« 他動詞と使役動詞 | Main | 句読点(くとうてん) »

11/24/2004

すべての文に主語を入れてみる

〈カテゴリー:わかりやすく(読物)〉

日本語の文では、読み手がわかっている主語は省略する傾向があります。その
ほうが読みやすい文になるからです。

そのため、主語がない文を延々と続けてしまうことがあるかもしれません。そ
うなると、読み手は「この文章は何について書いているのか」という基本的な
疑問を持つ可能性が高くなります。

ある文章が何について書かれているのかを明確にするには、すべての文に主語
を入れてみる
ことです。主語を入れると、動詞との関係がはっきりします。こ
れによって「ねじれ文」を書かないようにすることができます。

すべての文に主語を入れて述語との相性を検証したうえで、なくしたほうが文
章全体としてがわかりやすくなる主語を外していきます。

そして、もう一度はじめから文章を読んで、以下の事柄を検証しましょう。

〇文章のテーマは明確か?
〇すべての文について、主語が何であるかが容易にわかるか?
〇スムーズに読むことができるか?
---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」

|

« 他動詞と使役動詞 | Main | 句読点(くとうてん) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/2051910

Listed below are links to weblogs that reference すべての文に主語を入れてみる:

« 他動詞と使役動詞 | Main | 句読点(くとうてん) »