« 句読点(くとうてん) | Main | いま、会いにゆきます »

11/27/2004

読点の打ち方

〈カテゴリー:わかりやすく(読物)〉

読点は、

〈1〉語句の切れ目に打ちます。

〈2〉文のひとまとまりの区切りに打ちます。

読点を打つ目的は、わかりやすい文にすることです。


〇読点の打ち方の例

・主題提示のあとに打つ
「この魚の形をした青いペンは、ケイタくんにもらったものだ」

・並列させる場合に打つ
「青いペン、赤いペン」

・熟語と誤解しないために打つ
「今、朝の7時頃です」(「今朝」と誤解させないために打つ)

・数を示すために打つ
「みたところ4、5歳でしょうか」(「45歳」ではない)
---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」

|

« 句読点(くとうてん) | Main | いま、会いにゆきます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/2082995

Listed below are links to weblogs that reference 読点の打ち方:

« 句読点(くとうてん) | Main | いま、会いにゆきます »