« Purpose | Main | だれのために? »

08/10/2004

どんなバックグラウンドをもっているか?

[相手はどんなバックグラウンドをもっているのか?]

◇相手のバックグラウンドに関する情報をひとつでも多く知っておくことが、な
  にかを伝える場合にはとても役に立つ

なにかを伝えたい相手はいったいどんな人だろう。性別は? 年齢は? 国籍
は? アジア系か? ヒスパニック系か? アングロサクソン系か? プロテ
スタントか? カトリックか? イスラムか? ヒンドゥーか?……。

何に興味をもっている人か? 何を大事にしている人か? 何にこだわりを持
っている人か?

こうした要素をひとつでも多く知れば、相手にとって最もわかりやすく伝わり
やすい方法を考える助けになるのだ。


●映画作品「ファインディング・ニモ」を例にみてみましょう。

〈ファインディング・ニモ〉--------------------------------------------
マーリンとドリーがニモを探している。海の中で迷子になって道を訊いた相手
はなんとクジラだった。マーリンとドリーはクジラに飲み込まれてしまう。ク
ジラの口のなかで、マーリンはヒゲにむかって何度も体当たりを試みた。けれ
どいっこうに口の中から脱出できるようすはない。

絶望的な状況だと感じるマーリンだったが、ドリーはクジラ語が話せると言い
張って、なにやらクジラと会話らしきものを試みている。

「喉の奥へ来なさい」とクジラが言ってるヨ。するとクジラの舌が大きく上に
せりあがり、垂直に切り立った崖になった。真っ暗なクジラの喉に落ちそうに
なりなりながらも必死で絶壁の突起につかまって落ちまいとするマーリン。

クジラが「手を離せ」って言ったの。ドリーが言った。
マーリンとドリーはクジラの喉の奥へ落ちていく……。

次の瞬間、ふたりの体は宙高く舞い、クジラが吹き上げた海水とともに空高く
昇って海に出ることができたのだった。
----------------------------------------------------------------------

これは有名な「ヨナの物語」を連想させるシーンだ。「ヨナの物語」とは旧約
聖書のヨナ書に出てくる話だ。それはよく「魚に呑まれたヨナ」と呼ばれ、キ
リスト教圏の人々は、子供の頃に一度は聞いたことがある話だという。

〈ヨナの物語〉--------------------------------------------------------
預言者(神の言葉を預かるという意味で「預言者」。「予言者」ではない)の
ヨナは、ある日、神に「ニネベの人々に悪事を悔い改めるように私の言葉を伝
えなさい」と言われます。

ヨナはニネべに行きたくありませんでした。なぜならニネベは大アッスリヤ帝
国の首都であり、アッスリヤ人の残酷さは誰でも知っていたからです。そこで
ヨナはニネベにはいかずに、なるべく遠いところであるタルシシ行きの船に乗
り込み、船底で眠りにつきました。

船が出航するとやがて嵐になりました。積み荷を海に投げ込みましたがこのま
までは船が沈みそうです。ヨナは自分の行いを悔い改めて、船員たちに自分を
海に投げ込んでくれるようお願いしました。船員たちは仕方なくヨナを海に投
げ落としました。すると風と波がおさまり、海は静かになりました。

海に投げ落とされたヨナは、大きな魚に呑まれました。でも生きていました。
ヨナは神に感謝して祈りました。3日後、魚は陸の近くまで泳いできて、ヨナ
を浜辺に連れてきました。
----------------------------------------------------------------------

絶望的な状況に陥って一度死んだかに思えても、危機的状況を打破して脱出す
るというのは生と死のモチーフを用いた典型的なパターンのひとつだ。

クジラに呑まれてしまったマーリンとドリーだが、それは一時的な試練のとき
であって、やがてクジラから脱出したときには、目的地(シドニー)に到着す
るであろうことを観客に予想させるものとなっている。

西欧キリスト教圏の有名な物語等をモチーフとして映画作品に取り入れること
は、比較的なじみのある話が基礎となることで、作品の流れを理解する大きな
助け
となるのだ。

そもそも「ファリンディング・ニモ」のマーリンの目的は、たった1匹だけ生
き残ったわが子をどこまでも探しに旅をする、というものだ。

これは、新約聖書(ルカによる福音書15章)に出てくる例え話(「いなくなっ
た羊」)に共通するものだ。

〈いなくなった羊〉----------------------------------------------------
あるところに羊飼いがいた。100匹の羊を飼っていたが、そのうちの1匹がいな
くなってしまった。羊飼いは、けわしい岩のひとつひとつを探してみたり、暗
い藪の中をランプで照らしてみたりして、いなくなった羊を探す。やっとみつ
けた羊を肩にのせて、うれしくて心も軽く家に帰ると、残っていた羊と村人と
で祝宴を開いて、みつかった羊のことを一緒に喜んでもらった。
----------------------------------------------------------------------

1匹だけいなくなった羊をニモに置き換えてみれば、羊飼いはマーリンだ。羊飼
い(マーリン)は1匹の羊(ニモ)を探してけわしい旅に出るのだ。

「ファインディング・ニモ」はアメリカ合衆国のCGアニメーションスタジオ
であるピクサー社で制作された作品だ。
そのため、多くのアメリカ人が比較的よく知っているであろう事柄を基に映画
を制作している。
ここでいう、よく知っているであろう事柄とは、聖書の教養
のことだ。

日本で生まれ育った人が、例えば、「今度の転校生は体が大きく、気はやさし
くて力もちなんだよ」と聞けば「桃太郎みたいなやつかな」と連想するだろう。
ならば「今度の転校生は桃太郎みたいな奴なんだよ」と聞いたほうが、おおま
かなイメージを描きやすいだろう。

★ポイント
相手のバックグラウンドに関する情報をひとつでも多く知っておくことが、な
にかを伝える場合にはとても役に立つ。

---------------------------------------------------------------
メールマガジン→ 「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」

|

« Purpose | Main | だれのために? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/1164801

Listed below are links to weblogs that reference どんなバックグラウンドをもっているか?:

» Tramadol fda. [Tramadol medication.]
Tramadol cod. Tramadol hcl. Tramadol. What is tramadol. [Read More]

Tracked on 04/18/2007 at 13:39

« Purpose | Main | だれのために? »