« すべての文に主語を入れてみる | Main | 読点の打ち方 »

11/25/2004

句読点(くとうてん)

〈カテゴリー:わかりやすく(読物)〉

句読点とは、テンやマルなどの符号もしくは記号のことです。
句読点の「句」とは、句点「 。」を指します。
句読点の「読」とは、読点「 、」を指します。

句点は、文章のなかのひとつの文の終わりに打ちます。
読点は、文のなかでの意味の切れ目で打ちます。ほかに、文のリズムを整える
ために打ちます。


〇句点の打ち方――会話文のなかでの打ち方――

〈1〉「会話での句点の打ち方はどちらがよいでしょうか。」

〈2〉「会話での句点の打ち方はどちらがよいでしょうか」

句点は、文章のなかのひとつの文の終わりを示しています。同じく、カッコの
終わりの部分である、受けカッコ・閉じカッコも、文の終わりを示しています。

ひとつの意味を表す記号は、ひとつでじゅうぶんです。

すると、簡潔でわかりやすく書くためには〈2〉番の書き方のほうがよいとい
うことになります。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」

|

« すべての文に主語を入れてみる | Main | 読点の打ち方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/2061940

Listed below are links to weblogs that reference 句読点(くとうてん):

« すべての文に主語を入れてみる | Main | 読点の打ち方 »