« それがどれだけ大事か伝えるにはどうするか? | Main | Purpose »

08/08/2004

何についてなのか?(Topic)

●まずは主題(Topic)を明確にする。
●一番伝えたいことを、最初に書く(言う)。


●映画作品「ファインディング・ニモ」を例にみてみましょう。
------------------------
「ファインディング・ニモ」は「何について」描かれた作品なのか。主題は何
なのか。それは「親子愛」だ。

映画制作の場合では、「親子愛」という主題(Topic)を、どのような物語形
式で描くか。どのような映像表現方法で描くか。
といったように作品の設計図
を描いていくことができる。

まず「主題(Topic)」をしっかり据えなければならない。映画作品に限らず、
あらゆる文書は主題を持っていることがほとんどだ。
(契約書、依頼書、団地の回覧板(お知らせ)……等)

◇まずは主題(Topic)を明確にする

この文章は何について書いてあるのか。あの人は何について話しているのか。
読み手や書き手がこういった疑問を持つならば、それには2つの原因が考え
られる。

〈1〉書き手または話し手自身が、何を一番伝えたいのかがわかっていない。

〈2〉書き手または話し手が 何を一番伝えたいかはわかっているが、その
   伝え方が効果的に機能していない。

〈1〉については、もう一度じっくりと「何を一番伝えたいか」と考えてみる
とよい。すぐに答えは出るだろう。
〈2〉については、「一番伝えたいこと」はわかっていのだから、問題はその
伝える方法だ。

最もシンプルでわかりやすい方法は、

◇一番伝えたいことを、最初に書く(言う)

ということだ。別の言い方をすると、結論から先に書く(言う)、となる。

ただ映画作品は、ストーリー全体で主題(Topic)やテーマ(Theme)を伝える
という性質のものなので、かららずしも結論から先という構造になってるわ
けではない。

だが、映画作品というひとつの形あるものにする場合には、最初に主題
(Topic)を明確にしておくことが大事なのには変わりはない。

主題(Topic)やテーマ(Theme)がぼやけていれば、ストーリーはどこへ向か
うのかあいまいになってしまう。作り手が行き先を知らないストーリーに観
客がついてきてくれるだろうか。

これは、行き先がわからない列車に、乗客が乗りようもないのと同じことだ。

まとめとポイント―――――――――――――――――――――――――
●まずは主題(Topic)を明確にする。
●一番伝えたいことを、最初に書く(言う)。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」


|

« それがどれだけ大事か伝えるにはどうするか? | Main | Purpose »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/1151639

Listed below are links to weblogs that reference 何についてなのか?(Topic):

« それがどれだけ大事か伝えるにはどうするか? | Main | Purpose »