« リロアンドスティッチ(LILO AND STITCH ) | Main | モンスターズ・インク(MONSTERS,INC.) »

04/15/2004

わかってもらっちゃ困るの?

みんなにわかってもらっちゃ困るのよね~、という人が過去にたくさんいました。
例えば、江戸時代から幕末にかけての日本の支配者(殿様)は庶民が多くのこと
を知るのを嫌がりました。日本の殿様だけでなく、あらゆる時代のあらゆる国や
地域の支配者もそうでした。

なぜ嫌がったのでしょう。それは、もし庶民がたくさんのことを知ったら、殿様
は自分の都合のいいようにできなくなるからです。

ほかの言い方をするとこうです。ある事柄について、複数の視点を持つことがで
きれば、単数の視点を持つことしかできない人たちよりも有利になる
からです。

例えばみなさんが大根を1本買うとしましょう。
1丁目の大手スーパーマーケットでは1本100円で売っていたとします。
2丁目の八百屋では1本90円で売っていたとします。
スーパーマーケットの店長は、八百屋で1本90円で大根が売られていることをお客
さんに知られたくありません。なぜなら、お客さんの多くは、安いお店の大根
を見てみようと思うからです。
もし、どちらの大根も大きさ、形、色艶が同じようならば、お客さんの多くは八百
屋で大根を買うでしょう。

大手スーパーマーケットの店長は大きなカラー印刷の広告チラシを作って近所にた
くさん配りました。
八百屋は夫婦2人で商売をしているので、広告チラシをたくさん作って近所に配る
時間も、そのためのお金もありません。
こうして町の人々の多くは1本90円の大根が八百屋で売られていることを知ることな
しに、スーパーマーケットで1本100円の大根を買うのです。

しかし、1本90円で大根が売られていることが、町の奥様たちの口コミによって広が
っていきました。奥様のうちのだれかは、携帯電話のEメールを友達の奥様に送って
知らせたかもしれません。公園で犬の散歩中の立ち話で話題にあがったのかもしれ
ません。どのような方法にせよ、八百屋では1本90円で大根が売られているというこ
とは広まっていくのです。

これを阻止しようと、スーパーマッケットの店長が奥様たちの立ち話やEメールのや
りとりをやめさせようと思っても、それはできません。スーパーマーケットの店長に
そんな力はないからです。

しかし、殿様だったらどうでしょう。町の中心にお触書を出してどんな命令でも出
すことができたことでしょう。庶民に知られてはマズいことを隠しておくことがで
きるのです。

知られてはマズいこととは「大根が1本90円」という情報です。これにどんな意味
と力があるのでしょう。
「大根が1本90円」――これだけだったら「大根が1本90円」で売られているとい
うことしか意味がありません。でも、他では「大根が1本100円」で売られている、
という情報と並べてみると、そこにほかの意味が生まれます。ほかの意味とは
「二つを比較することが自分が物事を判断したり決断したりする際の材料になる」
ということです。
ではどんな「力」があるのでしょう。それは、
「二つを比較することによって、自分が望む条件に最も合ったほうを選ぶことが
できる」
ということです。

殿様は情報を制限することで、自分の都合のいいように物事を決めることができ
るのです。


●映画作品「ファインディング・ニモ」(※1)を例にみてみましょう。

ニモは外の世界を知りたい。興味がある。
父親マーリンは外の世界は危険だという(情報の制限)

ニモは外の世界があることを知っています。もし、外の世界があることを知らな
ければ、外の世界を見たい、知りたい、とは思わないでしょう。
父親(母親)マーリンは、外の世界は危険だとニモに教えます。これはニモの安
全を考えての親心からそう教えるのです。
でも、ニモは実際に外の世界を自分で体験しないことには、危険だということを
実感することができません。

外の世界が存在するということを知られてしまったからには、そこにはどのよう
な危険があるのかをちゃんと説明して教えてあげることが必要です。
「危険だから外に出てはいけない」と100万回言っても、外の世界についての興味
が膨らむだけかもしれません。

外の世界を見ることで、いろいろな視点を手に入れることができます。
複数の視点を持てば、ある事柄について比較することができます。

ある事柄をわかりやすく伝えるためには、さまざまな視点で対象となる事柄をみ
つめ、いくつかの要素に分解し、伝えたいターゲット層に最もよく伝わるように
組みたて直す
作業が重要になります。

わかりやすく伝えるために必要なこと
〈1〉複数の視点を持つこと
〈2〉比較すること

…………………………………………………………………………………………………
「ファインディング・ニモ」竹書房・ピクサー文庫
「ファインディング・ニモ (FINDING NEMO)」 ←映画作品レビュー
-------------------------------------------------------------------------- 
∇参考・用語引用図書 
「ストーリーアナリスト」 
1999フィルム アンド メディア研究所 愛育社
「ハリウッド・リライティング・バイブル」 
2000 フィルム アンド メディア研究所 愛育社
---------------------------------------------------------------
∇書籍紹介
 わかりやすい文を書くために参考になる書籍を以下に紹介します。
「理科系の作文技術」 木下 是雄 (著) 中公新書
「日本語の作文技術」 本多勝一(著) 朝日文庫 
「日本語で生きるとは」 片岡 義男 (著) 筑摩書房
「日本語の外へ」     片岡 義男 (著) 角川文庫
---------------------------------------------------------------

|

« リロアンドスティッチ(LILO AND STITCH ) | Main | モンスターズ・インク(MONSTERS,INC.) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21326/442159

Listed below are links to weblogs that reference わかってもらっちゃ困るの?:

« リロアンドスティッチ(LILO AND STITCH ) | Main | モンスターズ・インク(MONSTERS,INC.) »