにの項目には2つの種類の文が混ざっています。
 「~しましょう」という「ある行動を促がす」文と、「~しないでください」
 という「ある行動を禁止する」文です。

 「ある行動を促がす文」と「ある行動を禁止する文」を、それぞれをまとめ
 て書くと良いでしょう。

 また、箇条書きの内容については、騒音、生き物、ゴミ等についての項目が
 ばらばらに書かれています。関連する内容の項目はなるべくまとめて書くと
 よい
でしょう。

○ゾンビ公園があるの?
 公園の注意書きには「この公園に生き物を入れないでください」とあります。
 これでは生き物は入れませんね。犬も猫も人間も。おそらく「注意書き」を
 書いた人が言いたいことは、犬や猫のペット類を公園内に入れないでくださ
 い、ということでしょう。そうならば「ペット類入園禁止」または「ペット
 類を連れてのご入園はご遠慮ください」と書けば良いでしょう。

以上を考慮して書き直した例を下記に示します。

リライト例
*************************************************************
☆「○○公園を利用するみなさんへのお願い」☆

・公園内で大声を出して騒いだりしないでください。
・公園内で楽器を演奏しないでください。
・公園内にペット類を入れないでください。
・公園内でハトにエサを与えないでください。
・公園内の池の鯉を釣らないでください。
・公園内の植物を採らないでください。
・公園内で宿泊しないでください。
・公園内にゴミを捨てないでください。

・公園をきれいにしましょう。
・ゴミは持ち帰りましょう。

○○公園 平成○○年○月○日完成
*************************************************************
---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」


« 動いちゃダメなの? | Main | どんな人に読んでほしいの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゾンビ公園があるの?:

« 動いちゃダメなの? | Main | どんな人に読んでほしいの? »